キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

うどんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ラーメンに並んで日本人がよく食べる麺類はうどんです。のどごしがよくコシのある食感で、夏はざるうどん、冬はかけうどんなど季節によって違う食べ方を楽しめるのも魅力です。食欲がない時にも食べやすく、柔らかいので離乳食にも使える便利な食材です。カレーうどんやカルボナーラうどん、ナポリタンうどんなど和食にとらわれない様々なレシピがあり、アレンジを楽しめるのも魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてうどんのレシピを紹介しています。うどんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

うどんの歴史

うどんは遣唐使によって中国から伝わった「混飩」という団子菓子が期限と言われています。うどんはシルクロードを渡ってヨーロッパに伝わりパスタになったと言われていて、うどんとパスタの起源は同じという説があります。日本に伝わった後は各地に広がり、その地域特有のうどんも誕生しています。現代の形のうどんは江戸時代前期には全国的に普及していたと言われています。

うどんの原料と製造方法

うどんの原料は小麦・水・塩です。作り方はボウルに水と食塩を加えてよくかき混ぜて、別のボウルに小麦粉を入れて食塩水を加えてそぼろ状になるまで混ぜます。生地を押さえてひっくり返してまとめよく捏ねて、ビニール袋に入れて一時間ほど寝かせます。取り出してもう一度捏ねてさらに20分程寝かせ、打ち粉をして伸ばしたたんでカットしたものを茹でたら完成です。

うどんの栄養素

! /image/〇〇
うどんは三大栄養素の1つである炭水化物が豊富です。炭水化物は大きく分けると2つに分けられ、体内に吸収されてエネルギー源になる糖質、消化吸収されずエネルギーにならない食物繊維になります。炭水化物を摂らないでいると、判断力が鈍り注意力が散漫になることがあるため、炭水化物はバランスよく摂る必要があります。その他にはたんぱく質も含まれています。

うどんの種類

よく聞くのが日本三大うどんですが諸説があり、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんは確定と言われていますが、三つ目は長崎県の五島うどんが有力なようです。讃岐うどんはコシが強く、稲庭うどんはなめらかな喉こしが特徴です。五島うどんはもちっとした食感が特徴になっています。他にも富山県の氷見うどん、群馬県の水沢うどんなどご当地うどんが多く存在します。

うどんの賞味期限の目安

賞味期限とはその製品がおいしく食べられる期限を指し、その日を過ぎたら絶対に食べられないという訳ではありません。うどんは乾麺や生麺など種類が多いので、記載されている賞味期限をまずチェックしましょう。一般的に乾麺が一番賞味期限が長く、長いものでは一年以上のものもあります。茹で麺は5日~1週間、生麺が2~4日、半生うどんが1~3ヶ月となっています。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

うどんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

うどんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社