キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

里芋をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特のぬめりがあり、ほっとする味わいが食べやすい里芋は和食によく合う芋です。里芋はタロイモ類サトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われています。醤油やみりんといった和食の調味料とよく合い、煮物に欠かせない野菜です。東北地方で食べられる「芋煮会」は、大鍋で里芋を煮込み大勢で一緒に食べるイベントとして秋の風物詩になっていて全国的に知られています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて里芋のレシピを紹介しています。里芋を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

里芋の栄養素

里芋にはカリウムが含まれていて、体内の余分なナトリウムを排出して高血圧の予防に効果があるとされています。その他にも糖質をエネルギーに変えるために必要なビタミンB1やビタミンB6、18種類のアミノ酸など豊富な栄養素を含んでいます。里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぎ血圧を下げる効果が期待できます。脳細胞を活性化させて老化や痴呆を予防する効果もあり、摂取しても脂肪にならないので女性にとってうれしい野菜です。

里芋の産地

里芋の原産地は、インド東部からインドシナ半島にかけてとされています。熱帯地域が原産の芋なので、生育には多日照と高温多湿が必要で生育適温は25~30℃です。そのため北海道は里芋の栽培には適しておらず、日本では北海道を除く全国各地で栽培されています。2016年の統計では里芋の産地の1位は千葉県で、2位が埼玉県、3位が宮崎県になっています。

里芋の旬

! /image/〇〇
一般的に里芋の旬は8~12月になっていますが、品種によって異なります。八頭・頭芋・殿芋はお節料理に使われことが多いため12~1月、石川早生・土垂・セレベスはは8~10月が旬になっています。一番流通している土垂は、10月頃に出荷されるものが甘みが強くおいしいと言われています。一般的なさつま芋や他の品種と合わせると、里芋は一年を通じて手に入ります。

里芋の選び方

里芋を選ぶ際は、ふっくらと丸みを帯びているかと傷がないかをチェックしましょう。手に持ったときの重みがあり、表面に湿り気があり泥が付いているものがおすすめです。順調に成長した里芋は、縞模様がくっきりと平行に並んでいるので模様も要チェックです。ビニール袋入りのものは水滴がついておらず曇っていないものを選び、皮をむいてあるものは身がきれいな白色でツヤのあるものを選んでください。

里芋の保存方法

里芋は常温保存に適していて、土がついたまま新聞紙などに包んで風通しのいい冷暗所に保管するのがおすすめです。土を取ってしまうと乾燥しやすくなるので、土は落とさずつけたままにしておきます。里芋を冷蔵庫に入れると低温障害を起こすことがあるため、冷蔵保存は避けましょう。冷凍保存する場合は、硬めに塩ゆでして水気を拭きジップロックなどの保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍庫に入れてください。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

里芋の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

里芋の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#里芋 の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

里芋の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

里芋の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

里芋をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社