キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ししとうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ししとうはナス科の唐辛子の甘味種で、中南米が原産になっています。正確な名前は獅子唐辛子で、でこぼことした起伏のある形が獅子の頭に似ていることが由来しています。小サイズのピーマンといった感じですが、ほどよい辛みがありながら甘みも感じる独特の味を持っています。一口サイズなのでお弁当のアクセントにもぴったりです。揚げ物・煮物・炒め物・蒸し物など幅広い料理に使えて、独特の形と色合いが料理にアクセントを加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてししとうのレシピを紹介しています。ししとうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのししとうを使った人気レシピ10選

    細長いピーマンのような形をしたししとう。一般的なししとうは緑色ですが、成熟すると赤色に変化します。爽やかな苦味があり、あまり辛くない唐辛子ですが、まれにピリッとするししとうもあります。ナス科トウガラシ属に分類される野菜で、熱帯アメリカが原産地と言われています。国内では高知、千葉、和歌山などで栽培されていて、6月から8月ごろにかけてが旬です。主な栄養素はβカロテンやビタミンB6、ビタミンCなど。強い抗酸化作用のあるβカロテンが豊富に含まれているため、アンチエイジングに効果的です。ビタミンB6は脂質の代謝を促す働きがあるため、ダイエットにもおすすめ。ビタミンCは体内の酵素を除去する働きにより、美肌に効果があるとされています。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから覚えよう!

    ししとうは夏野菜のひとつでハウス栽培がされているので通年中販売されています。新鮮でおいしいししとうは鮮やかな緑色でツヤとハリがあります。固いものは避け適度に弾力があるものを選びましょう。大きすぎるものや黒く変色しているものは避けるのが無難です。栄養面ではビタミンCが豊富に含まれているので女性に嬉しい美肌効果があります。また、ベータカロテンが含まれているので抗発ガン作用や皮膚や粘膜の健康維持効果があります。ししとうは炒め物や揚げ物、煮物などに使われていて定番料理が沢山あります。様々なメニューを楽しむことができる食材なのでレシピを参考にしてください。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのししとうを使った人気レシピ10選

    ししとうは夏が旬の野菜で別名南蛮とも呼ばれています。辛さがない食材ですが、まれに辛いししとうがあります。これは受粉不良によるものとされています。ししとうには沢山のビタミンCが含まれているので美肌効果や風邪を予防する効果があります。また、視力維持や皮膚を健康に保つベータカロテンや抗酸化作用があるビタミンEが豊富に含まれています。ししとうを調理する際は中の空気が膨張して破裂するのを防ぐ為穴をけて料理に使います。朝ごはんにぴったりの炒め物や煮物、焼き物などが多く紹介されているのでぜひレシピを参考にしてください。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのししとうを使った人気レシピ9選

    甘とうがらしの一種であるししとう。炒め物や煮物などに入っていてアクセントにもなる野菜ですよね。普通はあまり辛くない野菜ではありますが、時たま凄く辛く、まさに唐辛子その物と言ったものもまぎれていることもあるそうです。これは育つ環境、乾燥など強いストレスの中で育つと辛くなるようです。また、とても辛い物の多くは小ぶりで中に種が少ない事が多く、これは受粉不良によるもので、こういったものも激辛唐辛子になってしまいます。夏に旬を迎えるししとうですが、鮮やかな緑色をいていてツヤがあり、さわった時に張りがあるもの、柔らかい弾力を感じるものが新鮮でおすすめです。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    6月〜8月の暑い季節に旬を迎えるししとうは、独特の風味と甘味を持ちます。唐辛子の甘味種「甘唐辛子」の一種で、凸凹の形が獅子の顔に似ていることから名付けたれたと言われています。βカロテンが豊富で、抗酸化作用によるアンチエイジングや生活習慣病予防、髪や肌を健康に保つ働きがあります。油とも相性抜群で、βカロテンの吸収率もアップするので、天ぷらや素揚げ、炒め物などに最適ですよ。免疫力をアップさせるビタミンCも豊富なため、夏バテ予防や、しみ・そばかすなどの肌トラブルにも効果的です。短時間で加熱することでビタミンの流出が抑えられるので、加熱調理をする場合は手早く仕上げてくださいね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ししとうの正式名は獅子唐辛子で、起伏のあるユニークな形が獅子の頭に似ていることが由来していると言われています。小さめのピーマンといった見た目で、唐辛子の一種ですが辛みが少なく甘みも感じられる食べやすい野菜です。一口サイズなのでお弁当のおかずにもぴったりで、きれいな緑色がアクセントになります。