キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

らっきょうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

福伸漬けと並んで、カレーの付け合わせとしてよく食べられるのがらっきょうです。一般的によく食べられるのが甘酢漬けにされたものですが、沖縄の島らっきょうは天ぷらや肉巻きにして食べるのが人気です。甘酢漬けのらっきょうは、カレーと一緒に食べる以外にゆで卵と合わせてタルタルソースにしたり、ツナサンドに入れたり、和え物などに使われます。ピクルスの代わりにも使えて、独特の食感と味わいが料理にアクセントを加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてらっきょうのレシピを紹介しています。らっきょうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのらっきょうを使った人気レシピ10選!

    カレーなどの付け合わせに使われることの多い、らっきょう。そのまま食べることもできますし、酢漬けにしてあることもありますよね。そして、辛味があるところが特徴的な野菜です。そんならっきょうですが、食物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラスです。意外にもごぼうの約4倍、キャベツの約11倍以上もの食物繊維がらっきょうに含まれています。成人の1日の摂取基準量が約20gですので、らっきょう1個で必要分を摂取できるのは嬉しいですよね。また、ガンの発症を予防する酵素の働きを助ける作用があります。さらに胃ガン発生のリスクを高めるヘリコバクターピロリ菌を消滅させる効果もあるので、ぜひ日常的に摂りましょう。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使ったおすすめ定番料理10選

    福神漬けと並んでカレーのお供によく使われるのがらっきょう。らっきょうと言えば甘酢漬けで甘酸っぱい味わいが食欲をそそりますが、他にも塩漬けや醤油漬けなどがありお酒のおつまみのもおすすめです。そのまま食べるのはもちろん、刻んでサラダ・ドレッシング・トッピングなどに活躍します。中国とヒマラヤ地方が原産とされ、日本では鳥取県と福井県が生産地として有名です。らっきょうの匂いと辛味はアリル硫化物で、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。その他にもカリウムを含み、体内の余分なナトリウムを排出してむくみを防止する働きがあります。甘酢漬けや醤油漬けにしたものはすぐに食べられるので、おやつ代わりにつまむのもいいですね。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ9選

    福神漬けと並んで、カレーのお供として重宝されるのがらっきょうです。甘酸っぱい味わいがカレーとよく合い、その他にも刻んでタルタルソースやドレッシングに入れるなど色々とアレンジが効く食材です。中国とヒマラヤ地方が原産とされ、日本には平安時代に伝わったと言われています。日本では鳥取県の砂丘らっきょうと福井県の花らっきょうが有名で、沖縄の島らっきょうも知られています。らっきょうの臭いは硫化アリルという成分で、疲労回復や滋養強壮に効果があるとされています。カリウムも豊富で体内の余分なナトリウムを排出するため、むくみ防止や高血圧の防止に効果があります。食物繊維も豊富で腸内環境を整え便秘を解消してくれる効果があり、便秘気味の方にもおすすめの野菜です。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのらっきょうを使った人気レシピ10選

    らっきょうは独特な香りがあり辛味が特徴的な食材です。この香り成分はアリシンという成分によるもので滋養強壮効果や疲労回復効果があります。それだけでなく女性に多い冷え性にも効果があり血行を促進させる働きや血栓の予防効果があります。また、食物繊維が豊富含まれているので便秘を解消する働きがあります。甘酢漬けはらっきょうを代表する料理で人気があります。この甘酢漬けを利用したレシピがありバリエーションが豊富です。昼ごはんにおすすめのらっきょうを使った炒め物や天ぷらも人気があり、簡単に作ることができるのでおすすめです。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのらっきょうを使った人気レシピ10選

