キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いちごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

子供にも人気のあるいちごは、きれいな赤色に緑のヘタがついて見た目も可愛くデザートの飾りにもよく使われます。洗ってしまえばカットしたり皮を剥く必要もなく、すぐに食べられるのも便利です。そのまま食べるのはもちろん、ケーキ・ジャム・アイスクリーム・いちご大福・ソースなどにも使われます。いちご独特のきれいな色合いと、甘酸っぱい味わいが料理に彩りとアクセントを加えておしゃれに仕上げてくれる果物です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けていちごのレシピを紹介しています。いちごを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのいちごを使った人気レシピ10選!デザートだけじゃない!

    鮮やかな赤色がきれいないちご。みずみずしく、さわやかな味わいが特徴です。いちごには美肌効果や風邪予防に有効なビタミンCが豊富です。いちごの赤色はアントシアニンによるもので、がん予防やアンチエイジング、眼精疲労の回復や視力の改善に効果があります。また、胎児の健康な発育に欠かせない葉酸や整腸作用のある食物繊維、骨や歯を丈夫にするカルシウムなど、いちごにはさまざまな栄養がバランスよく含まれています。いちごはケーキのトッピングやジャムなど、スイーツとして楽しむイメージが強いですが、お肉料理や魚料理などと組み合わせたレシピもたくさんあります。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのいちごを使った人気レシピ10選

    ジューシーで甘酸っぱいいちご。鮮やかな赤色で、小さくかわいらしいフォルムが特徴の果物です。バラ科オランダイチゴ属に分類され、原産地は北アメリカや南アメリカと言われています。国内では各地で生産されていますが、特に多いのが栃木県や福岡県、熊本などです。それぞれの地域でブランド品種が作られていて、栃木県では「とちおとめ」や「スカイベリー」、福岡県では「あまおう」や「とよのか」が有名です。品種にもよりますが、いちごには100gあたり50〜80mg以上ものビタミンCが含まれています。アンチエイジング効果が期待できるほか、動脈硬化やガン予防にもつながると言われています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    赤くプリッとした果皮であるいちご。爽やかな甘みと酸味のバランスがとても良く、多くの人々に愛されています。ケーキや洋菓子などではトッピングに使用されたり、味わいだけでなく料理のアクセントや彩りとして添えられることもあります。そんないちごですが、味わいだけでなく、栄養価も嬉しいところがたくさんあります。主な成分としてはビタミンCや葉酸、食物繊維、アントシアニンなどです。美肌効果や風邪予防に効果のあるビタミンCや、貧血予防になる葉酸は食事制限をしていたりする時には不足しやすくなりますが、いちごを食べることで補うことができます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのいちごを使った人気レシピ10選

    いちごは老若男女問わず人気がある果物です。いちごは見た目が可愛らしくお菓子やデザートはもちろん、お肉料理などのソースとしても使われています。酸味があるいちごはビタミンCを豊富に含んでいて、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、美容に関心がある女性に特におすすめの食材です。新鮮ないちごはヘタの付近まで赤く色づいていてヘタがピンとしています。いちごは水分が付くと傷みやすいので食べる直前に洗います。甘酸っぱいいちごは朝ごはんにもおすすめの食材なのでレシピを参考にぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使ったおすすめ定番料理10選

    コロンとした見た目が愛らしいいちごは、江戸時代末期のころに日本に伝わってきました。出荷の最盛期は、4月から5月ですが、生産地や品種によっては3月に収穫されるものもあります。いちごにはビタミンCや食物繊維を多く含んでおり、このビタミンCは抗酸化効果があることから、肌の老化を防ぐ効果があるとされています。またいちごに含まれる水溶性食物繊維には、腸内環境を整える働きをもっています。いちごを保存する際は、ラップをかぶせて野菜室で保存してください。洗う時はヘタを付けた状態で洗うと、水っぽくなるのを防いでくれますので、是非お試しください。この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ビタミンCを豊富に含むイチゴは、中ぐらいの大きさのものなら5〜6粒食べれば一日の所要量を満たしてくれるほどの栄養を含みます。他にも、イチゴには血糖値の上昇やコレステロール値の吸収を抑制する食物繊維や、血液を作る葉酸も豊富に含むため、子供から大人まで積極的に取り入れたい食材です。水洗いすると果皮が弱るため食べる直前に洗うようにし、ビタミンCの流出を防ぐためにヘタつきのまま洗うようにしましょう。