キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

米なすをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

米なすはアメリカのブラックビューティという品種を日本で改良したものと言われていて、普通の茄子より大きく食べ応えがあります。普通のなすの重さが約120~150gですが、米なすは約300~400gあるのでかなり大きいサイズです。硬めなので焼き物や煮物でも形が崩れにくいのが特徴で、大きさを活かして茄子そのものを器にしたグラタン料理などにも使えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて米なすのレシピを紹介しています。米なすを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

米なすとは

米なすはアメリカの大型品種を国内で改良されたものです。普通の茄子のヘタが黒っぽい色なのに対し、米なすはヘタが緑色なのが特徴です。ずっしりと重く大きく丸みのあるフォルムが印象的で、身が硬めで締まっているので火を通しても形が崩れにくいため揚げ物や煮物などに適しています。大きさがあるので、その形と大きさを活かした料理にも向いています。

米なすの栄養素

米なすやその他の茄子の紫紺色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化力があります。ナスニンは活性酸素を抑える作用があり、コレステロールの吸収を抑えて高血圧などの生活習慣病やガンの予防に効果があるとされています。その他には体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが含まれ、高血圧やむくみ防止にも効果があります。

米なすの旬と名産地

米なすの有名な生産地は高知県安芸市で、全国有数の米なすの産地として知られています。次いで熊本県と福岡県が続いています。米なすは夏野菜なので、温かい地域が栽培に適しています。旬は7~9月の夏になっていますが、ハウス栽培もされているため夏以外の時期にも手に入ります。秋茄子は嫁に食わすな、という言葉がある通り晩夏から初秋の9月にかけて収穫される茄子は味がおいしくなっています。

米なすの選び方

米なすを選ぶ時にはまず表面のツヤと張りをチェックしましょう。表面にツヤがあって張りがあるものは新鮮で、果皮の色が濃くきれいな色でなめらかかどうかを見てみましょう。手に持ってみて重みのあるものは、水分がありみずみずしいので手に持ってみるのをおすすめします。なすのヘタについたトゲが鋭く、しっかりと立っているものは新鮮なのでヘタもチェックしてください。

米なすの保存方法

米なすは暑さや湿度に強く寒さや乾燥に弱いため、5℃以下で冷蔵保存すると低温障害を起こしてしまいます。冷蔵庫の中で保存する場合は、水分が逃げないように1個ずつラップに包んで野菜室に入れて3~4日を目安に使い切りましょう。冷凍する場合は使いやすい大きさに切ってジップロックなどの保存袋に入れて平たくして冷凍庫に入れて、約一か月以内には使い切るようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

米なすの【焼く】【炒める】【揚げる】レシピ特集

米なすを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

丸々としていて実が大きい米なす。アメリカが原産の品種だと言われています。へたが紫色の一般的ななすと違って、緑色のへたが特徴です。米なすは、皮と実がしっかりと締まっています。そのため、加熱調理をしても崩れにくく、とろっとした食感が楽しめます。米なすの旬は夏です。暑さで疲れ気味な体をクールダウンしてくれる米なすは、ぜひ献立に取り入れたい食材の1つですね。皮に傷やへこみがなく、ぴんとハリがあるものが新鮮な米なすです。夏の暑さに疲れてきたら煮て良し、焼いて良し、揚げて良し、さまざまな料理に合う米なすで体力の回復をはかりましょう。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

緑のヘタに濃い紫色が印象的な米なすは、他のなすに比べるとかなり大振りで食べ応えがあります。硬さがあるので漬物類には向かず、主に火を通して食べられます。大きいので中をくりぬいてなす自体を器にして、中に具材を入れてグラタンのようにするなどアレンジが効くのも魅力です。油料理と相性がよく、ソテーや揚げ物にするとおいしく食べられます。米なすはアメリカの大型品種を国内で改良されたなすで、重さは約300~400gあります。米なすは5~9月頃が旬になっており、高知県安芸市は全国有数の米なすの産地として知られています。なすに含まれるナスニンはポリフェノールの一種で、活性酸素を抑えて、コレステロールの吸収を抑える作用があるので、動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ4選

アメリカ産のなす、ブラックビューティを改良して作られている米なすですが、日本のなすと比べると大型で丸に近いものや楕円の形をしています。また日本のなすと最も違う点はへたの色です。日本のなすは黒色ですが米なすは緑色をしています。栄養価は日本のなすとほとんど変わらず、カリウムが多く含まれています。カリウムには、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制して尿への排出を促す働きがあることから血圧を下げる作用があるとされ、高血圧を予防する効果が期待できます。また、むくみ予防にも最適です。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすの【蒸す】【煮る】【炊く】レシピ特集