    甘酢漬けでおなじみのらっきょうは、シャキシャキとした食感と爽やかな風味が特徴の食材です。この辛みは、タマネギやニンニクんと同じ「硫化アリル」の一種「アリシン」によるものです。アリシンは、疲労回復や夏バテに効果があるビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。ビタミンB1は主に豚肉や大豆に多く含まれるため、カレーの付け合わせにぴったりならっきょうは理にかなった食べ型です。さらに、アリシンは血行を促進して、血液をサラサラにしたり、免疫力アップにも効果的ですよ。硫化アリルは強い殺菌作用があるため、胃の弱い人は胃が荒れてしまうことがあるため食べ過ぎに注意しましょう。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ9選

    カレーのお供として定番のらっきょうは、主に甘酢漬けされたものを料理に使います。生の物では沖縄の島らっきょうが有名で、天ぷらなどに使われます。一般的ならっきょうは鳥取県と福井県が特産地として知られ、特に鳥取県の砂丘らっきょうは有名になっています。収穫の最盛期は地域によって異なりますが、一般的には5月~7月頃が最盛期になっています。カレーと一緒に食べる以外では、刻んでタルタルソースやドレッシングに使うのが人気があります。シャキッとした歯ごたえと爽やかな味わいが料理にアクセントを加えて存在感を発揮します。らっきょうは水溶性食物繊維が豊富で便秘の解消に効果があり、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを含みむくみを防止する効果があります。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    甘酢漬けが有名ならっきょう。中国が原産とされる植物で、鱗茎(りんけい)と呼ばれる丸い部分を食べるのが一般的です。ニラのような強い香りがあり、カリカリとした食感があるのが特徴。国内の主な産地は鹿児島県や鳥取県、宮崎県で、三県の生産量を合わせると全国の約75%くらいを占めています。5月〜6月ごろが旬ですが、島らっきょうは2月〜4月ごろに収穫されます。らっきょうは、香りのもとであるアリシンという成分が含まれていて、ビタミンB1の吸収を助けます。疲労回復効果や血行促進効果が期待できるため、冷え性の改善にも役立つ成分です。らっきょうは成長が早いため、購入したらすぐに加工するのがおすすめ。ヘルシーならっきょうを新鮮なうちに食べましょう。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキッとした食感と独特な味わいのあるらっきょう、香りが強く、ニンニクやニラと似ていますが、様々な薬効を持っていると言われています。まず、らっきょう特有の匂いの元は、硫化アリルの一種である、アリシンという物質で、これは疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。また、免疫力を高めてくれるので、がん予防にも期待ができます。日常のストレスや疲れを吹き飛ばしたいときにはぜひとも摂りたい食材です。また、食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境を整えるためにもおすすめの食材です。そんならっきょうですが、生は辛味が強いため、気になる場合は甘酢漬けにすると食べやくなりますよ。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    らっきょうは中国が原産とされるネギ科の植物で、膨らんだ部分を食用とします。らっきょうは甘酢漬けがお馴染みですが、カレーライスの付け合せとして用いられることが多いですね。らっきょうの独特の強い香りは消化を助ける働きがあり、豚肉と一緒に摂取することでビタミンB1の吸収率がアップするので、特にポークカレーには相性抜群ですよ。他にも香りには食欲を増進させる効果があるため、暑さなどによって食欲が低下した時にもおすすめです。生のらっきょうを買ってきた場合はすぐに加工するようにしましょう。成長が早くすぐに芽が伸びてしまうため、甘酢漬けや醤油漬けにしてくださいね。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    一般的に甘酢漬けや塩漬け、醤油漬けなどに加工して食べられるらっきょうは、ネギ科の野菜で、カリッとした歯ごたえが特徴です。らっきょうの香りは、ネギやニンニクにも含まれる「硫化アリル」と呼ばれる成分により、殺菌作用や抗酸化作用によってがん抑制効果や、体内の疲労物質を分解する役割に期待できます。また、ビタミンB1を含むため、体内の新陳代謝を活発にする他に、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、食物繊維など、様々な栄養を含みます。生のらっきょうを手に入れた場合は、そのまま置いておくとすぐに芽が伸びてしまうため、購入当日か、遅くとも翌日までに加工することをおすすめします。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    らっきょうはカレーの付け合わせとして食べられる、甘酢漬けにされたものが一般的です。