キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

エビの記事一覧

キッチンブックの「エビ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    さまざまな料理に使えるエビは便利な食材として人気があります。茹でる・蒸す・炒める・揚げるなどさまざまな調理法に使えて、プリプリの食感が料理にアクセントを加えます。火を通すときれいな赤色に変わり、料理に彩を加えてくれます。和食・洋食・中華とジャンルを問わず使えて、使用する調味料で簡単にアレンジできるのも魅力です。エビは約30%がたんぱく質で、たんぱく質は筋肉・皮膚・爪などを作るのに欠かせない栄養素です。たんぱく質は豊富ですが糖質や脂質はほぼゼロのため、ダイエットにもおすすめの食材です。エビにはうま味成分として知られる、アスパラギン酸やグルタミン酸が含まれているため料理をさらにおいしくしてくれます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    鮮やかな色合いで料理を華やかにしてくれるエビは、ぷりぷりの食感とうまみがたっぷりで人気の食材です。高タンパク低脂質、糖質もほぼゼロでヘルシーな上、疲労回復や免疫力の向上に役立つアミノ酸がたっぷり含まれています。抗酸化作用を持つビタミンEも多く、細胞の老化を予防するアンチエイジング効果も期待できますよ。また、タウリンも豊富で肝機能を高めたり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ちます。エビの殻には整腸作用や肥満防止に効果的なキチンとキトサン、赤い色素成分アスタキサンチンを含み、強力な抗酸化作用で美肌作りや健康維持に効果的です。料理の際にでる新鮮な頭や殻は唐揚げにしたり、ダシをとってスープにするなど捨てずに活用しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ぷりぷりの食感が人気のエビ。エビフライに用いられることの多いブラックタイガーやバナメイエビ、寿司屋などでよく見かける甘エビ、主に乾燥した状態で売られている桜エビ、高級食材として有名な伊勢エビなど、様々な種類があります。エビの身はその9割以上を水分とタンパク質で占めていて、糖質や脂質はほとんど含まれていません。タンパク質を構成しているのは、多種のアミノ酸。旨味の元となるグルタミン酸や、疲労回復や高血圧の抑制に効果を発揮するタウリンなど、身体に嬉しい成分をバランス良く含んでいます。下処理にコツが要るという印象を持っている人もいるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に調理できますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    プリッとした食感と独特のうまみが魅力のエビ。エビにはうまみ成分であるグルタミン酸が豊富で高タンパク低脂質のためダイエットにも最適な食材の一つです。エビに含まれるタウリンは肝臓や心臓の機能の強化、血中のコレステロール値や血糖値を低下させたり血圧を正常に保つなど生活習慣病の予防にも役立ちます。抗酸化作用を持つビタミンEも多く、老化の原因となる活性酸素を除去して血管と細胞の健康を保ち、がんや動脈硬化、シミ・シワを予防するなどアンチエイジング効果も期待できます。同じく抗酸化作用の高いビタミンCやβ-カロテンが豊富な野菜と一緒に摂取すると効果が高まりますよ。蒸すことでエビの栄養もうまみも逃さずにふっくらと仕上がり、素材のおいしさを味わえます。この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    焼く、煮る、揚げる、そのままでも美味しいエビは食卓を華やかに彩ります。日本人に古くから関わるエビは、縁起物として正月やお祝いの席には欠かせませんね。日本は世界でも消費率が上位になり、年中様々な種類が出回ります。疲労回復のタンパク質、抗酸化作用や、肩こり・冷え性に効果が期待されるビタミンE、骨粗鬆症やイライラ解消に効果のあるカルシウムが豊富に含まれ、糖質が少ないことも特徴的です。どんな味付けにも合うエビを積極的に取り入れて家族みんなで健康な体づくりを目指しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    エビは種類が沢山あり日本では700種類あるとされています。スーパーでは甘エビや車エビ、桜エビ、ブラックタイガーなどがよく見かけるのではないでしょうか。エビには良質なたんぱく質が含まれています。疲労回復や滋養強壮に効果があります。ビタミンEも豊富に含まれていて細胞の酸化を抑える働きがあります。外殻にも栄養があり食物繊維のキチン・キトサンには血中悪玉コレステロールを下げてくれる作用や整腸作用があります。またアスタキサンチンも含まれていて眼精疲労の改善にも効果があります。刺身でも焼いてでも食べることができるエビは人気の食材になっています。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビ料理のレシピまとめ:プリプリの食感がたまらない!

    日本は世界の中でもエビの消費量が最も高く、数多くの品種が出回っています。 旬の時期は4月~10月ですが、エビの種類によっても異なり、現在は養殖や輸入等で一年中食べられる食材。 エビは高タンパク低脂肪で、殻にはチキン質が豊富。 疲労回復や免疫力の活性化、肥満防止のなど様々な効果が期待できます。 この記事では、エビの基礎知識に加え、エビのおかずレシピ、サラダレシピ、ごはんレシピ、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社