キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豆乳をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

豆乳は牛乳と同じように、飲んだり料理やお菓子に使える便利な食材です。大豆から作られるため健康的で、良質なたんぱく質を気軽にとれるため海外でも注目されています。豆乳は普通に飲む以外にもコーヒーや紅茶ともよく合い、海外でではソイラテや豆乳を使ったカプチーノも人気を集めています。料理ではスープやシチュー、パスタ、グラタンなどに使われ、牛乳と同じように使えます。大豆独特の香りがしますが、体にいい栄養素を含んでいるので積極的に摂りたい食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて豆乳のレシピを紹介しています。豆乳を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメの豆乳を使った人気レシピ10選

    大豆を水に浸けてからつぶし、水と煮詰めて汁をこしたものである「豆乳」。豆乳は3つに分類され、「無調整豆乳」、「調製豆乳」、「豆乳飲料」と分かれます。この夜ごはんレシピでは、無調整豆乳を使用しています。また豆乳は夜に摂取すると疲労回復の効果が得られるので、夜ごはんに摂取するのもおすすめです。そんな豆乳の栄養価は、大豆たんぱく質はもちろん、イソフラボン、サポニンが豊富に含まれていて、レンチン、ビタミンB群、ビタミンEなども含まれています。そして大豆に含まれるオリゴ糖は善玉菌を増やし、腸内環境を整える手伝いをします。また大豆たんぱく質は、満腹感を保つことができるので、ダイエットにも有効です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮詰めた汁を濾したものを豆乳と呼びます。スーパーなどで売られている豆乳は、無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料の3種類に分かれていて、無調整豆乳は水に浸したり、蒸したりした大豆の液状をそのままで何も味付けをしていないものを指します。調製豆乳は、無調整豆乳に塩や砂糖を加えて飲みやすくしたもので、この調製豆乳に果汁や香りを加えたものを豆乳飲料と呼びます。料理には無調整豆乳のように味付けがないものが使いやすいですが、ほのかな味付けがある調製豆乳はスムージーやおかし作りに便利です。好みに合わせて使い分けてみてくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの豆乳を使った人気レシピ10選

    豆乳は美肌効果が期待できる、女性に嬉しい飲み物です。豆乳は豆腐を作る際に出る大豆の絞り汁のことです。大豆の加工品の一つであり、低脂肪、低カロリー、高タンパクで栄養も豊富な食材です。豆乳に含まれているイソフラボンには、がんを予防してくれる働きがあります。料理に使う場合は無調整豆乳を使うのがオススメです。無調整豆乳は、独特の大豆の風味が強く残りますが、大豆の栄養をそのまま摂ることができます。最近では豆乳に甘みやフレーバーで味、香りを付けた飲料も多く販売されています。豆乳の独特の香りや味が苦手な方でも飲みやすく仕上がっています。ぜひ、毎日一本の豆乳を習慣付けて体の中からキレイを作りましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの豆乳を使った人気レシピ10選

    まろやかな舌触りと、ふわっと大豆の風味が香る、豆乳。甘く加工されて飲みやすくされているものも最近では多く流通しており、たんぱく質が豊富なため、ダイエットをしている人や健康を意識している人からは絶大な人気を得ています。そんな豆乳ですが、健康効果がかなり高いことをご存知でしょうか。豆乳にはレシチンという細胞膜を綺麗にする物質がふくまれています。細胞から元気にしてくれるので、老化防止やがん予防など、体を根本から健康にしてくれるのです。また、大豆のたんぱく質は体内で吸収、分解に時間がかかるため、満腹感が得られやすく、暴飲暴食の予防にもつながります。ぜひ日常から取り入れてみませんか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    豆乳は豆の風味が豊かで、牛乳よりもさっぱりとした口当たりが特徴です。豆乳は浸水させた大豆をすりつぶして、煮詰めてこした液体のことです。豆乳ににがりを加えれば豆腐になります。そのまま飲んだり、牛乳の代わりに料理に加えて使われることが多い食材です。料理に使う際には、栄養がそのままとれる無調整豆乳を選ぶことをオススメします。豆乳には大豆イソフラボンやコレステロール値を下げてくれる大豆タンパクなどの栄養素が豊富に含まれています。高タンパク、低カロリーな豆乳はダイエットの強い味方です。最近では豆乳にいろんな味のフレーバーを加えた豆乳飲料が販売されています。豆乳独特の風味が苦手な方でも飲みやすく、人気があります。栄養満点な豆乳を、自分に合った方法で摂取してくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    豆乳の原料は大豆で、大豆を水に浸してすり潰し水を加えて煮つめた汁を漉して作った飲料です。大豆独特の香りがするため好き嫌いが分かれますが、手軽に大豆に含まれる栄養素を摂れるので積極的に摂りたい食材です。豆汁を濾した「無調整豆乳」と飲みやすく調整した「調製豆乳」があり、甘味や色々なフレーバーをプラスした豆乳もあります。