キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

トマトの記事一覧

キッチンブックの「トマト」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ9選

    生でも火を通してもおいしく食べられるトマトは、料理に欠かせない食材です。トマトは南米アンデス山脈の高原地帯が原産で、ヨーロッパへ伝わり日本へはオランダ人によって18世紀の初めに持ち込まれました。トマトにはサイズや色などたくさんの種類があるのも特徴で、サラダや炒め物、スープやソースなどさまざまな料理に使われます。ほどよい酸味がありますが、臭いや味にクセがないため好き嫌いが分かれない食べやすい野菜です。トマトの赤色にはリコピンという色素が含まれ活性酸素を減らす働きがあり、ビタミンAとCも豊富に含まれています。その他にも体内の余分なナトリウムを排泄するカリウムも豊富で、むくみ防止や血圧を下げる効果があります。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    爽やかな甘みと酸味を持っているトマト。四季がある日本では寒くなると枯れてしまいますが、1年を通して温暖な熱帯地方では数年にわたって生育を続けられます。トマトはプランターで気軽に栽培でき、春に苗を植えると夏には実をつけるので、家庭菜園で人気の野菜です。収穫したトマトを調理するのは楽しいものですね。彩りが良く、食卓を明るくしてくれるトマトは、生ではもちろん、焼いたり、煮込んだり、炒めたり、さまざまな料理に活用できます。加熱調理をすると、甘みが引き出されるのでおすすめです。トマトはリコピンを含み、抗酸化作用を持っているため、健康維持に役立つ食材の一つです。トマトを食べて、健康的な体を手に入れましょう。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    アンデス地方が原産のトマト。赤く色づいたトマトは、体にうれしい栄養がたっぷりと含まれています。美肌や免疫に役立つビタミン類や、塩分の排出をサポートするカリウム、抗酸化パワーを持っているリコピンがその一例です。現在では食用として広く普及しているトマトですが、16世紀にヨーロッパに伝えられた当時は毒があると思われていました。そのため、食用ではなく、観賞用の植物でした。トマトは色鮮やかなので、食卓を華やかにしてくれます。大変人気のある野菜で、各地で露地栽培およびハウス栽培が行われているため、1年を通してスーパーに並んでいます。そんなトマトは、毎日の食事に積極的に取り入れたい食材の一つですね。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    夏野菜の定番食材であるトマトは、ナス科の野菜です。トマトにはアミノ酸の一種であるグルタミン酸が多く含まれているので、肉や魚に含まれるイノシン酸と合わさることでおいしさがより一層強く感じられます。選び方のポイントは、ヘタがピンと張りがあり、切り口が新鮮なものを選ぶようにして下さい。また丸みがありずっしりと重みを感じられるものおすすめです。真っ赤な完熟トマトの保存は、袋に入れ冷蔵庫に入れましょう。緑の部分が有る物は、室温で追熟させると良いですよ。緑黄色野菜でもあるトマトは、βカロテンやビタミンCが多く含まれており、色が濃いほどリコピンは豊富に含まれています。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ミニトマトを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    小さくてコロンとした見た目がかわいいミニトマト。一口サイズでお子さまのおやつにも人気で、切らずにそのままサラダに入れると彩がよくアクセントになります。生で食べるのはもちろん、炒め物やオーブン料理、蒸し料理にも使われてアレンジが効きやすい食材です。主に洋風の料理に使われることが多く、バジルやパセリなどのハーブやチーズと相性がいいです。お弁当にもぴったりのサイズで使い勝手がよく、カロリーも低いのでダイエット中のおやつにも人気があります。ミニトマトは抗酸化作用があるリコピンやβカロテン、ビタミンCやカリウムなど豊富な栄養素が含まれています。美容と健康にいいミニトマトはぜひ料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    生のままでも、料理の材料としても大活躍の栄養豊富なトマト。鮮やかな赤色と爽やかな酸味が食欲をアップさせてくれます。赤い色素成分のリコピンは美容や健康維持に効果的なのは有名ですが、実はこのリコピン、加熱して油で調理することで体に吸収されやすい形に変化するのです。さらに、にんにくや玉ねぎも一緒に入れると、生トマトに比べておよそ4倍も体への吸収性が高くなります。トマトソースには、オリーブオイル、にんにく、玉ねぎは欠かせないので、理にかなった料理だったのです。カラダに嬉しい効能を持つトマトは、どんな食材とも好相性。時短にもなるトマト缶も活用しながら、煮るレシピを参考に、スープやトマト煮にして、栄養を効果的に摂取しましょう。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    赤色の野菜代表のトマトは、「赤」が濃ければ濃いほどリコピンがたっぷり含まれ完熟した証拠です。トマトの旬は日本では6月〜8月ですが、通年見かけることができる身近な野菜の一つです。肌や血管の老化を防ぐリコピンは特に女性に嬉しい美肌・アンチエイジング効果に期待できます。抗酸化作用ではビタミンEの100倍以上含まれます。ミニトマトには、大玉のトマトよりもビタミンB群、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが2倍、リコピンは3倍も多く含まれますよ。リコピンは朝に摂ると吸収率が良く、加熱し、油と一緒に摂ることでも吸収率が上がります。トマトスープにオリーブオイルを垂らせば、美容効果に期待大な朝食の出来上がりです。工夫して積極的に取り入れ、美容・健康を維持しましょう。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アレンジたくさん!体に良いトマトのダイエットレシピ20選

    トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、「トマト」は緑黄色野菜の中でも栄養価が高い野菜です。生でも加熱しても食べられるので、サラダやスープなどにも使いやすく、レシピも数多くあります。リコピンが豊富なトマトは、健康や美容にはもちろん、ダイエット効果も期待できる、人気の食材なのです。 この記事では、トマトのダイエット効果や栄養に加え、スープ、煮込み、麺類にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • プチトマトで彩りをプラス!おすすめのレシピを紹介

    赤や黄色の彩りがきれいな小さなトマト、プチトマトは今やお弁当やサラダ、その他様々な料理に欠かせない野菜となっています。 現在ではとても小さいものや、縦長のものなど、様々な品種がありますね。生で食べても煮ても焼いてもおいしく、栄養価の高いミニトマトは常備している家庭も多いのではないでしょうか。 この記事では、プチトマトの基礎知識に加え、サラダ、炒め物、パスタ、スープ、その他にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【トマトを使った料理】人気レシピ厳選まとめ:サラダやパスタなどのレシピを紹介

    トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。熊本県で最も多く栽培されています。生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。

広告

運営会社