キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

海藻・乾物・こんにゃくの記事一覧

キッチンブックの「海藻・乾物・こんにゃく」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ひじきは栄養価が高い食材で料理に欠かせない食材で、幅広い年齢層の方に人気があります。旬は3月~5月となりますが乾燥ひじきなども売られているため大変身近な食材です。ひじきにはカルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。カルシウムは歯や骨を丈夫にし、食物繊維は腸内を健康に保ちます。他にはマグネシウムやビタミンAも含んでいるので育ち盛りの子供にも積極的に摂取させたい食材です。ひじきは油との相性が大変よく、油と一緒に調理をするとカルシウムの吸収率があがります。比較的火が通りやすい食材なのでレンジを使った調理法が多く紹介されています。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    サラダ、酢の物、炒め物、汁物など様々な料理にアレンジできる春雨は、日本では主にジャガイモなどのデンプンを原料に作られています。緑豆のデンプンを原料に作られている春雨は長く煮ても溶けにくい特徴があり、タイやベトナムでは麺として利用されていますよ。サラダなどの冷たい料理に適している国産春雨の場合は熱湯に浸すか、さっと手早く茹でて柔らかく戻します。炒め物などの場合は水に浸して戻してから使用してくださいね。スープなどの煮込み料理に適している緑豆の春雨の場合は、パリパリとして固いため、袋の中で切ると周りに飛び散らずに済みます。揚げ物にも適していて、揚げる場合は戻さずにそのまま使用しましょう。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    弾力があり、ぷりぷりとした歯ごたえが特徴のこんにゃく。こんにゃくは約97%が水分でできています。含まれている栄養は少ないのですが、低カロリーな食材で100g食べても7キロカロリーです。こんにゃくは、こんにゃくいもに含まれているコンニャクマナンという水溶性の食物繊維を凝固して作られています。食物繊維は体内で消化されないため、動脈硬化の原因となるコレステロールを吸着し一緒に排出する作用があります。コンニャクマナンは体内の水分を吸って膨らむので、腸内環境を整える働きがあります。満腹感も得られるため、ダイエットにも最適な食材です。こんにゃくは下茹でをすると臭みが抜け、味が染みやすくなります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    こんにゃくいもを原料として作られるこんにゃく。プルプルとした食感で食物繊維が多く、低カロリーであるため、ダイエット中の献立に重宝する食材です。形によって、板状の板こんにゃく、丸い玉こんにゃく、細長くところてんのように押し出したつきこんにゃく、さらに細い糸のような糸こんにゃくというように、バリエーション豊かなこんにゃくが存在します。最近ではそのまま食べられる刺身こんにゃくもスーパーで見かけますね。味付けを変えれば飽きずに食べられて、茹でる、炒める、煮る、さまざまな調理方法で楽しめるこんにゃくを毎日の食卓に取り入れて、健康的な美しさを手に入れましょう。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ヘルシーで低カロシーなこんにゃくは、こんにゃく芋が原料の食品です。こんにゃくの色は、大きく分けると白色と黒色に分けられます。2種類のこんにゃくを作る工程は一緒ですが、黒色のこんにゃくには海藻粉末が入っています。こんにゃく精粉のみで作ると白色のこんにゃくが出来上がります。こんにゃくに含まれる栄養は、ほとんどが水分で低カロリーですが、グルコマンナンという食物繊維を含んでいるのが特徴です。こんにゃくの保存は、未開封なら高温多湿を避け涼しいところでの保管が望ましいです。開封後は、水を入れた容器にこんにゃくを入れラップをかぶせ表面が乾燥しないようにして、冷蔵庫内で保存しましょう。この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ひじきは煮物に使われる定番の食材です。甘辛く味付けしたひじきは、ご飯のお供にぴったりですよね。そんなひじきは煮物にして食べるのも良いですが、和え物として食べるのもおすすめです。ひじきをマヨネーズで和えたり、ごま和えにしたり、乾燥ひじきを水で戻し、ドレッシングに和えてサラダとして食べるのも良いでしょう。ひじきはカルシウムや食物繊維が豊富で栄養価の高い海藻ですが、煮物は作るのが面倒、という人も多いのではないでしょうか。