キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さつまいもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

さつまいもはほどよい甘味がある食べやすい野菜で、子供にも人気があります。生食はできませんが、茹でる・蒸す・揚げる・焼くなどさまざまな調理法に適しています。醤油や味噌などの和食の調味料から、バターやチーズなどの西洋の食材ともよく合います。シンプルに焼くだけでもホクホクとした食感と甘さを楽しめて、焼き芋は日本の風物詩にもなっています。栄養価が高く子供のおやつや離乳食としても人気の野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさつまいものレシピを紹介しています。さつまいもを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 朝ごはんにオススメのさつまいもを使った人気レシピ10選

    ヒルガオ科の植物の根が大きくなったものである「薩摩芋(さつまいも)」。甘藷(かんしょ)とも呼ばれています。さつまいもの品種はさまざまで、一般的に食べられているもの、芋焼酎に使われているもの、紫色のものなどがあり、さつまいもの茎も「芋づる」として食べられます。そしてさつまいもの旬は10月から翌1月頃です。そんなさつまいもの栄養価は、食物繊維、ビタミンE、デンプンに守られた加熱しても残るビタミンCが含まれ、カリウムも豊富に含んでいます。また生のさつまいもを切ると白い液体が出てきますが、これはヤラピンという成分で、便秘改善に効果があり、朝ごはんで摂取することでダイエットにも効果があります。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのさつまいもを使った人気レシピ10選

    ホクホクの食感と優しい甘さで人気のさつまいも。9月〜11月頃に収穫期を迎えますが、収穫後2〜3ヶ月置いた方が水分がほどよく飛んで甘みが増しておすすめです。さつまいもの糖質は65度〜80度の低温でじっくり加熱することでより甘みが増すため、焼き芋や蒸かし芋はぴったりです。レンジで一気に加熱すると甘みが損なわれるため注意してくださいね。さつまいもにはビタミンCがたっぷりと含まれており、一般的なビタミンCは熱に弱いですがさつまいもの場合は、でんぷんに保護されているため熱にも強い特性を持っていますよ。品種によって甘みや食感が異なるので食べ比べてみてくださいね。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使ったおすすめ定番料理10選

    さつまいもは甘みがあり色々な料理に使うことができるので大変人気がある野菜です。特に女性に人気があり、食物繊維を豊富に含んでいるので便秘を解消する効果があり、大腸がんを予防する働きがあるとされています。また、それだけではなくビタミンC、ビタミンB、葉酸が含まれているので、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎ肌荒れを防止して美肌に導く働きがあります。さつまいもを使った定番料理には大学芋やスイートポテトなどがあります。他にも炒め物や揚げ物などご飯のおかずにぴったりのメニューがあるので沢山のレシピが紹介されています。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのさつまいもを使った人気レシピ10選

