キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

スルメイカをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

スルメイカは日本列島の周囲を中心に分布し、日本で消費量の多い魚介類の1つです。スルメイカには「秋期発生系群」「冬期発生系群」「夏期発生系群」の3つがあります。スルメイカと言えば、ビールや日本酒のおつまみに人気の干物を思い浮かべますが、煮物・から揚げ・炒め物・炊き込みご飯・焼き物などさまざまな料理に使われます。醤油やみりんと言った和食の食材と相性抜群ながら、オリーブオイルやバターなどの洋食の食材ともよく合い、ジャンルを問わず使える食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてスルメイカのレシピを紹介しています。スルメイカを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

スルメイカの栄養素

スルメイカは高たんぱくで低脂肪なので、ダイエット中のたんぱく源として人気があります。たんぱく質は髪の毛・爪・皮膚などを作るのに欠かせない三大栄養素の1つになっています。胆汁の分泌を促進し肝臓の働きを助けるタウリンが豊富で、その他にも免疫力の向上に効果がある亜鉛も含まれています。その他にもミネラルやビタミンB群、ビタミンEも含まれています。

スルメイカの旬

スルメイカには種類が3つあり、「秋期発生系群」「冬期発生系群」「夏期発生系群」の3つがあり、秋期発生系群は夏から秋にかけて日本海で水揚げされ、「冬期発生系群」は6月頃に常磐や三陸太平洋沿岸で水揚げされ、11月以降は日本海、12月~2月は九州北西部で水揚げされます。「夏期発生系群」は冬から初夏にかけて水揚げされます。このように一年を通じて流通していますが、一番おいしい旬は夏と言われています。

スルメイカの産地

! /image/〇〇
スルメイカの主な産地は北海道から東北、山陰から北陸各地になります。その中でもトップなのが北海道で、次いで青森県が多くなっています。その他に長崎県、石川県、岩手県、宮城県が続いています。冬期発生系群のスルメイカは夏は常磐・三陸太平洋沿岸、秋は北海道沿岸域、11月以降は日本海側、冬は九州北西部と水揚げされる場所が変わります。

スルメイカの選び方

スルメイカは鮮度が落ちると白くなるため、できるだけ透明感があり触った時に色がすっと変わるものが新鮮です。身が締まって輝きがあり目がきれいな黒色の物を選び、目がくぼんだり濁っていたりするものは避けましょう。スルメイカは獲れたてのものは透明で、その後白くなった後光沢と透明感のある茶褐色になって最後には白くなります。表皮の色が白色の物より茶褐色の物のほうが新鮮なので、まず色に注目しましょう。

スルメイカの下処理方法

まずスルメイカの内臓を取り、背骨と胴を引き剥がすように指をねじ込み引っ張ります。足から内臓を切り離して軟骨も引き抜き、えんぺらを引っ張って取ります。端から皮をつまんでむき、目の下に包丁を入れて足と内臓を切り離します。足の中心に残ったくちばしを取り、吸盤を取って足の先を切ったら水で洗って水気をふき取ったら完成です。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

スルメイカの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

スルメイカの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

スルメイカの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

スルメイカの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

スルメイカの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

スルメイカをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社