キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ほうれん草をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

栄養たっぷりの野菜として知られるほうれん草は、子供の嫌いな野菜にもよく上げられます。独特の味わいがしますが、きれいな深緑色が料理に彩を加えて栄養価もアップさせる優秀な野菜です。サラダ用のほうれん草は生でも食べることができますが、普通のほうれん草はシュウ酸が含まれているため火を通して食べます。お浸し・スープ・炒め物・蒸し物などの料理に幅広く使われ、和食・洋食・中華などジャンルを問わず使える便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてほうれん草のレシピを紹介しています。ほうれん草を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 朝ごはんにオススメのほうれん草を使った人気レシピ10選

    アカザ科ほうれん草属の野菜であるほうれん草。漢字での表記はいくつかあります。ほうれん草の品種には「東洋種」、「西洋種」そして、一般的に販売されているもので、両方のいいところを残した「交雑種」があります。1年中販売されているほうれん草ですが、旬は11月から翌1月の冬で、旬のものは緑色が濃く、甘みがあり、栄養価も高く、特にビタミンCが豊富になるのです。また緑黄色野菜なので、βカロテンも豊富に含み、マンガン、カルシウム、マグネシウムも含んでいます。そんなほうれん草はさまざまな料理に合う食材で、この朝ごはんレシピでも、スープ、サラダ、キッシュなどに使用しています。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのほうれん草を使った人気レシピ10選

    和食から洋食まで幅広く料理にアレンジできるほうれん草は便利で栄養価の高い野菜です。ハウス栽培が盛んなため一年中店頭に並びますが旬は寒い冬で、冬のほうれん草は甘みと栄養価が高まります。皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAや抵抗力を高めるビタミンC、貧血予防には欠かせない鉄分、骨を丈夫にするカルシウムやマグネシむなどをたっぷり含むほうれん草は子供から大人まで積極的に取り入れたいですね。ほうれん草のアクに含まれる「シュウ酸」は、カルシウムの吸収を妨げてしまうため、下茹でしてお湯に溶け出させましょう。塩を少し入れて沸騰させた湯に根元から入れて、葉がしんなりとしたらすぐに水に晒してくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使ったおすすめ定番料理10選

    ほうれん草は冬を代表する野菜のひとつで、時期により値段に差がありますがスーパーでは通年中販売されていて特に旬の時期のものは安価で手に入れることができます。ほうれん草を選ぶ際は根元を確認してください。根元に赤みがあるものは新鮮です。また葉に厚みがあり茎は太すぎないものを選びます。ほうれん草は鉄分を多く含まれているので貧血を予防する働きや便秘を解消する働きがあります。また、この他に葉酸が含まれているので女性におすすめの食材です。ほうれん草を使った定番料理のレシピをピックアップして紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのほうれん草を使った人気レシピ10選