    紫色の皮に包まれた、黄金色をしたほくほくの果肉は、見るだけでお腹が空いてきますよね。さつまいもの旬は秋です。学校や自治体の行事で秋に芋掘りをする地域も多いのではないでしょうか。たくさん掘って持って帰ってきたさつまいもの処理に困ることってありませんか?さつまいもは煮物、炊き込みご飯、汁物などの和風メニューはもちろん、グラタンやバター焼きなどの洋食メニューにも使える万能な食材です。さつまいもを石焼き芋やふかし芋などにすれば、余計な味をつけなくてもおいしく食べられます。食物繊維を多く含んでいるので、自然なお通じを促してくれる効果がありますよ。さつまいもはご飯と同じ炭水化物なので、腹持ちもよく、子供のおやつなどにも推奨されています。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    さつまいもは秋を代表する味覚のひとつです。さつまいもはホクホクとした食感でほんのり甘さがあるため年齢問わず人気がある食材です。石焼き芋、揚げ物、炒め物など色々な料理に使うことができるのでレシピが多く紹介されています。また、おかずの他にお菓子やパーティー料理にもおすすめの食材なのでバリエーションが広がります。栄養面ではさつまいもは食物繊維が豊富に含まれています。便秘に悩んでいる方は積極的に摂取したい食材です。食物繊維の他にはポリフェノールやビタミンCも多く含まれていて免疫を向上させる働きがあります。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ラ作(10選分)さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ホクホクとした食感と甘みがあるさつまいも。芋類の中ではトップクラスの食物繊維の含有量があり、100gあたりで見ると約3gとじゃがいもの3倍ほどです。さつまいもに含まれる食物繊維は不溶性のセルロースという種類で、便秘の解消に役立つ栄養素と言われています。さつまいもをカットすると出てくる白く濁った汁は、ヤラピンというさつまいも唯一の栄養素です。ヤラピンは腸のぜんどう運動を促進し、便をやわらかくする効果があるとされています。食物繊維とヤラピンが同時に摂取できるため、便秘気味の女性にはぴったりの食材と言えます。ほかにも、ビタミンCやビタミンEも含まれていて、美肌効果も期待できます。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    さつまいもは鮮やかな黄色がキレイで、優しい甘みのある野菜です。さつまいもは秋の暮れから春先にかけてが旬で、冬の風物詩として愛されている食材です。木枯らしが吹く寒い季節に石焼き芋の歌が聞こえると、ついつい買いに行きたくなりますよね。甘くて食べやすいので子供から大人まで幅広く人気があります。さつまいもの黄色を生かした甘露煮や、素材の甘みを感じられるスイートポテトなど、さまざまな料理やお菓子に利用されています。さつまいもは炭水化物で太りやすいと思われがちですが、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善に効果のある食材です。便秘になりやすい方は継続してさつまいもを食べて、スッキリとした腸内環境を維持しましょう。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    日本では江戸時代に薩摩地方(鹿児島県)から全国に伝わった「さつまいも」は、優しい甘さとホクホクとした食感が特徴です。近年ではねっとりとした食感のさつまいもも開発され、好みの食感で品種を選べるようになってきました。さつまいもは食物繊維やビタミンC、パントテン酸を多く含みます。皮の部分にはカルシウムや、抗酸化作用のアントシアニンも多く含みます。綺麗に洗って皮ごと料理に取り入れることがおすすめですよ。皮の下にアクの成分があるため、水にさらすことで色よく仕上がりますよ。さつまいもはゆっくりと加熱することで「アミラーゼ」と呼ばれる酵素が働き甘みを増します。じっくり蒸すか、オーブンで焼いて本来の甘みを味わってくださいね。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    さつまいもはほどよい甘味があり、子供にも食べやすく栄養価が高いため子供のおやつや離乳食にもよく使われます。さつまいもの名前は琉球から薩摩国に伝わり栽培されるようになったことに由来しています。8月~11月頃がさつまいもの旬で秋になると石焼き芋が販売され、秋の風物詩にもなっています。生食はできず茹でたり蒸したりして、必ず火を通してから食べます。ホクホクとした食感で、揚げ物・煮物・炒め物・サラダなどに使われます。中味がオレンジ色の安納芋や紫色のアヤムラサキなど種類も豊富です。さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強く、りんごの約7倍も含まれています。その他に抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンE、腸の動きを促進させるヤラピン、食物繊維、カリウムなどが含まれています。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    さつまいもは石焼き芋などでも人気な、ほくほくと甘い野菜です。いい香りのする鮮やかな黄色の果肉は食欲をそそりますよね。芋掘りに行ったり、落ち葉で焚き火を起こして焼き芋を作ったことがある方もいるのではないでしょうか。さつまいもは焼き芋以外にも煮物やサラダなど、幅広い料理で使われています。甘くて食べやすいので子供にも人気があります。デンプンや、食物繊維、ビタミンCなどの栄養素も豊富なので、子供のおやつにはぴったりですよ。さつまいもは野菜でも炭水化物の分類に入ります。さつまいもを食べるときはタンパク質も同時に取ると栄養バランスもばっちりですよ。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    中南米が原産と考えられているさつまいもは、秋が旬の根菜です。さつまいもの品種は色々ありますが、中でも有名なものが黄色い果肉が特徴の「紅あずま」、甘さが持ち味の「鳴門金時」、種子島の特産品として知られている「安納芋」などがあります。「紅あずま」や「鳴門金時」は、ホクホクとした食感が持ち味のさつまいもです。それに対し、「安納芋」はねっとりとした食感を味わうことが出来ます。さつまいもは乾燥に弱いので、丸ごと保存するときは新聞紙に包み常温で保存します。冷凍する場合は食べやすい大きさにカットし灰汁抜きしたら、水気を拭き取り密閉できる袋に入れて保存してください。調理するときは、凍った状態又は解凍して使います。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    さつまいもは秋の味覚を代表する食材でホクホクとしていて甘さがあるのが特徴的です。さつまいもには食物繊維が豊富に含まれているので便秘の解消効果があります。じゃがいもと比べると2倍の食物繊維が含まれているので便秘に悩んでいる方におすすめの食材です。他にはポリフェノールやビタミンCが含まれているので免疫力を高める効果があります。さつまいもは新聞紙で包むと常温保存ができ、茹でて下処理をしたものは冷凍保存が可能です。スイーツやご飯のおかず、おつまみなどメニューのバリエーションが幅広いのでおすすめの食材です。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    甘くてホクホクした食感が特徴のさつまいも。糖質が多く含まれていますが、実はビタミンや食物繊維も豊富に含まれるため、ダイエットにもおすすめの食材です。さつまいもに含まれるビタミンCはりんごの4倍以上あると言われていて、熱に強い性質があります。でんぷんに包まれているため加熱してもビタミンが壊れにくく、ビタミンCを摂取しやすい食材と言えます。ビタミンCは美容の強い味方で、コラーゲンの生成を助けたり、疲労回復や風邪予防にも役立ちます。さつまいもは寒さに弱い野菜なので、冷蔵庫に入れずに常温保存するのがおすすめ。新聞紙などに包んで直射日光を避けて保存してください。真夏は室内が高温になりやすいため、野菜室を利用するのも1つの方法です。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ホクホクでおいしいさつまいも。