さっと炒めるだけで火が通り、炒め物・麺類の具材・揚げ物・お浸し・和え物など幅広い料理に活躍します。辛味は少ないですが唐辛子に含まれるカプサイシンを含むため、体内のエネルギー消費を促進させ、新陳代謝を活発にする働きがあります。抗酸化作用のあるβカロテンや、メラニンの生成を抑制ししみやそばかすを予防するビタミンCなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ピーマンの小さいサイズといった見た目のししとうは、唐辛子の一種のためカプサイシンが含まれています。通常の唐辛子よりも辛味が少なくほどよい甘味も感じるため食べやすく、さっと炒めてシンプルな味付けにするとししとう本来のおいしさを味わえます。6月中旬~12月上旬が旬になっており、中南米が原産です。正式名は獅子唐辛子で、形が獅子の頭に似ていることが名前の由来と言われています。ししとうは栄養素が豊富なことで知られ、新陳代謝を活発にするカプサイシン、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、生活習慣病を予防するβカロテン、骨の強化を助けるビタミンKなどが含まれています。一口サイズなのでお弁当のおかずにもぴったりで、きれいな緑色が彩をプラスします。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    緑色が鮮やかなししとう。細長い形が特徴で、ピーマンやパプリカと同じ甘唐辛子の種類に属します。ししとうの主な生産地は高知県、千葉県ですが、高知県が全国の40%ものシェアがあります。ハウス栽培によって一年を通して出回りますが、露地物は6月から9月くらいにかけてが旬です。ししとうには強い抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれていて、生活習慣病の予防のほか、美肌を保つために役立ちます。そのほかにも、風邪予防になるビタミンCや免疫力を向上させるβカロテンも含まれていて、美容や健康に気を遣う人にぴったりの食材と言えます。ししとうの糖質は100gあたり2.1gと、野菜全体の中で見ても、食品全体の中で見ても低い数値です。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ5選

    一口サイズで食べやすいししとうは、お弁当のおかずにぴったりの野菜です。正確な名前は獅子唐辛子で、ナス科の唐辛子の甘味種になります。ほどよい辛みと甘みが特徴で、起伏のある形が獅子の頭に似ていることが名前の由来です。さっと炒めるだけでお酒のおつまみやお弁当のおかずが作れる便利な野菜で、揚げ物や煮物、お浸しなどに使われます。ししとうには唐辛子にも含まれるカプサイシンが含まれ、体内のエネルギー消費を促進させ新陳代謝を活発にします。抗酸化作用のあるβカロテンも豊富で、心筋梗塞や動脈硬化を予防する効果があります。ししとうは鉢植えでも育てやすく、ベランダでも栽培できるので家で育てて採れたてのししとうを料理に使うのもいいですね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ナス科トウガラシ属で甘とうがらしの一種であるししとう。「南蛮辛子」、「南蛮」とも言われています。通常あまり辛くない品種ですが、強いストレスの中で育ったししとうは、すごく辛いものに育ちます。ししとうはハウス栽培されているため、1年中販売されていますが、旬は6月から9月の初夏から夏です。そんなししとうの栄養価には、βカロテン、風邪予防に効果のあるビタミンC、強い抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれています。ししとうは生でも食べられますが、このお弁当レシピでは、炒めたり、焼いたりしています。また加熱する際は、破裂防止のため、穴を空けてから調理してください。そして保存方法は、10度前後で保存します。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ししとうは夏野菜のひとつで旬は6月~8月です。栽培がされている野菜なのでいつでも購入することができます。新鮮なししとうは鮮やかな緑色でツヤとハリがあります。鮮度が落ちているものは固めで、黒っぽいものは辛い可能性があるので避けるのが無難です。ししとうにはビタミンCが豊富に含まれているので疲労回復効果や美肌効果があります。また、ベータカロテンやビタミンEなどの健康的な栄養成分が含まれているのでおすすめです。お肉や魚を使った炒め物はご飯によく合いますし、麺料理にもよく使われている食材なのでレシピを参考にしてください。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    とうがらしの仲間でもあるししとう(獅子唐)は、緑黄色野菜に分類される野菜のひとつです。辛味が少ないため、幅広いレシピに使うことが出来ます。旬は6月から12月で、生産量の上位三位には高知県・千葉県・和歌山県が挙げられます。購入する際のポイントは、ししとうの表面に張りとツヤがあり、ヘタが黒ずんでいない物を選びましょう。保存方法は密閉できる袋に入れ、冷蔵庫へ入れます。長期保存する場合は、ししとうを洗い、水気を切ったら密閉できる袋に入れ冷凍室に入れてください。