キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さやいんげんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

さやいんげんの名前のは、江戸時代に隠元禅師が日本へ伝えたことが由来していると言われています。さやいんげんはいんげん豆の食用の若いサヤのことで、南米が原産になっています。「どじょういんげん」「ひらさやいんげん」「サーベルいんげん」などの品種があり、長さのある独特の形が料理にアクセントを加えます。茹でてサラダに入れたり、天ぷらやフライなどの揚げ物、炒め物など幅広い料理に使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさやいんげんのレシピを紹介しています。さやいんげんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • さやいんげんを使ったおすすめ定番料理10選

    夏を代表する野菜の1つがさやいんげんです。同じ夏野菜のトマト・なす・きゅうりなどを使うと、彩豊かな栄養たっぷりの料理を作ることができます。南米が原産で日本へは江戸時代に伝わったと言われ、長い間日本で食べられている歴史の長い野菜です。ハウス栽培されているので一年を通じて手に入りますが、夏に収穫される露地物のさやいんげんは味のいい良品なのでおすすめです。サラダ・スープ・和え物・炒め物・揚げ物など幅広い料理に使えて、独特のひょろっとした見た目が料理にアクセントを加えます。抗酸化作用のあるβカロテン・体内の余分なナトリウムを排出するカリウム・妊娠中に欠かせない葉酸など豊富な栄養素を含む優秀な野菜です。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ4選

    さやいんげんは夏を代表する野菜の1つで、南米が原産とされており日本では千葉県・福島県・北海道などの栽培が盛んです。江戸時代に隠元禅師が日本へもたらしたことが名前の由来で、一年に三度収穫できることから「さんどまめ」とも呼ばれます。緑色の品種の他に海外品種の黄いんげんや紫いんげんなど、たくさんの種類があります。ひょろっとした細長い形が印象的で、そのまま1本丸ごと揚げ物にするなど料理に存在感をプラスします。生食はできないため必ず人を通し、サラダ・和え物・炒め物・揚げ物・スープ・煮物など幅広い料理に使われます。緑黄色野菜に属すため心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果のあるβカロテンが豊富で、その他にもカリウム・モリブデン・葉酸などのミネラル類を含んでいます。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのさやいんげんを使った人気レシピ10選

    さやいんげんはインゲンマメ、インゲン、サンドマメなどの別名があるマメ科インゲンマメ属に分類される野菜です。メキシコ南部や中央アメリカが原産地とされ、日本では千葉県、福島県、北海道などで生産されています。ハウス栽培によって1年中手に入りますが、旬の時期は6月から9月ごろの夏です。さやいんげんの主な栄養素は、βカロテンやカリウム、ビタミンK、葉酸などです。βカロテンは強い抗酸化作用があるため、アンチエイジングに効果的と言われています。体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の健康を保つ働きもあります。ビタミンKは止血や骨粗しょう症の予防に効果的です。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのさやいんげんを使った人気レシピ10選

    いんげんを若取りして、さやごと食べるさやいんげん。初夏から秋にかけて旬を迎えます。さやいんげんは緑黄色野菜で、皮膚や粘膜、目の健康を維持し、生活習慣病の予防に効果があるβカロテンが豊富です。また、脂質の代謝をサポートするビタミンB2、糖の代謝やカルシウムの吸収をサポートする働きがある必須アミノ酸を多く含みます。整腸作用のある食物繊維や、むくみや高血圧の改善に役立つカリウム、貧血の予防に効果的な葉酸など、さやいんげんはさまざまな栄養素をバランスよく含んでいます。さやいんげんは、鮮やかな緑いろで、ハリがあるものを選びます。ヘタを取って、好みの長さに切って冷凍保存をすれば、さっと使えて便利です。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    いんげん豆を若いうちに収穫して、さやごと食べる野菜「さやいんげん」。「いんげんまめ」「いんげん」とも呼ばれ、地方では「さんどまめ」とも呼ばれます。さやいんげんは、ハウス物が4月頃から出回りますが、6月から9月の夏が旬な野菜です。そんなさやいんげんの子栄養価には、食物繊維、カリウム、葉酸がたくさん含まれています。また緑黄色野菜なので、βカロテンを豊富に含んでいます。そしてアミノ酸であり、疲労回復に効果のあるアスパラギン酸も含んでいるのです。