キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

しそをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本を代表するハーブとして和食に使われるしそは、中国から日本に伝来しました。ヒマラヤやビルマ、中国中南部などが原産とされています。独特の形と香りが印象的で、爽やかな味わいをプラスします。刺身やお寿司などの生魚の臭みを消すのに用いられ、薬味や飾りなどにも活躍します。料理を引き立てる脇役的な存在ですが、しその天ぷらなどしそ1枚を丸ごと使った料理もあります。和食だけでなく洋食の調味料ともよく合い、アレンジしやすいのが魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてしそのレシピを紹介しています。しそを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • しそを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれをマスターしよう

    爽やかな風味と鮮やかな緑色が特徴のしそ。シソ科シソ属に分類される野菜で、大葉とも呼ばれます。中国が原産地とされていて、国内では愛知県、静岡県、大分県などが主な産地です。5月から8月ごろの夏に旬を迎えます。しそを選ぶポイントは、葉があざやかな緑色で、ピンっと張りがあり、生き生きしたものがおすすめです。収穫してから時間がたつと黄色味がかってくるため、選ぶ際の参考にしてみてください。主な栄養素はβカロテンで、強い抗酸化作用により老化防止の効果が期待できます。βカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高まると言われています。血行促進効果のあるビタミンEも含まれていて、冷え性の女性にぴったりです。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのしそを使った人気レシピ10選

    独特な爽やかな香りがあるしそ。シソ科シソ属に分類される野菜で、大葉とも呼ばれます。中国が原産と言われていて、国内では愛知県、静岡県、大分県などが主な産地です。新鮮なしそは、鮮やかな緑色で葉がピンと張っているのが特徴。長期間の保存はできませんが、茎の部分を水に浸して冷蔵庫に入れれば数日間は日持ちします。しその主な栄養素は、βカロテンやビタミンK、ビタミンEなど。βカロテンは強い抗酸化作用がある栄養成分で、体内の活性酸素を除去し、老化防止に役立ちます。免疫力を高める効果もあるとされるため、体調を崩しやすい人にもおすすめです。ビタミンKやビタミンEは骨粗しょう症を予防したり、血行を良くしたりする効果が期待できます。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのしそを使った人気レシピ10選

    爽やかな香りが特徴のしそは、一年中流通していますが夏に旬を迎える食材です。しそには、夏の暑さによって食品が悪くなるのを防ぐ殺菌・防腐作用が含まれます。これは、しその香り成分である「ペリルアルデヒド」によるもので、殺菌効果の他に消化酵素の分泌を促して食欲増進効果も期待されますよ。暑さで食欲の落ちた時にもぴったりですね。βカロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスで、他にもビタミンCやビタミンB1、B2、鉄、亜鉛、カルシウムなども豊富に含みます。βカロテンは油と合わせることで吸収率がアップするので調理の際に工夫して積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのしそを使った人気レシピ10選

    ふわっと口の中に広がる、独特な味わいのしそ。サラダやお刺身などの生物から、炒め物、揚げ物まで、様々な料理を彩ってくれますよね。色も緑や赤っぽく、鮮やかななので料理の色としても活躍してくれます。また、見た目や味だけでなく、栄養もたっぷりあるのが嬉しいポイント。β-カロテンやカルシウム、ビタミンB1は、数々の野菜と比べても含有量がひけをとりません。しかも、β-カロテンは体内でビタミンAに変換される働きももっていまく。そのほか、ミネラル分も豊富で、代表的なカルシウムに加えて鉄分、カリウム、マグネシウム、亜鉛など、健康を維持するためには無くてはならないものばかりです。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    清涼感あふれる風味が薬味として欠かせないしそは、平安時代にはすでに栽培が始まっていたと言われるほど歴史の古い食材です。しそには大きく分けて「青じそ」と「赤じそ」の二種類があり、青じそは6〜9月の夏に旬を迎えますが、ハウス裁判が盛んなため一年中出回ることに対し、赤じそは6〜7月ごろと短い時期しか出回りません。ビタミンやミネラルを豊富に含むしそは、特にβカロテンを他の野菜よりもより多く含みます。油と一緒に調理することでより吸収率がアップするので、パスタの具にしたり、肉や魚を巻いて揚げるなど工夫して効率よく取り入れてみてくださいね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    しそはさわやかな香りで食欲をそそり、料理の見た目も美しく仕上げてくれる役割があります。