キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    プチプチとした卵の食感がクセになるししゃも。ししゃもは頭からしっぽまで丸ごと食べられるので、丈夫な骨や歯を作るカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがしっかりと摂取できます。ししゃもには青魚に含まれるDHAやEPAなどの脂肪酸も含まれ、血液をサラサラにしてコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあり生活習慣病の予防に役立ちます。脳を活性化させて記憶・学習能力を向上させたりイライラを和らげて精神を安定させる効果もあるといわれ、育ち盛りの子供や女性にも最適な食材なんです。抗酸化作用をもつセレンやビタミンE、B2なども含まれているので老化を防いでアンチエイジング・美容効果も期待できます。焼きししゃもが定番料理ですが、ひと工夫で絶品おやつに変身しますよ。この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    コリコリとした食感の良さが人気の数の子。子孫繁栄を願う縁起物としておせち料理に欠かせませんが、お正月だけではもったいないほど美容や健康をサポートする栄養がたっぷり含まれているんです。体を作るのに大切な良質なたんぱく質が豊富なほか、生活習慣病の予防に役立つEPAやDHAが多く血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、内臓脂肪を減らす効果もありダイエットにも最適です。数の子には目の健康を守ってくれるルテインや肌の健康を保つCoQ10・ビタミンEなどの抗酸化成分も多く含まれ、美肌効果も期待できます。数の子には塩抜きをして食べる塩数の子や味付け数の子などの種類がありますが、塩数の子を塩抜きする時は真水ではなく薄い食塩水につけるのがポイントです。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    春と秋に旬を迎えるカツオ。春に漁獲されるものは初カツオといい、脂肪が少なく、あっさりとした味わいが特徴です。秋に漁獲されるものは戻りカツオと呼ばれ、脂がのり、こってり濃厚な味わいが楽しめます。カツオは鉄分が豊富で貧血予防に効果があります。特に、カツオに含まれる鉄分は吸収率が高いヘム鉄で、積極的に取りたい栄養成分です。良質なたんぱく質を多く含むカツオは、EPA、DHAなども豊富で、脳や神経の情報伝達をサポートし、心疾患やアレルギーの予防にも効果的な健康食材です。カツオのうまみが詰まったかつお節も日本人に古くから親しまれてきました。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    マグロやカツオを原料に作られるシーチキン。オイル漬けや水煮などさまざまな種類があります。シーチキンにはDHAやEPAは豊富に含まれており、血液をサラサラにする働きや記憶力や学習能力を高める効果があります。シーチキンの良質なたんぱく質は、筋肉や臓器などの体を作る成分になるほか、免疫力の向上やホルモンや酵素を作る原料になるなど、健康生活には欠かせない栄養素です。また、ビタミンB群や亜鉛、カリウムなども多く含まれています。シーチキンのオイルや汁には、シーチキンのうまみやコク、ビタミンやミネラルなどの栄養素も詰まっているので、料理の風味づけに使うのもおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    日本人が古くから親しんでいる魚がいわしで、煮干し・しらす干し・めざしの原料になっています。イタリア料理でよく使われるアンチョビもいわしが原料で、和食と洋食両方によく使われる便利な魚です。日本で食べられる主ないわしはニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシで、寿司や刺身のネタとしても人気があります。煮物・揚げ物・焼き物など幅広い料理に使われ、いわしの南蛮漬けやいわしの蒲焼、いわしのパン粉焼などご飯とパンの両方に合う料理を作ることができる便利な食材です。いわしは歯と骨の形成に欠かせないカルシウム、エネルギーの代謝を促すビタミンB2、血液中の中性脂肪を減らすDHA、動脈硬化や高脂血症などを予防するEPAなどを含んでいます。体にいい栄養素が豊富なので、積極的に食べたい魚の1つです。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    牡蠣はイタボガキ科の二枚貝で、日本では広島が牡蠣の産地として知られ全国1位の生産量を誇り「真牡蠣」が有名です。牡蠣は11月~4月が旬で、特に3月~4月のものが一番おいしいと言われています。日本海側で多く養殖されている岩牡蠣は、6月~8月が旬になります。ぷりぷりの身が特徴で、生でも火を通してもおいしく食べられます。