キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豆腐をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

和食になくてはならない食材と言えば豆腐です。豆腐は絹ごし豆腐・木綿豆腐・ソフト豆腐・高野豆腐などの種類があり、絹ごし豆腐やソフト豆腐はそのまま食べることができ、冷や奴やサラダに使われます。木綿豆腐は炒め物に適していて、使う豆腐によって色々なレシピを楽しめます。豆腐は大豆から作られているので栄養価が高く、ヘルシーな食材として欧米でも人気がありベジタリアンのたんぱく源としてもよく食べられます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて豆腐のレシピを紹介しています。豆腐を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

豆腐の歴史

豆腐は紀元前2世紀に中国から発祥したとされていますが、豆腐について書かれた文献が唐時代以降になるため、唐中期に作られ始めたとも言われ諸説があります。日本へは中国から遣唐使の僧侶から伝わったと言われ、精進料理として僧侶の間で食べられるようになりました。鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、室町時代には全国的に広がり江戸時代になってから庶民の間でもよく食べられる食材になりました。

豆腐の材料

豆腐の材料は大豆・水・にがりになります。豆腐のほとんどが水分で残りが大豆になり、豆腐一丁に約380粒の大豆が使われていると言われています。380粒の大豆を食べることを考えると、豆腐一丁で同じ量の大豆が食べられるのはすごいですよね。豆腐は柔らかくて消化がいいので子供にも食べやすく、低カロリーなので女性にとっても嬉しい食材です。

豆腐の栄養素

! /image/〇〇
豆腐の原材料は大豆なので、植物性たんぱく質が豊富です。たんぱく質は血液中のコレステロールを低下させ、血圧上昇を抑制する働きがあります。さらに女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれているため、更年期にぜひ摂りたい栄養素です。豆腐の脂質に多く含まれるリノール酸は、血管に付着するコレステロールを除去して善玉コレステロールを増やす作用があるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ役割があります。

豆腐の製造方法

豆腐の作り方はまず精選して異物を取り除き、水洗いを繰り返して何度も洗浄します。水に漬けた後大豆の水を切って、大豆の約1.2倍程度の水を加えて細かく砕きます。滑らかになった大豆の汁を鍋で加熱して、こし布に入れて絞り豆乳とおからに分離させます。豆乳を温めてにがりを加え、蓋をして蒸します。豆腐箱に晒し布を敷いて固まってきた豆腐を流し込み、押し蓋して重石をのせて豆腐が固まったらできあがり。

豆腐の保存方法

使い切れなかった豆腐をおいしく保存するには、タッパーに豆腐を入れてひたひたになる程度にきれいな水を入れて蓋をします。水を毎日取り替えることで長持ちします。冷凍保存する場合は、未開封ならパックごと冷凍庫に入れるだけでOKです。使い切れなかった豆腐は、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ってジップロップなどの保存袋に入れて冷凍します。冷凍した豆腐を使う際は、調理前に室温で解凍してから使います。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

豆腐の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豆腐の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豆腐の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豆腐の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豆腐の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

豆腐をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社