キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豆腐をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

和食になくてはならない食材と言えば豆腐です。豆腐は絹ごし豆腐・木綿豆腐・ソフト豆腐・高野豆腐などの種類があり、絹ごし豆腐やソフト豆腐はそのまま食べることができ、冷や奴やサラダに使われます。木綿豆腐は炒め物に適していて、使う豆腐によって色々なレシピを楽しめます。豆腐は大豆から作られているので栄養価が高く、ヘルシーな食材として欧米でも人気がありベジタリアンのたんぱく源としてもよく食べられます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて豆腐のレシピを紹介しています。豆腐を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    豆腐は比較的安価で売られているのでお財布に優しい食材です。豆腐を使ったアレンジ料理が沢山あり、子供から大人まで年齢問わず人気があります。豆腐はカロリーが低く大変ヘルシーな食材なので特にダイエットをしている方におすすめです。豆腐はヘルシーですが栄養豊富なので毎日でも摂取したい食材です。中でも大豆イソフラボンは美肌効果が期待できるので美容に興味がある女性の方にぴったりの食材です。豆腐は肉や野菜など他の食材との相性が良く、フライパンひとつで手軽に作ることができるレシピが数多く紹介されているのでご飯作りの参考にしてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    手頃な価格で手に入り、高たんぱく低カロリーの豆腐は家計にも体にもやさしい健康食材です。豆腐には鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富です。また、美肌に効果があるビタミン類や、女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボン、便秘改善や大腸がんの予防に効果があるオリゴ糖、コレステロールの吸収を抑制し、生活習慣病の予防に効果があるサポニンや、血液をサラサラにし、神経機能を改善する働きがあるレシチンなど、豆腐にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれています。冷ややっこや湯豆腐などそのままでもおいしい豆腐ですが、豆腐ステーキにしてメインとして楽しんだり、みそ汁や鍋物の具にしたり、料理のかさ増しに使ったりと豆腐は日々の食卓で活躍してくれます。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • これさえあればOK!豆腐を使ったおすすめ定番料理10選

    豆腐は比較的に安価で売られているのでお財布に優しい食材です。アレンジ料理が多数あり年齢問わず人気があります。ヘルシーな食材なので特にダイエットをしている方におすすめの食材です。豆腐は植物性のたんぱく質や脂質を豊富に含んでいるのでコレステロール値を促進させる働きや動脈硬化を予防する働きがあります。また大豆イソフラボンが豊富に含まれているので肌の新陳代謝を促進させ美肌に導く働きがあります。豆腐を使ったレシピは多く紹介されています。定番料理をはじめアレンジしたレシピも多いのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    「畑の肉」とも呼ばれる大豆が原料の豆腐は、高たんぱく低カロリーな健康食材です。豆腐には骨や歯を丈夫にし、イライラを抑える働きがあるカルシウムや、貧血予防に欠かせない鉄分などのミネラルが豊富です。また、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があるサポニンや、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン、血流の改善や脳の活性化をサポートする働きがあるレシチンなどの機能性成分を多く含みます。栄養を多く含みながらも水分が多い豆腐は、満腹感が得られるため、ダイエットや夜ご飯にもおすすめ。手軽な価格で手に入る豆腐は、料理のかさ増し役にもぴったり。ぜひ、食べ応えもばっちりのヘルシーご飯を作ってみてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固めた大豆の加工食品です。高タンパク質で栄養価の高く、ヘルシーなのでダイエットメニューとしても重宝されています。