火を通した料理では牡蠣フライが定番で、あさりなどに比べると少し高級感のある魚介類として人気があります。牡蠣にはスタミナ増強に効果能あるタウリンやミネラル類、貧血予防に効果のある鉄や銅が豊富に含まれています。肝臓の機能を高め疲労回復を助ける作用もあるので、積極的に摂りたい栄養価の高い貝類です。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    あじは種類が大変多い魚で、脂がよくのって食べやすい味が好まれ、家庭でもよく食べられる人気の高い食材です。刺身にしても、焼いても、煮ても、揚げてもおいしく食べられ、調理しやすいため、レシピも豊富です。あじを買う時は、全体にハリがあり、皮に光沢があって目が濁っていない新鮮なものを選ぶようにしましょう。あじは年中出回っていますが、旬は春から夏。脂がのっておいしいのはもちろんのこと、価格も手ごろになって手に入れやすくなります。良質のたんぱく質が豊富に含まれるとともに、青魚の中でもタウリンが多く含まれており、コレステロール値を下げる効果があります。あじの干物も大変便利なのでうまく活用しましょう。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    数の子はニシンの魚卵を塩漬けにして作られる、おせち料理に欠かせない食材です。おせち料理の数の子は、子孫繁栄の願いを込めて詰められています。塩漬けにすることで日持ちしますが、食べる前には塩抜きして食べます。数の子の塩抜きの仕方は、薄皮のまま塩水に浸けておき、薄皮をむいてまた塩水につけておきます。好みの塩加減になったら出来上がりです。ポリポリとした歯切れのよい食感で、鮮やかな黄色の見た目は華があります。数の子はおせち用に買いすぎて余ってしまうことも多いですよね。そんな数の子を使ったアレンジレシピを数多く紹介します。ぜひレシピを参考にして、余った数の子も美味しく食べ切ってくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ししゃもは一夜干しや、天ぷらなどにして食べられている食材です。漢字では「柳葉魚」と書きます。柳の葉のようにしなやかな見た目にぴったりの名前ですよね。食べやすさと塩気でお酒との相性も良く、おつまみとしても人気があります。頭から尻尾、骨まで丸ごと食べられる手軽さも魅力的ですよね。ししゃもには骨を丈夫にするカルシウム、記憶力を高めてくれるDHA、運動に欠かせないエネルギー元となるビタミンB2などが豊富に含まれています。オスのししゃもは風味がよく、メスのししゃもは子持ちししゃもとして価値が高く、どちらにも良いところがあります。大きい方がおいしいですが、骨も太くなるので食べにくさを感じることもあります。自分の好みに合わせて選んで食べてくださいね。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    百数十種類いるアジ科の魚、「鯵(あじ)」。1年中獲れ、産地により産卵期が異なりますが、3月頃から9月頃が旬です。あじにはバランスよく栄養価が含まれていて、特にタンパク質、脂肪、ビタミンB群、ミネラルが含まれています。そして脳の働きを良くするDHA、血液をサラサラにするEPAも多く含まれ、人間の体内で作れない必須アミノ酸や、うまみ成分であるアミノ酸も豊富に含んでいます。スーパーなどであじを選ぶ際には、目が澄んでいて、鮮やかな紅色のエラで、ピンと張ったヒレのものがおすすめです。このお弁当レシピでは、切り身にされたものも使用しています。また調理方法はさまざまで、焼いても、揚げても合う食材です。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    内湾の干潟に生息している、二枚貝であるあさり。和名での漢字は「浅蜊」「蜊」「鯏」「蛤仔」と書きます。スーパーで一般的に販売されているものは、3センチから4センチのものですが、大きく成長したものは殻長が6センチあります。あさりの旬は春から初夏である、3月中旬から5月下旬ごろです。また9月から10月も旬です。そんなあさりの栄養価はには、鉄や亜鉛などのミネラル、タウリン、ビタミンB12が豊富に含まれています。このお弁当レシピでのあさりは、砂抜きして殻付きのまま調理するもの、冷凍のむき身のもの、冷凍ではないむき身のものを使用しています。また購入後、冷凍保存する際にも、しっかり砂抜きするのをおすすめします。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ10選