    ほうれん草は濃い緑色が特徴の野菜です。一年中いつでもスーパーなどで手に入るのであまり知られていませんが、実は冬が旬の食材なんです。ほうれん草のイメージを聞かれると、ほうれん草を食べると、パワーが出る子供向けのヒーローアニメが思い出される方も多いかもしれませんね。ほうれん草には鉄分、カルシウム、ビタミン類などの栄養素が揃っています。日本人に不足しがちなビタミンB1、B2、B6や妊活中の方や妊婦さんに欠かせない葉酸など、大切な栄養も豊富に含まれています。ほうれん草はアクが強いため、調理する前はさっと下ゆでしてから使うことをオススメします。塩を少し加えてゆでると、ほうれん草の鮮やかな緑色が際立ちますよ。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    アカザ科の野菜であるほうれん草。漢字表記では「法蓮草」、「菠薐草」、「鳳蓮草」といくつかあります。ほうれん草には品種があり、葉の切れ込みが深く、とがった形のものは「東洋種」、切り込みがなく、丸み、厚みがあるのもは「西洋種」、東洋種と西洋種を混ぜたものを「交雑種」といいます。また冬の関東だけ栽培されている「寒じめちぢみほうれん草」、生のままでも食べられる「サラダほうれん草」があります。このパーティー料理レシピでも、サラダほうれん草も使用しています。そんなほうれん草の栄養価はビタミン類、ミネラルが豊富に含まれていて、またβカロテン、カルシウム、マグネシウムも多く含んでいます。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    栄養価の高い野菜の1つによく挙げられるのがほうれん草で、日本には江戸時代初期に伝来されたとされています。アクがあるため炒め物やスープ、お浸しなど火を通して食べます。ほうれん草の種類にはアクを少なく改良した、生で食べられるサラダほうれん草もあります。炒め物やパスタなどの麺類の具材などにもよく使われ、さっと炒めるだけで火が通るため料理に使いやすいです。ほうれん草は緑黄色野菜に属し、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果のあるβカロテンが豊富に含まれています。その他にもカルシウムやビタミンC、骨の形成や健康維持に効果のあるマンガンなど豊富な栄養素を含んでいます。濃い緑色が料理に彩を加えて、和洋中と幅広い料理に使える便利な野菜です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    栄養価が高いことで知られるほうれん草。一年中流通していますが、11月から1月ごろにかけて旬を迎える野菜です。旬の時期に採れるほうれん草は他の時期のものと比べ、色が濃く、栄養分も多くなると言われています。ほうれん草はβカロテンが豊富に含まれていて、野菜全体の平均と比較すると倍以上の含有量があります。βカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変わり、髪の毛や粘膜などを健康に保つ働きがある栄養素です。ほうれん草にはβカロテンのほか、ビタミンCや鉄分、カリウムなどが豊富に含まれていて、美肌効果や貧血予防、むくみ解消などに役立ちます。血行促進効果のあるビタミンEも含まれているため、美容と健康に気を使う女性にはぴったりの野菜と言えます。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ほうれん草はおひたしなどの和食から、キッシュなどの洋食まで幅広く使える万能な緑黄色野菜です。ほうれん草は鉄分、葉酸、ビタミン類、βカロテンなどの栄養が豊富に含まれています。育ち盛りの子供や、妊娠中の方にも欠かせない栄養が詰まっているので、ぜひ積極的に食べて欲しい野菜です。ほうれん草はアクの強い野菜なので、さっとゆでてから使うのがオススメです。ゆでることでグッとかさも減るので、無理なくほうれん草をたっぷり食べられますよ。ほうれん草はオリーブオイルと食べ合わせが良く、一緒に食べることで血流を良くして代謝を高めてくれる効果があります。ほうれん草の炒め油にはオリーブオイルを使うのがオススメですよ。食べ合わせの相乗効果を上手く利用して、栄養をしっかり摂取しましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理器具:レンジ】おすすめ10選

