キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

かぶの記事一覧

キッチンブックの「かぶ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • かぶを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    かぶはアブラナ科の一種で、白菜や菜の花、キャベツなどの仲間です。日本では古くから親しまれてきた野菜の一つで、今現在にわたってたくさんの品種が栽培されてきました。呼び名も様々あり、「かぶら」や「かぶな」、「すずな」と呼ばれることもあります。春の七草のひとつとして、七草がゆを作る際に使用されますが、かぶには消化酵素アミラーゼというものがふくまれており、でんぷんの消化酵素として働き、胃もたれや胸やけの解消や整腸作用も期待できる体に優しい野菜なのです。また、ビタミンCも豊富なため、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れにも効果があるので、美容と健康に気を遣う女性にはとても嬉しいですよね。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コロンとした丸いフォルムが可愛らしいかぶ。かぶは世界中で栽培されていて、古代ギリシャの史料にも残っているほど古くから食べられいます。日本では古事記にかぶのことが記されており、日本人にもなじみの深い野菜です。かぶの丸い根の部分だけでなく茎や葉も食べることができ、捨てるところがなく無駄なく使いきれるのも魅力です。スープ・シチュー・煮物以外にも、浅漬けや千枚漬けのように生食にも使われます。かぶには胃もたれや胸やけを解消するアミラーゼを含んでおり、かぶの葉には抗酸化作用のあるβ-カロテンを豊富に含んでいます。かぶを丸ごと使って健康的な料理を作ることができ、ぜひ日常の料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    大根やチンゲンサイ、白菜などの仲間であるアブラナ科の野菜、かぶ。日本では、古事記や日本書紀に登場するほどの古い歴史があります。現在、日本国内では、千葉県や埼玉県、青森県で多く作られている野菜です。丸い根の部分だけではなく、新鮮なものは葉まで食べられます。数多くの品種があり、ハウス栽培が行われているので、1年を通してスーパーで見かけるかぶですが、旬は11月から1月にかけての冬です。かぶは、寒くなると、ぐっと甘みが増しますよ。火を通すと、とろっとやわらかく、優しい味わいが生まれるのが特徴です。そんなかぶを日々の料理に取り入れて、不足しがちな野菜をたっぷりと食べましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    かぶは、みずみずしい食感とクセのない味でレシピのバリエーションも様々。ビタミンCやカリウム、食物繊維などを含み、かぜ予防や肌の健康維持、むくみ解消にも役立ちます。かぶの葉にはβ-カロテンやビタミンEも多く含まれ、ビタミン・ミネラルなどの栄養がさらに豊富です。葉つきのかぶは、すぐに白い根の部分と葉に切り分けましょう。そのまま保存すると根の栄養や水分が葉に送られ、かぶがスカスカになってしまいます。葉は日持ちしないので、すぐに使うか硬めに茹でて一口大に切り、冷凍保存すると便利です。煮物や汁物にさっと使えて彩りが良くなりますよ。おつまみに最適な唐揚げのレシピやかき揚げや肉巻きの具材にしたフライのおかずレシピなど、かぶの甘みとみずみずしさを生かしたレシピが満載です。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ころんとした丸い見た目がかわいらしいかぶは、アブラナ科に属す根菜類です。日本では古事記や日本書紀にかぶのことが記されており、古くから日本で栽培されて食べられていたことが分かっています。生で食べるには硬いため、煮物やスープ、シチューなど火を使った料理に使わますが、漬物にはよくかぶが使われます。味にくせがなくどんな素材にも合わせやすく、アレンジが効きやすいのも特徴です。かぶには消化酵素の一つであるアミラーゼが含まれていて、デンプンの消化を行う役割があります。その他にも抗酸化作用のあるβ-カロテン、消化機能を高めるイソチオシアネートなど体にいい栄養素が含まれているので、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    春の七草では「すずな」としてお馴染みのかぶ。白い部分の根は、淡色野菜、葉は緑黄色野菜であり、別々の効能を持っているんです。根には、アミラーゼが豊富で疲れた胃に最適です。ビタミンやミネラルも含みますが、葉の方が多く、ビタミンCは4倍、食物繊維が2倍、カルシウムが10倍も多いのです。さらに、β-カロテンを含み、体の中でビタミンAとなり、鼻や喉の粘膜を強くし、細菌、ウイルスへの免疫力を高めます。ビタミンCとのダブル効果で、風邪予防に最適です。また若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEや、不足しがちな鉄、葉酸も豊富で、女性のお肌や健康に大切な栄養がたっぷり。かぶの根も、葉も、どちらも栄養満点。煮るレシピを参考に、とろみのある煮物やスープで体を温めて、寒さや風邪に負けない体を作りましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぶを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    かぶには葉の部分が特に栄養が高く、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄分、葉酸、カルシウムが豊富に含まれているため、美肌効果や疲労回復に効果が期待されます。二日酔いに効果的な「ナイアシン」も含まれ、新鮮な葉つきのかぶはぜひ手に入れて、家族でいただきたいですね。ビタミンCにはカルシウムの吸収率を高めるため、シチューもおすすめです。焼くとホクホクとした食感になり、煮るととろとろに柔らかくなるため様々な料理にアレンジできます。皮の付近には固い繊維があるため、その部分を取り除けば離乳食初期にも使えますよ。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • かぶの人気レシピまとめ:かぶの葉の活用レシピも紹介

    かぶは、白菜やキャベツ、チンゲン菜などの仲間のアブラナ科の野菜です。 『日本書紀』にも記載があり、古くから重宝されてきた歴史があります。別名「すずな」と呼ばれ、春の七草にも数えられる由緒ある野菜。 千葉県で圧倒的に多くのかぶが作られていますが、京都の聖護院かぶらや、滋賀県の日野菜など、地方固有の品集も多数あります。年間を通して出荷されますが、最盛期は10月頃から1月頃。 そんなかぶですが、いざ買っても漬物以外に使い道に困ることもしばしば、という人も多いのではないでしょうか。そこで漬物以外にもサラダやスープ、煮物など幅広いかぶのレシピを紹介します。

広告

運営会社