さやいんげんは、さまざまな料理に合います。このがっつりレシピでも、炒める、焼くなどしていて、添えるだけでも彩りがアップします。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    6月から9月に旬を迎えるさやいんげん。原産地は中央アメリカで、日本へは江戸時代に中国から伝わったといわれています。さやいんげんは、緑黄色野菜に一つで、葉酸やビタミンC、ビタミンB群やビタミンK、食物繊維やカルシウム、亜鉛や鉄など、さまざまな栄養素をバランスよく含んでいます。さやいんげんは、ヘタを取って、筋を除いて使います。板ずりをしてから下茹でをすれば、色鮮やかに仕上がるのでおすすめです。下ごしらえが不要な冷凍いんげんも販売されており、毎日の料理に手軽に取り入れられるのもうれしいですね。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    さやいんげんは緑のおかずとして料理に華を添えてくれる野菜です。いんげん豆が成熟する前に収穫され、さやごと食べられるのが特徴です。味にもクセがなく、甘みが感じられるので子供にも食べやすく、人気があります。副菜として家庭料理に使われる他にもステーキの付け合わせや、おしゃれなサラダなどのパーティー料理まで幅広いジャンルで利用されています。さやいんげんはゆですぎると色が飛んでしまうので気をつけてくださいね。さっと湯がいて氷水などで色止めするのがオススメですよ。さやいんげんの鮮やかな緑色で、見た目まで美味しい、みんなに喜ばれるパーティー料理を作りましょう。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    鮮やかな緑色をしたさやいんげんは、料理にプラスすることでワンランクアップした盛り付けになる万能な食材です。呼び名の通り、成熟前のインゲン豆をさやごと収穫ものを指し、その品種は数百種とかなり多いと言われています。夏を代表する緑黄色野菜の一つでβカロテンを多く含み、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるため、強い日材で体内に活性酸素が増えることを抑制する働きがありますよ。βカロテンの吸収率をより高めるためには油と組み合わせることもおすすめです。ドレッシングに油を使ったり、炒め物や、肉類と合わせてもおすすめです。青臭さが気になる場合はバターで炒めると臭いが抑えられてより食べやすくなりますよ。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    初夏から秋にかけて旬を迎えるさやいんげん。さやいんげんには、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあり、高血圧の改善や予防に効果があります。また、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンB群やビタミンCなども豊富です。緑黄色野菜であるさやいんげんは、βカロテンも多く含む野菜で、皮膚や髪、粘膜の健康維持、がん予防などにも役立ちます。さやいんげんは、さやの向きをそろえて保存袋に入れ、ヘタを上にして冷蔵庫で立てて保存するのがおすすめです。さやいんげんは、塩をまぶして板ずりをするのがポイント。うぶ毛などが取れ、歯ごたえが良くなり、茹でた場合は、色鮮やかに仕上がります。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    さやごとまるごと食べられるさやいんげん。全国各地で収穫されているため、どの地域でも手に入れやすい野菜と言えます。収穫時期は6月から9月くらいにかけてですが、ハウス栽培によって1年中お店に並びます。さやいんげんにはさまざまな種類がありますが、緑の色が鮮やかでさやがやわらかいタイプが新鮮です。太すぎるさやいんげんは育ちすぎているため、避けるのが無難。切り口もチェックし、茶色いものは収穫してから時間がたっているため、切り口もさやもきれいな緑色のタイプを探しましょう。保存する場合は乾燥しないよう、密閉容器や袋に入れて冷蔵庫に入れてください。下ゆでしてから冷凍保存すれば長期間保存できるため、おすすめです。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    さやいんげんは南米が原産で、夏を代表する野菜の1つです。江戸時代に隠元禅師がもたらしたことがさやいんげんの名前の由来で、長い間日本で食べられている歴史の古い野菜です。生食はできないため火を通してから食べ、茹でてサラダや和え物にしたりスープやソテー、炒め物、焼き物、揚げ物などによく使われます。和食・洋食・中華とジャンルを問わず幅広い料理で活躍して、独特の形ときれいな緑色が料理にアクセントを加えます。さやいんげんは緑黄色野菜のためβカロテンが豊富、抗酸化作用がありガン・心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があります。