ヘタと反対側の先端がより糖度が高く、先にヘタを取ってヘタ側がら食べると最後まで甘みを感じられますよ。すぐに食べきれない場合は冷凍保存し、イチゴミルクやスムージーにすると爽やかな風味が味わえておすすめですよ。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    甘酸っぱくさわやかな味わいがおいしいいちご。冬から春にかけて旬を迎えるいちごですが、ジャムや冷凍されたいちごを通して、季節を問わず、手軽に楽しむことができます。いちごにはビタミンCが豊富で、風邪予防や美肌効果に役立ちます。いちごには、便秘解消に効果がある食物繊維や、胎児の健康な発育に欠かせない葉酸、骨や歯を丈夫にするカルシムなど、さまざまな栄養がバランスよく含まれています。いちごの鮮やかな赤色は、ほんの少し加えるだけで、料理に華やかな印象を与えてくれます。見ても食べてもおいしいいちご。ぜひ、さまざまな料理に取り入れてみてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    いちごはツヤツヤで真っ赤な見た目が可愛い果物です。甘酸っぱく、ジューシーな味で子供から大人まで人気があります。いちごは日本各地で栽培されており、福岡県では大きな粒が特徴の「あまおう」や、佐賀県では小粒で可愛いさがほのかなど、品種も数多く作られています。いちごといえば赤色ですが、真っ白い見た目の白いちごなどの珍しい品種も栽培されています。白いちごは味も甘く、香りもよいため値段も高価ですが、贈り物として人気がありますよ。いちごはケーキやジュース、ジャムなど幅広いジャンルの料理で愛されています。いちごの旬は春ですが、クリスマスケーキなどで需要が高まり、冬は輸入品が店頭に並んでいます。ハウス栽培や輸入などによって、いちごが一年中いつでも食べられるのは嬉しいですね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    バラ科オランダイチゴ属であり、250種類も品種があるいちご。普段、食べている赤い部分は果実でなく、花の一部です。実は粒粒の部分が果実で、その中に種が入っています。そんないちごはハウス栽培もされているため、12月頃から5月頃にかけて出荷されていますが、旬は3月から4月頃です。いちごの栄養価には、風邪予防、疲労回復に効果のあるビタミンCを多く含んでいます。また赤い色素であるアントシアニンも含まれ、ガン予防、視力回復に効果があります。いちごを選ぶ際には、ヘタ付近までの色がしっかり付いていて、ムラがなく、ツヤのあるものです。そのまま食べてもおいしいイチゴですが、このおやつレシピでは包んだりしています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当 】おすすめ10選

    赤くてかわいらしいいちご。いちごにはビタミンCが豊富で、アンチエイジングや、美肌効果、疲労回復、風邪予防などに効果があります。いちごの色素成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、視力回復や眼精疲労の回復をサポートし、がん予防にも役立ちます。骨や歯を丈夫にするカルシウム、便秘の改善をサポートする食物繊維や体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどの栄養素も多く含まれ、積極的に取りたいフルーツの一つです。いちごの旬は、1月から5月ですが、フリーズドライやジャム、シロップ漬けなどの加工品もあり、一年を通して堪能できるのがうれしいですね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるいちご。いちごには、整腸作用のある食物繊維、胎児の健康な発育に必要な葉酸、抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。ビタミンCには鉄の吸収を高め働きがあり、生活習慣病の予防、アンチエイジングなどにも効果があります。また、アントシアニンも多く含むいちごは、目の疲労回復や視力の改善に役立ちます。いちごは水分に弱いので、重ならないように保存容器に入れ、食べる直前に洗うのがおすすめです。ビタミンCや葉酸は水に溶けやすいため、いちごのヘタは洗ってから取ると、栄養素が溶け出すのを防げます。甘酸っぱくて赤くてかわいらしい形のいちごは、食卓に添えるだけで華やかな雰囲気をプラスしてくれます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    見た目の可愛らしさと甘酸っぱい爽やかな味わいで子供から大人まで人気のいちご。いちごにはビタミンCがたっぷりと含まれ、美肌効果はもちろん風邪予防や疲労回復、ストレスの緩和にも役立ちます。いちごの赤い色はポリフェノールの一種であるアントシアニンで、体の老化を防ぐ抗酸化作用があるほか目の健康を守ってくれる働きもあるんです。いちごには食物繊維のペクチンも豊富で、便秘の改善や体内の余分なコレステロールの排泄を促したり血糖値の上昇を抑えてくれるので生活習慣病予防にも最適です。そのままでも美味しいいちごですが、白和えやヨーグルト和えなどの和え物にすることで特別なデザートやお酒のおつまみに変身しますよ。いちごの新しい味わいを楽しんでくださいね。