    鯖は古くから日本人に食べられている魚で、味噌や醤油などの和食の素材とよく合い鯖の味噌煮などの人気メニューがあります。和食以外にもオリーブオイルやハーブ類など洋食の素材ともよく合い、さまざまな料理に幅広く使える便利な魚です。鯖缶は家に置いておくといざという時に役立つお助けアイテムで、ご飯やパスタなどにさっと使えることができます。卵や肉を切らしている時でも鯖缶があれば、手早くメインのおかずが作れるのでぜひ家に置いておきたいマストアイテムです。鯖は脳を活性化させる働きがあるDHA、癌の予防やアレルギーを緩和する効果があるとされるEPA、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類、ビタミンB群など豊富な栄養素を含んでいます。手頃な価格で手に入って栄養も満点な優秀な魚です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    北海道から九州まで日本各地で漁獲されるスルメイカ。低脂肪で低カロリーなイカは、良質なたんぱく質を含んでおり、ダイエットにもおすすめの健康食材です。スルメイカにはタウリンが豊富で、肝機能を高める働きや、視力の回復、高血圧の予防や疲労回復に効果があります。細胞の形成や免疫力の向上をサポートする亜鉛を多く含んでいるのも特徴です。透明感があり、目がきれいな黒色のものが鮮度の良い証です。イカは、ワタから傷みやすいので、すぐに使わない場合は早めにわたを取り除き、部位別に分けてラップに包み、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    桜エビは、体調3〜5センチ程の小さなエビで、体表に多数の赤い色素胞を持ちます。この赤い色素は「アスタキサンチ」と呼ばれるカロテノイドの一種で、抗酸化作用をもち、アンチエイジングや紫外線による肌のダメージの回復に効果的とされています。殻ごと食べられる桜エビにはカルシウムが豊富に含まれ、天日干しして栄養を濃縮した干し桜エビには、10グラムでコップ一杯分のカルシウムが含まれています。他にも、不飽和脂肪酸のDHAや、肝機能を正常に戻そうと働きかけるタウリンなどの栄養も含みます。内臓も食べることから、他のエビに比べてやや脂質も多めですが、その分味わい深い特徴がありますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    夏バテ解消にぴったりのうなぎ。初夏から夏にかけて旬を迎えます。うなぎにはビタミンが豊富で、アンチエイジングやがん予防、目の健康をサポートするビタミンA、疲労回復や美肌効果のあるビタミンB群、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなどさまざまな成分が含まれています。視力の回復や記憶力の改善、生活習慣病の予防に効果があるDHAやコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるEPAも多く含まれ、うなぎは健康性活をサポートする万能食材です。うなぎは、かば焼きや白焼きとして売られており、アレンジを加えれば手作り料理として簡単手軽にうなぎ料理を楽しめます。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    あじには色々な種類がありますが、日本ではマルアジとマアジが一般的によく食べられています。あじは日本で古くから食べられている魚で、味が良いことから「あじ」と名付けられたと言われています。刺身や寿司などの生食以外にも、焼き魚・揚げ物・煮物・和え物などに使われ特にアジフライは定食屋やお惣菜コーナーの定番料理になっています。あじはたんぱく質が豊富で毛髪・爪・皮膚などを形成するのに必要な栄養素です。アレルギーを緩和するEPA、脳を活性化するDHA、ロイシンリジンなどの必須アミノ酸など豊富な栄養素を含んでいます。あじを選ぶ時はエラが鮮やかで赤く、目の中が澄んでいるものを選ぶようにしましょう。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ5選

    手頃な価格で手に入るあさりは、家庭でよく料理に使われる魚介類の1つです。あさりの味噌汁や酒蒸し、あさりご飯などの和食の他に、ボンゴレパスタ、クラムチャウダー、パエリアなどの洋食にも使える便利な食材です。使用する前に砂出しをする必要がありますが、すでに砂出ししているあさりも販売されており、あさりの缶詰もあるので時間がない時や砂出しが面倒という方にはおすすめです。あさりに含まれるタウリンは血液をサラサラにする効果があり、貧血を解消するのに効果のある鉄分も豊富に含まれています。疲労回復効果のあるビタミンB2、新陳代謝の向上に効果のある亜鉛やなど豊富な栄養素を含んでいます。うま味がたっぷりなので料理に使うとおいしさを引き立てます。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    鯖は日本人になじみのある魚として長年親しまれていて、醤油・味醂・味噌など和食の素材とよく合います。煮物・焼き物・炒め物・揚げ物など幅広い料理に使われ、しめ鯖にして寿司や刺身にして食べるのも人気があります。脂がのっていて身に厚みがあって食べ応えがあり、鯖缶も便利で手軽に低価格で使える食材として人気があります。肉や魚がない時でも鯖缶があれば簡単にメインのおかずが作れるので、ぜひ家に常備しておきたい食材の1つです。