体内の余分なナトリウムを排出してむくみを防止するカリウムや、モリブデンや葉酸などのミネラル類も含まれています。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ぱきっとした食感と甘みが口に広がるさやいんげん。煮物や炒め物、ご飯と一緒に炊くなどの料理の種類がありますが、もともとさやいんげんとは、いんげん豆を若採りしてサヤごと食べる野菜です。甘納豆に使われたり、豆大福に使われたりする豆も、いんげん豆の仲間ですが、これらはさやの中だけを食べます。一方、さやいんげんは、モロッコインゲンやどじょういんげんなどのようにさや事食べるということが大きな特徴。そんなさやいんげんですが、選ぶ際は豆の形がくっきりでておらず、全体の太さが均一でピンとハリがあり、色も鮮やかな緑色をしているものを選びましょう。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    さやいんげんは、インゲンマメが未熟なうちにさやごと食べられる野菜です。つる性とつるなしの品種があり、つるなしのものは一年で3度収穫できることから「サンドマメ」とも呼ばれています。主に夏に旬を迎えるサヤインゲンにはβカロテンを多く含みます。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があります。強い日差しによって活性酸素が増えやすい真夏にぴったりですね。疲労回復効果に期待される「アスパラギン酸」なども含むため、夕飯やお酒のお供に添えるのもおすすめですよ。一度に食べきれない場合はかために塩茹でし、冷凍保存してくださいね。手でポキポキと折れるのでお弁当にも便利ですよ。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    料理に彩りを添えるさやいんげん。栽培しやすい野菜で、1年に3度も収穫できるため、通年スーパーに出回っています。冷凍食品としても出回っているため、手に入れやすい食材です。さやいんげんは緑黄色野菜なので、βカロテンが多く含まれ、免疫力アップの効果があります。油と組み合わせるとβカロテンの吸収力がアップするため、炒めものや揚げ物にするのもおすすめですよ。夏バテを予防したり、疲労回復に効果的なビタミンB2やアスパラギン酸なども含まれるため、熱くて体がバテ気味の時は積極的に食べるようにしましょう。煮崩れしにくいのでさまざまな料理に使いやすい食材です。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    さやいんげんは夏野菜のひとつでスーパーでは旬に関係なく売られているので大変身近な食材です。歯触りが良く他の食材とも相性が良いので色々なレシピがあります。さやいんげんには様々な種類があり、容易に育てることができることから家庭菜園でも人気があります。さやいんげんは緑色で太くなりすぎていないものを選びます。また切り口が茶色のものは鮮度が落ちているので気を付けましょう。さやいんげんには固い筋や付け根のヘタの部分を取り除いて、塩を加えて茹でたものを使って調理をします。さやいんげんは煮物、炒め物、あえ物など幅広く活用することができる野菜です。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    鮮やかな緑色で、プリッとした歯ごたえが特徴のさやいんげん。いんげん豆を若採りしてさいやごと食べる野菜です。甘納豆や金時豆、豆大福などに使われる豆もいんげん豆の仲間ではありますが、これらはさやから外した豆だけを使って調理されています。そんなさやいんげんですが、和え物、揚げ物、煮物、汁もの、サラダ、炒め物、どんな料理の種類でもおいしく調理することができます。生では食べることはできませんが、さっと茹でるだけで食べられます。低温に弱い野菜となるため、2~3日で使い切ることをおすすめしていますが、食べきれない場合は茹でた後冷凍すれば1か月程度は持ちます。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    さやいんげんはいんげん豆の食用の若いサヤのことで、南米が原産で日本へは江戸時代に伝わったと言われています。さやいんげんは夏を代表する野菜の1つで、ハウス栽培もされているので一年を通じで手に入ります。いつでも食べられますが、夏のさやいんげんは露地栽培されているので味もおいしくなっています。炒め物・サラダ・揚げ物・スープなさまざまな料理に使われて、和食・洋食・中華とジャンルを問わずさまざまな調味料や食材と合わせることができます。さやいんげんは体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富で、むくみ防止や高血圧の予防する働きがあります。さやいんげんは緑黄色野菜に分類されるので、βカロテンが豊富で抗発ガン作用があります。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    さやいんげんとは、いんげん豆を若いうちに取り除いて、さやごと食べることができる野菜です。