一年中いつでも安価で手に入るため、家庭料理には欠かせない万能な食材です。豆腐には作り方の違いによって、絹ごし豆腐、木綿豆腐などの種類に分けられています。絹ごし豆腐は木綿豆腐よりも濃い豆乳を固めて作られます。口当たりがなめらかで、そのまま湯豆腐に利用したり、ペースト状にしてソースなどに使われます。木綿豆腐は固めた豆腐を布で包み、圧をかけて作られます。絹ごしよりも強度があり、崩れにくいため、鍋物や麻婆豆腐などの炒め物に利用されます。豆乳とにがりを使って作る以外にも、たまご豆腐、ジーマーミ豆腐、ごま豆腐などかわり豆腐の種類も豊富に存在します。いろんな豆腐を食べ比べしてみてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    大豆の搾り汁を固めた加工食品である「豆腐(とうふ)」。豆腐はさまざまな種類があり、「木綿豆腐」、「絹ごし豆腐」、「充填豆腐」、「寄せ豆腐」、「ソフト豆腐」、「高野豆腐」などです。また杏仁豆腐や玉子豆腐など豆腐を模した「かわり豆腐」もあります。このパーティー料理レシピでは、木綿豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐を使用しています。そんな豆腐の栄養価には、植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、カロリーも低いため、健康食品やダイエット食品としても知られています。またβコングリシニン、コリン、サポニン、イソフラボン、カルシウムといった大豆に含まれる栄養価が、豆腐にも含まれています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和食を代表する食材の1つが豆腐で、欧米でも健康志向の方の間で人気を集めています。豆腐は大豆から作られるため植物性たんぱく質が豊富で、ベジタリアンのたんぱく源としても重宝されています。女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンを含み、更年期障害を緩和する働きがあり女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養が豊富なのでダイエット中の方にもおすすめで、サラダやスープなどヘルシーな料理に使いやすいのもうれしいですね。豆腐はソフト豆腐・絹ごし豆腐・木綿豆腐などの種類があり、ソフト豆腐と絹ごし豆腐は柔らかいため冷奴や汁物に適しており、木綿豆腐はかたさがあるので豆腐ステーキや炒め物などに向いています。柔らかく食べやすいため離乳食にも使える便利な食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 https://textmining.userlocal.jp/results/A5WQyyVmQU2QSJserovjVp4nHcz13nmN ■概要文について これはキッチンブックに掲載される記事です。30代から50代の女性が見ることを想定しています。 料理する方(主婦・一人暮らし)向けコンテンツであることを念頭に置き、主に女性心をくすぐる様な表現で執筆をお願いします。 記載ポイントや表現や文言、言葉選びなどはそれを意識した内容での執筆をお願いします。 記事によっては、食材が重複する場合がございますので、「ヘルシー」に特化および差別化をはかってください。 *そのコンセプトに見合わない場合お戻しする場合があるのでご容赦ください ・本記事でどういうことを紹介しているのかざっくりわかるような内容を盛り込んでください。 ※本文・概要文ともに「豆腐」「レシピ」「ヘルシー」などのキーワードを積極的に盛り込んで執筆してください。 ※上記を押さえて、この記事には自分の求めている情報がある、今夜の夕飯に役立ちそうと思われる文章をお願い致します。 ※参考URL先の説明文そのまま(文末や接続詞が変わっただけ等)の場合は承認NGとなりますので、他サイト等も調べて記載をお願いいたします。} [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  178448876 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/baked-marinated-tofu-herbs-spices-178448876?src=glMYICyAH-9hA7EMdlElhw-7-76 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    滑らかな食感でクセのない味の豆腐。しょうゆや味噌、納豆と同じく、大豆を加工して作られた食品です。