しその豊かな香りの成分であるペリルアルデヒドには胃液の分泌を促して食欲を増進させてくれる他にも、食中毒を防いでくれる働きもあります。しそは主に青しそ、赤しそなどの種類に分かれます。青しそは刺身のつま、揚げ物などに利用されています。赤しそは梅干しの風味と色付けや、ジュースなどに利用されています。しその花は「穂しそ」と呼ばれ、刺身のつまに使われています。見たことはあるけど、食べたことはないという方も多いのではないでしょうか?穂しそは食べるとしその香りがふわっと口の中に広がり、プチプチとした食感も楽しめるので、飾りとしてだけでなくぜひ食べてみてくださいね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    さわやかな風味で料理の味わいにアクセントを加えてくれるしそ。しそには赤じそと青じそなどがあり、大葉とも呼ばれる青じそは、通年で手に入れることができます。青じそには、βカロテンが豊富で、アンチエイジングやがん予防に効果があります。美肌効果や血行の改善をサポートするビタミンCやビタミンEも豊富なしそは、積極的に取りたい健康野菜です。しそは、鮮やかな緑色で、葉先までピンとしているものを選ぶのがポイントです。乾燥に弱いので、湿らせたキッチンペーパーなどに包んで野菜室で保存します。みじん切りや千切りにして冷凍庫で保存をすれば長持ちし、そのまま料理にも使えて便利です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    しそは日本食に欠かせないハーブの代表格で、独特の香りと風味が料理を引き立てます。ヒマラヤやビルマ、中国中南部などが原産とされ、中国から日本へと伝わったと言われています。刺身や寿司に使うと魚の生臭さを和らげ、サラダ・ドレッシング・麺類や丼物のトッピング・スープ・炒め物・揚げ物などさまざまな料理に使われます。脇役的な存在ですがしそを使うのと使わないのとでは風味が格段に違って、料理をワンランクアップします。天ぷらではしそを揚げたしその天ぷらも人気で、パリッとした仕上がりながら火を通しても風味を楽しめます。しそはβカロテンが豊富で心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があり、鉄分やカルシウムなどのミネラル類も含み生食できるので栄養素を壊すことなく摂れるのも魅力です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    独特のさわやかな香りを持つしそは、香味野菜の一つ。古くは中国から伝わったとされ、縄文時代には日本ですでに栽培が始まったと言われています。しそには、葉が緑色の「青じそ」と赤紫色の「赤じそ」があり、緑色のものは「大葉」と呼ばれます。赤じそはおもに漬物や梅干しに使われますが、青じそは薬味や、さまざまな料理に利用され重宝されています。油っぽい揚げ物や味の濃い料理も、しそと組み合わせることでさわやかな風味が加わり、さっぱりと食べられますね。また、しそは栄養価の高い緑黄色野菜でもあり、ビタミンやミネラルも豊富です。花粉症などのアレルギー症状を抑えたり、食欲増進・疲労回復など健康効果も高いんですよ。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    独特な香りと味わいのあるしそ。薬味として使用されたり、料理の彩を整えたり使われるなど、味の面でも見た目でも活躍してくれますよね。しそは薬用や食用として利用されており、東洋のハーブとも呼ばれています。種類は大きく分けて2つあり、青じそと赤しそに分類されます。そんなしそですが、家庭でも栽培できます。日本の気候によく合い、作りやすく、雑草のようにたくましく繁殖するため、広い場所で育てるのがおすすめです。また、適度に日当たりの良い場所で栽培するとなお良いです。調理する際には葉の色が鮮やかで、香りの良いものを選ぶようにしてください。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    青じそは大葉とも呼ばれる、料理に欠かせない薬味の一つです。さわやかな香りと、きれいな緑色の葉で、料理に彩りを添えてくれる役割もあります。青じそには防腐作用もあるので、新鮮さが命の刺身のツマとして利用されているのはとても合理的ですね。青じその爽やかな香りには「ペリアルデヒド」という成分が含まれており、食欲を増進させる効果があります。青じそは刻むことで香りもさらに豊かになります。薄い青じそを刻むのは難しいですよね。青じそを簡単に千切りする方法を紹介します。青じそを必要なだけ重ね、くるくると丸めて切るときれいに細切りができますよ。刻んだ後は香りが飛びやすいので、食べる直前に刻むのがオススメです。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    シソは春に芽を出し、夏に葉、秋に花や実が収穫されます。「芽じそ」「葉じそ」「穂じそ」など呼び方があり、季節によって利用される部位が異なることから、それぞれ俳句の季語にもなっています。梅干しの漬け込みなどに使われることの多い「赤じそ」と、一般的に馴染み深い「青じそ」があり、赤じそは初夏から夏に旬を迎えます。青じそはビニールハウスで一年中栽培されるため、通年流通しています。