キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

しいたけの記事一覧

キッチンブックの「しいたけ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    焼いても、煮ても、炒めても、揚げてもおいしく食べられるしいたけは、きのこの中でも日本人にとってはとても身近な食材です。栄養成分がたっぷり含まれているので、積極的に食事に取り入れたいですね。まず、しいたけには食物繊維が多く含まれており、低カロリーであることから、ダイエットや美容の気になる人におすすめです。また、カルシウムの吸収を助けるはたらきもあるため、牛乳やチーズといった乳製品と合わせれば、成長期の子どもの健康に強い味方となります。調理しやすい食材なので、毎日のおかずにも重宝します。和風、中華、洋風といろいろなテイストのおかずにマッチして、食卓を飾ってくれますよ。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

    きのこの代表格でもあるしいたけは、煮物・炒め物・揚げ物などの具材としてはもちろん、鍋物には欠かせない食品のひとつです。しいたけに含まれる栄養素には、食物繊維・ビタミン・ミネラルなどがあります。また、エルゴステリンは、日光に当てるとビタミンDに変換されます。このビタミンDはミネラルのひとつであるカルシウムの吸収に役立つので、しいたけを多めに買ったら干しておくと無駄にせずに経済的です。選び方のポイントは、肉厚でかさが開いていないものを選んでください。またかさの内側を見て、白くきれいなものがおすすめです。低カロリーでヘルシーなしいたけを使い、おいしい料理を作ってください。この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    ダシ取りなどにも使われるしいたけ。旬は春の3月から5月、秋の9月から11月の2回あります。春に収穫されるしいたけは「春子」と言われ、香りが高く、張りのあるのが特徴。また秋に収穫されるしいたけは「秋子」と言われ、肉厚で、うまみを多く含んでいるのが特徴です。そんなしいたけには、エリタデニン、レンチナン、ビタミンB類、ビタミンDなどが豊富に含まれています。またエルゴステロールという栄養も多く含んでいて、日光に当てることで、ビタミンDに変換される作用を持っています。しいたけは低カロリーでもあるため、ダイエットにもおすすめでヘルシーな食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    食物繊維やミネラル類が多く含まれているしいたけは、胃腸の動きを活発にして調子を整えてくれる、体にうれしい食材です。イノシン酸やグルタミン酸、グアニル酸といううま味成分が豊富に含まれており、干ししいたけの戻し汁は風味が豊かで料理に深みを与えてくれるのでダシとして利用されます。栽培技術が発達し、日本国内では全国各地で生産されていますが、徳島県や北海道、岩手県で多く作られています。そんなしいたけの歴史は、古事記に登場するほど長く、私たちの食卓になじみの深い食材ですね。しいたけを毎日の食卓に取り入れて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

    日本で一番身近なきのこと言えばしいたけで、和食に欠かせない食材としてよく使われます。生のしいたけは肉厚で食べ応えがあり、そのまま天ぷらや揚げ物にしたり肉詰めにするなどそのままの形を楽しむ料理にも使えます。風味がよいため炊き込みごはにゃお吸い物にも人気があり、パスタや麺類の具材としても活躍します。干し椎茸はすでにカットされているものもあるので気軽に使えて、常に家に常備しておくと役に立つ食材です。椎茸に含まれるエリタデニンは血中のコレステロール量を低下させる働きがあり、動脈硬化の予防に効果があるとされています。腸内環境を整えて便秘を解消する食物繊維も豊富で、低カロリーなのでダイエット中にもおすすめで女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    しいたけは和食に頻繁に用いれられ、うま味と風味が強く料理を引き立てます。主に日本や中国のアジアで食用に栽培されますが、欧米でもその風味の良さから人気が出ています。しいたけに詰め物をするなどそのままの形を活かした料理にも使うことができ、肉厚なのでスライスしても存在感を発揮します。煮物・炒め物・鍋物・揚げ物・スープなど幅広い料理に使われます。醤油やみりんなどの和食の調味料と相性がいいですが、オリーブオイルやバターなどの西洋の食材とも相性がよく、色々とアレンジが効く食材です。椎茸は食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエット中の食材としても人気があります。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

