キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

里芋をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特のぬめりがあり、ほっとする味わいが食べやすい里芋は和食によく合う芋です。里芋はタロイモ類サトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われています。醤油やみりんといった和食の調味料とよく合い、煮物に欠かせない野菜です。東北地方で食べられる「芋煮会」は、大鍋で里芋を煮込み大勢で一緒に食べるイベントとして秋の風物詩になっていて全国的に知られています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて里芋のレシピを紹介しています。里芋を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 里芋を使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこちら

    里芋は皮をむいて加熱すると、ねっとりとした食感になるのが特徴的です。ほくほくとした芋らしさもあり、お腹にもしっかりたまります。里芋はカリウムが多く含まれています。里芋のカリウムはデンプンで守られているため熱に強く、じっくり煮込んで加熱しても栄養が壊れません。里芋は他の芋類と比べるもカロリーも低く、食物繊維も豊富に含まれているのでダイエットにも向いている食材でもあります。里芋を使った料理といえば、そのねっとりさを生かした煮物が定番ですよね。同じ煮物でも、味付けや加える具材によって印象が全く異なる料理になります。こちらの記事では里芋の煮物のレシピも多数ご紹介しています。好みの味付けを見つけて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    里芋は秋から冬が旬の食材で独特のぬめりがあるのが特徴的です。このぬめりは炭水化物やたんぱく質が組み合わさったものでガラクタンという成分によるものです。このガラクタンはがん細胞の増殖を抑制する働きがあります。また、ムチンが含まれているので女性に嬉しい便秘解消効果があります。他にはカリウムが含まれているので不要な塩分を排出し高血圧を抑制します。里芋は乾燥に気を付けると長持ちさせることができます。煮ものや炒め物に使われることが多い里芋ですが、フライパンで手軽に調理をすることができる食材なのでぜひレシピを参考にして食卓に取り入れてみてください。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライパン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの里芋を使った人気レシピ10選

    秋の味覚、里芋。ねっとりホクホクとした食感が特徴です。主な成分はでんぷんで、水分が多く、低カロリーのヘルシー食材です。里芋には高血圧の予防に効果があるカリウムや、整腸作用のあるカルシウムが豊富です。里芋は低温と乾燥に弱いので、新聞紙に包んで常温で保存するのがポイントです。ぬめりが気になる場合は、皮をむいて塩もみをし、水洗いをした後に茹でることでぬめりが取れます。煮物のイメージが強い里芋ですが、和食だけでなく、スープの具にしたり、サラダにしたりグラタンにしたり、楽しみ方はいろいろ。ぜひ、いつもとは一味違った里芋料理で食卓を彩ってみてください。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの里芋を使った人気レシピ10選

    やわらかくて粘りがあり、ホクホクとした食感がクセになる里芋。里芋の主な成分はでんぷんで、水分が多いのが特徴です。里芋には体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウムが含まれており、むくみの改善や高血圧の予防に効果があります。里芋は乾燥に弱く、土を洗い落とすと風味が落ちるので、土付きのまま保存するのがおすすめ。里芋のぬめり成分であるシュウ酸は手に触れるとかゆみを引き起こすので、乾いた状態で皮をむくのがポイントです。里芋の料理は煮物が定番ですが、フライにしたりグラタンにしたり、アレンジがいろいろと楽しめる食材でもあります。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの里芋を使った人気レシピ10選

