キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

シーチキンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

家庭に必ず常備してると言ってもいいほど、マストな食材として活躍しているシーチキン。缶詰を開けたらすぐに使えて、マヨネーズと和えてサンドイッチやサラダに使ったり、炒め物やパスタの具材、スープの具材など幅広い料理に使えます。家に肉や魚がなくてもシーチキンがあれば、チャーハンやパスタがぱっと一品作れる便利な食材です。手頃な価格で日持ちするので、いくつか揃えておくとすぐに料理に使えて節約したい時にも活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてシーチキンのレシピを紹介しています。シーチキンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • シーチキンを使ったおすすめ定番料理10選!これだけで大満足

    シーチキンはびんながマグロやキハダマグロ、カツオを油漬けにして作られている加工食品です。缶詰として売られていることが多く、長期間保存できるのも魅力の1つですよね。保存食にもなるので、家に常備している方も多いのではないでしょうか。シーチキンはパスタやサンドイッチ、和え物など幅広く料理に活用できます。シーチキンの油はこってりしているので捨ててしまう方も多いですが、シーチキンの油にもうまみや栄養が詰まっているので炒め物に使う場合は炒め油にして使うなど、工夫して料理に取り入れてみてくださいね。カロリーが気になる方には減塩タイプやカロリーカットのタイプのシーチキンをオススメします。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンはパスタ、おにぎりの具、サンドイッチ、サラダなどによく使われている、私たちの生活になじみ深い食品です。缶詰のタイプが一般的で、長期保存ができる上、開けたらそのまま調理なしで使える手軽さが魅力的ですよね。献立に困った時にすぐ使えるので、家に常備しておくことをオススメします。シーチキンはびんながマグロ、キハダマグロ、カツオを油漬けにして加工して作られています。油漬けなのでカロリーが気になるところですが、最近では低カロリーや塩分控えめのシーチキンなども開発されているので、ダイエット中の方でも安心して食べられますね。シーチキンには良質なタンパク質がたっぷり入っているので、体づくりをしたい方にもオススメの食材です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理器具:圧力鍋】おすすめ10選

    シーチキンは加熱したマグロを油漬けにしたものです。スーパーでは缶詰が販売されていて、手軽に料理に使うことができます。子供から大人まで年齢問わず大変人気がある食材です。シーチキンの缶詰は日持ちするのでストックをしておくと便利です。シーチキンは栄養豊富で中でもDHA、EPAなどの栄養素が豊富に含まれています。他にはビタミンKが含まれて、骨の形成を助ける働きがあるので育ち盛りの子供にもおすすめです。捨ててしまいがちなシーチキンの油には動脈硬化を予防する働きがあるので料理に活用します。圧力鍋を使ったレシピが数多く紹介されているので料理のレパートリーの参考にしてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンは年齢問わず人気がある食材です。シーチキンはマグロやカツオを油漬けや水煮にし缶詰にしたもので保存がきくのが特徴的です。シーチキンはサラダ、炒め物、パスタ、スープなどの汁物、おにぎりの具材など幅広く使われているので大変人気があります。栄養面ではDHAやEPAなどの成分が豊富に含まれています。捨ててしまいがちな油にはうま味成分があり必須脂肪酸であるリノール酸が含まれているので摂取するのがおすすめです。シーチキンは様々な料理に使われていて、夜ごはんにぴったりのレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    家に常備しておくと便利な食材がシーチキンです。缶詰なので保存期間が長く、火を通さずにそのまま使えるのも魅力です。マヨネーズを和えてサラダやサンドイッチに使ったり、パスタや炒め物、チャーハンの具材としても活躍します。家に肉や魚がなくても、シーチキンがあれば簡単にメイン料理が作ることができます。価格も安いので、節約したい時の主婦の強い味方です。シーチキンはビンナガ・キハダ・カツオなどを使い、油漬けのものと水煮のものがあります。原料が魚のためたんぱく質が豊富で、筋肉・皮膚・爪・毛髪などを形成するのに欠かせない大切な栄養素です。その他にも動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐのに効果があるDHA、アレルギーを緩和するEPAも豊富に含まれています。使いやすく栄養も豊富なので、積極的に料理に取り入れたい食材の1つです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンははごろもフーズが作った缶詰の商品名です。原料となっている魚はびんながまぐろ、きはだまぐろ、かつおの3種類で、ブロックタイプ、かたまりタイプ、フレークタイプの3種類の形状の商品があります。