キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

エビをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ぷりっとした食感のエビは、子供に人気の魚介類としてよく食卓に上がります。生のエビは下処理する手間がかかりますが、冷凍のむきエビなど使いやすいものあります。エビはエビフライ・エビチリ・八宝菜・炒め物・麺類やチャーハンの具材など、さまざまな料理に使えます。和食だけでなく中華や洋食にも使える便利な食材で、そのまま一匹使う以外にもカットして餃子や春巻きに入れるなどアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてエビのレシピを紹介しています。エビを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    プリプリの食感が特徴のエビ。クルマエビ科やサクラエビ科など、世界には3000種類ほどのエビが存在しています。中国、インド、ベトナムなどが主な産地で、特に中国では全体の4割くらいの漁獲量をしめると言われています。国内では北海道、静岡県、愛媛県、愛知県などで漁獲されていて、6月から9月ごろが旬です。クルンと丸まった形から、「腰が曲がるまで長生きできる」とか、エビの目が出ていることから「めでたし」とされ、縁起物として好まれています。エビにはタウリンというアミノ酸が豊富に含まれていて、動脈硬化の予防が期待できます。タンパク質が豊富で脂質が少ないため、ダイエットにもおすすめの食材です。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    ぷりぷりとした食感のエビは様々な料理に使える便利な食材です。魚や貝などの魚介類が苦手な方でもエビは好きという方も多く、エビフライ・エビチリ・春巻き・八宝菜など子供から大人まで喜ぶ献立がたくさんあります。エビを茹でてサラダやサンドイッチに入れたり、パスタやチャーハンの具材としても活躍します。頭・皮・背ワタを取って下処理する必要がありますが、すでに下処理した冷凍エビや缶詰などすぐに使えるものもあるので忙しい日に利用するのもおすすめです。エビは高たんぱくで低脂質なので、低糖質ダイエット中の方にもおすすめの食材です。魚や肉料理に飽きた時にエビを使えば、いつもとは違った雰囲気の料理に仕上がりますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    ぷりっとした歯ざわりや、ほのかに甘みのある味わいで愛されるえび。加熱をすると赤くなるため、料理の彩りとしても重宝していますよね。そんなえびに含まれる栄養素の代表と言えば、アミノ酸の一種である「タウリン」です。タウリンには健康に嬉しい幅広い効能があります。たとえば疲労回復、肝機能の強化、疲れ目の軽減、高血圧の抑制など、タウリンには様々な効果があることで知られています。また、えびにはビタミンEも豊富に含まれます。ビタミンEには抗酸化作用や血行を良くする働きがあり、アンチエイジングに効果的だとも言われています。冷え性の改善、生活習慣病の予防などがあるのはとても嬉しいですよね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    プリッとした食感が人気のエビは、さまざまな料理に使える人気の食材です。茹でてサラダやサンドイッチに使ったり、炒め物・揚げ物・スープなど幅広い料理に使えます。生のエビは頭と背ワタを取るなど下処理が面倒ですが、簡単に使える下処理済みの冷凍エビもあり時短で料理に使うことができます。和洋中とジャンルに問わず使える食材で、エビフライ・エビチリ・チャーハン・パスタ・グラタン・春巻きなどに使って色々とアレンジを楽しめます。魚が嫌いな子供でもエビは好きで食べられるということも多く、ママにとってもうれしい食材ですね。エビは筋肉・毛髪・皮膚などを作るのに欠かせないたんぱく質が豊富で、糖質や脂質が少ないのでダイエット中の食材にもおすすめです。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    ヒゲが長く、腰が曲がった姿が不老長寿の縁起物としてお祝い事やお正月に欠かせないエビ。高タンパク質で低脂肪のエビはヘルシーな食材としても注目され、ダイエット中にもおすすめな食材です。肝機能を高めて中性脂肪を減らす「タウリン」や、強い抗酸化作用のある「アスタキサンチン」と呼ばれる成分によって美と健康を維持するのにぴったりです。