豆腐の原料となる大豆は畑の肉と言われるほど、高い栄養価を持っています。豆腐は大豆を加工していますが、大豆に含まれるタンパク質や脂質の割合が高いのが特徴です。豆腐の主な栄養素はタンパク質と脂質で、豆腐100gあたりに含まれるタンパク質は4.9g、脂質は3gと言われています。タンパク質は筋肉や血液、臓器を作る働きがあり、生きていく上でなくてはならない栄養素です。脂質は皮下脂肪として臓器を保護する役割や細胞膜、ホルモンを構成する栄養素でもあります。脂質といっても動物性の脂質とは異なり、コレステロールがあまり含まれません。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固めて作る、大豆の加工品です。豆腐は淡白な味で、どんな味付けにも合う便利な食材です。豆腐は高タンパク、低カロリーなので、ダイエット食としても根強い人気があります。豆腐は水分が多いため、そのまま使うと料理が水っぽくなったり、豆腐が崩れやすくなります。水切りは電子レンジなどで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。豆腐には木綿豆腐、絹ごし豆腐、高野豆腐など、製造方法の違いで数種類に分かれます。木綿豆腐は固く、扱いやすいため炒め物や揚げ物に向いています。絹ごし豆腐はなめらかな食感で、そのまま冷奴として食べたり、すりつぶしてクリームのように使われています。高野豆腐は豆腐を乾燥させて作られ、崩れにくく味が染み込みやすい特徴があるため、煮物によく使われます。それぞれの得意な料理の種類で、おいしく豆腐を食べてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    中国生まれ日本育ちの豆腐は、初めて日本に入ってきたのは奈良時代で、遣唐使が中国から持ち込んだのが始まりと言われています。当初は、寺院の僧侶の間で精進料理として食べられ、一般庶民の食卓に登場するようになったのは江戸時代に入ってからと言われます。その後、豆腐は日本食の代表の一つとして食され続け、現在では健康・美容・ダイエット食品としても注目されるようになりました。夏の定番の冷奴のようにそのまま生で食べるほかに、煮る、焼く、炒める、揚げる、蒸すなど、調理方法も多様です。食感も絹ごし豆腐と木綿豆腐では大きく異なりますので、お好みや料理に合わせて使い分けてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    和食になくてはならない食材の1つが豆腐です。豆腐には木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐などがあり、種類によって使い方が異なります。木綿豆腐は形が崩れにくくマーボー豆腐や揚げ出し豆腐などの油を使った料理に使われ、絹ごし豆腐やソフト豆腐は滑らかで柔らかいので、冷奴やサラダなどに使われます。高野豆腐は保存が効いて、煮物などの水分の多い料理によく使われ、独特の食感と味わいが特徴です。豆腐は大豆から作られ、良質の植物性たんぱく質を含み海外でも健康食として人気になっています。女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが豊富に含まれているため、更年期障害の症状を緩和させる働きがあります。低カロリーで健康にもいいので、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    のど越しが良く、良質なたんぱく質を摂取できる豆腐。夏は冷ややっこ、冬は湯豆腐など、手軽に食べられる豆腐は、日本人に人気なヘルシー食材です。豆腐には、絹ごし豆腐や木綿豆腐、焼き豆腐などの種類があります。絹ごし豆腐は、豆乳をそのまま凝固剤を加えて固めたもので、なめらかな舌触りが特徴です。木綿豆腐は、豆乳を凝固剤で固めた後に崩して、重しをのせて圧力を加え、水分を切りながら作られるため、しっかりとした食感が特徴です。水分が多く低カロリーナ豆腐は、満腹感も得られるため、ダイエットにもおすすめの食品です。近年は、豆腐とご飯を合わせたレシピも人気です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりを混ぜて作る大豆の加工食品の一つです。豆腐はそのまま冷奴として食べると喉越しが良く、口当たりもサッパリするので夏には欠かせない存在ですよね。他にも鍋の具や麻婆豆腐など幅広い料理で活躍しています。豆腐にはいろんな種類があることをご存知ですか?一般的な木綿豆腐と絹豆腐の違いについてご紹介します。木綿豆腐と絹豆腐は製作工程と水分量が違います。絹豆腐は豆乳とにがりを混ぜて固めて作ります。