鯖はコレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPA、脳を活性化させる働きがあるDHA、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類、ビタミンA、ビタミンE類、ビタミンB群などのビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    料理によく使われ人気の魚介類がエビです。エビフライやエビの天ぷらなど、エビを使った料理は子供にも人気がありちょっとしたおもてなしにも喜ばれる食材です。甘エビやボタンエビば生食でき、寿司や刺身の人気のネタになっています。乾燥して販売される桜えびは風味がよく、お好み焼きやかき揚げなど幅広い料理に使われ保存も効くので家に常備しておきたい食材の1つです。パスタ・チャーハン・エビチリ・八宝菜など、和食・洋食・中華とジャンルを問わず使える便利な魚介類です。エビに含まれるアスパラギン酸やグルタミン酸はうま味成分としれ知られ、料理をおいしく仕上げます。糖質と脂質がほぼゼロのため、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    いわしは日本人になじみの深い魚として、古くから食べられています。沖縄以外の日本全国に生息しており、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシが主に日本で食べられている種類になります。寿司のねたとしてはもちろん、揚げ物・炒め物・和え物・煮物など幅広い料理に使われます。チーズやオリーブオイルと合わせて洋風に仕上げるなど、アレンジを楽しめるのも魅力です。イリコとも呼ばれる煮干し・しらす干し・めざし・アンチョビの原料にもなっています。いわしは歯と骨の形成に欠かせないカルシウムや、脳の活性化に効果のあるDHA、アレルギーの症状を抑える働きのあるEPAなどが含まれています。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    鯖は日本人になじみのある魚として、古くから食べられている魚です。脂がのっていて身がしっかりしているのが特徴で、醤油や味噌などの和食の食材とよく合います。しめ鯖にして寿司や刺身に使われるほか、焼き魚・煮物・揚げ物・蒸し物など幅広い料理に使われます。オリーブオイルやハーブ類ともよく合い、洋風の料理にも使えるアレンジの効きやすい魚です。鯖は脳を活性化させる働きがあるDHA、アレルギーを緩和するEPAが含まれ、血液をサラサラにして癌の予防にも効果があると言われています。生の鯖をさばくのは面倒という場合は鯖缶が便利で、低価格で保存も効くため常備しておくといざという時に使える便利な食材です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    プリプリとした食感で、甘みがあり、中華、洋食、和食と多彩に使用されるエビ。養殖や輸入で近年、1年中食べられるエビですが、旬は6月から9月です。種類は3000ほどあり、額角の形状などで判別します。このお弁当レシピでは、煮る、焼く、炒めるなど調理方法もさまざまです。エビの栄養価はアミノ酸が豊富に含まれる、良質な高たんぱく質で、善玉コレステロールを増やす効果のあるタウリンを多く含んでいます。また血行を良くする効果のあるビタミンE、動脈硬化を予防するアスタキサンチン、キチンという動物性の食物繊維を含んでいます。低脂質でもあるため、ダイエットにおすすめの食材です。そんなエビは冷凍保存すると日が持ちます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    二枚貝の仲間である牡蠣は、「海のミルク」とも呼ばれており、栄養が豊富に入っています。日本の近海に生息している牡蠣は30種類程で、食用とされている牡蠣はほとんどが養殖のマガキです。日本国内の生産量は広島県が第1位で、これに宮城県、岡山県が続きます。購入するときのポイントは、むき身の場合はふっくらと丸みがあり、きれいな乳白色のものを選んでください。牡蠣にはミネラルが多く含まれており、特に血液中のヘモグロビンの成分である鉄と免疫機能を上げる亜鉛を多く含みます。また牡蠣に含まれているアミノ酸には、タウリン、アラニン、グリシンなどを含んでいますが、特にタウリンは肝機能を回復させる効果があります。この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるぶりは、脂がたっぷりとのった味わい深い魚です。魚へんに「師」と表記するのは、旧暦師走に美味であることからとも言われています。大きさによって名前の変わる出世魚で、養殖も盛んに行われています。養殖魚は安定した品質を保ち脂ものっていますが、幼魚から成魚にかけて味が変わり、また季節によっても味の変わる天然のものもぜひ楽しんでいただきたいですね。店頭ではほとんどが切り身や刺身の状態で販売されていますが、血合いが鮮やかに赤いものを選びましょう。脂は身の中に混ざっていて白く濁っています。