さらに、エビの殻や尾には、動物性食物繊維が含まれるため、腸内環境を整えて便秘を解消し、デトックス効果も期待されますよ。エビは鮮度が落ちるのが非常に早い食材のため、頭付きのものの場合はその日のうちに食べることを心がけましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    エビはほんのりと甘みがあり、うまみもたっぷりな海の食材です。エビは殻からも美味しいダシがとれるので、殻ごと調理する料理もあります。真っ赤な見た目で料理も豪華に見えるので、彩りとしてもよく使われています。エビの背わたはエビの背中の真ん中に爪楊枝や竹串を刺してゆっくり引き抜くことで取れます。他にも背中を開いて掻き出す方法などがあるので、自分に合った方法を探してみてくださいね。エビには家庭料理によく使う馴染みの深いブラックタイガーや、レストランや旅館でよく見る伊勢海老、かき揚げなどで親しまれている小エビなどさまざまな種類があります。ぜひいろんなエビを使って料理してみてくださいね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    プリプリの食感が人気のエビは、子供から大人まで喜ぶ食材の1つです。エビフライ、エビチリ、エビの天ぷら、エビの春巻きなどが人気で、和食・中華・洋食とジャンルを問わず使える便利な食材です。火を通すときれいな赤色になって、料理に入れると彩をプラスします。エビはたんぱく質が豊富で、皮膚・爪・髪の毛などを形成するのにかかせない三大栄養素の1つです。糖質や脂質がほぼないため、糖質ダイエット中の方にもおすすめの食材です。アスパラギン酸やグルタミン酸などのうま味成分を含んでいるため、料理をよりおいしく仕上げてくれます。既に下処理したむきエビなどすぐに使えるものもあり、家に常備しておくと便利ですね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    プリプリの食感が楽しめるエビ。和食ではお寿司のネタに、洋食ではエビフライに、中華ではエビチリにとさまざまな食べ方ができるのが特徴です。エビと一口に言ってもさまざまな種類がありますが、代表的な食用例を挙げると、ブラックタイガー、甘エビ、クルマエビ、ボタンエビ、伊勢エビ、桜エビなどがあります。ブラックタイガーはベトナムなど東南アジアからの輸入品が多く、比較的安価なエビです。伊勢エビやクルマエビ、ボタンエビは高級食材として扱われることも多く、老舗料理店では一品料理としたメニューも存在します。エビは脂質が少ない食材なので、糖質オフの食事をしたい人にもぴったりです。種類にもよりますが、エビはたんぱく質が豊富で、カリウムやカルシウムが豊富です。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    桜エビは、体調3〜5センチ程の小さなエビで、体表に多数の赤い色素胞を持ちます。この赤い色素は「アスタキサンチ」と呼ばれるカロテノイドの一種で、抗酸化作用をもち、アンチエイジングや紫外線による肌のダメージの回復に効果的とされています。殻ごと食べられる桜エビにはカルシウムが豊富に含まれ、天日干しして栄養を濃縮した干し桜エビには、10グラムでコップ一杯分のカルシウムが含まれています。他にも、不飽和脂肪酸のDHAや、肝機能を正常に戻そうと働きかけるタウリンなどの栄養も含みます。内臓も食べることから、他のエビに比べてやや脂質も多めですが、その分味わい深い特徴がありますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    料理によく使われ人気の魚介類がエビです。エビフライやエビの天ぷらなど、エビを使った料理は子供にも人気がありちょっとしたおもてなしにも喜ばれる食材です。甘エビやボタンエビば生食でき、寿司や刺身の人気のネタになっています。乾燥して販売される桜えびは風味がよく、お好み焼きやかき揚げなど幅広い料理に使われ保存も効くので家に常備しておきたい食材の1つです。パスタ・チャーハン・エビチリ・八宝菜など、和食・洋食・中華とジャンルを問わず使える便利な魚介類です。エビに含まれるアスパラギン酸やグルタミン酸はうま味成分としれ知られ、料理をおいしく仕上げます。糖質と脂質がほぼゼロのため、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    プリプリとした食感で、甘みがあり、中華、洋食、和食と多彩に使用されるエビ。