そのまま飲む以外にもスープ・パスタ・グラタン用のソース・クッキー・ケーキなど、幅広い料理に使えます。大豆が原料のため植物性タンパク質が豊富で、その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが含まれています。イソフラボンは更年期障害を緩和する働きがあり、女性にとってうれしい栄養素です。簡単に栄養のあるヘルシーな料理を作りたい時に活躍して、手軽に使えるのも魅力ですね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    大豆が原材料の豆乳は、豆腐を固める前の乳液の状態のもののことを言います。大豆をすりつぶす工程で出る汁が豆乳で、カスがおからになります。豆乳に豊富に含まれる大豆たんぱく質は、牛乳のたんぱく質に比べて吸収率が良く吸収速度が遅いことが特徴で、満腹感を持続する効果が期待されています。他にも、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンや、腸内環境を整えるオリゴ糖、脂肪の酸化を防ぐビタミンEなどを豊富に含み、ダイエットの強い味方になる食材ですよ。豆乳の低エネルギーを活かしてグラタンやシチューなどのホワイトソースを豆乳で代用することで、ヘルシーであっさりとした風味に仕上がりおすすめです。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    まろやかな舌触りと、独特の味わいが魅力の豆乳。豆腐の原料として使われていますが、最近ではカフェで牛乳の代わりに飲む人も増えてきました。たんぱく質が豊富で、カロリーも低い為、ダイエット中の人には味方となる食材です。また、大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。これは、ポリフェノールの一種で女性ホルモンに似た構造をしています。ですので、ホルモンバランスの乱れなどを整え、骨を健康に維持してくれる働きもあります。また、オリゴ糖も含まれているので、便秘が気になる時や、腸内環境が気になるときに摂っておくと良いでしょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    近年の健康志向の高まりにより美容・健康に良いと注目されている豆乳。豆乳には大豆たんぱく質が豊富で、肥満を抑える効果や血中コレステロール値を下げる効果など様々な健康効果があるといわれ、大豆サポニンは中性脂肪の吸収を抑えたり老化を防ぐ抗酸化作用があるなど生活習慣病予防に役立ちます。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を示すイソフラボンは美肌効果や更年期以降の症状の緩和や骨の健康維持に期待されています。鉄分も豊富でオリゴ糖も含まれているため便秘を解消して肌荒れ改善にも効果的です。豆乳はおやつ作りや料理にも幅広く使えるので、女性のキレイと健康をサポートしてくれる豆乳をぜひ活用しましょう。この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    豆乳はゆでた大豆を潰して煮詰めたものをこして作る大豆の加工品です。豆乳はシチューや、パスタなどの料理に使われています。大豆イソフラボンや、オリゴ糖、レシチンなどの栄養が豊富に含まれており、低カロリーなのでダイエットにも向いています。料理に使う場合は無調整豆乳がオススメですよ。無調整豆乳は大豆の味と、大豆の栄養がそのままとれます。口当たりが滑らかなので、料理の味もまろやかに仕上がりますよ。豆乳の味が苦手という方には甘味やフレーバーが入った調製豆乳が飲みやすいですよ。健康や美容に良い豆乳を日常的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    大豆が原料の豆乳。豆乳には主に、豆乳と水だけで作られた無調整豆乳と、豆乳に砂糖や塩、香料などを加えて飲みやすくした調整豆乳、調整豆に果汁やコーヒーなどを加えた豆乳飲料があります。豆乳に含まれるたんぱく質は植物性で、コレステロールを含まず、低カロリーなのが特徴です。大豆に多く含まれる大豆レシチンには、記憶力や集中力の向上、体内のコレステロールや肝機能の改善をサポートする働きがあります。また、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンや腸内環境の改善に役立つオリゴ糖、体内の代謝をサポートするビタミンB群などが豊富です。豆乳は加熱をしても味や栄養価は変わらないため、さまざまな料理に活用できます。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    独特な風味に、まろやかな味わいが特徴の豆乳。低脂肪でヘルシーなため、最近ではカフェなどでも豆乳を使ったメニューが増えています。たんぱく質を多く含み、運動をする人や、ダイエットをする人にも注目されています。栄養価としてはポリフェノールの一種で女性ホルモンに似たイソフラボンや、動脈硬化を予防してくれるサポニンも含まれています。不飽和脂肪酸も含まれているため、コレステロールの値を調整してくれる効果もあります。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    大豆を絞って作られる豆乳。最近ではコーヒーやフルーツ味の豆乳やソイラテなども販売されるほど人気が高い食品です。大豆由来のため、大豆に含まれる栄養素が含まれます。例えば植物性たんぱく質が代表的です。