ししとうを切らずにそのまま加熱調理する場合、破裂することが有りますが、切り込みを入れてから調理すると破裂を防ぐことが出来ます。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    とうがらしの仲間でありながら、辛みが少ないししとう。ピリ辛な味わいが人気です。炒め物や煮物、料理の彩りにも使える万能野菜です。ししとうには抗酸化作用のあるβカロテンや高血圧予防に役立つカリウム、美肌効果のあるビタミン類が多く含まれています。辛み成分であるカプサイシンには、新陳代謝をサポートする働きがあります。ししとうは表面にハリとつやがあるものを選ぶのがおすすめです。保存するときは、キッチンペーパーなどで包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室にいれます。水洗いをして、冷凍庫で保存すれば、そのまま使えて便利です。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ししとうは青唐辛子と似ていますが、ししとうは辛みが少ないのが特徴。ピーマンやパプリカに近い品種のため、辛い食べ物が苦手な人でも食べやすいでしょう。ただし、育つ環境によっては辛くなってしまうこともあるため、味付けや調理方法を工夫してみてくださいね。ししとうを使ったおかずレシピには、炒め物や煮物、天ぷらなど、さまざまなおかずがあります。程よい苦味と辛みがあるため、おつまみにもぴったりのおかずに仕上がるのがポイント。和風はもちろん、中華味にしても食べやすいおかずになります。ししとうには、βカロテンやビタミンEなどが豊富に含まれていて、抗酸化作用や免疫力を向上させる働きが期待できるとされています。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    辛みが少なく、特有の風味が料理にアクセントを加えてくれるししとう。ししとうは、油との相性が良く、炒めたり、揚げたり、焼いたりとさまざまな調理方法で食卓を彩ることができます。天ぷらや揚げ物などにするときは、破裂防止のため、数カ所穴をあけるのポイントです。ししとうは、緑黄色野菜で抗酸化作用のあるβ-カロテン、美肌効果や風邪予防に役立つビタミンCや、血圧を下げる効果があるカリウムが豊富です。辛み成分であるカプサイシンには、脂肪燃焼や血行促進の作用があります。表面にハリとつやがあり鮮やかな緑色のもの、切り口に変色がないものが新鮮です。キッチンペーパーなどで包み、保存袋に入れて野菜室で保存します。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ししとうはナス科の植物で、正式名称「獅子唐辛子」と言います。唐辛子の甘味種で基本的にあまり辛くないのが特徴です。ししとうの旬は初夏から夏です。ししとうの栄養素にはカプサイシン、カリウム、ビタミンB6、ビタミンKが含まれています。特に疲労回復に効果のあるビタミンC、抗発ガン作用のあるβカロテン、そして生活習慣病の予防などによいビタミンEが多く含まれています。そんなししとうの選び方は緑色が鮮やかで、張りがあり、弾力が柔らかい物がいいのです。色にやや黒みが出ている緑色の物は、辛い可能性があるので注意が必要です。レンジなどで加熱して美味しく食べられるししとうですが、破裂防止に穴を開けて調理してください。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ししとうは辛みが少ない甘味種のとうがらしで、ピーマンやパプリカと同じ仲間です。ピーマンとほぼ同じ栄養を持ちビタミンC・Eやβ-カロテンが豊富で、タンパク質と脂質の代謝を促し脂肪肝の予防にも役立つビタミンB6も多く含まれています。ビタミンCは夏の強い紫外線によるシミ・シワの予防や疲労回復、夏バテ解消に役立ちます。抗酸化作用を持つβ-カロテンも多いのでアンチエイジング効果も期待できます。ししとうにも辛味種と同じカプサイシンが含まれ、新陳代謝を活発にして脂肪燃焼をサポートしてくれるのでダイエットにも適していますよ。β-カロテンもカプサイシンも油で調理すると吸収がよくなります。ごま油で炒めたり素揚げにして作る和え物レシピなら効果的に栄養が摂取できます。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    夏に旬を迎えるししとうがらしは、辛みのない甘味種のとうがらしです。「ししとう」は通称で、大きなサイズの「伏見甘とうがらし」や「万能時とうがらし」なども流通しています。時々赤いものがありますが完熟させて赤くしたもので、緑色のししとうと同じものです。ビタミンCやβカロテンが豊富に含まれ、βカロテンは油と一緒に調理することでより吸収率が高まるため、天ぷらやフライ、油炒めなどはおすすめの料理です。揚げる場合は、中の空気ば爆発して火傷の恐れがあるため、竹串で穴をあけるか、包丁で切り込みを入れるなどをしてからあげてくださいね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ししとうは甘唐辛子の一種で、辛味がないのが特徴の食材です。凸凹とした形が獅子の顔と似ていることからその名付けられました。旬は夏で、夏の強い紫外線から肌を守るビタミンCを多く含みます。