キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

エビをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ぷりっとした食感のエビは、子供に人気の魚介類としてよく食卓に上がります。生のエビは下処理する手間がかかりますが、冷凍のむきエビなど使いやすいものあります。エビはエビフライ・エビチリ・八宝菜・炒め物・麺類やチャーハンの具材など、さまざまな料理に使えます。和食だけでなく中華や洋食にも使える便利な食材で、そのまま一匹使う以外にもカットして餃子や春巻きに入れるなどアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてエビのレシピを紹介しています。エビを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

エビの栄養素

エビは90%以上が水分とたんぱく質からなっていて、約3割がたんぱく質でできており糖質や脂質はほぼゼロのヘルシーな食材です。糖質ダイエットをしたい方にもおすすめのたんぱく源で、たんぱく質は人間の内臓や血液を作る大切な栄養素です。その他にも血圧を下げたり活性酸素を除去したりするビタミンE、心臓や血管の老化を防ぐ働きのあるタウリン、骨粗しょう症を防ぐカルシウムなど、体に必要な栄養素を多く含んでいます。

エビの産地

えびは色々な種類がありますが、クルマエビの産地で有名なのが天然物では愛媛県で、養殖物は沖縄県と鹿児島県が多くなっています。愛知県の浜名湖産で獲れるクルマエビは上質と言われています。ぼたんエビは千葉県の銚子沖と静岡県の駿河湾などで水揚げされます。アマエビは北海道と新潟、桜海老は駿河湾が産地になっています。海外でのエビの産地はメキシコ・インドネシア・オーストラリア・ブラジルなどがあります。

エビの種類

! /image/〇〇
エビはたくさんの種類があります。一般的によく疲れるのがクルマエビで、国内産がほとんどになります。同じクルマエビの仲間でエビフライでよく使われるのがブラックタイガーです。タラバエビの仲間で寿司などでよく使われるのが甘エビ、甘エビよりもサイズが大きいのがボタンエビになります。その他にはサクラエビ、イセエビ、アメリカンロブスターなどがあります。

エビの選び方

エビを選ぶ際に大切なポイントは、一般的に殻が硬く模様が鮮明できれいなものを選ぶことです。頭や殻が黒ずんでいるものは鮮度に欠けるため避けるようにしましょう。サクラエビは鮮度が落ちてくると白っぽく変色します。ボタンエビは殻や頭が黒ずんでいないもので、赤い斑点がきれいではっきりしているものがおすすめです。アマエビは頭つきが新鮮で色が鮮やかなものが鮮度が高いです。

エビの保存方法

エビは冷蔵保存だと2~3日と保存できる日数が短いです。頭付のエビは傷むのが早くなるので、翌日には頭が黒くなって水分が出てくるので頭を取って保存しましょう。エビを長く保存するのは冷凍保存がおすすめです。冷凍保存する場合はエビの皮を剥いてきれいに洗って背ワタを取り、水気を拭いて数尾ずつラップできれいに巻いてジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

エビの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エビの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エビの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エビの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エビの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

エビをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社