キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さつまいもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

さつまいもはほどよい甘味がある食べやすい野菜で、子供にも人気があります。生食はできませんが、茹でる・蒸す・揚げる・焼くなどさまざまな調理法に適しています。醤油や味噌などの和食の調味料から、バターやチーズなどの西洋の食材ともよく合います。シンプルに焼くだけでもホクホクとした食感と甘さを楽しめて、焼き芋は日本の風物詩にもなっています。栄養価が高く子供のおやつや離乳食としても人気の野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさつまいものレシピを紹介しています。さつまいもを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

さつまいもの栄養素

さつまいもは栄養価の高い野菜として知られ、ビタミンCはでんぷんに守られているため加熱しても壊れにくいのが特徴です。ビタミンCは風邪の予防や疲労回復に効果があるので、風邪を引きやすい冬や夏バテしたときなどにぜひ摂りたい栄養素です。さつまいもは他にも抗酸化作用のあるビタミンE、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、腸内環境を整える食物繊維など、体にいい栄養素を豊富に含んでいます。

さつまいもの産地

さつまいもは1700年代初めに薩摩藩が栽培を始めて、薩摩藩から江戸に伝わったためさつまいもと呼ばれるようになりました。そのため生産量も鹿児島県がトップになっていて、全国の約4割を占めています。次いで茨城県と千葉県となっており、全国各地で生産されていますが、北海道や東北地方などの寒い地域では生産量が少ないです。世界的に見ても、世界中のさつまいもの生産の約9割がアジアになっています。

さつまいもの旬

! /image/〇〇
さつまいもの旬は9~12月で、収穫は8月頃から始まります。さつまいもは採れたては甘みが少ないため、貯蔵して余分な水分を逃がして乾燥させると甘みが増すので、一番おいしい旬の時期は10~1月頃になります。この時期に石焼き芋の販売車をよく見かけるのもうなずけますね。収穫されたばかりのさつまいものは「新もの」、貯蔵されたものを「貯蔵もの」と呼び、貯蔵されたものの方が新ものよりも余分な水分が抜けて甘みがあっておいしいです。

さつまいもの選び方

さつまいもを選ぶ時は、ふっくらとして太さがあり皮の色が均一で鮮やかなものを選びましょう。手に持った時にずっしりと重みがあり、黒いねっとりとしたみつのような跡がついているものは、糖度が高く密が多いのでおすすめです。表面に傷や凸凹、斑点があったり、一部が黒く変色しているようなものは避けるようにしましょう。ひげが堅いものも鮮度に欠けて味も落ちるので、ひげもチェックしてください。

さつまいもの保存方法

さつまいもは暖かいところで栽培されるため寒さに弱いので、冷蔵庫には入れないようにしましょう。冷蔵庫に入れると低温障害を起こしてしまうため、さつまいもを保存する時は新聞紙に包むか、ダンボール箱に入れて常温で保存します。さつまいもは水分に弱いので、土がついていても洗わないようにしましょう。水洗いしていないものなら2~3ヶ月持つこともありますが、約2週間を目安に使い切るのがおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

さつまいもの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつまいもの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつまいもの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつまいもの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつまいもの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

さつまいもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社