βカロテン、ビタミンCやビタミンEも豊富に含み、抗酸化作用によって老化防止や生活習慣病対策に効果的です。乾燥に弱いので、濡らしたキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してくださいね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    食欲をそそるような香りや独特な味わいが特徴のしそ。大葉と呼ばれることもあり、古くから日本に自生する和風ハーブです。古くから様々な薬効が認められていて、最近では花粉症などのアレルギーにも効果があると言われており、注目を浴びている食材でもあります。種類としては大きく分けて葉が緑色をした青じそと、紫色をした赤字素があります、味や風味も若干変わってはきますが、青じそは赤じその変種になります。そんなしそですが、選ぶ際には色鮮やかで葉がみずみずしく、葉先までピンとしているものをおすすめします。また、香りが良いものが尚良品です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    しそはそうめん、冷奴などの薬味や、刺身の添え物に使われている私たちの身近な存在です。しそのさわやかな香りで食欲がそそられますよね。しそに含まれる「ペリルアルデヒド」という成分には、食欲を増進させ、消化を助ける効果があります。食欲のない時は、料理にしそをプラスしてみてくださいね。しそは刻んで使うとより香りが強くなります。でも薄い青しそは刻むのが難しいですよね。青しそを刻む時は葉を数枚重ねて、くるくると巻いてから切ると簡単に細切りにすることができます。しそは栄養豊富で健康によいので、毎日の食事に積極的に取り入れてくださいね。この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    爽やかな香りと風味が特徴の青じそは、薬味としてはもちろん、様々な料理との相性が抜群です。青じそにはβカロテンやビタミンB2、カルシウムを豊富に含み、含有量は野菜の中でもトップクラスです。青じその香り成分に腐敗防止用が含まれるため刺身など鮮度のある食べ物に添えられることが多く、食材の傷みやすい暑い季節には食中毒予防にもなりますよ。茎がみずみずしく、はっきりと濃い緑色の青じそは新鮮な証拠です。乾燥に弱いので、ラップや湿らせたペーパータオルで包んで野菜室で保存すると長持ちします。調理前に水につけることでパリッとしますよ。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    食用のしそは葉の色によって大きく二つに分けられます。一つは大葉などでなじみのある「青しそ」です。青じそは刻んだり、巻いたりして料理の香りづけや、臭み消しなどに使われます。きれいな緑色の葉は、見た目も美しいので、料理の彩りとしても使われます。青じそは刺身や天ぷらなど、日本料理に欠かせない存在です。もう一つは梅干しに漬け込んだりして使う「赤しそ」です。香りは青じそと似ていますが、えぐみが強いので生で食べるのには不向きな食材です。赤しそを乾燥させたものが食卓でなじみのあるゆかりです。しそには免疫力を高める働きをもつβカロテンが豊富に含まれており、ガン予防に効果があります。香りが良いだけでなく、しそにはビタミンEや鉄分などの栄養もたっぷり含まれているので、ぜひ積極的に食べてくださいね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    シソ科の植物で正式名称「青じそ」と言い、大葉と言う呼び方は商品名です。日本のハーブで代表的なしそは香りが特徴的で、色々な料理に風味を足してくれます。1年中食べられるしその旬は初夏から夏です。しその栄養素は鉄分、カルシウムなどのミネラルをバランスよく豊富に含んでいます。またβカロテンやビタミンB群、ビタミンE、ビタミンKなどの栄養素も他の野菜と比べて、とても豊富に含まれています。そしてしその香りの成分であるペリアルデヒドは、強い殺菌作用があり、食欲増進効果や健胃作用もあるのです。そんなしその選び方は黒い斑点がない物で、しなびていない、緑色のきれいな物がよいのです。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    しそは大葉とも呼ばれていて旬は6月~9月となり、梅干しなどに使われる赤じその旬は初夏です。しそは香りや風味が良く和風ハーブとも言われています。その特徴でもある独特な香りには精神を安定させる効果があり、より細かく刻むことによって薬効が高まるとされています。しそはベータカロテンが豊富に含まれているため活性酸素を抑え生活習慣病予防効果や免疫を高める効果があります。他にカルシウムや鉄分などのミネラル成分が含まれているので積極的に食事に取り入れたい野菜です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    独特な香りで食欲がそそられる、しそ。古くから日本に自生している和風のハーブです。和食に使われることが多く、料理の付け合わせや薬味によく使われていますが、アイディア次第でアレンジの効く優秀な食材のひとつです。古くから薬効が認められていて、最近では花粉症などのアレルギーにも効果があると言われ、研究が進められています。