キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

うどをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

うどはウコギ科タラノキ属の多年草で、日本各地の林や山野に自生しており山菜取りでも人気があります。「うどの大木」という言葉がありますが、うどは大きく育ちすぎると食べられなくなり若葉・つぼみ・芽・茎の部分を食用として使います。うどには色が白い「軟白うど」と緑色の「山うど」があり、アクが強いのでアク抜きをする必要があります。独特の強い香りが特徴で、ぬた和えや煮びたしやお浸し、天ぷらなどに使います。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてうどのレシピを紹介しています。うどを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

うどの栄養素

うどはアスパラギン酸を豊富に含み、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを体中に運んでスタミナを増す働きがあります。うどのアクに含まれるクロロゲン酸は、抗酸化作用があり体の代謝をよくすると言われています。その他にも血行促進や疲労回復に効果のあるジテルペンアルデヒド、リラックス効果や血行を改善するリモネン、カリウム、葉酸、食物繊維などが含まれている栄養豊富な山菜です。

うどの旬

栽培物のうどは晩秋から冬にかけて出荷される「寒うど」、春に出荷される「春うど」があります。春うどの旬は3月~5月にかけてで、寒うどの旬は11月~2月頃までになっています。春うどの方が寒うどよりも香りがよく柔らかいと言われています。天然物のうどは限られた時期にしか採ることができず、地域によって旬が異なります。本州中部では4月頃、東北地方は5月~6月初旬が旬になっています。

うどの産地

! /image/〇〇
うどの産地で知られているのが栃木県、群馬、茨城県で、その他にも山形や東京でも生産され、関東地方に産地が集中しています。山うどは埼玉県、山形県、群馬県の生産が多く、軟白うどは栃木県と群馬県の生産量が多くなっています。関西や四国地方ではあまりうどの栽培はされていませんが、大阪府では伝統農法で栽培される三島うどが有名です。

うどの選び方

うどを選ぶ時は、茎が太く先の方までまっすぐと伸びているものがおすすめです。先の芽がみずみずしく、ハリがあるものを選びましょう。うどには全体に産毛が映えていますが、産毛がびっしりとあるものがより新鮮なのでおすすめです。うどは香りが強いので香りの強さにも注目して、臭いをかいで香りが強いものを選びましょう。軟白うどを選ぶ際は、より白いものを選んで緑がかった色合いのものは避けてください。

うどの保存方法

うどを保存する場合は、濡らした新聞紙に包んで冷蔵庫に入れて保存します。常温の冷暗所でも保存はできますが、温度が高い場合は冷蔵保存がおすすめです。うどは冷凍保存も可能で、食べやすい大きさにカットして酢を入れたお湯で下茹でし、冷めたら小分けにして保存袋に入れて冷凍します。塩漬けにして保存するのもおすすめで、容器にうどと塩を積みかさねて重石をのせて水分を出し、食べる時に塩抜きをして使います。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

うどの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うどの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

うどをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社