強い抗酸化作用のβカロテンやビタミンEも豊富に含み、髪や粘膜、皮膚を健康的に保つ効果や、生活習慣病の予防に効果的です。βカロテンは油と一緒に摂ることで吸収率がよりアップしておすすめです。ししとうを揚げる場合は、中の空気が破裂する恐れがあるため、必ず穴を数カ所開けるか、切り込みを入れてから揚げてください。袋にたくさん詰め込まれて販売されているししとうは、傷みにくくするため袋から出して保存してくださいね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ししとうはナス科の唐辛子の甘味種で、中南米が原産です。正確な名前は獅子唐辛子で、ししとうの先端が獅子の頭に似ていることが由来しています。見た目は小さめのピーマンのようで、唐辛子に比べると辛みが強くなく食べやすいほどよい辛さが特徴です。小さめの一口サイズなのでお弁当のおかずにも活躍して、炒める・煮る・揚げる・焼くなどさまざまな調理法に適しています。油と相性がよく、天ぷらや揚げ物、煮びたしなどによく使われます。ししとうには新陳代謝を活発にするカプサイシン、抗酸化作用にのあるβカロテン、たんぱく質の吸収を促すビタミンB6など豊富な栄養素が含まれています。家庭菜園にも向いているので、ぜひ料理に積極的に取り入れましょう。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    食卓に彩りを添えてくれる「ししとう」。ピーマンやパプリカと同じ辛味のないトウガラシの仲間で、軽やかな辛味とほろ苦さが特徴です。ビタミンCや体内でビタミンAとなるβ-カロテン、ビタミンEが豊富で、免疫力を高めて夏かぜを予防したり、強い紫外線によるシミの予防や肌荒れの改善にも役立ちます。ビタミンCには夏の暑さや寝不足によるストレスや疲れを解消する働きもあります。疲労回復をサポートするタンパク質やビタミンB1の多い豚肉や卵などと一緒に食べると夏バテ対策にさらに効果的です。β-カロテンは油と一緒にとることで吸収率がアップするため油炒めや揚げ物にしたり、肉料理と一緒に食べるのもおすすめ。ししとうの炒めるレシピを活用して元気に夏を乗り切りましょう。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    とうがらしは世界で500以上も品種があり、そのなかでも甘味種(かんみしゅ)と辛味種(からみしゅ)の2つのタイプがありますが、ししとうはその中でも甘味種に属します。他の野菜ですとパプリカやピーマンも甘味種です。原産は南米で、先端が獅子の形に似ていることから名前がついたと言われています。ししとうの旬は6月~9月ですが、温室で栽培ができるため、1年中流通しているのが嬉しいですよね。美味しいししとうポイントはヘタがしっかりしており、鮮やかな緑色でつやとハリがあるものです。しわがあったり果肉が固いものは避けたほうが良いです。ししとうを選ぶ際に注意してみてくださいね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    緑が目を引く色鮮やかなししとう(獅子唐)は、とうがらしの一種で南蛮がらしとも呼ばれています。辛味が少ないのが特徴で、煮物、揚げ物、炒め物などの彩りに使われるほか、主材料としても使えます。旬は夏ですが一年を通し出回わる食品です。選び方のポイントは、表面に張りがあり色鮮やかなものを選んで下さい。またヘタを見て干からびているものは避けましょう。栄養素は、βカロテンやビタミンCなどのビタミンが多く含まれています。βカロテンは、油と一緒に取ることで吸収が上がることから、炒めものやドレッシングをかけた料理に使うのがおすすめですよ。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ピーマンと見た目がよく似たシシトウ。一般的にシシトウと呼ばれますが、漢字では「獅子唐辛子」と書き、「獅子」とは、先端部分が獅子の口に似ていることから名付けられた由来があります。夏バテ効果があるシシトウは、新陳代謝を活発にするカプサイシン、抗酸化作用のβ-カロテン、血液や骨には欠かせないビタミンK、むくみ対策のカリウムが多く含まれます。近年では品種改良が進み、辛みのないシシトウが多く出回っていて、料理に加えやすくなっています。ピーマンのような苦味も少ないため、子供でも食べやすいですよ。色鮮やかな緑色が食卓を華やかにしています。様々な料理にアレンジして積極的に食べて元気に夏を乗り越えましょう。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ししとうは夏野菜の一つです。最もおいしい時期は太陽を沢山浴びた夏です。食用のししとうは熟す前に収穫されたものです。成熟すると赤くなるのが特徴です。ししとうは基本的には辛くない野菜ですが栽培時にストレスが原因でまれに辛くなってしまうことがあります。ビタミンCが豊富に含まれていて、風邪予防や肌荒れ、疲労回復に効果があります。またカロテンが豊富です。強い抗酸化作用があるビタミンEも含まれていて、動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病予防にも効果があります。ししとうは炒め物、揚げ物、焼きもの、煮物によく使われています。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社