    ほうれん草はよく見かけるみなじみある食材ですが、旬は11月から2月の寒い時期です。通年市場には出回りますが、夏場に出回るほうれん草よりも、冬場の旬の時期の方がたくさんの栄養を含んでおり、甘みも強くなります。その理由としては、夏の方が成長が早く、栄養を蓄える時間が少ないことと、冬は寒さをしのぐため、よりたくさんの栄養素を蓄えるとされているからです。花言葉で健康を意味しているほうれん草には血行促進効果や骨形成、肌のケアにも良いとされております。値段も比較的安価で、お弁当などにも彩よくできます。和食や洋食などさまざまな料理で活用できるのもみりょくの一つです。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理器具:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ほうれん草には、葉肉が薄くてアクが少ない「東洋種」と、葉が丸くて肉厚な「西洋種」がありますが、現在ではこの両方を掛け合わせた「交配種」が一般的に出回りそれぞれの長所を合わせ持っています。ほうれん草の旬は11月〜3月頃の寒い季節で、この時期のものは糖度や栄養価が高くおすすめです。一般的にほうれん草は、βカロテン、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、鉄を多く含む栄養満点な緑黄色野菜ですが、冬採りのものはビタミンCも豊富に含みます。ほうれん草はアクが強い野菜のため、下茹でをしてから料理に使うことが基本です。生食できるサラダホウレンソウ以外は、熱湯で短時間茹でて水につけて一気に冷やしてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ほうれん草は栄養価の高い葉物野菜を代表する一つで、緑黄色野菜に分類されます。心筋梗塞や動脈硬化を予防するβカロテン、貧血予防に効果成る鉄分、メラニンの生成を抑制しシミやそばかすを防ぐビタミンC、歯や骨の形成に欠かせないカルシウムやマンガンなどが含まれています。ほうれん草のお浸しなどの和食から、パスタやスープ、炒め物、和え物など幅広い料理に使われます。濃い緑色が彩を加えて、パスタの具材やグラタンなどに使うと料理が色鮮やかに仕上がります。原産地はペルシャ地方と言われており、日本には江戸時代初期に伝来されたとされています。ほうれん草はアクがあるため火を通して食べますが、アクをより少なく改良して生食できるサラダほうれん草もあり、栄養価も豊富なのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    栄養価の高い野菜の代表格と言えばほうれん草です。ほうれん草は緑黄色野菜なのでβカロテンを豊富に含み、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があり、ビタミンAに変換され粘膜や皮膚の健康維持にも効果があります。貧血予防に効果のある鉄分、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、骨の形成や健康維持に効果のあるマンガンなど体にいい栄養素を含んでいます。ほうれん草には東洋種と西洋種があり、東洋種はアクが少なくお浸しなどに向いていて西洋種は葉に厚みがありアクが強いのが特徴です。和食ではお浸しや和え物・みそ汁の具材・胡麻和えなどに使われ、洋食ではパスタや炒め物の具材やキッシュなど幅広い料理に使える便利な野菜です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    鉄分を多く含む野菜と知られるほうれん草。旬を迎える冬の時期には甘みが増し、ビタミンCの含有量も増加します。ほうれん草はあくがあるため、下茹でが必要ですが、ビタミンCは熱に弱いので、さっと茹でるのがポイントです。あくが少ないサラダほうれん草は生のまま食べられるので、ビタミンCを効率的に摂取できます。ほうれん草には整腸作用のある食物繊維も豊富です。ほうれん草はおひたしなどの和食のほか、シチューに入れたりナムルにしたり、和洋中、さまざまな料理で楽しめます。加熱をすると、かさがぐんと減るほうれん草は、一度の食事で多くの量を食べられるのも魅力です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    緑黄色野菜の代表でもあるほうれん草は、ビタミンやミネラルを多く含んでいます。主要な生産地には、千葉県・埼玉県・群馬県などがあります。現在では年間を通して流通していますが、本来の旬は冬。この時期に収穫されるほうれん草は、甘みが強くなる上、ビタミンCも多くなるのが特徴です。ほうれん草の種類には、葉が薄く甘みがある「東洋種」と葉が丸く肉厚な「西洋種」がありますが、最近ではこの両者を掛け合わせた「交配種」が多いです。