キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

野菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

人間の健康を維持するために必要なのが野菜です。野菜はかぼちゃ・にんじん・ピーマン・レタス・きゅうり・トマトなどたくさんの種類があります。生で食べられるものから、火を通さないと食べられないもの、アクがあるもの、皮ごと食べられるものなど、野菜によって特徴が異なります。スープ・炒め物・煮物・揚げ物・蒸し物など幅広い料理に使えて、合わせる食材や調味料で色々とアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて野菜のレシピを紹介しています。野菜を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 野菜の定番料理と言えば!?厳選レシピ10選!余り物有効活用のヒント

    栄養が豊富に含まれ、ヘルシーに食べられる野菜。栄養バランスを保つためには、さまざまな種類の野菜が欠かせないとされています。果実や種の部分を食べる果菜類、葉や鱗茎(りんけい)、花芽などを食べる葉菜類、茎などを食べる茎菜類、根や地下茎を食べる根菜類などの種類があります。βカロテンの含有量でわける方法もあり、厚生労働省の基準では「100gで600μg以上の野菜」が緑黄色野菜となっています。代表的な緑黄色野菜はほうれん草やにんじん、トマトなど。600μg未満の野菜は淡色野菜と呼ばれ、レタスや玉ねぎ、きゅうりなどが主な野菜です。種類によって異なりますが、野菜には体内で生成できないビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれます。 この記事では、「野菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 野菜を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    野菜には緑黄色野菜、淡色野菜に分かれます。この違いはβカロテンの含有量で決まります。可食部の100gあたりにβカロテンが600μg以上含まれていれば緑黄色野菜、以下ならば淡色野菜に分類されます。ナスやきゅうりは色が鮮やかなので緑黄色野菜に見えますが、βカロテンの量が少ないので淡色野菜の仲間なんですよ。成人が1日に必要な野菜の量は約350gですが、なかなか難しいですよね。一食100gずつサラダなどで副菜を一品増やすだけで、1日の目安量に近づけます。最近はコンビニでも手軽に1人分の量のサラダが買えるので、ぜひ活用してくださいね。淡色野菜は栄養が少ないというわけではなく、それぞれにビタミンCや食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。野菜は緑黄色野菜、淡色野菜、どちらもバランスよく食べてくださいね。 この記事では、「野菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社