シーチキンには魚の栄養素がたっぷり入っていて、油にもエキスが染み出しています。まぐろやかつおには、良質なタンパク質が含まれ、筋肉や血液を作るのに欠かせません。魚の栄養素として有名なDHA、EPAなどは、血液をサラサラにしたり、動脈硬化の予防に役立つとされています。血圧を下げる働きもあるとされているため、健康維持に効果的な食材と言えます。そのまま食べられるため、忙しい朝ごはんのレシピにぴったりです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    カツオやマグロを油漬けや水煮にした缶詰、シーチキン。カツオやマグロにはさまざまな栄養が含まれており、加工後のシーチキンにも良質なタンパク質やビタミンB2、鉄分、亜鉛やなどの栄養素が引き継がれています。血液をサラサラにする働きがあるEPA(エイコサペンタエン酸)や頭の働きを改善するDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富なシーチキンは、積極的に取りたい健康食材です。シーチキンのオイルや汁にも、栄養やうまみが含まれているので、一緒に調理するのがおすすめ。オイルの取りすぎは肥満の要因にもなりますが、適度な量を使えば、コクや風味づけにぴったりです。野菜やパン、トマトやチーズなど、さまざまな食材との相性も抜群のシーチキン。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    はごろもフーズ株式会社の商品ブランド名である「シーチキン」。一方「ツナ」は一般的な食品名の総称です。日本国内では、販売されているツナ缶の半数以上を「シーチキン」が占めていたことにより、「ツナ」と「シーチキン」は同じようなものという認識になりました。そんなシーチキンの原料は「びんながまぐろ」、「きはだまぐろ」、「かつお」の3種類で、形状は「ブロックタイプ」、「かたまりタイプ」、「フレークタイプ」の3種類です。また調理方法は4種類で、「油漬け」、「油入り水煮」、「素材そのまま」、「食塩・オイル無添加」のものがあります。このヘルシーレシピでは、主に油入りのものを使用しています。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    缶詰めなどで良く見かけるシーチキン。簡単に手に入り、簡単に調理できるのが嬉しいですよね。サラダやサンドイッチ、炒め物など、合う料理も多くあるため、とても便利な食材です。びんながまぐろやきはだまぐろ、かつおなどから作られており、商品によって味も様々です。また、ブロックタイプやかたまりのタイプ、フレークタイプ、コーンなど他の具材が入ってるものなど、好みで使い分けられのも嬉しいポイントです。また、高タンパクなため、うまく利用すればダイエットにもつながります。一緒に使うものをぜひ工夫してみてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    マグロやカツオを原料に作られるシーチキン。オイル漬けや水煮などさまざまな種類があります。シーチキンにはDHAやEPAは豊富に含まれており、血液をサラサラにする働きや記憶力や学習能力を高める効果があります。シーチキンの良質なたんぱく質は、筋肉や臓器などの体を作る成分になるほか、免疫力の向上やホルモンや酵素を作る原料になるなど、健康生活には欠かせない栄養素です。また、ビタミンB群や亜鉛、カリウムなども多く含まれています。シーチキンのオイルや汁には、シーチキンのうまみやコク、ビタミンやミネラルなどの栄養素も詰まっているので、料理の風味づけに使うのもおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    うま味とまろやかな油がよく合った、シーチキン。そのままでももちろんですが、サラダや炒めもの、パンにのせるなど、食べ方は多くあり、手軽に食べられるとても便利な食材です。最近ではカロリーが半分になっているものやコーンなどの他の具材がはいっているもの、スパイシーに味付けされたものなど、多くの種類が流通しています。そんなシーチキンはマグロやカツオの肉を加工したもので、油漬けにされたり、そのままエキスのみがはいっているもの、食塩やオイル無添加品もあるので、その時の希望によって使い分けられるのも嬉しいですよね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    家に常備しておくと助かる食品の1つがシーチキンです。缶詰なので長く保存でき、肉類がなくてもシーチキンを使うだけで簡単にさっと一品が作れる便利な食材です。チャーハンやパスタに入れたり、サラダ、サンドイッチ、和え物、炒め物など幅広い料理に使うことができます。シーチキンを使うだけで子供が喜ぶ仕上がりになって、低価格なので節約したい主婦の強い味方です。ツナ缶はたんぱく質が豊富で、髪・内臓・皮膚・爪などを作るのに必要な三大栄養素の一つです。シーチキンには血液をサラサラにする効果のあるDHA、中性脂肪を下げる効果があるEPA、歯と骨の形成に欠かせないマグネシウム、むくみ防止に効果のあるカリウムなどが含まれています。栄養価が高くさまざまな料理に使えるシーチキンは、家に置いておきたいマストな食材です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    家に常備してあると安心なシーチキン。