旬の時期には価格も安くなり、手に入れやすいのが特徴です。さつまいもはゆでる、蒸す、焼く、煮るなど、さまざまな料理の種類で食べられます。メインのおかずにするなら、甘みを生かしたレシピがおすすめです。例えば豚肉と合わせて甘辛く炒めたり、かき揚げや天ぷらにして麺類と合わせたり、他の根菜やお肉と合わせて煮物にするのも良いでしょう。さつまいもは甘いため、食べ過ぎると太るのではと考える人も多いですが、実は食物繊維が豊富で、便秘解消に役立つ食材とされています。また、ビタミンやカリウムも含まれているため、栄養のバランスを整えたい人にもおすすめです。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    さつまいもは特に女性が好きな食材です。そのままふかしていただく人も多いでしょう。さつまいもを使ったおかずやサラダのレシピのご提案です。さつまいもを効果的に使ったスイーツのレシピもあります。スーパーなどで焼き芋も手軽に買えますが、自分で調理したさつまいも料理のおいしさは格別です。是非手をかけて作ってみましょう。考えていたよりも簡単にさつまいもを扱えることがわかります。さつまいもは茹でると自然な甘みがあります。砂糖を控えたい人にもよいでしょう。子どものおやつや食事に取り入れるのもおすすめです。もちろん自分ひとりで食べてもよいでしょう。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    石焼き芋の香りにつられて、見かけるとついつい買ってしまうさつまいも。きれいな黄金色の果肉はねっとり、ほくほく。素朴な甘さがたまりません。さつまいもは石焼き芋の他にも天ぷら、きんぴら、サラダ、煮物、炊き込みご飯などさまざまな料理に使われています。また料理以外にもスイートポテト、大学芋などのおやつとしても人気な食材です。エネルギー源になる糖質、ビタミンC、食物繊維などの栄養も豊富で、砂糖を使わずともさつまいも本来の甘みだけで美味しい食材なので、子供の間食に最適です。さつまいもの栄養素を逃さずとるには、皮をむかずに調理することがオススメです。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ベニアズマにべにはるか、安納いもに鳴門金時など、甘さや色もさまざまな種類があるさつまいも。さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。さつまいもに唯一含まれているヤラピンという成分は、食物繊維との相乗効果で便秘改善に役立ちます。ビタミンCや、ビタミンE、カリウム、カルシウムなどの栄養も、さつまいも一つからバランスよく摂取できます。皮には、ビタミンCやカルシウム、ヤラピンが多く含まれています。さつまいもの皮には熱に弱いビタミンCを守る働きがあるため、皮ごと料理をすればさつまいもからより多くの栄養を摂取できます。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    秋の味覚の代表さつまいも。優しい甘さは、特に女性や子供を中心に好まれます。日本には江戸時代から栽培されていて「甘藷(かんしょ)」と漢名では表記されますが、薩摩国から広まったことにより「さつまいも」と呼ばれ親しまれるようになりました。ビタミンC、E、B6、葉酸、カリウムなどを含む中で特に注目したいのはビタミンCやカリウムです。これらは本来は水に溶けやすい性質を持っていますが、さつまいもは他の野菜に比べると失われにくい特徴があるため安心して加熱調理をしてくださいね。低温でじっくりと時間をかけて加熱することで、デンプンの分解酵素が働いて甘みが増しておすすめですよ。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    さつまいもの旬は10月から1月で、収穫は8月から始まりますが余分な水分を逃がすため3か月ほど貯蔵し甘みが増しホクホクとした食感のおいしいさつまいもになります。さつまいもを代表する食べ物には焼きいもや大学芋などがありますが、他にも煮物、揚げ物、サラダ、スイーツなど幅広いジャンルで活用できる食材です。さつまいもには食物繊維が豊富に含まれていてヤラピンという成分には便秘の改善効果があるので便秘に悩んでいる方は積極的に摂取したい食材です。レシピではさつまいもを使ったレシピが数多くありますが中でもサラダとして食べるさつまいものレシピは簡単なのでおすすめです。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    秋から冬にかけて旬を迎えるさつまいも。日本では鹿児島で最初に広まり、その後全国に伝わったため「薩摩芋」と呼ばれるようになりました。鹿児島に次いで茨城・千葉などで盛んに生産され、紅あずま・安納芋・鳴門金時・シルクスイートなど多くの品種が開発されています。「甘藷」という別名もあるように甘みが特徴の野菜で、焼きいも・炒め物や煮物などのおかず・菓子・焼酎など幅広い用途で楽しまれていますね。食物繊維やヤラビンという成分を豊富に含んでおり、腸内環境を整える効果の高い食材です。カリウム・ビタミンEにも富んでいる他、でんぷんの効果でビタミンCが失われにくく効率的に摂取しやすいという長所もあります。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    秋の味覚として親しまれているさつまいも。主な産地は、鹿児島県や茨城県、千葉県です。さつまいもの選び方のポイントは、皮にツヤがあり、持った時にずっしりとした重量を感じられるものを選んで下さい。また傷や変色しているものは避けましょう。栄養素で多いものは、ビタミンCと食物繊維が挙げられます。美肌に役立つこのビタミンCは、加熱しても半分以上が残ります。また水溶性及び脂溶性の食物繊維が多いため、便秘改善に役立ちますよ。現在では一年を通して出っているので、年間を通しさつまいも料理を楽しめます。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    「芋・栗・かぼちゃ」と呼ばれほど、女性には人気の高い野菜の一つであるさつまいも。加熱することで甘みはグッとあがり、おやつとしてもおすすめです。炭水化物が主成分のさつまいもは太るというイメージがあるかもしれませんが、食物繊維が豊富で消化を助けてくれるさつまいもはデトックス効果が高く、ダイエットに期待できますよ。しかし揚げることでカロリーも高くなってしまうのでダイエット中は少し頻度を控えたいですが、食べる時間や、揚げ油を少なめの油にして揚げ焼きする、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使用するなど、家庭で作るからこそ出来る工夫をして美味しく取り入れてくださいね。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    食べ応えがあり、ほんのりとした甘みがあって食べやすいさつまいも。お子さまも好きな野菜の1つで、料理以外にお菓子にも使うことができるのが便利で日持ちがいいのも特徴です。さつまいもは鹿児島県が全国の生産地でトップになっており、知覧紅や安納芋などのブランド芋も有名です。さつまいもはビタミンCと水溶性の食物繊維であるセルロースが豊富で、便秘の解消や大腸がんの予防にも効果があります。丸ごと一個焼く焼きいもや大学芋、スイートポテト、さつまいもご飯などが人気があり、蒸す・焼く・炒める・煮るなどさまざまな調理法に使うことができます。今回はたくさんあるレシピの中から、さつまいもを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    甘みがあって子どもからお年寄りまで大好きなさつまいも。旬は秋から冬にかけてですが、年中手に入り身近な食材といえます。さつまいもの甘さを利用してそのまま食べたり、主菜、副菜、おやつとさまざまな料理でいただけます。さつまいもは食物繊維やビタミンCなど栄養満点の野菜なので、毎日の食事の中で積極的に取り入れたいですね。焼く・蒸す・揚げるなど調理法もいろいろありますが、なかでも簡単な「焼く」といった調理法のレシピは、「焼き芋」のほかにあまり思いつかないという人もいるのではないでしょうか。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【さつまいもスムージー!?】食物繊維たっぷり!おうちで作れるレシピ・作り方まとめ