    独特のぬめりがあり、ホクホクとした食感の里芋。タロイモとも呼ばれ、東南アジアが原産とされるサトイモ科サトイモ属の芋です。千葉、埼玉、新潟などで栽培されていて、一般的に9月から10月ごろに旬を迎えます。里芋の主な栄養素は、カリウムや銅、炭水化物など。カリウムは水分の多いきゅうりなどに含まれている栄養素で、体内のナトリウムを排出し、むくみの解消に効果的です。銅は体内にある鉄分の利用を促進する働きがあり、貧血予防に役立ちます。消化や代謝に関わる酵素の材料となる働きもあります。モリブデンも鉄分の利用を促す働きがあるため、里芋は貧血予防におすすめです。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    里芋は秋冬が旬の野菜でぬめりがあるのが特徴的な野菜です。このぬめりはムチンやガラクタンという成分によるもので、ムチンは女性に嬉しい便秘を解消する働きがあり、ガラクタンはがんの細胞を増殖するのを抑える働きがあります。他にカリウムが豊富に含まれているので、不要な塩分を排出したり高血圧を抑える働きがあります。スーパーで選ぶ際はキズやひび割れをしているものは避け、湿り気があり等間隔に縞模様があるものを選びます。煮物などに使うことが多い食材ですが、パーティー料理にも多く使われている食材なのでレシピが多く紹介されています。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ホクホクとした食感と独特のぬめりが特徴の里芋は、和食によく合います。里芋の煮物やスープ、おでん、鍋物などによく使われます。特に東北地方で食べられる芋煮は、河川敷などで多くの人が集まる芋煮会が催され秋の風物詩にもなっています。素朴な味わいなので他の野菜と合わせやすく、幅広い料理に使われます。里芋は東南アジア原産のタロイモの仲間で、日本へは縄文時代後期に伝来したと言われる歴史の長い野菜です。里芋に含まれるガラクタンは血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があり、コレステロールが気になる方におすすめです。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが含まれ、むくみ防止に効果があります。秋冬が旬なので、里芋を使った体が温まる料理を作ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    芋類の中でも低カロリーでヘルシーな里芋は、カリウムが多く、体内の余分な塩分を排出して高血圧の改善に効果的です。特徴的なぬめりは、「ムチン」と「ガラクタン」という水溶性食物繊維によるもので、ムチンには胃の粘膜を保護する作用があり、ガラクタンには腸の働きを活発にして血糖値の急上昇を抑制する効果がありますよ。このぬめりによって、皮を剥く時に手が痒くなる方も多いと思いますが、時間に余裕があれば洗って土や汚れを落とした後、そのままザルにあげて乾かすことでぬめりが出にくくなります。洗った後に熱湯で3分程茹でるか、ラップに包んでレンジで3分程加熱するとつるんと皮が剥けるので試してみてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    里芋は芋の中でもカロリーが低く、食物繊維が豊富に含まれています。腹持ちも良いため、ダイエット食に向いています。里芋は長芋と同じく、シュウ酸カルシウムの結晶が含まれているため、触ると痒くなる特徴があります。水に濡れるとぬめりが出て滑りやすくなるので、里芋の皮をむく時は水で洗わず乾いたまま包丁で剥くのがオススメです。皮ごとゆでてから里芋を半分にカットしてから皮をむくとツルッとむきやすくなりますよ。自分に合った方法で里芋を上手に調理してくださいね。里芋はがめ煮などの和食に使われることが多いですが、牛乳やチーズなどのクリーム系の食材とも相性が良いですよ。じゃがいもの代わりに使うことで糖質オフにもなります。グラタンやコロッケなどの洋食にもぜひ利用してみてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    里芋は古くから食べられており、平安時代の辞典「和名抄(わみょうしょう)」に記載されていたり、万葉集の歌にも詠まれて、江戸時代までは「いも」といえば里芋のことを指しました。里芋は、8月〜9月に早く成熟する品種が出たあと9月〜12月頃まで品種の違うものがつき次と流通し、主に10月〜11月に美味しい時期を迎えます。里芋の主成分はデンプンですが、高血圧予防に効果的なカリウムを多く含みます。里芋のぬめりには消化を助け、便秘解消にも効果的な成分を含みますよ。ぬめりが強いと味が染み込みにくく、煮汁も濁って吹きこぼれやすくなるため、皮を剥いた後の里芋を塩もみするか、一度茹でこぼしてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    里芋は、中心に親芋ができてその周りに小芋、さらに孫芋、ひ孫芋と、一つの種芋からたくさんの里芋をとることができます。主にスーパーなどで見かけるのものは子芋や孫芋ですが、親、子、孫と続くことから子孫繁栄の縁起物としてお正月料理にも使われます。里芋特有の滑りは「ガラクタン」という成分によるもので、免疫力を高めたり、血中のコレステロールを抑制する働きがあります。他にも、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、造血作用のあるビタミンB6なども含みますよ。里芋は低温と乾燥に弱いので、新聞紙などに包んで冷暗所で保存します。夏場は泥を洗って水気を拭き、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れて、できるだけ早く使い切ってくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われいます。