サラダやあえ物、炒め物、スープなどさまざまな料理に使うことができてとても便利な食品ですね。缶詰だけあって、長期間保存できるのもうれしいところです。ふたを開けてすぐ使える手軽さから、時短レシピにもよく使われます。忙しい朝のお弁当作りにもうまく利用したいものです。子どもも大好きなツナマヨにして、おにぎりや巻きずしライスバーガーの具にしたり、野菜と一緒にあえたり、春巻きの具にしたりとツナマヨの使い勝手は抜群です。ツナマヨ以外にも、卵に混ぜて焼くシーチキン入り卵焼きやしょうゆで味付けしたおかずなど、お弁当のおかず作りに大変便利です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    シーチキンはそのままでもサラダやパスタなどにしても食べられる万能な食品です。洋風はもちろん、和風や中華などのレシピも考案されています。シーチキンはマグロやカツオなどを油漬けにしたり水煮にしたりした食品なので、魚の栄養素がぎゅっと詰まっているのが特徴です。例えばDHAやEPAなど、魚に多く含まれる栄養素を摂取できます。記憶力を向上させ、血液をサラサラにする効果があるとされる栄養素なので、子供の成長や体の健康維持に役立ちます。シーチキンの汁にも栄養が染み出しているため、できるだけ全て使うのがおすすめ。油漬けなら調理する際にサラダ油などを使わず、シーチキンの油を使ってみましょう。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    「シーチキン」は缶詰の中でも定番の商品ですが、これははごろもフーズが販売している商品名のひとつを示し、一般的な商品名は「ツナ」です。原料となる魚にはマグロやカツオがありますが、特にまぐろ缶詰は高級食材として扱われます。魚肉の形は、大きいままのブロックタイプ・大きくほぐしたチャンクタイプ・フレークタイプがあり、料理ごとに使いやすい物を選ぶと調理の時短にもなります。煮る・焼く・炒める料理の種類やサラダにそのまま使うこともできるお手軽なシーチキンを使い、自分だけのアレンジレシピを作ってみてはいかがでしょうか。保存食としても便利なシーチキンを非常時用に常備しておくのもおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    シーチキンはマグロやカツオを加工したものです。油と野菜エキスを使用し、コクのある味わいの「油漬け」、油と野菜エキスを使用して水煮で仕上げた「油入り水煮」、天然水のみを使用した「食塩・オイル無添加」など様々な調理方法があります。魚肉の形状も、ほぐさずに大きい形のまま詰めたブロックタイプ(ソリッドタイプ)や、大きくほぐした塊タイプ、細かくほぐしたフレークタイプなどに分かれます。肉の形を生かしたい料理にはブロックタイプ、サラダやスープ、和え物などにはフレークタイプがおすすめです。料理に合わせて使い分けてみてくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    家庭のストック食材としておなじみのシーチキン。さまざまな料理にすぐに活用できる便利な食材です。水煮はあっさりとした味わいで、油漬けはカロリーは高めですがコクのある濃厚な味わいが特徴。原料はビンナガマグロやキハダマグロ、カツオが使われ、魚の栄養を手軽に摂取できます。良質なタンパク源になるほか、糖質・脂質・タンパク質の代謝を促して体の成長をサポートするビタミンB群がバランスよく含まれている食材です。丈夫な骨を作るビタミンDも豊富なので育ち盛りの子供に最適ですよ。また、油漬けのシーチキンはカルシウムの働きを助けるビタミンKや抗酸化作用を持つビタミンEも豊富です。シーチキンはマヨネーズや醤油との相性が良く、和え物やパスタにするとシーチキンのうま味でおいしく野菜が食べられるのでおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    シーチキンは保存に適した缶詰の1つ。サラダに和えたりパスタの材料にしたり、ご飯とも相性が良いですよね。そもそもシーチキンは「はごろもフーズ」の商品で、まぐろやカツオの水煮または油漬けのこと。「海の鶏肉」という訳になりますが、味が鶏のささみににていることが由来と言われています。そのため、魚特有の臭みが少なく魚が苦手な人でも食べやすいでしょう。しかし、魚の栄養素はしっかりと入っていてたんぱく質はDHA、EPAなどが含まれています。魚の栄養やうまみがぎっしり詰まった缶詰なので、汁ごと使うのもおすすめ。ただし、カロリーが気になる人は油を捨てて使ってくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    はごろもフーズ株式会社の商品ブランドである「シーチキン」は一般的にはツナと呼ばれ、びん長まぐろ、キハダマグロ、カツオなどを原材料として作られます。これらの魚には良質なタンパク質、DHA、EPAなどの魚特有の栄養が含まれ、ツナ缶にはこれらの栄養がぎゅっと詰まって手軽に取り入れられることが特徴です。ツナが浸かっているオイルにはリノール酸が含まれ、魚の栄養も溶け込んでいるため調理に使用する際にはぜひオイルごと使ってみてくださいね。そのままでも風味と栄養がアップしますが、レモン汁、塩、胡椒などを加えてドレッシングやパスタソースとして活用してもおすすめです。