キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さつまいもの記事一覧

キッチンブックの「さつまいも」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    秋の味覚の代表さつまいも。優しい甘さは、特に女性や子供を中心に好まれます。日本には江戸時代から栽培されていて「甘藷(かんしょ)」と漢名では表記されますが、薩摩国から広まったことにより「さつまいも」と呼ばれ親しまれるようになりました。ビタミンC、E、B6、葉酸、カリウムなどを含む中で特に注目したいのはビタミンCやカリウムです。これらは本来は水に溶けやすい性質を持っていますが、さつまいもは他の野菜に比べると失われにくい特徴があるため安心して加熱調理をしてくださいね。低温でじっくりと時間をかけて加熱することで、デンプンの分解酵素が働いて甘みが増しておすすめですよ。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    さつまいもの旬は10月から1月で、収穫は8月から始まりますが余分な水分を逃がすため3か月ほど貯蔵し甘みが増しホクホクとした食感のおいしいさつまいもになります。さつまいもを代表する食べ物には焼きいもや大学芋などがありますが、他にも煮物、揚げ物、サラダ、スイーツなど幅広いジャンルで活用できる食材です。さつまいもには食物繊維が豊富に含まれていてヤラピンという成分には便秘の改善効果があるので便秘に悩んでいる方は積極的に摂取したい食材です。レシピではさつまいもを使ったレシピが数多くありますが中でもサラダとして食べるさつまいものレシピは簡単なのでおすすめです。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    秋から冬にかけて旬を迎えるさつまいも。日本では鹿児島で最初に広まり、その後全国に伝わったため「薩摩芋」と呼ばれるようになりました。鹿児島に次いで茨城・千葉などで盛んに生産され、紅あずま・安納芋・鳴門金時・シルクスイートなど多くの品種が開発されています。「甘藷」という別名もあるように甘みが特徴の野菜で、焼きいも・炒め物や煮物などのおかず・菓子・焼酎など幅広い用途で楽しまれていますね。食物繊維やヤラビンという成分を豊富に含んでおり、腸内環境を整える効果の高い食材です。カリウム・ビタミンEにも富んでいる他、でんぷんの効果でビタミンCが失われにくく効率的に摂取しやすいという長所もあります。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    秋の味覚として親しまれているさつまいも。主な産地は、鹿児島県や茨城県、千葉県です。さつまいもの選び方のポイントは、皮にツヤがあり、持った時にずっしりとした重量を感じられるものを選んで下さい。また傷や変色しているものは避けましょう。栄養素で多いものは、ビタミンCと食物繊維が挙げられます。美肌に役立つこのビタミンCは、加熱しても半分以上が残ります。また水溶性及び脂溶性の食物繊維が多いため、便秘改善に役立ちますよ。現在では一年を通して出っているので、年間を通しさつまいも料理を楽しめます。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    「芋・栗・かぼちゃ」と呼ばれほど、女性には人気の高い野菜の一つであるさつまいも。加熱することで甘みはグッとあがり、おやつとしてもおすすめです。炭水化物が主成分のさつまいもは太るというイメージがあるかもしれませんが、食物繊維が豊富で消化を助けてくれるさつまいもはデトックス効果が高く、ダイエットに期待できますよ。しかし揚げることでカロリーも高くなってしまうのでダイエット中は少し頻度を控えたいですが、食べる時間や、揚げ油を少なめの油にして揚げ焼きする、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使用するなど、家庭で作るからこそ出来る工夫をして美味しく取り入れてくださいね。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    食べ応えがあり、ほんのりとした甘みがあって食べやすいさつまいも。お子さまも好きな野菜の1つで、料理以外にお菓子にも使うことができるのが便利で日持ちがいいのも特徴です。さつまいもは鹿児島県が全国の生産地でトップになっており、知覧紅や安納芋などのブランド芋も有名です。さつまいもはビタミンCと水溶性の食物繊維であるセルロースが豊富で、便秘の解消や大腸がんの予防にも効果があります。丸ごと一個焼く焼きいもや大学芋、スイートポテト、さつまいもご飯などが人気があり、蒸す・焼く・炒める・煮るなどさまざまな調理法に使うことができます。今回はたくさんあるレシピの中から、さつまいもを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    甘みがあって子どもからお年寄りまで大好きなさつまいも。旬は秋から冬にかけてですが、年中手に入り身近な食材といえます。さつまいもの甘さを利用してそのまま食べたり、主菜、副菜、おやつとさまざまな料理でいただけます。さつまいもは食物繊維やビタミンCなど栄養満点の野菜なので、毎日の食事の中で積極的に取り入れたいですね。焼く・蒸す・揚げるなど調理法もいろいろありますが、なかでも簡単な「焼く」といった調理法のレシピは、「焼き芋」のほかにあまり思いつかないという人もいるのではないでしょうか。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【さつまいもスムージー!?】食物繊維たっぷり!おうちで作れるレシピ・作り方まとめ

    その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。レシピも数多くあります。さつまいもスムージーもその1つ。食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 食べ応えばっちり!人気のさつまいもダイエットレシピを紹介

    さつまいもと言えば、食物繊維の豊富な食べ物というイメージですね。便秘解消などにも役立つため、ダイエット食材としても人気です。旬は秋から冬にかけてですが、保存がきくので年中出回っています。そのため、さつまいもを使ったレシピは季節に合わせていろいろ。そんなさつまいもレシピをうまく取り入れて、ダイエットに役立ててみませんか。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、間食におすすめ、ごはん、おかずにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 卵不要のレシピも有り!しっとり甘いスイートポテトレシピ特集

    さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大学芋のレシピ・作り方まとめ!おいしく作るコツも紹介

    大学芋は、油で揚げたさつまいもに糖蜜を絡めたお菓子。 甘さと食べごたえがあることに加え、栄養価も高く、材料費もかからないことから、おやつとしても親しまれています。人気が高い料理のため、アレンジされたレシピも多く、さつまいも以外の素材を使った、大学芋風の料理を楽しむことができます。 この記事では、大学芋の基礎知識に加え、人気の大学芋レシピ、揚げない大学芋のレシピ、さつまいも以外の大学〇〇レシピ、アレンジ大学芋のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ホックホクのさつまいも料理レシピまとめ

    秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。

広告

運営会社