一方、木綿豆腐は豆乳とにがりを混ぜて一度固めたものを布で包み、容器に入れて圧をかけ、水分を抜いて作ります。絹豆腐はなめらかで柔らかく、木綿豆腐は固く、くずれにくく仕上がります。同じ豆腐ですが、食感や料理の用途も変わってきます。料理にあった豆腐で調理してくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    豆腐は低価格で購入することができ、家計に優しい食材です。豆腐は大変ボリュームがあり、低カロリーでヘルシーな食材なのでダイエットにも最適。豆腐の栄養成分についてですが、植物性のたんぱく質を豊富に含み、肥満の解消効果や動脈硬化の予防効果、コレステロールを低下させる働きがあります。豆腐には種類があり木綿豆腐、絹ごし豆腐の他におぼろ豆腐や焼き豆腐があります。食感や味にも違いがあるので料理に合わせて様々なメニューを楽しむことができます。おつまみや煮物、サラダ、炒め物などレシピが多く紹介されているので活用してください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    豆腐と凝固剤で作られる豆腐。豆腐には「木綿豆腐」「絹ごし豆腐」「充填豆腐」の3種類あり、どれも原料は大豆ですが作り方が違い、食感も異なります。特に木綿豆腐と絹ごし豆腐は調理方法によって、使い分けされています。焼く、煮る、揚げる時には木綿豆腐が、サラダやこねる料理には絹ごし豆腐がむいています。また木綿豆腐にはタンパク質、カルシウム、鉄分が多く含まれ、絹ごし豆腐にはビタミンB群、カリウムが多く含まれています。豆腐には脂肪代謝に効果のあるレシチン、老化防止に効果のあるサポニン、動脈硬化に効果のあるイソフラボンなどが含まれています。そして低カロリーなのでダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    朝早いお弁当作りや、仕事で帰宅後に疲れている時に、いつでも安く買える食材で、さまざまなアレンジが出来たら便利です。豆腐は安いだけでなく、たんぱく質や脂質などの基本栄養素としても、体調を維持増進させる機能性食品としても効果があります。さらに豆腐に含まれているアルギニンは、血管の健康を保つ効果があり、医学としても注目されています。ちなみに木綿豆腐のほうが絹ごし豆腐より、カルシウムが豊富なので成長期の子供にぴったりです。おかずとしてステーキにしたり、つくねやそぼろなどお肉の代わりや、かさましとしてダイエット効果も期待できます。味付けの邪魔をしないのもレシピがたくさんある理由です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    豆腐は健康と美容によい食材で、よく食べる人も多いです。味噌汁などに入れる場合が多いでしょう。毎日でも食べたい豆腐の、バラエティーに富んだレシピのご提案です。豆腐を茹でて水切りしてから炒め物に入れたり、豆腐でサンドイッチも作れます。水切りも、レンジなどを使い手軽に出来ます。毎日の食卓に、積極的に豆腐を使ったレシピを取り入れましょう。大人数のときはもちろん、ひとりで食事をする場合も、一丁ずつ買える豆腐は便利な食材です。たんぱく質の宝庫なので、肉をあまり採りたくないときにも、豆腐一丁で栄養が採れます。和のスイーツのレシピもあるので、豆腐好きな人は作ってみましょう。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    和食や中華料理に欠かせない豆腐。低価格で手に入れられるため、いつでも冷蔵庫にストックしてあるという家庭も多いでしょう。豆腐は煮込み料理や炒め物など、さまざまなレシピがありますが、あえる調理法もあります。野菜に豆腐をあえるとまろやかな味わいになり、上品なおかずに仕上がります。あっさりとしていますが、豆腐は栄養たっぷりのスーパーフードとも言われています。豆腐は大豆由来で畑の肉とも呼ばれ、タンパク質が豊富なのが特徴。また、ミネラルやビタミンも豊富で、コレステロールを下げる働きもあります。大豆で食べるよりも消化吸収率が高いことから、離乳食や病人食にも向いているとされています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    大豆を原材料として作られる豆腐は、ヘルシーで栄養満点な食材として人気が高くスーパーでも様々な種類が並んでいます。水分が多く、満腹感を得られやすい豆腐はダイエット食品として多く用いられていますが、近年では大豆を磨砕して加熱して豆乳を搾り取った残りの「おから」を使ったダイエットにも注目がおかれています。