    肉厚で噛むとじゅわっとうま味があふれるしいたけ。料理の主役にも、引き立て役にもなってくれる万能食材です。生のしいたけは食感や風味を味わうのに適していて、干して乾燥させたしいたけは、香りやうま味成分を活かす料理に、向いています。特に干ししいたけは味が凝縮されていう上に、水に戻すだけで調理できるところが魅力的ですよね。そんなしいたけですが、エルゴステロールという成分が豊富に含まれています。これは光に当たるとビタミンDに変わり、カルシウムの吸収を高める作用があります。そのため、骨や歯の形成、骨粗しょう症の予防に効果が期待できます。大人はもちろん、成長期の子供に食べさせたい食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    しいたけは春と秋が旬のきのこで低カロリーな食材なのでダイエットにもおすすめです。ビタミンDが豊富に含まれていてカルシウムの吸収を助ける働きがあります。元々風味が良いきのこですが天日干しをすることによってビタミンDが10倍になりさらにうま味と風味がアップします。レンチナンという栄養成分が含まれているので抗ガン作用や生活習慣病予防の効果があります。スーパーでは通年中売られている食材で軸が太く肉厚なものを選びます。炒め物、和え物、焼き物、揚げ物など幅広い料理に活用することができ、おつまみにも最適な食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    昔から精進料理の食材としても使われているしいたけ。1年中出回っていますが、旬は2回あり3月から5月と9月から11月です。しいたけには食物繊維、ミネラルなど多く含まれています。また、しいたけの特有の香り成分でもあり、免疫力を高めるレンチナン。マッシュルームとしいたけにしか、含まれていない動脈硬化の予防をするエリタデニン。そして日光に当たることで、ビタミンDに変換されるエルゴステロールと言う成分が豊富に含まれています。そんなしいたけは、生しいたけと乾燥しいたけとあり、生しいたけは揚げる、焼くなど食感を楽しみ、乾燥しいたけは茹でる、煮るなどの料理に向いています。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    しいたけは、煮ても、焼いても、炒めても、揚げてもおいしいきのこです。みそ汁やスープの具にもできますし、干ししいたけは、おいしいだしも取れるなど使い勝手がいいので、私たちの食生活になじんだ身近な食材といえますね。しいたけには、すぐれた栄養分も多く含まれています。高血圧や動脈硬化を予防するはたらきのあるエリタデニンや便秘に効く食物繊維、免疫力を高めるβ‐Dグルカンなど体に良い成分がたっぷりです。低カロリーでダイエットに効果的なのもうれしいですね。栄養満点のしいたけを日ごろから積極的に食生活に取り入れたいものです。苦手な子どもには、細かく切ったり、隠したりする工夫を楽しみましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    しいたけの旬は春と秋、低カロリーなのでダイエットにおすすめの食材です。しいたけにはビタミンDが豊富に含まれているので、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。またレンチナンという成分が含まれていて抗ガン作用や生活習慣病の予防効果があるとされています。しいたけは干すと風味とうま味がアップし、天日干しをするとビタミンDが10倍にもなります。調理をする際は基本的には水洗いは不要で、水っぽくなりやすいので強火で加熱をします。しいたけは炒め物や鍋料理、揚げ物、あえ物など幅広く使うことができる食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    様々な料理との相性が良く、低カロリーで栄養満点のきのこは、ビタミンDと食物繊維を非常に多く含みます。ビタミンDには、筋肉を増強し、カルシウムの吸収率を高めてくれるため、育ち盛りの子供をはじめとする全年齢の方に積極的に取り入れていただきたい栄養素です。さらに、肥満や骨粗しょう症の予防にも効果的です。食物繊維は、コレステロールを下げて、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。便秘対策にも欠かせない食物繊維は、大腸ガンの予防にも繋がりますよ。生の状態のきのこは鮮度が落ちる速度が速いため食べきれない場合は冷凍保存してくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    その食感と旨味が特徴のしいたけ。そのまま焼いて食べたり、出汁に使ったりと、様々な料理の種類ができ便利な食材です。深い味わいも特徴のひとつですが、食物繊維も豊富に含まれています。しいたけには不溶性食物繊維が多く含まれており、これには胃や腸の中で水分を吸収して大きく膨らむことで、腸の動きを活発にさせる働きがあります。そして食物繊維自体にはダイオキシンや水銀などの有害な物質を吸収するとも言われているため、ぜひ積極的に摂りたい食材ですよね。美味しいしいたけを選ぶコツは、傘が開ききってないこと、厚みがあって丸っこいものとなりますので是非このポイントに注目してみてください。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    肉厚でジューシーな味わいが特徴のしいたけ。うま味成分が煮物や鍋物などの様々な料理よく合い、他の食材の美味しさを引き出してくれるので、欠かすことのできない食材です。生しいたけは食感や香りを味わうのに適しており、肉感を活かすレシピがおすすめです。乾燥している干ししいたけは長期保存に最適で、香りやうまみも凝縮されているため、使用前に水に戻すだけで調理できるのでとても便利ですよね。良品の見分け方は、生のしいたけはカサの開き方が6割~8割で、肉厚なもの。軸は短めのほうが良いとされています。干ししいたけはしっかり乾燥しているものを選ぶようにしましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    煮物や鍋などによく使われるしいたけは、身近なきのこの一つです。食物繊維が豊富に含まれていて、低カロリーなので、ダイエットの強い味方として注目を集めています。しいたけは、グルタミン酸やグアニル酸、イノシン酸といったうま味成分を豊富に含み、料理に使うと奥深い味わいを醸し出します。そんなしいたけは、日本の国内各地で生産されており、徳島県や北海道、岩手県の生産量が多く、1年を通して店頭に並んでいますね。価格が比較的安定しているので、料理にうま味を加えるだけではなく、かさ増しに便利な食材として人気を集めています。ヘルシーで家計に優しいしいたけを、毎日の食卓に取り入れて、健康的な暮らしを目指しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    食物繊維が豊富に含まれ、低カロリーなしいたけ。ヘルシーなだけではなく、おなかの調子を整えてくれる働きを持っているので、ダイエット中の献立作りの強い味方です。しいたけは、シイやクヌギ、ナラなどの枯れ木に生えるキノコです。最近では栽培技術が向上し、1年を通してスーパーに並んでいます。露地栽培や天然のしいたけは、春と秋の2回収穫されます。日本では、全国各地で栽培されており、家庭でも栽培が可能です。グルタミン酸といううま味成分を含み、料理に加えると奥深い味わいが生まれるしいたけは、日々の食事に積極的に取り入れたい食材ですね。しいたけを使って、健康的で美しい体を目指しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本料理に欠かせないきのこと言えば椎茸です。こげ茶色の傘が料理のアクセントになり、カットして使うのはもちろん丸ごと一個を使った料理などアレンジが効きやすい食材です。椎茸はおいしい出汁がとれるためスープにもよく使われます。和風から洋風までさまざまな料理と相性がよく、風味と歯ごたえを楽しむことができます。あまり栄養のなさそうな椎茸ですが、実は豊富な栄養素が含まれています。椎茸に含まれるエリタデニンは、血中のコレステロール量を低下させ動脈硬化を予防する働きがあります。食物繊維も豊富で便秘の解消に役立ち、低カロリーなのでダイエット中にぜひ摂りたい食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。食物繊維のβ-グルカンにはアレルギー予防や免疫力アップの効果も。ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    香りも風味も良く、煮たり、焼いたりと大活躍のしいたけ。食物繊維が豊富で、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミン類まで幅広く含み、健康維持に適した食材です。椎茸に含まれるエリタデニンは、コレステロール低下作用、血圧低下作用を持ち、カリウムの効果と合わせて、生活習慣病の予防に役立ちます。旨味の凝縮した干し椎茸は、料理のダシとして使われますが、旨味成分のグアニル酸は水温5度(冷蔵庫)で5時間以上戻し、加熱すると、グアニル酸が4倍以上に増え、重量は6倍以上にふっくら戻ります。戻し汁にもグアニル酸の元となる成分が含まれるので、一緒に煮物の煮汁として活用しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    煮てよし、焼いてよしと様々な料理に使える椎茸は、一年中スーパーなどで見かけ、私たちに身近なきのこです。椎茸にはカルシウムの吸収を高めるビタミンDが豊富に含まれ、骨や歯を丈夫にし、育ち盛りの子供の成長にも欠かせませんね。独特の食感や風味が苦手な子供も多いですが、乳製品と合わせることでより栄養素が高まりますので、チーズで焼くなどして上手く取り入れましょう。食物繊維も豊富に含まれるため、便秘対策も期待できます。椎茸は天日干しすることで栄養素はグッと上がり、調理前に30分〜1時間程干すだけでもビタミンDは約10倍アップすると言われています。人間の体内のビタミンDも日光浴することで増えますので、ほんの少し椎茸と日光浴して栄養を無駄なく取り入れたいですね。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キノコキトサンが脂肪を燃焼!きのこダイエットのおすすめレシピ20選