その他の品種としては、灰汁が少なく生食に向いている「サラダほうれん草」などがあります。ほうれん草は和・洋・中などの料理と相性が良いので、応用も効く便利な食品です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ほうれん草は冬が旬の野菜で、スーパーでは価格の変動がありますが一年中販売されています。ほうれん草には鉄分が豊富に含まれているので便秘解消効果や貧血に効果があります。また葉酸が含まれているので女性は積極的に摂取したい食材と言えます。ほうれん草の根元の赤い部分にはマンガンという栄養成分が含まれていて、丈夫な骨を作る働きがあるので捨てずに料理に使います。アクが強い野菜でシュウさんが含まれていますが茹でると70%ほど減らすことができます。ご飯のおかずやおつまみなど様々なレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    シュッとまっすぐ生えていて鮮やかな緑色をしたほうれん草。ほろ苦さが特徴的ですが、非常に多くのビタミンやミネラルを含んだ、栄養価の高い緑黄色野菜です。生で食べられるサラダ用のほうれん草やおひたし、炒め物にしてもおいしく食べることができる野菜でもあります。全国で栽培されていますが、旬は冬となり、11月~1月に多く出回ります。この時期のほうれん草は特に色が濃く、栄養価が高い上に甘みもあります。そんなほうれん草ですが、選ぶ際は葉の緑が濃く鮮やかで、シャキッとまっすぐ生えていて元気なものをお勧めします。また、付け根の部分がふっくらとしているものは甘みがあるので、ぜひこのポイントに注目して選んでみてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    鮮やかな緑色をしていて、ほんのり苦みのある味わいが特徴のほうれん草。おひたしや炒め物、肉料理の付け合わせとしてもよく使われますよね。ほうれん草は緑黄色野菜で、ビタミンやミネラル、どの栄養素も非常に高く、体に良い野菜の一つです。また、カロテンを報復に含んでいるため、抗ガン作用や粘膜や皮膚の健康維持になどにも働きかけてくれます。そんなほうれん草ですがアクがあるため、基本的には茹でたり加熱してから調理してください。茹でる場合はビタミンCが失われないように短時間茹でてさっと冷水に浸すようにすることをおすすめします。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ほうれん草は、サラダや炒め物など、幅広い料理に使われる野菜。ほうれん草のあえるレシピと言えば、ごま和えが代表的ですが、他にもさまざまなレシピが考案されています。和え物にすると、箸休め、おつまみ、お弁当の隙間おかずなど、あらゆる場面で活躍しますよね。そもそもほうれん草は生でも食べられる野菜なので、軽くゆでるだけで簡単に調理できるのもポイント。ゆですぎるとビタミンなどの栄養素が流れ出てしまうため、注意しましょう。また、ほうれん草には鉄分やβカロテン、カリウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。抗酸化作用や貧血予防に効果があるため、ぜひ献立に加えてみましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    冬に旬を迎えるほうれん草は寒さにとても強く、霜にあたることで柔らかさも甘みも栄養もアップします。現在では品種改良や栽培方法で通年出荷されていますが、冬場に出回るほうれん草は栄養価も高いためぜひチェックしてみてくださいね。動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防となるβカロテン、貧血対策の鉄分、風邪予防のビタミンC、血圧を下げるカリウムなど豊富に含み、ほうれん草の花言葉である「健康」という言葉がまさにぴったりな野菜です。様々な食材と相性も良く、組み合わせることで足りない栄養も補うことができるので積極的に料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    おひたしや炒め物など幅広いレシピに活用され、身近な食材のひとつであるほうれん草。緑黄色野菜の中でもトップクラスのβカロテン含有率を誇る他、鉄分・ビタミンC・カリウムなど様々な栄養を含んでいます。旬である11~12月にかけては特に栄養価が上がり、ビタミンの量は夏のほうれん草の2倍近くとも言われていますよ。ほうれん草を調理する際に少し気をつけたいのは、シュウ酸という成分の処理です。これは独特のえぐみの元であるだけでなく、カルシウムと結びついて結石を作り出す作用を持っています。