米なすを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ6選

米なすとはアメリカのブラックビューティという品種を改良されたものと言われており、ヘタの部分が緑で表皮が濃い紫色の大型なすの総称として。呼ばれています。他のなすと見比べるポイントはヘタです。ヘタが緑色をしているものが米なすで紫色のものが一般的ななすです。スーパーや八百屋で買い物をする際はぜひヘタに注目してみてくださいね。米なすは基本的に加熱料理に向いているといわれています。肉質は硬く締まっており煮崩れもしにくいので長時間加熱するレシピにも向いています。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

濃い紫色の実に緑色のヘタ、大きな米なすは見た目のインパクトがありますね。普通のなすが1個あたり約120~150g程度なのに対して、米なすは1個あたりなんと300~400gです。手に持つと、ずっしりと重みを感じます。米なすは、もともとはアメリカで栽培されていた大型のなすを、日本で品種改良したものです。皮と実がしっかりとしており、煮崩れしにくいため、加熱料理によく合います。特に、米なすを煮るとよくダシを吸って芳醇な味わいが楽しめます。ボリューム満点で食べ応えがあるので、メイン料理やサブ料理、何にでも使えます。米なすを使って、ちょっぴり豪華な食卓を演出してみませんか。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ4選

米なすは、なすに比べてサイズが大きく、コロンとして丸い楕円形をしているのが特徴です。皮が固く、身がしっかりしているので煮崩れしにくいため、煮物や焼きなすなどに適しています。加熱すると油やだしがよくしみ込んで、おいしく食べられますよ。なすに比べると少々栄養価は下がりますが、さまざまな栄養がバランスよく含まれています。特に多いのはカリウムで、血圧を下げる効果があるため高血圧予防に効果があるとされています。購入する際は身にハリがあり、変色していないものを選びましょう。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

ナスは身近な野菜ですが意外に種類が多く、違いがよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回紹介する米ナスは、欧米の品種を元に日本で作りやすいよう改良したものです。形やしっかりした実が丸ナスとそっくりですが、簡単に見分けるポイントはヘタの色。緑色をしているのが米ナスです。他のナスと同様に油分との相性が良く、揚げ物に炒め物に煮物に焼きナス、様々な料理の種類で美味しく食べられます。味に癖が無いため、色々な食材と取り合わせ、バリエーション豊かな味付けで楽しむことも出来ますね。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ2選

大きくて丸いぽってりとした形が特徴的な米なす。他のなすに比べるとかなり大きく、一般的ななすが約120~150gなのに対して米なすは約300~400gあります。米なすはアメリカのブラックビューティという品種を、日本で改良されたものと言われています。他のなすはヘタが濃紫色ですが、米なすはヘタが緑色で濃い紫と対照的になっています。他のなすに比べると硬めなので漬物類には向いておらず、主に火を通して食べられます。硬さがあるので焼き物や煮物にしても形が崩れず、きれいに仕上がって特に揚げ物などの油料理と相性がいいです。なすにはポリフェノールの一種であるナスニンが含まれ、強い抗酸化力があります。活性酸素を抑える働きがあり、生活習慣病の予防に効果があるので積極的に料理に取り入れてみてはどうでしょうか。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ1選

普通のなすより大きくてボリュームのあるのが米なすです。米なすはアメリカの大型品種を国内で改良されたなすで、緑のヘタに丸みのある形が特徴です。一般的ななすが120~150g程度になっており、米なすは約300~400gあるのでその大きさがよく分かりますね。米なすは5~9月頃が旬になっており、高知県安芸市は全国有数の米なすの産地として知られています。硬めなので焼き物や煮物でも崩れず、きれいに仕上がります。油と相性がよく、ソテーにしてもおいしく食べられます。なすにはポリフェノールの一種であるナスニンが含まれ、強い抗酸化力があります。活性酸素を抑えて、コレステロールの吸収を抑える作用があるので生活習慣病の予防に効果があります。米なすをあまり使ったことがないという方は、これからぜひ料理に使ってみましょう。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

ナスは食卓によく登場する野菜のひとつですね。皮の濃い紫色の元はナスニンというポリフェノールで、活性酸素やコレステロールの吸収を抑制しガンや生活習慣病を防いでくれます。そんなナスの中でも、ボリュームある大きさと緑色のヘタが特徴的なものを米ナスと呼びます。賀茂ナスの代用として使われることもありますが元々はアメリカの品種を日本で改良したもので、皮や実がしっかりと固いので漬物などには向きません。一方で実が崩れにくいため、焼きナスなどよく火を通す調理法に適しています。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