植物性たんぱく質は動物性たんぱく質よりもカロリーが低いため、ダイエットにぴったり。大豆イソフラボンやレシチンの働きによって女性らしい体づくりや美肌に近づけるのにも役立ちます。豆乳には調製豆乳、無調整豆乳、豆乳飲料などと記載された商品がありますが、これらの成分はそれぞれ異なります。より栄養価が高いのは無調整豆乳ですが、飲みやすいのは調製豆乳か豆乳飲料と言われています。好みや状況に合わせて選びましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    大豆が原料の豆乳は、豆腐に固める前の乳液の状態のものをいいます。豆乳には無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料の3つに分けられます。無調整豆乳は、豆乳に水以外のものを加えていない大豆固形物が8%以上のもので、調製豆乳は豆乳に砂糖、塩、香料などを加えて飲みやすくして大豆固形分が6%以上のものです。調製豆乳に果汁やコーヒーを加えた豆乳飲料はさらに飲みやすいのが特徴です。ダイエット中には、高たんぱく質、低脂質、低エネルギーの無調整豆乳がおすすめ。トレーニング直後など糖質を同時に補いたい場合は調製豆乳や豆乳飲料を選ぶことがおすすめですよ。目的に合わせて使い分けてくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    まろやかな口当たりと爽やかな味わいが特徴の豆乳。大豆からできているため、ヘルシーで健康にも良いのが特徴です。最近では若い女性を中心に人気があります。また豆乳にはたんぱく質が豊富に含まれており、大豆のたんぱく質は体内での吸収、分解に時間がかかります。そのため満腹感を得やすいのでダイエットをする人にとっても味方となってくれる食材です。その他大豆イソフラボンという、ポリフェノールも含まれていて、女性ホルモンに似た作用もあります。女性は女性ホルモンが減少してしまうと骨がもろくなりやすくなってしまうため、ぜひ積極的に摂取していきたい食材ですよ。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    大豆で作られた食品の1つである豆乳。無調整の豆乳は牛乳よりもカロリーや脂質が低いため、ダイエットにはぴったりです。また、豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、生理不順や更年期障害などの緩和が期待できるとされています。また、新陳代謝をアップする効果もあり、美肌作りやダイエットをしている人におすすめですよ。しかし、豆乳は大豆の独特な風味があるため、そのまま飲むのは苦手という人もいるでしょう。そんな時は豆乳を使ったおかずを作ってみてはいかがでしょうか。担々麺や豆乳鍋、クリーム煮などは豆乳の風味がまろやかになり、食べやすいおかずに仕上がりますよ。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ダイエットや健康飲料として人気を集めている豆乳。豆乳には、豆たんぱく質が豊富に含まれています。動物性食品に比べてカロリーが低く、基礎代謝を活発にする働きがあるためダイエットの強い味方です。また、大豆イソフラボンも多く含む豆乳は、骨粗しょう症やがん予防にも効果が期待できます。その他、アンチエイジングに役立つサポニンや生活習慣病の予防に効果があるレシチン、便秘解消を促すオリゴ糖、美肌効果のあるビタミンEなどの栄養素が豊富で、積極的に取り入れたい栄養価が高い食材です。豆乳は熱を加えても栄養価や味に変わりはないため、ドリンクとしてだけでなく、料理に使ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    大豆を水に浸してすり潰し、水を加えて煮つめた汁を漉して作る豆乳。牛乳と同じように飲んだり料理やお菓子に使える便利な食材ですが、大豆特有の香りがするため好き嫌いが分かれやすい飲み物でもあります。豆乳の種類は豆汁を濾した無調整豆乳と、飲みやすく調整した調製豆乳があります。普段スーパーなどで売られているのは飲みやすい調製豆乳が一般的。大豆が原料のため植物性たんぱく質が豊富で、オリゴ糖や性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンなど女性にとってうれしい栄養素が含まれています。スープやパスタ、お菓子などに使えて栄養素も豊富なので、ぜひ料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豆乳は水に浸した豆をすりつぶし、水を加えて煮たものを濾して作られる飲み物です。脂質が少なく植物性のタンパク質を豊富に含み、牛乳のようなまろやかでクリーミーな味わいが特徴です。豆乳は、大豆で作られることから大豆イソフラボンを含み、お肌や髪のハリとツヤを保ってくれる他、自律神経の安定をサポートしてくれたり、骨を丈夫に保ってくれたり、コレステロールの増加を抑制して動脈硬化の防止に役立つなど、体にうれしい働きをいくつも持っています。そんな豆乳は毎日の食生活に積極的に取り入れたい食材の一つですね。食卓に豆乳を取り入れて美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ9選