養殖や輸入で近年、1年中食べられるエビですが、旬は6月から9月です。種類は3000ほどあり、額角の形状などで判別します。このお弁当レシピでは、煮る、焼く、炒めるなど調理方法もさまざまです。エビの栄養価はアミノ酸が豊富に含まれる、良質な高たんぱく質で、善玉コレステロールを増やす効果のあるタウリンを多く含んでいます。また血行を良くする効果のあるビタミンE、動脈硬化を予防するアスタキサンチン、キチンという動物性の食物繊維を含んでいます。低脂質でもあるため、ダイエットにおすすめの食材です。そんなエビは冷凍保存すると日が持ちます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    エビはとろけるような甘みと、ぷりぷりとした身が美味しい魚介類です。臭みも少ないため、寿司ネタやエビフライなど、子供にも大人気な食材です。エビはダシがたっぷりとれることからお菓子などにも利用されています。エビにはさまざまな品種があります。小エビや、桜えびと呼ばれる小さなエビは、かき揚げなどにして利用されます。伊勢海老はオーブン焼きやお造りにして、見た目も豪華に調理される高級食材です。ブラックタイガーはスーパーなどでよく見かけるなじみのある種類です。ブラックタイガーによく似ている車エビは、売られているほとんどが国産で、値段も少し高めです。色んな品種のエビを食べ比べてみてくださいね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    日本人が大好きな海の幸、エビ。車えびや甘えび、芝えびなどの国産に加え、ブラックタイガーなどの輸入物も多く出回っています。エビは高たんぱく、低脂肪なヘルシー食材です。エビには、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果的なビタミンE、骨や歯を丈夫にするカルシウムなどの栄養が含まれています。エビにはコレステロールを低下させる働きがあるタウリン、糖尿病の予防に効果的なベタインなどのうまみ成分も豊富です。煮ても焼いても揚げてもプリプリとした食感が楽しめるエビ。忙しい日には、冷凍エビや刺身用のエビなど下処理がされているものを使えば、手軽に簡単に調理ができます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    日本料理はもちろん、中華やイタリアン、エスニック料理などさまざまな料理で人気のエビ。エビには、疲労回復にも効果があるたんぱく質や、抗酸化作用のあるビタミンE、骨粗しょう症の予防に欠かせないカルシウムなどが豊富です。エビは塩でもむと身が締まり、ぷりぷりとした食感になります。塩はエビ独特の臭みをとるのにも効果的です。エビの背ワタは臭みの原因にもなるので、取り除くのがおすすめです。大きいエビは背の中央に包丁を寝かせて切り目を入れて開き、わたを取ります。小さめのエビは、殻つきのままエビの背を丸めて、殻の間からつまようじを刺し、そっと背わたをとります。火の通りが早くなり、調味料が絡みやすくなります。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    エビの種類は「車エビ」、「ブラックタイガー」、「甘エビ」、「桜エビ」など大変豊富で、世界には約3000種類のエビが確認されています。エビには栄養素が豊富に含まれ、さらに脂質が少ないことからダイエット中でも安心して食べられます。エビにはたんぱく質が多く含まれ、免疫力をアップさせたり、疲労回復の効果があります。他にも、肩こりや冷え性に効果的なビタミンEや骨粗しょう症や高血圧を予防するカルシウムも豊富です。エビはプリプリした食感が人気なうえに、ヘルシーでさまざまな料理に使いやすい便利な食材です。簡単にできる料理も多いので、食生活に上手く取り入れていきましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    世界各国でさまざまな料理に使われており、世界中で愛されている「エビ」。一口にエビと言っても、多様な種類があります。例えば、ブラックタイガーはスーパーでもよく目にしますよね。比較的安価で手に入りやすく、エビフライなどに使われている身近なエビです。他にも、伊勢海老はゆでると真っ赤になる、高級なエビです。豪華な見た目を生かして刺身にしたり、焼いてステーキなどに調理されます。甘エビは小ぶりで甘く、寿司や刺身に使われます。桜えびはピンク色が可愛い小エビです。釜茹でやかき揚げにして食べられています。