女性ホルモンに似た働きをもつ「イソフラボン」も注目され、更年期を過ぎた女性のホルモン減少に伴って起こしやすい骨粗鬆症や高血圧、循環器疾患などのリスクを軽減する効果に期待されています。豆腐には骨や歯の形成には欠かせないカルシウムや、ビタミンE、B1、B2、ナイアシンを含み、美肌やアンチエイジング、生活習慣病にも効果的ですよ。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    安定した価格で手に入れやすい豆腐は私たちの日常の食卓に欠かせませんね。そのまま食べることはもちろん、加熱したり、お肉と合わせてカサ増しに利用したり、スイーツにしたりと様々な料理を楽しめる食材です。「畑の肉」と呼ばれる大豆から作られる豆腐は、タンパク質、カルシウム、ビタミン、マグネシウム、鉄分、カリウムなどをバランスよく含み栄養満点で、特に木綿豆腐には栄養が凝縮されています。かわりに絹ごし豆腐にはボリュームはあるのにエネルギー量が低い特徴がありますよ。その日の献立や身体の調子によって豆腐を使い分けてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豆腐は大豆から作られており、体を調節して健康を維持増進させる食品「機能性食品」として注目されています。豆腐のたんぱく質は血中のこれ酢テロルを低下させて更に血液の上昇を抑制すると言われています。また、血中に善玉コレステロールを増やす作用があり、血液の循環に働きかけてくれます。そして、イソフラボン。女性ホルモンと似た働きをするといわれていて、更年期などで起こる体の諸症状に効果が期待できるとも言われています。最近ではサプリで栄養を摂取する流行もありますが、大豆からできている豆腐をとって健康や美容が維持できるのは嬉しいですよね。ぜひ積極的に摂取したい食品です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本人の食生活になくてはならないのが豆腐です。豆腐は大豆から作られる加工食品で、鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、江戸時代には庶民にもよく食べられる食材になりました。豆腐には木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐などがあります。日本の豆腐は他の国の豆腐と比べると、滑らかで柔らかいのが特徴です。大豆を原料にしているので、植物性たんぱく質が豊富でベジタリアンの方にも人気があります。その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれているため、女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養素も豊富なので、美容と健康のためにも積極的に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本料理に欠かせない食材の1つが豆腐です。豆腐は中国から日本へ伝来し、鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、江戸時代には通常の食材となったと言われています。豆腐は大豆加工食品で、大豆にはたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、記憶力を高めるレシチンなどが豊富に含まれています。良質な植物性たんぱく質を摂るのには大豆食品がおすすめです。木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐など色々な種類があり、絹ごし豆腐は火を通さずに冷ややっこやサラダに入れるなどそのまま食べることができます。木綿豆腐は硬さがあるので、炒め物など火を通す料理に適していて、調理法に合わせて使う豆腐を選ぶことができるのも便利です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    豆腐はたんぱく質や脂質などの栄養が豊富に含んでいる食品です。中でも女性に嬉しいのが豆腐には女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれているということです。美肌に効果的であるビタミンE、B1、B2なども豊富に含まれています。また骨粗しょう症の予防効果やがんの予防、動脈硬化に効果的です。豆腐はカロリーが少ないのでダイエットをしている方にもおすすめです。他の食材との相性も良いですし、健康的な食材ですので毎日摂取したい食品です。豆腐は冷ややっこなどそのまま食べることができるので大変手軽です。