この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ケーキなど、デザートに欠かせないいちご。甘酸っぱくて洗うだけで食べられる手軽さもあり、果物の中でも人気があると言われています。そもそもいちごはの花の一部で、果実はごまのような粒の部分を言います。果物と野菜どちらに属するのかという議論もされますが、農業的に考えると木になるものを果物と呼ぶため、厳密には野菜、または果実的野菜です。海外ではフルーツに分類されることから、曖昧な点が多いのも事実。いずれにせよ、いちごはみずみずしく傷みやすいため、早めに食べるのが理想とされています。すぐに食べない場合はヘタを取らず、洗わずに保存するのがおすすめです。痛んでいるいちごを一緒に保存するとほかのいちごに影響するため、取り除きましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    いちごはきれいな赤色に緑色のへたが可愛らしく、ケーキやお菓子の飾りとしてもよく使われます。皮を剥いたり種を取る必要がなく、そのまますぐに食べられるのが魅力です。生で食べるだけになく、いちごジャムやいちご大福などにも使われ洋菓子にも和菓子にも合う果物です。ほんのりと甘酸っぱい味わいが特徴で、子供が好きな果物にもよく挙げられます。露地栽培のものは3~4月の春が旬になりますが、ハウス栽培もされているので通年手に入ります。いちごはビタミンCが豊富で、免疫力を高めて風邪を予防したり、メラニンの生成を抑制しシミやそばかすを防ぐ効果があります。いちごに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、視力回復に効果があるとされています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    近年市場にはたくさんのオリジナル品種が並ぶいちご。特にビタミンCを豊富で、約7粒で1日分の必要量が摂れるほど含まれます。ヘタを取っていちごを洗うとと、水っぽくなり、ビタミンCが流れてしまうため、ヘタをつけたまま洗うことがポイントです。食物繊維の一つである「ペクチン」を含み、腸内環境を整えて便秘解消にも効果的です。ヘタの近くまで赤く色づき、傷がなく、ハリがあるものが甘いいちごの特徴です。ヘタの部分も緑色が濃くて乾いていないものを選ぶようにしましょう。収穫後は果実がやわらかくて傷つきやすいため早めに食べ、少し潰れてしまったものはジャムやドレッシングなどに加工してくださいね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    いちごは春が旬の果物で、老若男女問わず大変人気がある果物のひとつです。いちごは酸味があり、風邪の予防効果があるビタミンCを豊富に含んでいます。また、メラニンの色素を抑える働きがあるので女性には嬉しい食材です。新鮮ないちごは鮮やかな赤色をしていてつぶつぶが綺麗です。また、ヘタがピンとしていて全体的に赤く色づいているものを選びます。いちごは水分に弱いため、食べる直前に洗うようにします。いちごはパックのまま冷蔵室で保存をします。いちごはデザートの他サラダやおつまみにも幅広く使うことができますよ。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    甘くてみずみずしくて、子どもから大人まで人気の高い「いちご」。そのまま食べるのはもちろん、デザートやお菓子にもよく使われますね。全国で一番多く生産しているのは栃木県で「とちおとめ」や「スカイベリー」といった品種が有名です。そして「あまおう」の福岡県、「ひのしずく」の熊本県と続きます。いちごを選ぶ際は、色にむらがなく、へた部分まで真っ赤なものを選ぶと良いでしょう。表面にツヤがあるものや産毛があるかどうかも要チェックです。パックで売られているいちごは下の段のいちごが痛んでいる可能性があるので、しっかり確認してから買うようにしましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘酸っぱい味わいが特徴のいちご。バラ科の多年草で、正式にはオランダイチゴ属に含まれます。いちご狩りやいちごフェアがあるなど、親しみのある果実です。生のままではもちろんのこと、加熱してもおいしく食べられジャムやソースにも向いています。最もおいしく熟す時期は12月後半から2月にかけてで、本来は3~4月の春ころですが農家のハウス栽培により収穫できる時期が早まっています。そんないちごですが、ビタミンCを多く含んでおり、これは風の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。また、いちごの赤い成分の元であるアントシアニンはポリフェノールの一種で眼精疲労や視力回復に効果が高いとも言われています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    子供が好きな果物として人気のいちごは、バラ科の多年草の一種で農業上の分類では実は野菜に属します。いちごは露地栽培の旬は3~4月の春になりますが、ハウス栽培もされているので一年を通じて手に入ります。いちごは多くのブランドいちごがあり、静岡県産のきらぴ香、岐阜県産の美人姫、栃木県産のスカイベリーなどが有名です。皮を剥いたり種を取ったりする手間がなく、洗ってヘタを取ればすぐに食べられるのが便利ですね。