キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

大豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

大豆は和食に欠かせない食材で、縄文時代にはすでに存在したと言われ「古事記」にも大豆のことが記載されています。原産地は東アジアでヨーロッパには18世紀、アメリカには19世紀に伝わりました。大豆は味噌、豆腐、納豆などの原料として、和食にはなくてなならない食材です。大豆は良質なたんぱく質を含むため、ベジタリアンのたんぱく源として海外でも注目されています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて大豆のレシピを紹介しています。大豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

大豆の栄養素

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど栄養価の高い豆です。大豆にふくまれるたんぱく質は動物性たんぱく質に近い良質のたんぱく質で、骨や歯の形成に欠かせないカルシウムをはじめ、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類もバランスよく含まれています。その他にもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK、ビタミンEなどのミネラル類や、ごぼうやほうれんそうよりも多くの食物繊維が含まれています。

大豆の栽培方法

大豆は5〜7月上旬頃に種をまき、収穫は10月~12月になります。育苗ポットに赤玉土などの種まき用の土を入れて1ヶ所に2~3粒種をまいて水やりします。発芽したら大きめの植木鉢かプランターに土を入れて、苗を植えます。苗同士の間隔を20〜30cm空けて植えて、水をしっかりと与えます。大豆がなってサヤが乾燥したら収穫します。

大豆の品種

! /image/〇〇
大豆には色々と品種があり、青森県で作られた「あおもり豊丸」、秋田県で作られた「あきた香り五葉」、日東農産種苗株式会社で作られた「あおあじ」、秋田県農業試験場で作られた「あきたみどり」などがあります。大豆の種類では煮物などに利用される大豆の種子が大きい「大粒種」、味噌・醤油・豆腐などに利用される「中粒種」、納豆などに利用される「小粒種」があります。

大豆の下ごしらえ方法

大豆の下ごしらえは大豆に傷や痛んでる粒があったら取り除き、大豆の3倍以上の水に大豆を入れて一晩浸して豆を戻します。鍋に戻した豆と水を一緒に戻し入れ、弱火にかけてアクを取り蓋をして弱火で煮ます。好みのかたさに茹でたらできあがりです。圧力鍋がある場合は、一晩水に浸した大豆を圧力鍋の蒸し器を使って5分蒸すだけでふっくらと仕上がります。

大豆の保存方法

大豆は冷凍保存に向いている食材で、ザルで水気をしっかり切った大豆を小分けして、ジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかりと抜いて冷凍保存します。解凍する際は保存袋のまま冷蔵庫や室温に戻して解凍しするか、電子レンジでも解凍できます。冷凍する際に平らにしておくと、ぱきっと割って使う分だけ使えて便利で1ヶ月を目安に使い切りましょう。冷蔵保存だと3~4日で使い切るようにし、サラダ油やオリーブオイルの漬けすれば1週間保存できます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

大豆の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大豆の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大豆の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大豆の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大豆の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

大豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社