キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    丸ごと食べられる子持ちししゃもは、卵のプチプチとした食感が子供にも人気のある魚です。主に流通しているのししゃもの干物でも、国産ししゃもは大変貴重なもので一般的には、カナダやアラスカから輸入される「カラフトシシャモ」や、ノルウェーなどの「カペリン」などがほとんどです。ししゃもはカルシウムを豊富に含み、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含みます。骨の形成に必要な栄養素なので、成長期の子供や骨粗しょう症に注意が必要な高齢者におすすめな食材ですよ。他にも、抗酸化作用によってアンチエイジングに欠かせないビタミンEや、疲労回復につながるビタミンB2も含むため、美と健康を維持するためにも最適です。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    アジ科の魚「鯵(あじ)」。真あじ、丸あじなどの数種類が存在し、一般的にあじと呼ばれているのは「真あじ」です。またあじはサイズでも名称が変わり、豆あじは10センチ以下、小あじは10センチ以上、20センチ以下、中あじは20センチから30センチ、大あじは50センチです。このがっつりレシピでも、小あじなど使用しています。あじは産卵期が地域によって異なるため、1年中販売されていますが、春から夏、4月頃から7月頃が旬です。そんなあじの栄養価は、ミネラル、ビタミンB群、タンパク質、脂肪などバランス含んでいて、DHA、EPA、必須アミノ酸、甘みのアミノ酸、うまみのグルタミン酸も豊富に含まれています。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    手ごろな価格で手に入り、栄養が豊富な鯖は、昔から日本人になじみのある魚です。鯖には不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富で、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。また、DHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれており、脳の働きを活性化させる働きがあるので、勉強盛りの子供や受験生にはおすすめの食材です。鯖缶やしめ鯖、さばの燻製など、加工食品も充実している鯖。忙しい日にも手軽に食卓に取り入れることができます。和食としてのイメージが強い鯖ですが、オリーブオイルやチーズ、トマトなどの食材ともよく合い、さまざまなテイストで楽しめます。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    プリプリの食感が人気のエビは、子供から大人まで喜ぶ食材の1つです。エビフライ、エビチリ、エビの天ぷら、エビの春巻きなどが人気で、和食・中華・洋食とジャンルを問わず使える便利な食材です。火を通すときれいな赤色になって、料理に入れると彩をプラスします。エビはたんぱく質が豊富で、皮膚・爪・髪の毛などを形成するのにかかせない三大栄養素の1つです。糖質や脂質がほぼないため、糖質ダイエット中の方にもおすすめの食材です。アスパラギン酸やグルタミン酸などのうま味成分を含んでいるため、料理をよりおいしく仕上げてくれます。既に下処理したむきエビなどすぐに使えるものもあり、家に常備しておくと便利ですね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    数の子はプチプチとした食感が特徴のニシンの魚卵のことです。にしんの卵の数の多さから、子孫繁栄を願う縁起物としておせち料理には欠かせない食材です。鮮やかな黄色でおせち料理を彩ります。おせち料理として数の子を食べたことはあるけど、作り方はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。こちらのレシピでは、おせち料理に使える、定番の味付け数の子からおせち料理で余った後にも使えるアレンジメニューまで幅広くご紹介しています。数の子にはEPAやDHAなどが豊富に含まれていて、栄養満点な食材でもあります。数の子は日もちさせるために塩漬けで売られていることがほとんどですが、上手に塩抜きすることで塩分もカットできます。年の始め以外でも、ヘルシーで体に良い縁起の良い数の子を食べてくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    栄養価が高くスタミナ満点のうなぎ。うなぎには、目の働きをよくするビタミンAや、美肌や美容に効果があるビタミンB群、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があるビタミンEなどが豊富で、美容食としても注目されています。記憶力や視力の回復をサポートするDHAや、中性脂肪を減らし、血液の流れを改善するEPAも多く含まれており、高血圧や心臓病、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも効果的な健康食材です。調理済みのうなぎの蒲焼きも売られており、忙しい日にも、少しのアレンジで、家庭の味に様変わりさせられるのも魅力の一つです。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    価格も手ごろで一年を通して食べられるスルメイカ。煮ても焼いても炒めてもおいしいスルメイカは、さまざまな料理で楽しめます。高タンパクで低カロリーなスルメイカは、ダイエット中にもおすすめの食材です。