そのまま食べるのはもちろん、ケーキやジャム、いちご大福などお菓子にもよく使われます。いちごはビタミンCが豊富で、ビタミンCは風邪の予防や疲労回復に効果があります。いちごの色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれ、視力回復に効果があると言われています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    いちごはバラ科の多年草の一種ですが、普段私たちが食べている部分は実は花の一部で、果実はその周りにあるゴマのようなつぶつぶのひとつひとつとなります。そんないちごですが、店頭に並ぶのは12月後半から2月ころにかけてがもっとも多く、いちご狩り等もこの季節に多く行われています。最近ではいちごの品種改良も多く行われ、色や形も様々ですが、十分にヘタ近くまで色づいていてむらがなく、表面につやがあり産毛のようなものが残っているもの、ヘタが緑色でピンと先がたっているものが美味しいちごを選ぶポイントですので、購入の際はチェックしてみてくださいね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    いちごは見た目も鮮やかで可愛らしく、甘酸っぱい風味が人気の食材です。一般的に食べられているものはオランダイチゴと総称され、日本には江戸時代末期に伝来しました。以来、国内でも開発・栽培が進み、あまおうやとちおとめなどブランド的価値を誇る品種も生まれています。ショートケーキなど多くのスイーツにも欠かせない存在であるいちご。ほぼ一年中流通してはいますが、旬はやはり春先です。いちごは瑞々しくて美味しいだけでなく、ビタミンCやアントシアニン、キシリトールなどが豊富。風邪や肌荒れの予防、眼精疲労の回復やがん予防の効果が期待でき、砂糖と比べて血糖値の上昇がゆるやかなので、ヘルシーに甘味を味わえます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    甘酸っぱさと見た目の可愛らしさが抜群のいちご。冬から春にかけて旬を迎え、成果売り場には様々な種類のいちごが並んで甘酸っぱい香りが漂います。いちごといえばまず注目する栄養はビタミンCですが、他にもポリフェノールの一種である、体内の活性酸素を減らす「アントシアニン」や、血糖値の急上昇を防ぐ「ペクチン」、体内の余分な塩分を排出する「カリウム」などを豊富に含みます。小さな一粒に栄養が凝縮したいちごは、真っ赤に熟していて、ヘタがそり立っているものが甘いとされています。ヘタは取らずに洗うことでビタミンCの流出が防げますよ。傷みやすいので早めに美味しく食べるようにしてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    春が旬のいちごは見た目がかわいらしく大変人気がある果物です。ハウス栽培がされているので店では旬に関係なく売られているのでいつでも購入することができます。選び方としては鮮やかな赤色でつぶつぶが綺麗なもの、ヘタの付近まで赤く色づいていてヘタがピンとしているものが新鮮ないちごです。いちごはビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防効果や美肌効果があります。いちごはシンプルにそのまま食べるのが手軽ですが、酸味を活かしてお菓子やソースにも活用されています。揚げるレシピも知っていちごを使った料理のバリエーションを増やしましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    フルーツの中でも人気が高い「いちご」。そんないちごには、女性が喜ぶ栄養素がたっぷり入っているってご存じですか。ビタミンC、食物繊維、カルシウム、カリウム、葉酸など挙げればきりがありません。また、いちごにはアンチエイジングに必要な抗酸化材もたっぷり含まれています。たとえば、がん予防の効果があるアントシアニン、菌から体を守ってくれるケルセチン、しわ予防のエラグ酸など。この抗酸化剤はすべての食材の中で、いちごの含有量はなんと第3位。普段からどんどん体に取り入れたい果物ですね。いちごは冷凍保存しても栄養価がほとんど変わらないので、スーパーに出回らない時期でも長期保存して食べる習慣をつけましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    甘酸っぱくて手軽に食べられる、みんなが大好きないちごには、ビタミンCがたっぷり。いちご10粒ほどで1日の摂取基準をとれてしまうほど多く含まれ、美肌効果はもちろん風邪予防にも役立ちます。意外に食物繊維も豊富で便秘の改善、血糖値やコレステロール上昇も抑えてくれるので生活習慣病の予防にも期待されています。いちごは、鉄、カルシウム、カリウムなどのミネラルや造血ビタミンと言われる葉酸も豊富で、食事の栄養バランスの補給にぴったり。いちごは、あまり日持ちしないので、食べきれない時は、砂糖と煮て、ジャムやコンポートを手作りしてみませんか。デザートに添えていただいたり、手作りケーキに混ぜて使ったりと活用方法は様々。ぜひ、煮るレシピを参考に、挑戦してみてください。 この記事では、いちごとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社