キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

らっきょうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

福伸漬けと並んで、カレーの付け合わせとしてよく食べられるのがらっきょうです。一般的によく食べられるのが甘酢漬けにされたものですが、沖縄の島らっきょうは天ぷらや肉巻きにして食べるのが人気です。甘酢漬けのらっきょうは、カレーと一緒に食べる以外にゆで卵と合わせてタルタルソースにしたり、ツナサンドに入れたり、和え物などに使われます。ピクルスの代わりにも使えて、独特の食感と味わいが料理にアクセントを加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてらっきょうのレシピを紹介しています。らっきょうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

らっきょうの栄養素

らっきょうの独特の香りは硫化アリルの一種アリシンという成分で、免疫力を高めて血行を促進したり食欲を増進させる効果があります。らっきょうは水溶性食物繊維が豊富で、ごぼうよりも多く含まれており腸内環境を整えて便秘の解消に役立ちます。体内の余計な水分やナトリウムの排出を助ける役割があるカリウムも多く含まれ、便秘の解消やむくみを防止してくれるらっきょうは女性にとってうれしい野菜です。

らっきょうの旬

らっきょうの旬は5月~7月頃で、前年の8~9月頃に鱗茎を植え付け花を咲かせた後に冬を越して、鱗茎に栄養を蓄え初夏に収穫されます。地域によって収穫時期が多少異なり、九州などの南の地域では5月頃が旬になっており、関西や中国地方では6月、関東地方は7月といった具合に、南の方が旬の時期が早くなります。

らっきょうの産地

! /image/〇〇
らっきょうの産地で有名なのが鹿児島県と鳥取県で、この二県で全体の生産量の半数以上を占めています。次いで宮崎県、沖縄県と続いています。鳥取県の「砂丘らっきょう」は日本一有名ならっきょうと言われ、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。鹿児島では吹上砂丘を産地とする砂丘らっきょうが知られ、鳥取の砂丘らっきょうよりも大粒になっています。その他にも福井県産の「花らっきょう」、徳島県の「鳴門らっきょう」も有名なブランドとして知られています。

らっきょうの選び方

らっきょうはすぐに芽が出てくるので、切り口をまずチェックします。切り口から青い芽が出ていないもので芽が長いものは避けましょう。芽が長すぎると鮮度に欠けて、表面が乾燥して身がやせてしまいます。鱗茎がふっくらとして粒がそろっているものがよく、固さがありハリとツヤがあってみずみずしいものがおすすめです。らっきょうは芽が出やすいので、買ってきたらすぐに酢漬けや醤油漬けなどにしましょう。

らっきょうの保存方法

生のらっきょうは乾燥をさけるためにビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存します。すぐに芽が出てきてしまうので、生のまま保存するより買ってきたその日に甘酢漬けや醤油漬けなどすることをおすすめします。市販の甘酢漬けのらっきょうは、未開封だと4~5年保存できるようです。開封後は冷蔵保存し、半年以内には使い切るようにしましょう。らっきょうは冷凍保存も可能で、フリーザーバッグに漬け汁ごと入れて冷凍すると解凍後もおいしく食べられます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

らっきょうの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

らっきょうの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

らっきょうの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

らっきょうの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

らっきょうの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

らっきょうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社