しかし、あえる調理方法なら手軽にたくさん食べられます。乾燥ひじきを買っておけば、水で戻して簡単に使えるところもポイントです。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    低カロリーで、ダイエット食材として人気のあるこんにゃく。弾力があって、かみごたえがあることから満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果もありますね。最近では最初からあく抜き加工されて売っているこんにゃくも多いので、とても便利になりました。それでもにおいや、あくが気になるときはさっと下茹でしてから調理してくださいね。こんにゃくは味がしみやすいので、煮物に多く使われますが、鍋で長時間煮込まなくてもレンジ用調理器具や耐熱容器に入れてレンジで加熱すれば、簡単に煮物ができあがります。また、煮物だけでなく、炒め物や焼き物などもレンジでお手軽に作ることができるので、ぜひ参考にしてください。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

    こんにゃく芋で作られているこんにゃく。こんにゃく芋はサトイモ科で里芋の仲間です。こんにゃくは昔から「胃腸のほうき」などと言われているのですが、それはこんにゃくマンナンと言われる、胃腸で消化されない食物繊維が豊富に含まれていて、腸内のバランスを整えてくれるのです。またカルシウムも多く含まれています。そしてこんにゃくは、カロリーがとても低く100gあたりで5キロカロリーから7キロカロリーです。こんにゃくにはブドウ糖が含まれていないため、血糖値の急激な上昇を抑えるので、肥満予防にもなります。こんにゃくは弾力性のある食材なので、しっかり噛んで食べることで、満腹感が得られて、ダイエットにも効果的な食材です。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

    弾力がある食感が特徴的で家計にも優しい「こんにゃく」。年齢問わず大変人気がある食材ですね。カロリーが低いためダイエットにも最適な食材であり、こんにゃくでできたこんにゃく麺は女性に人気です。こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれていて便秘に悩んでいる方にもおすすめですよ。また、カルシウムを多く含んでいるため骨を丈夫にする効果があります。他にはコレステロールや血糖値を下げる効果が期待されているので積極的に摂取したい食材です。子供から大人まで人気があるこんにゃくは離乳食にも活用することができるのでおすすめです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

    味にクセがないこんにゃくは、さまざまな味つけができる食材です。低価格で年中手に入るため、食費を押さえたいときにもぴったり。カロリーも低いため、ダイエット中の人にもおすすめです。そんなこんにゃくを使ったレシピはいろいろありますが、炒め物や煮物が一般的です。冷めてもおいしいため、お弁当のおかずに入れてみるのも良いでしょう。お弁当に入れる場合は、味付けを濃いめにしておくと傷みを防げるほか、少量でもご飯が進むおかずになります。また、こんにゃくは弾力があるため、たくさんかんで満腹感がアップする効果もあります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    カロリーの低い食品の代表格と言えばこんにゃくです。こんにゃくは味や臭いにクセがないため食べやすく、独特の食感が料理を引き立てます。こんにゃくはこんにゃく芋から作られる食品で、こんにゃく300gのカロリーが約21kcalと低いためダイエットにも適した食材です。こんにゃくの生産量の第1位が群馬県で、こんにゃく米やこんにゃくラーメンなど、こんにゃくを使ったヘルシー食品も作られています。こんにゃくは醤油やみりんなどの和食の調味料とよく合いますが、それ以外にもこんにゃくゼリーなどのお菓子も発売されていて、身近な食品として食べられています。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ぷるぷるとした舌触りと歯ごたえのある食感が特徴のこんにゃく。食べ応えはあるのにヘルシーなため、ダイエット中の方にもおススメできる食材です。こんにゃくは、コンニャク芋から作られる食材で、芋そのままの状態ではアクが強いため基本的に食べられません。そんなこんにゃくですが、97パーセントが水分となります。主成分としてはグルコマンナンが含まれいて、これは人間の消化酵素では分解できない食物繊維であり、お腹の中を綺麗に掃除してくれる効果があります。