しそと一言でいっても種類は豊富で、爽快な香りと鮮やかな緑色が特徴の青じそ、赤みを帯びた緑色で梅干しや漬物等に利用されることの多い赤じそなどがあります。種類や成長過程によって味わいの異なる利用価値の高い食材です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    しそは和食に欠かせない食材として使われ、日本のハーブの代表格として活躍しています。独特の香りと味わいが料理にアクセントを加えて、刺身や寿司をに使うことで魚の臭みを消してくれる効果もあります。しそは料理の主役というより脇役として料理を引き立てて、しそを加えるだけで味わいに変化をプラスします。しそは中国から日本へと伝来し、元はヒマラヤやビルマ、中国中南部などが原産とされています。生で食べるのはもちろん揚げ物や炒め物にも使われ、うどんや丼物のトッピングにも活躍します。しそには鉄分やカルシウムなどのミネラルを含み、特にβカロテンが豊富で、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ効果があります。様々な料理に活躍するので、ぜひ冷蔵庫に常備しておきたいですね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    しそは6月~9月が旬で、香りや風味に特徴がある食材です。料理の盛り付けとしてそのまま使われることも多いですが、細かく刻むとさらに薬効が高まるとされています。また、しそにはベータカロテンが豊富に含まれているので皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。しその香り成分であるペリアルデヒドには殺菌効果や防腐効果があります。風味もいいので料理のアクセントとして、しそを使ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    爽やかな香りが持ち味のしそは、年間を通して購入できることから刺身の彩りや薬味・てんぷらの具材としても使われます。しそには青じそ(大葉)と赤じそがあり、青じそは緑黄色野菜に分類されβカロテンを多く含んでいます。このβカロテンには、生活習慣病を予防する働きや免疫力を高める効果があると考えられています。一方、紅ショウガや梅干しの色付けに使われる赤じそは、漢方の分野で蘇葉(そよう)と呼ばれており、発汗・鎮静・鎮痛などの効果があるとされています。しそを選ぶときのポイントは、黒い斑点がない物を選んでください。また葉先に張りがある物は新鮮な証拠です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    日本のハーブの代表格の1つ「しそ」。しそはヒマラヤやビルマ、中国中南部などが原産とされ、日本へは中国から伝来しました。種類は青しそ・赤しそ・縮緬しそ・片面しそなどがあります。生で食べられるのはもちろん、炒め物や揚げ物などにも適していて和の食材とよく合います。しそを加えるだけで料理のアクセントになって、がらっと風味が変わるのが特徴です。しそにはβカロテンが豊富に含まれていて、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ効果があります。その他にも鉄分やカルシウムなどのミネラルも含み、赤紫蘇は漢方薬としても使われています。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ7選

    しそは香りが特徴的で薬味として欠かせない食品のひとつです。種類としては青じそ(大葉)と赤じそに別けることが出来ます。しそはβ-カロテンを多く含んでいる緑黄色野菜です。防腐作用の効果もあるしそは、食中毒予防としても活躍します。選び方は、みずみずしく香りが強い物を選んで下さい。保存方法は、湿らせたキッチンペーパーで包むかラップで包み、冷蔵庫内で保存しましょう。使う前に水に浸すと張りが戻ります。冷凍保存する場合は、刻んだ状態で密閉できる冷凍用保存袋などに入れ保存すると、調理する時簡単に使うことができます。しそは年間を通し簡単に手に入り飾りだけでなく、焼く、和える、揚げるなど多種にわたる調理法に使える食材です。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しそを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    しそはシソ科シソ属の植物で、独特の風味があり和風ハーブの代表格として和食によく使われます。刺身や寿司、冷ややっこの薬味など料理のアクセントに使われることが多く、他の食材を引き立てます。主役というより脇役として使われることが多いですが、しその天ぷらといった、しそそのものを味わえる料理もあります。料理以外には、赤しそを使ったしそジュースなどもあります。しそにはあまり栄養素がないように思えますが、実は豊富な栄養素が含まれています。抗酸化作用のあるβ⁻カロテン、ポリフェノールもたくさん含まれており、アレルギーの改善にも効果があると言われています。料理の臭みを消す効果もあり、料理にも体にもいい効果のあるしそはぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「しそ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社