シャキシャキとした歯ごたえと甘酢っぱい味わいがカレーによく合い、刻んでタルタルソースに入れるなどピクルスの代わりとしても使われます。らっきょうはネギ科の植物で、中国とヒマラヤ地方が原産とされています。沖縄県の品種として知られる島らっきょうは、強い辛みが特徴で天ぷらや卵料理の材料として使われます。らっきょうは水溶性食物繊維が豊富で便秘解消に効果があり、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを豊富に含まれています。その他にもらっきょう特有の匂いと辛味には硫化アリルという成分が含まれ、疲労回復や滋養強壮に効果があるとされています。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    独特の香りと辛味をもち、カリッとした歯ごたえが特徴のらっきょうは、ネギ科の多年草で、葉はニラや小ねぎのように細長く、葉の基部にある白い鱗茎(鱗茎)を食します。別名で「オオニラ」や「サトニラ」とも呼ばれます。甘酢漬けに加工されているものは通年流通して手軽に食べることができますが、5月から6月頃の旬の時期は生のものを調理するのもおすすめです。らっきょうはなるべく泥付きの状態で、ふっくらとして粒が揃ったものを選びましょう。先端から芽が出ているものは収穫から日が経っているので、芽が出ていないものを確認してくださいね。そのまま置いておくとすぐに芽が伸びてしまうため、購入後は当日か、遅くても翌日までに調理することをおすすめします。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    甘酢漬けが有名ならっきょう。中国が原産とされていますが、国内では鹿児島県、鳥取県、宮城県が主な産地です。一般的ならっきょうは5月から6月にかけてが旬ですが、沖縄県で栽培されている島らっきょうは12月から6月くらいに収穫されます。軟白栽培をし、早めに栽培したものをエシャロット、もしくはエシャレットと呼びますが、ヨーロッパで食べられているエシャロットとは別物。お店では同じ名前で売られていることもありますが、ヨーロッパのエシャロットは玉ねぎのような見た目なので、見分けはつきます。らっきょうにはアリシンという物質が含まれていて、独特な匂いがあるのが特徴です。強い抗菌作用があり、免疫力を高める働きがあるとされています。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    辛味とほろ苦さが特徴のらっきょう。甘酢漬けなど、食べやすく加工されていることが多く、カレーライスの付け合わせなどではおなじみですよね。らっきょうの鱗茎は白く蔓っとしていて、味わいはニラやニンニクと同じような強い香りがあり、薬効も持っているため、昔は薬用として用いられることもあったそうです。また、収穫されるのは5月から7月ころで、その時期が美味しく旬と言われています。そんならっきょうですが、鱗茎が十分に生育し、ふっくらとしていて、全体的に粒がそろっているものを選ぶようにしましょう。また、表面が乾燥しているものは避けるようにしてください。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    らっきょうは強い香りが特徴的な野菜で、島らっきょうやエシャロットもらっきょうの一種です。主な原産地は中国で、日本ではらっきょうの甘酢漬けが人気。らっきょうの特有の香りは硫化アリルという成分によるもので、滋養強壮や疲労回復効果があります。またこの香りには食欲を増進させる働きがあります。他には食物繊維が豊富に含まれているので便秘に悩んでいる方におすすめの食材ですよ。らっきょうは甘酢漬けやしょう油漬けの他に、生のらっきょうを使った天ぷらや炒め物があり、ごはんのおかずにぴったりです。甘酢漬けを使ったレシピもあるので手軽に料理に活用することができます。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    独特の辛味と香り、カリカリの食感が特徴な「らっきょう」。食物繊維が非常に多く、ごぼうの3〜4倍含まれています。水溶性の食物繊維が多いため、らっきょうを漬けた場合は漬け汁も一緒に取り入れるとより効果的です。らっきょうの香りにはネギ類特有の「硫化アリル」という成分によるもので、ビタミンB1の吸収を高めるため豚肉などと一緒にとることで疲労回復に効果的ですよ。他にも血行を促進する作用があるため、冷え性の改善や動脈硬化の予防にも有効です。漬物として馴染み深い生らっきょうは、5月下旬頃から出回ります。焦げ目がつくまで乾煎りした「焼きらっきょう」はホクホクとした食感と甘みが強く1年中食せるのでおすすめです。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    福伸漬けと共にカレーの付け合わせとして食べられるのがらっきょうです。らっきょうはネギ科の植物で中国とヒマラヤ地方が原産とされていて、5月~7月頃が収穫の最盛期になっています。カレーと一緒に食べる甘酢漬けのらっきょうは、刻んでタルタルソースに入れたりドレッシングに使うなどアレンジが効きやすいです。生のらっきょうは揚げ物や炒め物、和え物に使われます。