そして、血糖値上昇を抑えてくれる働きやコレステロールを下げる効果もあるので、健康を意識する人にとっても万能な食材です。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    安くて、年中手に入るこんにゃく。こんにゃくの主成分は、食物繊維で「こんにゃくマンナン」と呼ばれます。こんにゃくマンナンは、人間の栄養にはなりませんが人間の腸の中にある善玉菌の栄養になります。そのため、こんにゃくを食べると腸の動きが活発になり、便秘にも大変効果的です。また、こんにゃくは100gあたり5~7kcalと超低カロリーなので、ダイエット中の人には強い味方です。弾力性もあるため、ほど良くかむことで満腹感を与えてくれますよ。食べすぎを防ぐ効果もあります。おでん、田楽などさまざまな食べ方がありますが、濃い味付けにすればおつまみとしてお酒のお供にもなりますよ。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    つるっとした食感の楽しめる春雨。春雨は緑豆やじゃがいも、さつまいもなどのでんぷんから作られる乾麺です。滑らかな舌触りはでんぷんを原料にした春雨ならではの特徴で、スープや煮物、和え物にしてもよく合います。そんな春雨ですが、栄養素としては炭水化物を多く含んでおり、体のエネルギー源になります。きちんと摂取すれば疲労回復や集中力アップにもつながりますので、他の栄養素とバランスよく摂取することが理想的です。摂りすぎてしまうと糖質オーバーとなってしまいますが、きのこ類に多く含まれる食物繊維と一緒に食べると糖質の吸収をゆるやかにしてくれるので、おすすめです。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ひじきといえば煮物でおなじみの海藻ですが、低カロリーで食物繊維も多く美容や健康食としても人気の食材です。ひじきは栄養価も高く、カルシウムが非常に豊富。丈夫な骨や歯を作るのに欠かせないビタミンKとマグネシウムも多く含んでいます。カルシウムの働きを助けるビタミンDが豊富な食品も合わせてとる事で骨粗しょう症の予防にも役立ちます。不足しがちな鉄分や葉酸、体の成長をサポートしたり皮膚や髪の健康維持に役立つビタミンA・B2、ヨウ素、亜鉛などもバランスよく含んでいるため成長期の子供や女性は特に積極的に食べたいですね。茹でるレシピでは、ごま和えやサラダのレシピ、パスタや素麺に和えた主食レシピなどを紹介しています。ひじきの食感や風味を楽しみながらおいしく栄養を摂取しましょう。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    こんにゃくは食感に特徴があり、低価格で購入することができるため家計に優しい食材です。開封をしていないのであれば袋のまま冷暗所にて常温保存が可能です。開封後は冷蔵室で保管し、使いかけの場合は保存容器にこんにゃくと水を入れて保存します。こんにゃくの袋の中の液体は石灰水が使われていて殺菌効果があります。水よりも石灰水の方が長持ちするので開封は調理をする直前にします。こんにゃくは食物繊維が豊富な食材なので女性に嬉しい便秘解消効果があります。煮物や炒め物などに使うことができるこんにゃくはご飯のおかずにも良く合う食材なので取り入れてみてください。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    春雨は保存がきき、価格も安価なため手軽に手に入る食品です。中国が原産ですが、日本には鎌倉時代に伝わったという歴史あります。春雨の原料はデンプンなので、炭水化物食品です。水で戻すと4倍以上に膨らむので、1食分で見ると低カロリー、低糖質の食品ともいえます。春雨にはカルシウムや鉄分、カリウム、ビタミンBなどが豊富に含まれ、とてもヘルシーです。ゆでて戻し、水で冷やすとつるつるした食感を楽しめます。炒め物やスープ、サラダなどいろいろな食べ方ができますが、特にサラダにすると、中華風の味付けやマヨネーズで和えて、冷やしてさっぱりと食べることができます。口当たりがいいので食欲がないときにも食べやすいですね。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    海藻の一種であるひじき。私たちの食卓には昔から馴染みのある食材ですが、日本を中心にアジアの一部で生息しています。特に波の洗い岩場に生い茂り、春から初夏にかけて成熟していきます。そんなひじきですが、カルシウムは100gあたり1400㎎も含まれており、ヨーグルトの11倍にも相当します。また、食物繊維やマグネシウムも豊富なため、ホルモンバラナンスのサポートや消化を助ける働き、コレステロールを下げるなど、健康を気にする人にとって嬉しい効果ばかりです。