揚げ出し豆腐、豆腐ドーナツ、豆腐ナゲットなど豆腐を使った揚げるレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本人の食卓に欠かせない食材が豆腐。豆腐は大豆の加工食品で、古くから日本で作られるようになり鎌倉時代末期には民間へ伝わったとされています。豆腐には木綿豆腐・絹ごし豆腐・ソフト豆腐・おぼろ豆腐・高野豆腐などがあり、木綿豆腐は炒めたり煮たりするのに適していて、絹ごし豆腐やソフト豆腐は火を通さずに食べることができ、冷ややっこやサラダに使われることが多いです。豆腐は味に癖がなく食べやすいですが、大豆から作られているため栄養を豊富に含んでいます。さまざまな食材と相性がよく、アレンジの効きやすい食材でお財布にもやさしい主婦の強い味方です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    煮たり焼いたりそのまま食べたりと、様々な料理にアレンジできる豆腐は、安価で私たちに身近な食材ですね。豆乳ににがりを加えて一度固めたものを崩してから圧力をかけて水分を絞って再度固めたものが「木綿豆腐」、木綿よりも濃い豆乳ににがりを加えてそのまま固めたものが「絹豆腐」です。豆腐によって栄養素が異なり、木綿はカロリーが高く、タンパク質、カルシウム、鉄分が絹より2割程多く含まれます。絹は木綿よりビタミンB群やカリウムなど水溶性の栄養素が多く含まれます。木綿は仕上げに水分を絞るので水溶性の栄養が流れ出てしまうので、栄養価の違いで使い分けをしてもいいですね。種類によって食感も大きく異なるので、特徴に合わせた料理に使用し、低カロリーでも栄養価の高い食事を心掛けたいですね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「焼く」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人気でおすすめの豆腐ダイエットレシピ厳選20!ボリュームが出せるのがイイ!

    豆腐は和食になくてはならない、長い間日本人に親しまれている食材です。スープや煮物、スイーツに至るまで、さまざまな料理に使われる人気食材です。豆腐は大豆から作られ、低カロリーで栄養素が豊富でダイエットにもよく取り入れられます。スーパーで気軽に買えて、加熱せずにそのまま食べられる手軽さも魅力です。 この記事では、豆腐のダイエット効果や栄養に加え、おかず、ごはん、デザートにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 美容とダイエットに欠かせないイソフラボン!豆腐スムージーのおすすめレシピ20選

    上質なたんぱく質がたっぷり含まれている「豆腐」。その上、カロリーも低く消化しやすいので、幅広い層に人気があり、日本人にとって身近な食材です。そんな豆腐を色々な食材と組み合わせて「スムージー」で摂り入れれば、腹持ちもよく、イソフラボンパワーで美容にもダイエットにも効果てきめんですよ。 この記事では、豆腐 スムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・アーモンドミルク、豆乳、ヨーグルト、その他ジュースカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • ヘルシー♪湯豆腐のおすすめダイエットレシピ・作り方20選

    湯豆腐という料理が現れたのは京都、南禅寺の精進料理からと言われています。文献などが残っているわけではありませんが、今でも京都は湯豆腐が有名ですね。シンプルゆえに豆腐本来の味が楽しめる湯豆腐は、おつまみの定番となっています。定番の昆布出汁に泳がせた湯豆腐もいいですが、味を変えやすいのもこの料理のいいところ。そのためいろいろな湯豆腐レシピがあります。 この記事では、湯豆腐の基礎知識に加え、湯豆腐の栄養素、湯豆腐のダイエットの効果、ダイエットにおすすめの湯豆腐レシピをおかず系・おつまみ系のカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 体温まる湯豆腐のおすすめレシピ・作り方20選

    湯豆腐は、寒い季節にぴったり。材料は昆布だしに豆腐を入れ、ポン酢などで食べるというシンプルなものですが、古くから多くの人々に愛されてきたメニューですね。その起源は京都にあり、もともとは精進料理でした。現在は豆腐入りの鍋といったイメージで、他にも野菜やきのこ類、しゃぶしゃぶ肉など具だくさんに入れる場合もあります。 この記事では、湯豆腐の基礎知識に加え、お鍋、たれ、アレンジカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社