独特のぬめりがありますが、味や臭いにクセがなくホクホクとした味わいで和食によく合います。煮物・炒め物・汁物・鍋物などによく使われ、東北地方で食べられる芋煮は秋の風物詩になっていて、河川などで多くの人が集まって大きな鍋を囲む芋煮会が人気を集めています。里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。里芋に含まれるモリブデンは、造血作用があり貧血の予防に効果があるとされています。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、コラーゲンの生成効果がある銅などが含まれています。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    秋が旬の里芋。水分を多く含み、カロリーが低いのが特徴です。主な成分はでんぷんで、加熱をすると里芋特有のねっとりとした食感になります。里芋に豊富なカリウムは、塩分の吸収を抑える働きがあり、高血圧の予防に効果があります。糖質代謝をサポートするビタミンB1や整腸作用のある食物繊維も多く含み、ダイエットにも効果的な食材です。里芋のぬめり成分であるシュウ酸は皮膚に触れるとかゆくなるので、ぬめりを出さないように乾いたまま皮をむくのがおすすめです。里芋は乾燥に弱いので、土付きのまま新聞紙などに包んで、冷暗所で保存すると鮮度が長持ちします。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    里芋はねっとりとした柔らかい食感と優しい素朴な味わいが特徴の根菜です。里芋は水に濡れるとぬめりが出て手がかゆくなってしまいますよね。皮をむく時は洗わずにそのまま剥くのがオススメです。このぬめりの原因である「ガラクタン」という成分は、胃や鼻など体の粘膜を保護し、酸から胃を守ったり、風邪の菌の侵入を防いでくれたりします。他にも食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消に役立つなど、体に嬉しい効果が期待できる食材です。里芋は芋の中でもカロリーが低いので、ダイエットにも向いています。里芋は煮物にするのが定番ですが、味にクセがないので実はいろんな料理に合いますよ。さまざまな料理の種類で里芋を料理してみてくださいね。この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    肥大した地下茎を食べる里芋。1年中販売されている里芋は、品種によって旬が少しずれますが、秋から冬が主な旬です。里芋には食物繊維やミネラルが豊富に含まれていて、特にナトリウム(塩分)を排泄する役割のあるカリウムを豊富に含んでいます。また動脈硬化の予防にも効果があります。煮物や揚げ物などのおかず料理に合う食材、そんな里芋の選び方は、丸くて、傷がなく、重いものがよいのです。軽いもの、やわらかいものは選ばないようにしてください。また泥付きのものの方が日持ちするのでおすすめです。保存する際は低温障害を起こさないため、冷蔵庫には入れず、新聞紙で包み、冷暗所においてください。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    里芋はやわらかく、トロリとした粘りのある食感が特徴の芋類の食材です。ついついしっかり洗ってしまいがちな里芋のぬめりには栄養が含まれていることをご存知ですか。里芋のぬめりはムチン、ガラクタンなどの水溶性食物繊維によるもので、胃や鼻の粘膜を保護して胃潰瘍の発症を抑えたり、ガン予防や、便秘にも効果のある成分です。調理するときはなるべく里芋のぬめりを残すように意識してみてくださいね。里芋の皮はゆでて加熱してからむくのも栄養が逃げないようにする1つの方法です。里芋は水に濡れるとツルツル滑ってむきにくいので、怪我には注意してくださいね。里芋はイモ類の中でもカロリーが低く、ヘルシーなのでダイエット中の女性にも嬉しい食材ですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    里芋はいもの中でもカロリーが低いヘルシーな食材です。加熱すると粘り気が出る特徴を持っています。里芋がねっとりしているのは里芋の主成分である、でんぷんが理由です。美味しい里芋の見分け方は泥のついたもの、皮がしっとりと湿っているものを選ぶようにしましょう。逆に皮が洗ってある里芋は早めに使い切るようにしてください。里芋は水にぬれているとぬめりが出て、滑りやすくなるので皮をむく時は洗わずにそのままむくのがオススメです。新聞紙などを下に敷くと後片付けも楽ですよ。里芋によるかゆみは里芋に含まれるシュウ酸カルシウムという成分の結晶が針のようになり、手に刺さって起こると言われています。里芋を扱うときは手袋をすると安心です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    芋類の中で最もカロリーの低い里芋。カリウムが多く含まれ、余分なナトリウムを排出し、高血圧の改善に効果的です。里芋特有のぬめりには「ムチン」と「ガラクタン」という水溶性食物繊維によるもので、胃の粘膜を保護し、腸の働きを活発にする働きがあります。血糖値やコレステロール値の急上昇を抑制する効果も期待されますよ。ぬめりによって手が痒くなり皮むきが難しい里芋ですが、乾かしてから皮を剥くと手が痒くならずつるんと綺麗に剥けます。皮付きのまま綺麗に泥などの汚れを落とした里芋を茹でるか、ラップに包んでレンジで3分程加熱することがポイントですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ねっとりとした味わいの里芋。煮物のレシピでは定番の具材ですね。