免疫力を高め、風邪やがんの予防に効果があると言われているℬカロテンが比較的多く含まれています。また、便秘予防のある食物繊維や、血圧の上昇を抑制し、生活習慣病の予防に働きかけてくれるカリウム、貧血予防に良いとされている葉酸も入っています。そして、アミノ酸「アスパラギン酸」も含まれているため、疲労回復やスタミナ増強にも効果があるとされている野菜です。良いさやいんげんは豆の形がくっきりでず、全体の太さが均一でピンとしているため、ぜひこのポイントを見て選んでくださいね。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    さやいんげんの旬は6月~9月です。さやいんげんは抗酸化作用が高いベータカロテンを豊富に含んでいます。ベータカロテンは油と一緒に摂取すると吸収力が高まり、体の中でビタミンAに変換されるので美肌効果があります。またカリウムやビタミンB群も豊富に含まれていますので高血圧予防の効果もあります。新鮮なさやいんげんは濃い緑色で先がピンとしています。肉厚で豆の粒が揃っているものを選ぶと良いでしょう。乾燥に弱い食材ですのでペーパータオルで包み袋に入れて保存します。さやいんげんは色々な調理法ができますが揚げるレシピをピックアップしてご紹介します。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    料理に彩りを添えてくれるさやいんげんは、いんげん豆を未熟なうちに早採りしたもので、サヤごと食べられるβ-カロテンが多い緑黄色野菜です。ビタミンB1・B2・K・C、カリウムやカルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいる優秀食材なんです。サヤには疲労回復効果のあるアスパラギン酸や肌を整える働きのある必須アミノ酸のリジンも豊富で夏バテ対策や美肌づくりに役立ちます。さやいんげんを選ぶ時はサヤの先までピンとしていて張りがあり、全体的に細く太さが均一なものを選びましょう。新鮮なうちにかためにゆでて冷凍保存もOK。さまざまな料理に使えて便利です。ゆでる時は塩をまぶして板ずりをすると、ゆで上がりの色が鮮やかに仕上がりますよ。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【焼く編】10選分

    鮮やかな緑色のさやいんげんは、どんな料理にも色合いをプラスしてくれます。旬は夏前から秋ですが、通年スーパーでも出荷され、冷凍食品でも店頭に並ぶので気軽に手に入れることができる野菜です。マメ科の植物では珍しく皮ごと食べられることも特徴で、無駄なところがなく素材をそのまま調理できます。脇役になりやすいさやいんげんですが、栄養はたっぷり含まれます。中でもアミノ酸、βカロテン、ビタミンB2が豊富に含まれるため、家族みんなの健康管理には欠かせないですね。苦手な方も、煮物や和え物などの小さなおかずから挑戦してみて下さい。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さやいんげんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    煮物や洋食の付け合わせ、お弁当の色味など、料理の「彩り」担当のさやいんげんは、通年出荷されており、冷凍食品もあって身近に手に入れやすいのも魅力的ですよね。副菜的なイメージのさやいんげんですが、タンパク質を構成するアミノ酸、ミネラル、ビタミン、食物繊維が多く含まれていてスーパーフードなのをご存知でしょうか。中でもβ-カロテンが豊富で皮膚や粘膜の維持や、免疫力アップには欠かせない栄養素です。煮崩れしにくく、煮物はもちろん、炒め物、和え物など幅広くアレンジできまさに万能食材ですね。筋が気になることがありますので、最初に少し折って筋を確認してから下茹でなどを行えば、筋を気にすることなく美味しくいただけますよ。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いんげんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    インゲンはインゲン豆を成熟前にさやごと収穫したもので、1年で三回収穫できる地域もあることから「三度豆」とも呼ばれています。ビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維が豊富に含まれ、体内では作ることのできない主にエネルギー源となる「必須アミノ酸」が全て入っています。スーパーでは冷凍されているものも販売され、調理に取り入れやすいですね。すぐに火が通り、色味も鮮やかなためお弁当には欠かせない食材です。豆独特の風味が苦手な方も多いと思いますが、様々な料理に使えるので、栄養のぎゅっと詰まったインゲンを上手に料理にアレンジして美味しくいただきましょう。 この記事では、「いんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社