身は赤いものより白いものの方が脂ののりが良い証拠ですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    昔から日本人の食卓に馴染み深いいわしは、日本各地でとることができます。一般的にいわしといえば「マイワシ」を指し、地域によって異なりますが主に夏から秋にかけて旬を迎えます。旬のマイワシは刺身にするとトロッとした口当たりで絶品です。他にも焼く、煮る、揚げる、蒸すなど様々な調理方法でアレンジ自在ですよ。購入する場合は、鱗がついていて、目が澄んで黒くなっているものを選びましょう。体側の黒い点が鮮明なものが新鮮な証拠で、体が筒状で太く頭が小さいものは脂がよくのっています。いわしは、魚へんに「弱い」と表す通り、鮮度落ちの早い魚なので、すぐに処理をしてその日のうちに召し上がりくださいね。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ4選

    うなぎといえば、甘辛いタレを絡めて作るうなぎの蒲焼きが一般的ですよね。うなぎの柔らかく、ふっくらとした身は口どけも良く、大人から子供まで幅広く人気があります。名古屋ではひつまぶし、関東地方では白焼きなど、うなぎは日本各地で色んな料理で親しまれています。うなぎにはDHAやEPA、ビタミン類やミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ栄養価の高い食材です。消化にも良く、体には嬉しいこと尽くしですよ。土用の丑の日は、暑い夏を乗り切るために、栄養満点なうなぎを食べることから始まった風習です。土用の丑の日には、店頭に多くのうなぎが並んでいますよね。輸入うなぎは価格も安く手に入るので、気軽にうなぎを楽しめますよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    家庭の食卓に上がることの多い「あじ」。通年出回っていますが旬の5月から7月は産卵前で特に脂がのってさらに美味しくなります。あじはコクのあるうま味を持ち、癖もないため幅広い料理に大活躍します。丈夫な体を作る良質なタンパク源になるほかタウリンが多く、高血圧や動脈硬化の予防、心臓や肝機能の強化にも役立ちます。他にもあじには青魚に含まれるEPAやDHAなどの必須脂肪酸も豊富で、血管を若く保ったり血液をサラサラにする働きもあるなど生活習慣病予防に最適なんです。カルシウムやビタミンDなど骨を強くする栄養も豊富なので日々の食生活に積極的に取り入れたいですね。ヘルシーなあじを使ったおつまみレシピを活用しておいしく健康を保ちましょう。この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    おせち料理で大活躍。プチプチコリコリとした食感が楽しいニシンの卵、数の子。コレステロールを多く含むイメージが強い卵ですが、数の子は、イクラやたらこなどの他の魚卵と比べても、コレステロールが少ないのが特徴です。数の子には、青魚に多く含まれるといわれるEPAやDHAが豊富で、含有量はサンマやイワシ、マグロを上回ります。EPA、DHAは体内でのコレステロールの合成を抑える働きがあり、高血圧の改善に役立つなど、生活習慣病の予防や血糖値、アレルギー体質の改善などさまざまな効果があります。数の子の塩抜きは、真水ではなく、薄い塩水につけるのがポイントです。また、ほどよく塩味を残すことで、苦味を和らげてくれます。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    うま味とまろやかな油がよく合った、シーチキン。そのままでももちろんですが、サラダや炒めもの、パンにのせるなど、食べ方は多くあり、手軽に食べられるとても便利な食材です。最近ではカロリーが半分になっているものやコーンなどの他の具材がはいっているもの、スパイシーに味付けされたものなど、多くの種類が流通しています。そんなシーチキンはマグロやカツオの肉を加工したもので、油漬けにされたり、そのままエキスのみがはいっているもの、食塩やオイル無添加品もあるので、その時の希望によって使い分けられるのも嬉しいですよね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    お刺身やカルパッチョ、たたきなどで食べられることの多い、カツオ。生でも、焼いても、あぶってもカツオのうま味が引き立ちますよね。世界中の熱帯~温帯海域に生息し、日本では太平洋側に多くみられ、大群をなして遊泳しています。8月から11月ごろにとられ、そのころは特に美味しく食べられます。そのなかでも、秋の戻りガツオと呼ばれる秋に獲られるカツオは脂が良く乗っていて美味しいとも言われます。そんなカツオですが、選ぶ際には目が澄んでいるものにしましょう。また、身が固くしまりがあるものがより新鮮です。また、体にあざなどがないかもよく確認してくださいね。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社