1つの食材でこんなに種類があるのにも驚きですよね。品種の数だけ料理の幅もぐっと広がります。色んな美味しいエビ料理を見つけて、食べ比べてみてくださいね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    エビは幅広い世代に人気がある食材の一つであり、生と加熱した状態では、食感が違うのも魅力のひとつです。高たんぱく、低脂肪でヘルシーな食材ですが、近年高級化が進んでいます。ですが不老不死を連想させる縁起物として、お祝い事やお正月にもかかせない食材であり、多くの人に親しまれています。エビは他の殻類に比べて、必須アミノ酸が多く含まれており、中でも遊離アミノ酸であるタウリンや、味覚障害の予防にもなる亜鉛や銅なども豊富です。他にも、血中のコレステロールの量を抑制する効果があります。尾まで食べればカルシウムやキチン質が多く含まれているので便秘や冷え性、骨の強化にも効果的です。豊富な栄養素に加え、様々な品種が出回っているのでレシピに合わせて使うことができます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    えびは、そのまま刺身や寿司として食べても人気ですが、他にもグラタン、天ぷら、シュウマイ、パエリア、えびマヨ、エビチリ、エビフライなどたくさんの料理で活躍する食材です。また、料理だけでなくえびせんなどのスナック菓子などにも使われています。ぷりぷりした食感と甘みのある味で大人から子供にまで人気の食材です。難しそうなえびのせわた取りは竹串を使い、殻の2.3節目に刺して上に引くと簡単に取れます。殻はお腹から開くようにむくとつるりとむけます。また、えびは殻のついたまま調理すれと殻が真っ赤になる特徴があり、その見栄えのよさから、おせちや伊勢海老のオーブン焼きなど、豪華にしたい料理で使われています。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    高タンパク質で低脂質、低カロリーのエビ。魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種の「タウリン」を豊富に含み、動脈硬化の予防や、肝機能強化にも効果が期待され生活習慣病予防に効果的です。他にもアミノ酸の一種の「グルコサミン」には関節の動きを滑らかにして痛みを緩和する効果が期待されます。ビタミンEを多く含み、強い抗酸化作用によって老化を防止する効果もあり、美しさを保つ女性には欠かせません。炒め物、サラダ、揚げ物など、様々な料理にアレンジできるエビは私たちの食卓に馴染み深くメイン料理にはもちろん、干しエビなどは出汁としても使われて食材を引き立たせる脇役としても万能ですよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    縁起物として用いられることの多いエビは、大きな伊勢海老から小さな桜海老まで種類は豊富です。一般的に流通しているのは東南アジアで養殖が盛んな「ブラックタイガー」で、国産のものでは「車海老」や「大正海老」などがあります。養殖のものは通年流通していますが、車海老の旬は夏の終わりから秋にかけてです。この時期のエビはより甘みが強いためおすすめですよ。エビは低脂肪・高タンパク質な食材で、ビタミンやカルシウムもバランスよく含みます。旨みや甘みはアミノ酸によるもので、美味しさをプラスするだけではなく生活習慣病の予防にも効果が期待されますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    さまざまな料理に使えるエビは便利な食材として人気があります。茹でる・蒸す・炒める・揚げるなどさまざまな調理法に使えて、プリプリの食感が料理にアクセントを加えます。火を通すときれいな赤色に変わり、料理に彩を加えてくれます。和食・洋食・中華とジャンルを問わず使えて、使用する調味料で簡単にアレンジできるのも魅力です。エビは約30%がたんぱく質で、たんぱく質は筋肉・皮膚・爪などを作るのに欠かせない栄養素です。たんぱく質は豊富ですが糖質や脂質はほぼゼロのため、ダイエットにもおすすめの食材です。エビにはうま味成分として知られる、アスパラギン酸やグルタミン酸が含まれているため料理をさらにおいしくしてくれます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    鮮やかな色合いで料理を華やかにしてくれるエビは、ぷりぷりの食感とうまみがたっぷりで人気の食材です。