美味しいひじきの見分け方としては光沢があり黒色でピンとしているもの、全体的に大きさがそろっているもの、よく乾燥していてむらがないものがおすすめです。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    低カロリーでダイエットには欠かせない食品であるこんにゃく。プリプリした食感でかみごたえがあるため、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されて、食べすぎを防ぐことができます。また、よく噛むことで唾液の分泌が促され、歯をきれいにするはたらきもあります。腸で腸壁を刺激するので、腸の運動を活発にし、整腸作用があるので便秘にも効果的です。こんにゃくは味がしみやすいので、煮物などの料理によく使われますが、サラダにしてもおいしく食べられますよ。板こんにゃくだけでなく、糸こんにゃくやこんにゃく素麺など、形の違うこんにゃくをうまく利用すれば、バラエティ豊かなレシピが楽しめます。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

    おでんの具としてよく食べられるこんにゃくは、低カロリーで食物繊維を豊富に含んでいるので、ダイエット食材として人気です。整腸作用や便秘解消に効果的であるため、肥満防止やメタボリックシンドロームに役立ちます。また、プリプリした弾力性のあるかみごたえが特徴であるため、よく噛むことで満腹中枢を刺激し、食べすぎを抑制してくれます。料理にこんにゃくをプラスしたり、具材をこんにゃくに置き換えたりするだけで、カロリーそのままでかさ増しできたり、カロリーダウンになるので、ダイエット中の人はうまく食生活に利用したいですね。こんにゃくは揚げてもおいしく食べられるので、ダイエット中の揚げ物レシピとしておすすめです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    家に常備しておくと何かと便利な春雨は、ダイエット食材として人気です。乾燥食品なので、食べるときは水やお湯で戻す必要がありますが、保存がきくのでとても重宝します。低カロリーで、水分を吸うと約4倍に膨れ上がることから、おかずにプラスするとかなりボリュームアップでき、おなかも大満足です。春雨だけでは味気ないですが、肉や野菜と合わせることで栄養面や見た目、さらに食べごたえもアップしますね。いろいろな味付けに合うので、飽きずに食べられるのも利点です。炭水化物が豊富に含まれているので、ご飯に置き換えたり、丼にしたときにご飯を少なめ、春雨を多くしたりと工夫すればかなりのカロリーダウンが期待できます。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    春雨の主成分はでんぷん質で、ツルツルとした食感が特徴的です。春雨は少量でも満足感が得られるので腹持ちがよく低カロリーですのでダイエットに最適です。春雨は炒め物や酢の物、サラダ等様々な料理に使うことができる食材で、代表するメニューには春雨サラダ、春雨スープ、麻婆春雨等があります。フライの調理である春巻きにも中の具材に春雨が使われています。春雨自体には味が付いていないので、色々な食材と組み合わせてアレンジをすることができるので常備しておくと安心ですよ。春雨だけだと栄養が偏ってしまうので他の食材と合わせて上手に摂取するのがおすすめです。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    春雨はつるつるとした食感が特徴的で、低カロリーで腹持ちが良いのでダイエットに最適な食材です。春雨にはほとんど味がないので肉、魚、野菜などと組み合わせて調理をすることで調味料や煮汁などがよく染み込みおいしく食べることができ、春雨だけでは摂ることができない栄養素も補うことができます。春雨は乾物で熱湯に入れて茹でて戻すと柔らかくなりコシを出て透明感が出ます。春雨は茹でた後ザルにあげ冷ますと水っぽさがなくなり味が染み込みやすくなります。春雨はサラダ、炒め物、煮物、鍋など幅広く使われている食材ですのでレシピが豊富にあります。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    春雨は主にじゃがいもののでんぷんで作られている食品で腹持ちが良いのが特徴的な食材です。つるつるとした食感で、味が染みやすくさまざまな食材と組み合わせて調理につかわれます。また、春雨はカロリーが低くヘルシーですのでダイエット中の方も安心して食べることができます。食べ方としてははサラダ、チャプチェ、麻婆春雨などのレシピが多数あり様々な料理に活用されています。