キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

トマトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

生で食べられる使いやすい野菜の1つがトマトです。ほどよい酸味が爽やかな味わいで、サラダやサンドイッチによく使われます。生で食べる以外にも火を通してもおいしく食べられます。パスタのトマトソースやグリル料理、オムレツなどによく使われ、火を通すと酸味が和らぎ甘みが強くなります。主にイタリア料理などの洋風の料理によく合いますが、トマト鍋と言った和食と合わせたレシピも人気があり幅広い料理に使われる便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてトマトのレシピを紹介しています。トマトを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

トマトの栄養素

トマトにはカロテノイドの一種であるリコピンが含まれており、活性酸素を減らす働きや動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きがあると言われています。その他にも脂肪を燃焼させる遺伝子を増やすリノール酸の一種、抗酸化作用があるβカロテン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、ビタミンCなど体に必要な栄養素を多く含んでいます。トマトは生で食べられるので、トマトに含まれる栄養素を壊すことなくそのまま食べられるのも魅力です。

トマトの産地

2016年の統計では、トマトの生産量の1位は熊本県です。2位が北海道、3位が茨城県になっています。トマトは暖い気候を好むため、夏から秋にかけては茨城県や北海道、秋から春にかけては熊本県で栽培されます。フルーツトマトは高知県が発祥とされ、フルーツトマトの産地として有名です。その他にも佐賀県産の熊太郎とまとなど、その地域特有のブランドトマトも存在します。

トマトの旬

! /image/〇〇
トマトは夏を代表する野菜なので、露地栽培の旬は6~8月の夏になっています。熊本県八代地域で栽培される塩トマトは、土壌塩分濃度が高い土地で栽培され3月頃の春が旬になります。高知県で栽培されるフルーツトマトは冬が旬になっていて、11月上旬から出荷が開始されます。一般的なトマトはハウス栽培も盛んなので、1年を通じて手に入ります。

トマトの選び方

トマトを選ぶ際はまずヘタをチェックしてください。ヘタがきれいな濃い緑色で、ピンとしているものは新鮮で、乾燥していてしおれている感じのものは避けましょう。きれいに丸みがあってつやがあり、手に持つと重みがあって凹凸の少ないものを選んでください。お尻の先からヘタに向かって筋が放射状にきれいに入っているものは、糖度が上がっているトマトなのでおすすめです。凹凸のあるものは、中に空洞ができていることがあるので避けましょう。

トマトの保存方法

トマトの保存方法は真っ赤に熟しているものは、ヘタの部分を下にしてお皿にのせてラップをするかビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。まだ熟していないトマトは室温に置いて常温保存して、赤色になるまで追熟させます。トマトは冷凍保存もでき、トマトを洗ってヘタを取り丸ごと一個をジップロックなどの保存袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れます。冷凍トマトはソースやスープに使うのがおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

トマトの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

トマトの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

トマトの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#トマト の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#トマト の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

トマトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社