茎とヘタが緑色をしているのが特徴的な「米なす」。大ぶりで種も少なく、果肉も締まっていて煮崩れしにくいので、くり抜いて詰め物をして焼いたり揚げたり、煮物やステーキにも向いています。どんな食材とも合わせやすいので、和風から洋風、中華風まで様々な料理に大活躍。紫色の皮に含まれるポリフェノールの一種であるナスニンと果肉のアク成分クロロゲン酸は、抗酸化作用を発揮して細胞を老化から守り、生活習慣病の予防やアンチエイジング効果も期待できます。加熱をすると柔らかくなりトロトロの食感が楽しめる米なす。油との相性もよく、他の具材の旨みや油を吸って豊かな味わいになるんです。米なすステーキやなす田楽、旨みがたっぷり染み込んだ肉詰めのレシピまで絶品おつまみレシピが満載です。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ7選

米なすはアメリカ由来の品種改良されたなすです。皮がしっかりとしていて果肉もぎゅっと硬いため、煮崩れを起こしにくくステーキや焼きなす、煮物に最適で、火を通すことで油やだしをよく吸収してくれます。新鮮な米なすは果皮がつややかで張りがあります。ヘタが乾燥していない、傷やへこみが少ないなどのポイントもあり、外から見てわかるものなので、買う際は注意してみましょう。米なすの保存方法については、基本的になすは乾燥を嫌います。購入してからあまり時間をかけずに調理するのが理想的ですが、少し日にちがあいてしまうのであれば、新聞紙に包んで冷蔵庫にしまっておきましょう。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ2選

米なすはアメリカの大型品種改良をもとに改良されたなすです。サイズが大きいのが特徴で、一般的ななすが120グラム~150グラムなのに対し、米なすは300グラム~400グラムくらいの重量があります。そして、ヘタの色が違うのも特徴の一つで、一般的ななすは紫~黒なのに対し、米なすは緑色をしているので米なすは目立ちます。米なすは皮がしっかりとしていて果肉もぎゅっと硬いため、煮崩れを起こしにくいです。ステーキや焼きなす、煮物に最適で、火を通すことで油やだしをよく吸収してくれます。また、新鮮な米なすはヘタが乾燥してなく、傷やへこみが少ないです。購入する際は注意してみてみてくださいね。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ5選

夏に旬を迎える米なすは、どっしりとした丸い形と大きさが特徴的です。水分を多く含む米なすは、夏の暑さで疲れ気味な体をクールダウンしてくれます。また、紫色の米なすは、皮の色素にナスニンというポリフェノールの一種の成分を含みます。この成分は、私たちの体にダメージを与える活性酸素やコレステロールを抑える力を持っているのです。そんな米なすは、日々の食卓に積極的に取り入れたい野菜の1つですね。ジューシーで味がしみこみやすい米なすは、麺との相性が抜群。米なすを使った麺料理で、夏の疲れた体に元気を取り戻しましょう。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ1選

ごろんと大きく、皮と実がしっかりと締まっている米なす。特徴的な大きさの他にも、一般的ななすのヘタが紫色なのに対して米なすのヘタは緑色なので、ひと目見て見分けられます。生のままでは固さが気になる米なすは、加熱調理に向いています。熱を加えると、実がとろっとやわらかくジューシーに変身しますよ。煮崩れしにくいので、田楽や煮物、ステーキ風の料理が有名ですね。紫色の米なすは、ナスニンというポリフェノールの仲間の成分を持っています。活性酸素やコレステロールの吸収を抑える力を持っている米なすは、毎日の献立に取り入れたい食材の1つです。そんな米なすで、たまにはおやつを作ってみませんか。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

米なすを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

夏を代表する野菜として人気のなす。特に米なすは大きくボリュームがあり、色々な料理に使うことができます。アメリカのブラックビューティという品種を日本で改良したものが米なすと言われており、高知県安芸市は全国有数の米なすの産地として知られています。硬めなので焼き物や煮物でも形が崩れにくく、きれいに仕上がります。和食・洋食・中華などどんなジャンルの料理にも使えて、油と相性がよく揚げ物や炒め物によく合います。重さが約300~400gあるビッグサイズで、緑のヘタと濃い紫色の色合いがきれいです。なすにはナスニンというポリフェノールが含まれており、コレステロールの吸収を抑える作用があり生活習慣病の予防に効果があります。 この記事では、「米なす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

米なすをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社