    滑らかな舌触りとほのかに香る豆の風味が特徴の豆乳。最近では調整されていて飲みやすいドリンクタイプのものが多くでるようになりました。そんな栄養豊富でヘルシーな豆乳ですが、豆乳には、美肌作りに欠かせない成分が多く含まれています。一番の特徴は、女性ホルモンのような働きがある大豆イソフラボンが含まれていることです。女性ホルモンのような働きにより、肌のシミやしわおよびくすみなどを未然に防いでくれます。お肌の老化を遅らせるような働きが、"美肌づくり"イメージの要素にもなっているのです。また、ビタミンB群も多く含まれていて、ビタミンB群には脳の機能を維持する働きやイライラ予防も期待できます。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    体に良いイメージのある豆乳。大豆が原料の豆乳は、同じく栄養価が高い牛乳より低エネルギー、低脂質、低糖質でコレステロールを含まないという違いがあります。植物性の大豆たんぱく質が豊富で、吸収率が高く、吸収速度が遅いのが特徴です。吸収速度が遅いと満腹感が持続するため、ダイエット向きの食品といえます。その他にも、更年期症状の緩和を補ってくれるイソフラボンや、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンなど、女性にうれしい栄養がたっぷり入っています。豆乳は加熱しても、味、栄養価ともに変化がなく、下ごしらえも必要ないので、普段から料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    豆乳は茹でた大豆をすりつぶして水分を加えて煮詰め、その液体を漉した飲み物です。豆乳には大豆たんぱく質、レシチン、サポニン、イソフラボン、オリゴ糖、ビタミンが豊富に含まれています。またコレステロールを含まず低カロリー、低糖質、低脂質ですのでダイエット中の方にもおすすめです。豆乳はヘルシーで栄養満点で健康に良い食品ですので毎日摂取しているという方も多いでしょう。豆乳は加熱しても味や栄養が変わらない食品ですので手軽に料理にも使うことができます。そのまま飲むのも良いですが料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    豆乳は大豆を原料にした飲料で、大豆を水に浸してすり潰し水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。牛乳と似ていますが味は大豆独特の風味があり好き嫌いが分かれることもあります。大豆の臭いを和らげて’飲みやすく調整したものは「調製豆乳」と呼ばれています。豆乳はそのまま飲むのはもちろん、スープやシチュー、パスタ、お菓子などさまざまな料理に使われます。豆乳は大豆から作られるため植物性タンパク質が豊富で、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれています。その他にも腸内環境を整えるオリゴ糖や、血管の健康を保つレシチンなどが含まれています。健康にも美容にもいいので、積極的に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    豆乳にはイソフラボン、サポニン、レシチンなど女性にうれしい栄養素が豊富に含まれています。特に注目されているのはイソフラボンです。イソフラボンにはがん予防効果があります。乳がんの原因の一つであるエストロゲンの調節をする働きがあります。また骨粗しょう症の予防効果があります。豆乳は健康に良いだけではなく美容やダイエットにも効果があります。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがありますので美肌効果があります。シミ、シワ、ニキビ予防等女性にうれしい成分が含まれています。栄養が豊富に含まれていて美肌効果もある豆乳は毎日取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    豆乳は大豆から作られる飲料で、牛乳と同じように飲んだり料理に使ったりできる便利な食材です。大豆独特の風味と味わいがしますが、甘味料を加えて飲みやすくなっているものも販売されています。豆乳は豆汁を濾した豆乳は「無調整豆乳」、飲みやすく調整したものは「調製豆乳」と呼ばれています。豆乳は普通に飲む以外にもコーヒーに入れたり、スープやシチュー、パスタなどさまざまな料理に使われます。豆乳は大豆から作られるため植物性タンパク質が豊富で、その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボン、善玉菌を増やすサポートをするオリゴ糖など体にいい栄養素が豊富に含まれています。料理に取り入れやすいので、豆乳を使った料理を作ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    美容や健康に良いと話題になり、すっかり身近な存在となった豆乳。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た構造で、弱いながらも女性ホルモンの作用を示す為、閉経などにより女性ホルモンが減少した人の骨粗鬆症の予防や、肌にハリを与えたり、さらに乳がんの発症リスクを下げる効果も期待されています。また、大豆タンパクは動物性のタンパクより低カロリーで基礎代謝を上げる機能があるのでダイエットにも効果的。豆乳の効果を得るには、継続して摂取することが大切です。ぜひ、料理の材料に取り入れて、煮る調理法を活用しましょう。料理に使う時は大豆の味と栄養がそのまま摂取できる無調整豆乳がオススメ。豆乳でまろやかになり、素材の旨味を引き出してくれます。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社