キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ほうれん草をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

栄養たっぷりの野菜として知られるほうれん草は、子供の嫌いな野菜にもよく上げられます。独特の味わいがしますが、きれいな深緑色が料理に彩を加えて栄養価もアップさせる優秀な野菜です。サラダ用のほうれん草は生でも食べることができますが、普通のほうれん草はシュウ酸が含まれているため火を通して食べます。お浸し・スープ・炒め物・蒸し物などの料理に幅広く使われ、和食・洋食・中華などジャンルを問わず使える便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてほうれん草のレシピを紹介しています。ほうれん草を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ほうれん草の栄養素

ほうれん草は緑黄色野菜を代表する野菜の1つで、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは抗酸化作用があり、抗発ガン作用や動脈硬化や高血圧の予防に効果があるとされています。カルシウム・マグネシウム・鉄分などのミネラル類も豊富で、特に鉄分は牛レバーと同じくらい含まれています。その他にも風邪の予防に効果のあるビタミンCや体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど、体にいい栄養素を豊富に含んだスーパーフードです。

ほうれん草の旬

ほうれん草は品種や地域を変えながら全国的に栽培されているので、一年を通じて手に入りますが11月から1月にかけての冬が旬になっています。旬のほうれん草は色が濃く栄養分も豊富なので、ぜひ冬場にしっかりと食べて風邪の予防に活用しましょう。冬場のほうれん草は甘味が強いのでお浸しや和え物にもおすすめで、鍋料理にも活躍します。

ほうれん草の選び方

! /image/〇〇
ほうれん草は濃く鮮やかな緑色で、裏側も緑色の濃いものがおすすめです。みずみずしく葉先が張っていて、葉肉が熱いものを選びましょう。根元の赤色が強くふっくらとしているものは甘さがあるので根元もチェックしましょう。茎に弾力がありほどよい太さのものがおすすめです。しなびて元気のないものや黒ずんでいるものは避けて、見た目がシャキッとしているものを選んでください。

ほうれん草の名産

ほうれん草の産地の1位は千葉県で、2位が埼玉県、3位が群馬県になっています。東京に近いエリアでの栽培がさかんで、千葉県のシェアは14.1%、埼玉県は10.4%、群馬県は8.6%になっています。海外では中国が最も多く全体の90%以上を生産していて、次いでアメリカ、3位が日本になっています。

ほうれん草の保存方法

ほうれん草は乾燥に弱い為、ぬらした新聞紙やキッチンペーパーにくるんでビニール袋に入れて野菜室に立てて保存します。横に寝かすとエチレンガスが出て傷みが早くなります。もっと長く保存したい場合は冷凍保存しましょう。ほうれん草を硬めに茹でて冷水にさらして水気を絞り、ラップにくるむかジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかり抜いて口を閉じて冷凍庫に入れます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ほうれん草の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ほうれん草の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ほうれん草の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ほうれん草の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ほうれん草の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ほうれん草をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社