    きのこと言えば、低カロリーで食物繊維が豊富なためダイエットには欠かせない食材ですね。それ以外にも、きのこにはキノコキトサンという成分があります。それはコレステロールや中性脂肪を減らし、脂肪燃焼効果があるという優れもので、それだけでサプリメントになるほど。そのため、最近きのこダイエットというのが人気です。 この記事では、<きのこ ダイエット>の基礎知識に加え、エリンギ、えのき、しめじ、しいたけ、きくらげ、マッシュルーム、色んなきのこにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • 【しいたけ】おすすめで人気のレシピ厳選20:肉詰めや煮物などのしいたけレシピオールガイド

    私たち日本人に最もなじみの深いきのこのひとつであるしいたけ。 生のしいたけはもちろん、乾燥した干ししいたけなども大変身近で、一年を通して口にすることが多い食材です。 しいたけの旬は、春と秋と年に2回あり、春は3~5月、秋は9~11月。 主要産地は群馬県、北海道、岩手県などが有名です。 しいたけには原木栽培と菌床栽培があり、くぬぎやしいの木にしいたけ菌を植え込んで作る原木栽培は、おがくずに米ぬかを混ぜて固めた培地に植える菌床栽培に比べ、肉厚で濃厚な味が楽しめます。 手軽に手に入るうえ、肉詰めや煮物などレシピも無限大なので、いろいろと調理して美味しく食べたいですね。 今回はそんなしいたけを使って簡単に作ることのできるおすすめレシピを、5つのカテゴリーに分けて紹介します。

広告

運営会社