キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ほうれん草の記事一覧

キッチンブックの「ほうれん草」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    冬に旬を迎えるほうれん草は寒さにとても強く、霜にあたることで柔らかさも甘みも栄養もアップします。現在では品種改良や栽培方法で通年出荷されていますが、冬場に出回るほうれん草は栄養価も高いためぜひチェックしてみてくださいね。動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防となるβカロテン、貧血対策の鉄分、風邪予防のビタミンC、血圧を下げるカリウムなど豊富に含み、ほうれん草の花言葉である「健康」という言葉がまさにぴったりな野菜です。様々な食材と相性も良く、組み合わせることで足りない栄養も補うことができるので積極的に料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    おひたしや炒め物など幅広いレシピに活用され、身近な食材のひとつであるほうれん草。緑黄色野菜の中でもトップクラスのβカロテン含有率を誇る他、鉄分・ビタミンC・カリウムなど様々な栄養を含んでいます。旬である11~12月にかけては特に栄養価が上がり、ビタミンの量は夏のほうれん草の2倍近くとも言われていますよ。ほうれん草を調理する際に少し気をつけたいのは、シュウ酸という成分の処理です。これは独特のえぐみの元であるだけでなく、カルシウムと結びついて結石を作り出す作用を持っています。大量に摂取しない限り健康に問題はありませんが、気になる場合はサッと下茹でして除去しましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    緑黄色野菜の王様であるほうれん草。ビタミンやミネラルなどの栄養が群を抜いて多いのが特徴です。β-カロテンやビタミンC・Eが豊富でがん予防や老化を防ぐアンチエイジング効果、かぜ予防などに役立ちます。ほうれん草にはアク成分のシュウ酸を含み、えぐ味があるため下ゆでをして水にさらして料理に使います。ゆで時間も水にさらす時間もできるだけ短くして、ビタミンの流失を防ぎましょう。1年を通して出回っているほうれん草ですが、冬の旬のものは栄養価も高くビタミンCは夏採りと比べて約3倍も多くなり、甘みも増しておいしくなります。魚類や肉類に挟んでフライにしたり春巻きの具に混ぜ込んだレシピなど、子供から大人までおいしく栄養が取れるフライレシピが豊富です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    生でも加熱しても使えるほうれん草は、緑黄色野菜の一つです。一年を通してスーパーに並びますが、旬は冬です。選ぶときのポイントは、先端まで張りがあり、茎がしっかりとしているものを選んで下さい。ほうれん草には、ビタミンやミネラルが多く含まれています。特にビタミンCやβカロテンが多く含まれています。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きやコラーゲンの生産に関わっています。女性には是非取ってほしいビタミンです。βカロテンは、体内でビタミンAに変換され髪の毛やお肌の健康維持に役立ちます。ほうれん草は春や夏よりも旬である冬に食べると、ビタミンCなどの栄養素をより多く摂ることができますよ。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    緑の野菜代表のほうれん草は、赤ちゃんの離乳食を始めてすぐから使うことができ、すべての年代に馴染み深い野菜です。ビタミン、鉄分、カリウム、食物繊維など豊富な栄養素が詰まったほうれん草は貧血予防、高血圧・動脈硬化の予防、眼精疲労、美肌効果、抗酸化作用など、毎日忙しく生活を送る私たには欠かすことのできない嬉しい効果が期待されます。肉や魚との相性はもちろん、他の野菜との相性も良いほうれん草は様々な料理にアレンジできます。子供の好きなお肉と合わせて調理すると野菜嫌いな子供でも気にすることなくパクパクと食べられますよ。工夫して取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    様々な料理に使われるほうれん草。どんな食材とも合わせやすく、緑の色どりがきれいで料理のアクセントにもなります。ほうれん草のおひたしや鍋料理などの和食、パスタやグラタンなどの洋風の料理とも合わせやすく幅広いスタイルの料理に使うことができます。同じ緑の野菜でも、ピーマンやブロッコリーに比べると味にくせがなく食べやすいのが特徴です。ほうれん草には貧血予防に役立つ鉄分、抗酸化作用のあるカロテン、ビタミンCやカリウムなど豊富な栄養素が含まれています。特に鉄分が豊富で、牛レバーと同じくらい含まれているので貧血気味の方は積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ほうれん草には鉄分・βカロテン・ビタミンC・カリウムなど、たくさんの栄養素が含まれています。ほうれん草の料理と言えば、代表的なのが「ほうれん草のおひたし」ですね。ただほうれん草だけを食べるのには抵抗がある人も多いのではないでしょうか?特に子どもはほうれん草が苦手な子が多く、ほうれん草を食べるのを嫌がることがあります。そういう場合は他の材料と合わせることで、ほうれん草独特の味わいを和らげて食べやすくなります。今回はほうれん草を使った焼くレシピを紹介しています。栄養たっぷりのほうれん草、ぜひ家族の健康のためにも料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草の簡単レシピまとめ:おひたしやキッシュなどを紹介

    昔の人気アニメ「ポパイ」の栄養源としても有名なほうれん草。鉄分が豊富で妊婦さんや育ち盛りの子どもなどにもおすすめの野菜です。冷涼な地域もしくは冷涼な季節に収穫される葉物野菜で、主に冬が旬となっていますが、比較的手軽にいつでも手に入れることができる身近な野菜です。彩りも綺麗で、いろいろな味付けにも合わせやすいので、いろいろな料理に取り入れてたっぷり食べて栄養をつけたいですね。定番のおひたしをはじめ、キッシュなどのオシャレなメニューまで使いやすく、いろいろなレシピがあります。今回は、そんなほうれん草の簡単レシピを紹介します。

広告

運営会社