スープに活用するとボリュームが出るので小腹がすいた時にも良い食材です。蒸すことでより食べやすい食感になります。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    家庭料理に欠かせないひじきは、わかめや昆布と同じように海藻の仲間です。日本では縄文時代から食べられていたという歴史のある食材なんですよ。ひじきの旬は3月~5月。天然のひじきはコシが強く、汚れが少ないのが特徴です。ひじきは栄養が豊富で、カルシウムは牛乳の12倍ともいわれています。また、食物繊維も多いので、便秘の改善や肥満予防に効果があります。ダイエット中の人は注目すべき食材ですね。ひじきを調理する前には水で戻す必要がありますが、戻し汁にはヒ素が多く含まれているため、料理には使わず捨ててください。煮物料理に使われることが多いですが、炒めてもおいしくいただけますよ。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春雨を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    春雨は原産国が中国といわれ、中国語では粉絲(フェンスー)と呼ばれ、1000年も前から作られていると言われています。日本では鎌倉時代に禅僧が伝え、そこから精進料理にも使われるようになったと言われています。春雨といっても原材料は複数あり、えんどう豆のでんぷんから作られる緑豆春雨、じゃがいもやさつまいものでんぷんから作られる国産春雨、さつまいもから作られ、タンミョンと呼ばれる韓国春雨など、様々な種類が存在しています。春雨は火に強く、コシや弾力もあるのでサラダやスープ、揚げ物などに使えて万能な食材ですよね。 この記事では、「春雨」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ぷにぷにとした食感でヘルシーなこんにゃくですが、満腹感も感じられるのでダイエットにも最適です。もとはこんにゃく芋からできていますが、芋自体にはアクが含まれているため、芋のまま食べることはほとんどなく、加工されたものを調理して食べています。こんみゃくは昔からよく食べられていると言われていますが、昔の人はおなかのお掃除役として食べていたといいます。おなかの掃除をしてくれる上に、食べ応えもあり、それでいてヘルシーなところが魅力的ですよね。サラダから煮物や炒め物、揚げ物にもよく使えるこんにゃくを色々な調理の仕方でアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    こんにゃくは低カロリーでダイエットをしている方にもおすすめです。また、価格も安く手軽に手に入る家計に優しい食材です。縮んで硬くなっているものは鮮度が落ちていますので注意してください。こんにゃくは食物繊維、カルシウム、グルコマンナンが豊富に含まれいますので便秘解消効果やコレステロールを下げる効果があります。冷凍保存をすると食感が変わってしまいますので不向きとされています。炒め物や煮物に使われているこんにゃくですが蒸す料理にも使われていますので紹介します。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    「こんにゃく」はこんにゃくいもから作られる食物で、カロリーが低い食品の代表格になっています。表面はつるっとしていて触るとぷにっとして、味や臭いにくせがなく独特の食感があります。欧米でも和食ブームやベジタリアンの間で注目されるようになってきています。コンニャクは300gのカロリーが約21kcalととても低く、ダイエット中にかさ増しする食材としても人気があります。こんにゃくが日本に伝わったのは諸説がありますが、鎌倉時代までに食品として精進料理に使われるようになりました。主に和食に使われ、醤油や味噌など和食の調味料とよく合います。冬はおでんの具としても定番の人気食材になっています。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    柔らかくて口当たりが良く海藻ならではの旨味もたっぷりの、ひじき。煮物・サラダ・炊き込みご飯・天ぷらなど幅広いレシピに取り入れやすい食材です。「食べると長生きする」という古くからの謂れもあり、身体づくりに重要な栄養素が豊富に含まれてる健康的な食材です。栄養素の中でも代表的なものは、骨の生成やイライラの防止に効果的なカルシウム。牛乳の約12倍もの量が含まれています。その他、食物繊維やマグネシウム、皮膚の健康を守るビタミンAにも富んでいます。女性に嬉しい鉄分を含有していることも有名ですね。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社