キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

シーチキンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

家庭に必ず常備してると言ってもいいほど、マストな食材として活躍しているシーチキン。缶詰を開けたらすぐに使えて、マヨネーズと和えてサンドイッチやサラダに使ったり、炒め物やパスタの具材、スープの具材など幅広い料理に使えます。家に肉や魚がなくてもシーチキンがあれば、チャーハンやパスタがぱっと一品作れる便利な食材です。手頃な価格で日持ちするので、いくつか揃えておくとすぐに料理に使えて節約したい時にも活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてシーチキンのレシピを紹介しています。シーチキンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

シーチキンの栄養素

ツナ缶はたんぱく質が豊富で、内容量140gの中に30.4g含まれています。たんぱく質は髪・内臓・皮膚・爪などを作るのに必要な、三大栄養素の一つです。シーチキンに含まれるDHAは多価不飽和脂肪酸の一つで、血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐのに効果があるとされています。中性脂肪を下げる効果があるEPAも豊富で、その他にカリウム・リン・マグネシウムなどのミネラル類も含まれています。

シーチキンの原材料

シーチキンの原材料は3つの魚があり、ホワイトミートと呼ばれる上級品の「びんながまぐろ」、体が黄色味をおびているため「黄色い肌」という意味が名付けられた「きはだまぐろ」、ライトミートと呼ばれる「カツオ」があります。主に水煮と油漬けの2種類があり、タイプはほぐしていない大きい形のブロックタイプ・使いやすいようにほぐしたかたまりタイプ・フレーク状に細かくしたフレークタイプがあります。

シーチキンの製造方法

! /image/〇〇
原料の冷凍魚を流水タンクの中で解凍し、頭部を切り落として内臓を除去した後蒸煮にします。皮と骨を取り、骨を取る作業は手作業で行います。肉詰めをして調味液や植物油などを注入し、真空巻き締め機で密封してから缶を洗浄して加熱して殺菌したら完成です。油漬けは綿実油や大豆油、野菜エキスを使用し、油入り水煮は大豆油と野菜エキスを使って水煮に仕上げています。

シーチキンの保存方法

まだ缶を開けていないシーチキンは、陽のあたらない冷暗所に保管します。缶を開けて余った場合は、缶に入れたまま保存するのはやめましょう。ふたの切り口がさびたりするので、瓶やプラスチックなどの容器に移し替えて蓋をして冷蔵庫で保存します。蓋がついた容器に入れる場合も、酸化を防ぐためにラップをツナに密着させるようにかけるのがおすすめで1~3日で使い切りましょう。冷凍保存するとさらに長く保存でき、ジップロックなどの保存袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存します。

シーチキンの賞味期限

シーチキンは缶詰なのでかなり長く保存できますが、できるだけ記載されている賞味期限内に使うことをおすすめします。缶詰食品は殺菌処理をして中の空気も抜いてあり、極めて腐りにくい状態になっています。まだ食べられるかどうかは、缶詰の上と下の凹みをチェックしましょう。缶詰の上下は普通はへこんでいますが、中央が膨らんで凹凸ができているものは中身が腐って気体が発生しているので、凹凸ができているものは使わないようにして下さい。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

シーチキンの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

シーチキンの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

シーチキンの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

シーチキンの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

シーチキンの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

シーチキンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社