里芋は他の芋類と比べてカロリーが低めなのが特徴です。また、里芋に含まれるガラクタンという成分により、コレステロールや血圧を下げる働きがあるとされています。このように栄養がある根菜なので、積極的に食べたい食材の1つですが、下ゆでが面倒という人も多いでしょう。そんなときにおすすめなのがレンジ調理。皮ごとレンジでかけてもおいしく食べられるため、時短になります。下ゆでだけでなく、味付けもレンジ調理で簡単にできます。レンジならお鍋などを使わずに調理でき、洗い物を減らせるのがポイントです。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    煮物料理に使われるイメージのある里芋。里芋は、いも類の中でも特にヘルシーな野菜の1つです。カロリーではさつまいもの半分ほどの低カロリーで、栄養素の面ではカリウムと食物繊維が豊富です。また、里芋のネバネバの元となるガラクタンという成分が含まれ、脳細胞を活性化するはたらきがあります。里芋の下ごしらえとして味がしみやすいようにぬめりを取りますが、あまり取りすぎてしまうとガラクタンが減ってしまうため、効能の面でいうとぬめりは取りすぎないようにしたいものです。煮ても焼いても蒸してもおいしい里芋は、煮物だけでなくサラダにしてもおいしく食べられますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    冬に向かって旬を迎える里芋。特徴的なぬめりは「ガラクタン」という成分と「粘液糖タンパク質の混合物」からできています。ガラクタンは炭水化物とタンパク質の複合体のことを指し、この成分にはコレステロール値を下げる効果や、高血圧、肥満予防などの生活習慣病対策に効果が期待されます。「粘液糖タンパク質の混合物」には、タンパク質の消化・吸収を助け、体内の粘膜の保護や便秘予防、タンパク質の吸収を高めるためスタミナアップに効果がありますよ。煮物、汁物、揚げ物と、何にでも適していますのでお好みの調理方法で取り入れてくださいね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ぬめりのある野菜の代表格と言えば里芋です。里芋はサトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われいます。日本人になじみの深い野菜で、里芋のにっころがしなど、ほっとするおふくろの味的なやさしい味わいの料理によく使われます。里芋は秋に収穫され、全国的にも有名な東北地方各地で行われる芋煮会は秋の風物詩になっています。里芋には血中のコレステロールの付着を防ぎ、血圧を下げる効果のあるガラクタンが含まれています。ガラクタンは摂取しても脂肪にならないため、ダイエット中の方にもおすすめの野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、独特のぬめりがあるのが特徴です。縄文後期には日本に伝来していたと言われる歴史の長い野菜で、晩夏から秋にかけて収穫されます。東北地方各地で行われる秋の季節行事と言えば「芋煮会」です。大鍋で里芋や他の材料を煮て大勢で一緒に食べる行事は、秋の風物詩になっています。里芋は和食とよく合い、煮物やスープ、鍋料理によく使われます。里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめの野菜で、ガラクタンはたくさん摂取しても脂肪にならないためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    8月から12月が旬の里芋。皮を剥いたらぬるぬるとした特徴です。このぬるぬるは「ガラクタン」という成分と「粘液糖たんぱく質の混合物」の食物繊維によるものです。ガラクタンにはコレステロールを下げる効果、高血圧予防、肥満予防など生活習慣病対策に効果が期待されます。粘液糖たんぱく質の混合物は、粘膜保護、便秘予防、滋養強壮など、日常生活に欠かせない健康効果が期待されます。煮物のイメージが強いですが、煮物が苦手な男性や子供も食べやすくするには揚げ物がおすすめです。揚げることでねっとりとしてホクホクな食感になる里芋はクセになりますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ほくほくとした味わいがおいしい「里芋」。里芋は縄文後期には日本に伝わってきていたと言われており、古くから食べられている歴史の長い野菜です。里芋の旬は8~12月で、特に10月に収穫される里芋が一番おいしいと言われています。里芋には独特のぬめりがあり、そのまま茹でるとぬめりがさらに強くなるため塩もみをして茹でる下準備が必要になります。里芋には「ガラクタン」と呼ばれる成分が含まれており、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があります。ガラクタンは脂肪として蓄積されないため、ダイエットにも最適な野菜です。体にいい栄養素をたくさん含んでいる里芋は、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【里芋を使った料理】人気でおすすめのレシピ厳選まとめ:里芋を活かす作り方とは?

    里芋は、東南アジア原産のサトイモ科の食物です。紀元前2500年頃には海を渡って全国各地に広がり、日本へも縄文時代には既に伝わっていたと考えられています。江戸時代までは、じゃがいもやさつまいもよりもメジャーな芋でした。現在では日本全国で生産されていますが、最も多く生産しているが千葉県と埼玉県です。品種によって旬の時期はずれますが、およそ9月~12月です。ねっとり・しっとりした食感の里芋は煮物が定番ですが、実はもっと幅広い料理に簡単に活用できます。煮物、焼き物・揚げ物、サラダ・和え物のカテゴリに分けて里芋のレシピをたっぷり紹介します。

広告

運営会社