高タンパク低脂質、糖質もほぼゼロでヘルシーな上、疲労回復や免疫力の向上に役立つアミノ酸がたっぷり含まれています。抗酸化作用を持つビタミンEも多く、細胞の老化を予防するアンチエイジング効果も期待できますよ。また、タウリンも豊富で肝機能を高めたり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ちます。エビの殻には整腸作用や肥満防止に効果的なキチンとキトサン、赤い色素成分アスタキサンチンを含み、強力な抗酸化作用で美肌作りや健康維持に効果的です。料理の際にでる新鮮な頭や殻は唐揚げにしたり、ダシをとってスープにするなど捨てずに活用しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ぷりぷりの食感が人気のエビ。エビフライに用いられることの多いブラックタイガーやバナメイエビ、寿司屋などでよく見かける甘エビ、主に乾燥した状態で売られている桜エビ、高級食材として有名な伊勢エビなど、様々な種類があります。エビの身はその9割以上を水分とタンパク質で占めていて、糖質や脂質はほとんど含まれていません。タンパク質を構成しているのは、多種のアミノ酸。旨味の元となるグルタミン酸や、疲労回復や高血圧の抑制に効果を発揮するタウリンなど、身体に嬉しい成分をバランス良く含んでいます。下処理にコツが要るという印象を持っている人もいるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に調理できますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    プリッとした食感と独特のうまみが魅力のエビ。エビにはうまみ成分であるグルタミン酸が豊富で高タンパク低脂質のためダイエットにも最適な食材の一つです。エビに含まれるタウリンは肝臓や心臓の機能の強化、血中のコレステロール値や血糖値を低下させたり血圧を正常に保つなど生活習慣病の予防にも役立ちます。抗酸化作用を持つビタミンEも多く、老化の原因となる活性酸素を除去して血管と細胞の健康を保ち、がんや動脈硬化、シミ・シワを予防するなどアンチエイジング効果も期待できます。同じく抗酸化作用の高いビタミンCやβ-カロテンが豊富な野菜と一緒に摂取すると効果が高まりますよ。蒸すことでエビの栄養もうまみも逃さずにふっくらと仕上がり、素材のおいしさを味わえます。この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    焼く、煮る、揚げる、そのままでも美味しいエビは食卓を華やかに彩ります。日本人に古くから関わるエビは、縁起物として正月やお祝いの席には欠かせませんね。日本は世界でも消費率が上位になり、年中様々な種類が出回ります。疲労回復のタンパク質、抗酸化作用や、肩こり・冷え性に効果が期待されるビタミンE、骨粗鬆症やイライラ解消に効果のあるカルシウムが豊富に含まれ、糖質が少ないことも特徴的です。どんな味付けにも合うエビを積極的に取り入れて家族みんなで健康な体づくりを目指しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    エビは種類が沢山あり日本では700種類あるとされています。スーパーでは甘エビや車エビ、桜エビ、ブラックタイガーなどがよく見かけるのではないでしょうか。エビには良質なたんぱく質が含まれています。疲労回復や滋養強壮に効果があります。ビタミンEも豊富に含まれていて細胞の酸化を抑える働きがあります。外殻にも栄養があり食物繊維のキチン・キトサンには血中悪玉コレステロールを下げてくれる作用や整腸作用があります。またアスタキサンチンも含まれていて眼精疲労の改善にも効果があります。刺身でも焼いてでも食べることができるエビは人気の食材になっています。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビ料理のレシピまとめ:プリプリの食感がたまらない!

    日本は世界の中でもエビの消費量が最も高く、数多くの品種が出回っています。 旬の時期は4月~10月ですが、エビの種類によっても異なり、現在は養殖や輸入等で一年中食べられる食材。 エビは高タンパク低脂肪で、殻にはチキン質が豊富。 疲労回復や免疫力の活性化、肥満防止のなど様々な効果が期待できます。 この記事では、エビの基礎知識に加え、エビのおかずレシピ、サラダレシピ、ごはんレシピ、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社