キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さやいんげんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

さやいんげんの名前のは、江戸時代に隠元禅師が日本へ伝えたことが由来していると言われています。さやいんげんはいんげん豆の食用の若いサヤのことで、南米が原産になっています。「どじょういんげん」「ひらさやいんげん」「サーベルいんげん」などの品種があり、長さのある独特の形が料理にアクセントを加えます。茹でてサラダに入れたり、天ぷらやフライなどの揚げ物、炒め物など幅広い料理に使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさやいんげんのレシピを紹介しています。さやいんげんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

さやいんげんの栄養素

さやいんげんは緑黄色野菜に属すためβカロテンが豊富で、抗酸化作用がありガン・動脈硬化・心筋梗塞を防ぐ効果があります。その他にも体内の余分なナトリウムを排出して、むくみや高血圧を予防するカリウム、疲労回復や美肌にも効果があるアスパラギン酸、必須アミノ酸のリジン、エネルギー代謝にかかわるビタミンB2など豊富な栄養素が含まれています。

さやいんげんの旬

さやいんげんは一年を通じて流通していますが6~9月が旬の夏を代表する野菜です。この時期のさやいんげんは一年の中でも最盛期で値段も安くなります。ハウス栽培されたものは4月頃に出荷され、初夏には露地物のさやいんげんが店頭に並びます。野菜は旬のものが一番おいしく価格も安くなるので、ぜひ夏のおいしい時期にさやいんげんを使った料理を作りましょう。

さやいんげんの産地

! /image/〇〇
さやいんげんは日本各地で栽培されており、生産量のトップは千葉県で、2位が福島県、3位が鹿児島県になっています。その他にも北海道・沖縄県・茨城県・長野県の生産量が多くなっています。さやいんげんは輸入物もあり、99%がオマーンから輸入され、次いでアメリカとメキシコになっています。

さやいんげんの選び方

さやいんげんを選ぶ際は、きれいな緑色でツヤがありピンとハリがあるものがおすすめです。鮮度が欠けてくると黄色味を帯びた色合いになり、水分が抜けてしなびてくるのでみずみずしいものを選びましょう。太くて大きいものは育ちすぎているため固くて味が落ちるため、太すぎないものがおすすめで細めの方が柔らかいです。種子の部分が盛り上がっていないものを選び、太さが均一のものを選んでください。

さやいんげんの保存方法

さやいんげんはしなびやすいので、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。冷凍保存も可能で、さっと塩茹でして冷水にとった後水を切ってフリーザーバッグに入れて空気をしっかりと抜いて冷凍庫で保存します。流水や自然解凍で解凍し、多少食感を落ちますが色や味わいは変わることなく使えます。一度冷凍したものはスープや炒め物、和え物におすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

さやいんげんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやいんげんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやいんげんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやいんげんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやいんげんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

さやいんげんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社