カロリーコントロール中の方には水煮タイプのものを使用してくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    サラダ・和え物・煮物・炒め物などに使えるシーチキンは、レシピのバラエティーも豊富。まぐろやかつおが原料となっており、保存も効くため家庭に常備しておくには便利な食品のひとつです。シーチキンの原料となる魚の栄養素は、缶詰に加工されてもそのまま残ります。そのため記憶力の向上作用をもつDHA、動脈硬化の予防に効果のあるEPAなどの栄養素が含まれるヘルシーな食品。シーチキン缶の植物油には、リノール酸・魚のうまみ成分なども溶け出ているので、カロリーを気にしなければ水煮よりも油漬けを選択するのがおすすめ。ただし油漬けの場合、封を開けたら油が酸化する前に使い切るのがポイントです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    シーチキンはマグロの油付けのことで、子供から大人まで幅広い年代で人気です。手軽に料理に使えるシーチキンの缶詰めは低価格で日持ちするので常にストックをしているというご家庭も多いでしょう。たんぱく質、DHA、EPAなどの栄養素が豊富に含み、注目したいのがシーチキンにはビタミンKが含まれているということです。ビタミンKは出血時に血が止まるのを助ける働きや骨の形成などの働きがあり人間には必要不可欠な栄養成分です。またシーチキンの油に含まれるリノール酸は動脈硬化を予防する働きがあるため捨てずに料理に活用します。サラダやおにぎりの具、フライなど調理法が色々あるのでおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    そのまま食べてもおいしいシーチキンは、原料の魚・魚肉の形状・調理の方法で分類できます。まずは原料となる魚には、びんながまぐろ・きはだまぐろ・かつおがあります。びんながまぐろの特徴は淡白な味わいで、まぐろ缶詰の最高級の原料です。次にきはだまぐろですが、刺身にも利用されており魚肉が柔らかい点が特徴。かつおは赤身で柔らかい魚肉を持っており、加工食品にも使われています。形状での分類は、ブロックタイプ、チャンクタイプ、フレークタイプがあり、料理によって使い分けるのをおすすめします。調理方法では、油漬けや食塩・オイル無添加などがあります。長期保存も可能なシーチキンを使っておいしい料理を作ってくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サンドイッチ、パスタ、おにぎり、お寿司などの主食との組み合わせや、炒め物、煮物など加熱料理、サラダや和え物など仕上げにトッピングするなど、様々な料理に大活躍なシーチキン。使い勝手が良いため常備しているご家庭は多いのではないでしょうか。「ツナ」が一般的な総称で、はごろもフーズが製造販売している缶詰の商品が「シーチキン」です。マグロやカツオが原材料のためDHAやEPAなどたっぷりと摂れて、ツナ缶に使われる油には旨味や栄養分が溶け込んでいるのでそのまま料理に活用してくださいね。ツナが蒸した鶏肉によく似ていることから「シーチキン」と名付けられたとの由来がある通り、蒸し料理ととても相性がよく、蒸すことでよりしっとりとして旨味が凝縮されますよ。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    「シーチキン」という商品名で有名なツナ缶ですが、家庭に常備されていることが多いのではないでしょうか。マヨネーズとの相性が良く、サラダやおつまみなど、簡単に一品ができる便利さも特徴的ですよね。小さな子供から食べることができて魚の栄養が手軽に取り入れることができるので忙しい毎日の料理の強い味方です。ツナ缶によってキハダマグロ、メバチマグロ、カツオなど様々な種類の魚からでき、フレークタイプやブロックタイプなど、使い用途に合わせることもできます。オイル漬けのものや水煮などにも分かれているため、料理によって使い分けてくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選分

    どんな料理にも使いやすく、子供が大好きなシーチキン(ツナ缶)。まぐろやかつおが原料のシーチキンは、青魚特有のDHAやEPAといった必須脂肪酸や良質なタンパク質まで摂取できるのが魅力です。DHAは脳・神経組織の発育や機能を高めてくれるので、発達が盛んなお子さんに特に大切な栄養分です。EPAは血液をサラサラにする働きがあるなど、生活習慣病の予防につながり、大人に必要な栄養分なんです。シーチキンは、魚不足になりがちな現代人にとって、手軽に青魚の栄養を摂取できる便利な食品です。紹介する焼くレシピでは、相性の良いとろけるチーズを使った、色々な食材と組み合わせたグラタン風レシピやキッシュのレシピまで。普段はあまり使わないという方も、ぜひ今夜の献立に取り入れてみてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    シーチキン(ツナ缶)を家に常備している人も多いのではないでしょうか。シーチキンは缶詰の中でもなじみが深く、スーパーなどで簡単に手に入りますよね。なにより、そのまま食べてもいいし、ほかの食材と混ぜて料理に使ってもよし、と使い勝手がよく、便利なところが魅力です。アレンジしやすいので、いろいろな料理に合わせやすく、家にストックがあるとどこか安心するんですよね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社