    その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。レシピも数多くあります。さつまいもスムージーもその1つ。食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 食べ応えばっちり!人気のさつまいもダイエットレシピを紹介

    さつまいもと言えば、食物繊維の豊富な食べ物というイメージですね。便秘解消などにも役立つため、ダイエット食材としても人気です。旬は秋から冬にかけてですが、保存がきくので年中出回っています。そのため、さつまいもを使ったレシピは季節に合わせていろいろ。そんなさつまいもレシピをうまく取り入れて、ダイエットに役立ててみませんか。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、間食におすすめ、ごはん、おかずにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 卵不要のレシピも有り!しっとり甘いスイートポテトレシピ特集

    さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大学芋のレシピ・作り方まとめ!おいしく作るコツも紹介

    大学芋は、油で揚げたさつまいもに糖蜜を絡めたお菓子。 甘さと食べごたえがあることに加え、栄養価も高く、材料費もかからないことから、おやつとしても親しまれています。人気が高い料理のため、アレンジされたレシピも多く、さつまいも以外の素材を使った、大学芋風の料理を楽しむことができます。 この記事では、大学芋の基礎知識に加え、人気の大学芋レシピ、揚げない大学芋のレシピ、さつまいも以外の大学〇〇レシピ、アレンジ大学芋のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ホックホクのさつまいも料理レシピまとめ

    秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。

広告

運営会社