らっきょう特有の匂いと辛味は、硫化アリルという成分で疲労回復や滋養強壮に効果があるとされています。その他に体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを含み、むくみ防止や高血圧の防止に効果があります。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    シャキッとした食感とピリッとした味わいが特徴のらっきょう、カレーライスなどの付け合わせに甘酢漬けが使われたり、食卓に口直しとして並ぶこともありますよね。らっきょうは様々な薬効をもち、日本では平安時代くらいから伝わったとされています当初は食用というよりかはあくまでも薬用として用いられていたようです。そんならっきょうですが、選ぶ時には鱗茎(りんけい)が十分に生育してふっくらとしているもの、全体に粒がそろっているものがおすすめです。また、らっきょうは出荷される際に葉と根を切り取りますが、成長が早く、すぐに目が伸びてきます。ですから、切り口を見て、まだ根があまり生えていないものが比較的新鮮と言えます。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    カレーの付け合わせとして食べられるのがらっきょうで、コロンとした見た目が愛嬌があります。らっきょうはネギ属の多年草で、中国とヒマラヤ地方が原産とされています。らっきょうは主に甘酢漬けで食べられることが多いですが、他にも塩漬けや醤油漬けなどがあります。らっきょうの特有の匂いと辛味はにんにくにも含まれるアリル硫化物で、疲労回復や滋養強壮に効果があるとされています。他にもカリウムが豊富に含まれており、体内の余分なナトリウムを排出してむくみ防止や高血圧の防止に効果を発揮します。水溶性食物繊維が豊富で便秘の予防に効果があり、むくみや便秘を解消する女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    らっきょうは中国が原産とされるネギ科の植物で、主に膨らんだ部分を食用としています。らっきょうの鱗茎(りんけい)は白く、にんにくやニラと同じような強い香りがあるのが特徴です。さまざまな薬効をもち、日本には平安時代に伝わったと言われています。市場には根を残した根付きらっきょうや泥付きらっきょう、すぐ食べられる状態になっている洗いらっきょうなど、様々な種類が流通しています。美味しいらっきょうを選ぶコツは、鱗茎が十分に生育してふっくらしているものを選びましょう。また、らっきょうは成長が早いので、生のらっきょうを買った際にはなるべくすぐに甘酢漬けや醤油漬けなどにしたほうが保存がききます。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    カレーに添えられる薬味としておなじみの「らっきょう」。程よい酸味と甘みを持つ甘酢漬けは箸休めにちょうど良い定番の保存食です。らっきょうは食物繊維がごぼうの3〜4倍も豊富で、整腸作用はもちろん血糖値の急激な上昇を抑えたり、血中のコレステロールを下げる働きがあります。特有の辛み成分は玉ねぎやニンニクにも含まれる「硫化アリル」で免疫力アップ、血行促進、血液をサラサラにする効果、豚肉などに多いビタミンB1の吸収を高めて疲労回復にも役立ちます。旬の生らっきょうは焼いたり揚げたりすると辛みが和らぎ甘みが出て、ホクホクとした食感が楽しめます。甘酢漬けを刻みタルタルソースに加えると子供でも食べやすい甘めのソースになり、フライレシピにぴったりです。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    カレーの付け合わせとしてよく食べられるらっきょう。コロンとした可愛らしい見た目で、ほどよい酸味と甘さがカレーによく合います。らっきょうはネギ科の植物で鳥取県と福井県の特産品です。旬は5月~7月頃。カレーの付け合わせ以外では、タルタルソースやドレッシングに使われピクルスのように使うことが多くなっています。その他にもツナと合わせてサンドイッチに入れるなど、甘さと酸味をプラスしたい時に活躍します。らっきょうはカリウムが豊富に含まれており、体内の余計なナトリウムの排出を助ける役割があります。むくみ防止にも効果があり、水溶性食物繊維が豊富なので便秘解消に効果があります。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    小さな粒の中に栄養がぎゅっと詰まったらっきょう。薬用植物の一種で、漢方としても使われるほど健康効果は高く、生薬名は「薤白(がいはく)」と言い、胸のつかえや痛みに効果が期待されることから「心臓のくすり」とも言われています。ニンニクや玉ねぎにも含まれる「アリシン(硫化アリル)」を多く含むらっきょうは、ビタミンB1の吸収を高め、血液をサラサラにする効果があり、糖質の高いものを食べるときに合わせると効率よく体内に取り入れることができますよ。しかし、体にいいからと言って食べ過ぎには要注意です。アリシンは殺菌効果が強く、その強すぎるが故に胃を荒らしてしまう可能性もありますので、1日に4〜5粒程度に抑えてくださいね。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ9選