大量に摂取しない限り健康に問題はありませんが、気になる場合はサッと下茹でして除去しましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    緑黄色野菜の王様であるほうれん草。ビタミンやミネラルなどの栄養が群を抜いて多いのが特徴です。β-カロテンやビタミンC・Eが豊富でがん予防や老化を防ぐアンチエイジング効果、かぜ予防などに役立ちます。ほうれん草にはアク成分のシュウ酸を含み、えぐ味があるため下ゆでをして水にさらして料理に使います。ゆで時間も水にさらす時間もできるだけ短くして、ビタミンの流失を防ぎましょう。1年を通して出回っているほうれん草ですが、冬の旬のものは栄養価も高くビタミンCは夏採りと比べて約3倍も多くなり、甘みも増しておいしくなります。魚類や肉類に挟んでフライにしたり春巻きの具に混ぜ込んだレシピなど、子供から大人までおいしく栄養が取れるフライレシピが豊富です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    生でも加熱しても使えるほうれん草は、緑黄色野菜の一つです。一年を通してスーパーに並びますが、旬は冬です。選ぶときのポイントは、先端まで張りがあり、茎がしっかりとしているものを選んで下さい。ほうれん草には、ビタミンやミネラルが多く含まれています。特にビタミンCやβカロテンが多く含まれています。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きやコラーゲンの生産に関わっています。女性には是非取ってほしいビタミンです。βカロテンは、体内でビタミンAに変換され髪の毛やお肌の健康維持に役立ちます。ほうれん草は春や夏よりも旬である冬に食べると、ビタミンCなどの栄養素をより多く摂ることができますよ。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    緑の野菜代表のほうれん草は、赤ちゃんの離乳食を始めてすぐから使うことができ、すべての年代に馴染み深い野菜です。ビタミン、鉄分、カリウム、食物繊維など豊富な栄養素が詰まったほうれん草は貧血予防、高血圧・動脈硬化の予防、眼精疲労、美肌効果、抗酸化作用など、毎日忙しく生活を送る私たには欠かすことのできない嬉しい効果が期待されます。肉や魚との相性はもちろん、他の野菜との相性も良いほうれん草は様々な料理にアレンジできます。子供の好きなお肉と合わせて調理すると野菜嫌いな子供でも気にすることなくパクパクと食べられますよ。工夫して取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    様々な料理に使われるほうれん草。どんな食材とも合わせやすく、緑の色どりがきれいで料理のアクセントにもなります。ほうれん草のおひたしや鍋料理などの和食、パスタやグラタンなどの洋風の料理とも合わせやすく幅広いスタイルの料理に使うことができます。同じ緑の野菜でも、ピーマンやブロッコリーに比べると味にくせがなく食べやすいのが特徴です。ほうれん草には貧血予防に役立つ鉄分、抗酸化作用のあるカロテン、ビタミンCやカリウムなど豊富な栄養素が含まれています。特に鉄分が豊富で、牛レバーと同じくらい含まれているので貧血気味の方は積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ほうれん草には鉄分・βカロテン・ビタミンC・カリウムなど、たくさんの栄養素が含まれています。ほうれん草の料理と言えば、代表的なのが「ほうれん草のおひたし」ですね。ただほうれん草だけを食べるのには抵抗がある人も多いのではないでしょうか?特に子どもはほうれん草が苦手な子が多く、ほうれん草を食べるのを嫌がることがあります。そういう場合は他の材料と合わせることで、ほうれん草独特の味わいを和らげて食べやすくなります。今回はほうれん草を使った焼くレシピを紹介しています。栄養たっぷりのほうれん草、ぜひ家族の健康のためにも料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草の簡単レシピまとめ:おひたしやキッシュなどを紹介

    昔の人気アニメ「ポパイ」の栄養源としても有名なほうれん草。鉄分が豊富で妊婦さんや育ち盛りの子どもなどにもおすすめの野菜です。冷涼な地域もしくは冷涼な季節に収穫される葉物野菜で、主に冬が旬となっていますが、比較的手軽にいつでも手に入れることができる身近な野菜です。彩りも綺麗で、いろいろな味付けにも合わせやすいので、いろいろな料理に取り入れてたっぷり食べて栄養をつけたいですね。定番のおひたしをはじめ、キッシュなどのオシャレなメニューまで使いやすく、いろいろなレシピがあります。今回は、そんなほうれん草の簡単レシピを紹介します。

広告

運営会社