    カレーライスの付け合わせの定番のらっきょう。香りと辛味が特徴的で苦手な方も多いような食材ですが、栄養が豊富に含まれているため漢方薬にも使われるため「畑の薬」とも呼ばれています。便秘や下痢などの腸内環境を整える作用、血圧や血糖値をコントロールするため生活習慣病予防など、効果・効能は様々です。私たちに身近ならっきょうは「甘酢漬け」ですが、漬けることによって独特の香りが軽減されて食べやすくなり、その甘酸っぱさはまるでピクルスのように様々な料理にアレンジすることができますよ。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    甘酢漬けにしたらっきょうは箸休めとして食べられることが多く、その甘酸っぱさと爽やかな風味はカレーライスの付け合わせとして定番ですね。らっきょうは、ニンニクやごぼうなどに含まれる食物繊維の一種で、整腸採用や脂肪吸収の抑制に効果が期待されます。独特の辛みは、玉ねぎなどにも含まれる「硫化アリル」とよばれるもので、強力な抗菌作用がありますよ。全国的に5月頃から初夏にかけて旬のピークを迎え、初夏に収穫して甘酢漬けに加工したらっきょうは、適切に保存すれば1年以上は美味しく食べられるので長期保存に適した食材です。らっきょう特有の風味を活かして簡単にタルタルソースを作ることも可能です。そのままでは苦手な方も工夫して取り入れてみてくださいね。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • らっきょうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ4選

    福伸漬け同様に、カレーの付け合わせとしてよく食べられるのがらっきょう。酸っぱさとほどよい甘さがおいしく、食べるとクセになる味わいが特徴です。カレーと一緒に食べる以外には、マヨネーズと相性が良く、タルタルソースやツナサンドなどによく使われます。らっきょうはネギ科の植物で鳥取県と福井県の特産品となっており、地方によって少し異なりますが5月~7月頃が収穫の最盛期になっています。らっきょうはカリウムが豊富に含まれており、体内の余計な水分や塩分の排出を助ける役割がありむくみ防止に効果があります。また水溶性食物繊維が豊富で、便秘解消に効果があります。女性に悩みの多いむくみや便秘を解消する効果があるので、ぜひらっきょうを料理に取り入れたいですね。 この記事では、「らっきょう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社