スルメイカにはタウリンが豊富で、疲労回復や、コレステロールの代謝をサポートして血液をサラサラにし、血圧を安定させる働きがあります。また、弾力のある歯ごたえが、咀嚼を促し、満腹中枢を刺激するため、食べすぎを防ぐことができます。下ごしらえが大変なイメージのあるスルメイカですが、下処理済みのものや冷凍食品も充実しているので、忙しい日にも時短料理が叶います。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    桜えびの旬は春と秋。駿河湾で漁獲されます。桜えびは夜になるとキラキラと光ることから、「海の宝石」とも呼ばれています。小さくて丸ごと食べられる桜えびは、下処理の必要なく、手軽に調理ができるのも魅力です。乾燥させたものや冷凍されたものを活用すれば、一年を通して楽しめます。桜えびには整腸作用のある食物繊維が豊富です。また、骨や殻まで食べられる桜えびは、カルシウムを効率よく摂取できます。桜えびのうまみ成分であるグリシンには、保湿作用などの美容効果が多くあり、アンチエイジングにも役立ちます。また、コレステロールを抑制する働きもあり、高血圧や脳卒中の予防にも効果があります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ブリは師走の時期に脂が乗っておいしいことから「鰤」という漢字が当てられた、冬が旬の魚です。旬のブリは、身がふっくらとしていて皮目が脂でプルプルで美味しいですよね。鍋や、煮つけ、竜田揚げなどの和食で多く利用されています。こちらの記事では定番のブリの照り焼きのレシピから、少し変わった韓国風の味付けのレシピまで、幅広くご紹介しています。どれもご飯に合うがっつり系のメニューなので、晩御飯のメインのおかずとして使えますよ。ブリはEPAやDHAなどの栄養素が豊富で、脳の機能を高めたり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。体に良いブリをぜひ毎日の献立に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    牡蠣はプリプリとした食感と、濃厚な味わいで人気な二枚貝です。生で食べても、焼いても、揚げてもおいしく食べられるので男女ともに年齢を問わず愛されています。牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価の高い食材です。疲労回復に効果のあるタウリンや、ビタミン類など、体に大切な栄養が豊富に含まれています。他にも体の中から作ることのできない、必須アミノ酸も入っているので、ぜひ食べて欲しい食材です。牡蠣を洗う時は塩水で洗ったり、大根おろしなどで洗ったりとさまざまな方法があります。片栗粉をまぶすと汚れをしっかり取ってくれる上に食感もぷりぷりに仕上がるのでぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • イサキを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    地方によっては「イサギ」や「イセギ」とも呼ばれるイサキは、夏を代表する魚の一つです。クセのない白身魚で脂も程よくのり、新鮮なものは刺身や塩焼きが最適です。他にも、煮付け、ムニエル、唐揚げ、汁物にすると魚が苦手な方でも食べやすくておすすめです。初夏から夏に獲れるイサキは比較的脂肪が多めで、DHAやEPAなどの青魚特有の脂肪酸が多く、カルシウムの吸収をよくするビタミンDや、体内の脂肪の酸化を予防して老化予防に効果的なビタミンEを含み、子供から大人まで積極的に食べていただきたいですね。骨やヒレが硬いため、調理の際や小さな子供が食べるときは注意してください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    あさりは3月~6月が旬の食材です。あさりはうま味成分であるコハク酸を含んでいます。またタウリンが豊富に含まれている為、疲労回復効果があります。新鮮なあさりは口がしっかりと閉じています。また、塩水にあさりを入れると水管を出すので選ぶ際の参考にしてください。あさりは砂抜きをしてから調理をします。塩水につけて冷暗所で30分程度つけて砂抜きをします。毎日水を取り替えると3日程度もちます。うま味成分がたっぷりと含んでいるあさりを使ったレシピの中に糖質オフのメニューが紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ7選

    あじは3月~7月の春夏にかけてが旬の魚で、たんぱく質や脂肪をバランスよく含んでいます。不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているのも特徴的です。DHAとEPAはコレステロール値を下げ血液をサラサラにする働きがあります。また認知症予防効果が期待されているので積極的に摂取したい食材です。新鮮なあじは皮が銀色で、目が澄んでいます。腹の部分を押すとハリや弾力があり、ぜいごがしっかりとしているものを選びます。あじを使った糖質オフのメニューのレシピが紹介されているので、ぜひ参考にして取り入れてみてください。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ6選

    焼いて食べても、天ぷらや唐揚げにしても美味しいししゃも。丸ごと食べられるため大変バランスの良い食材です。国産の流通量は全体の1割程度で、子持ちの干物で売られていることが多くあります。脂肪がたっぷりと乗った身の甘みと卵のプチプチとした舌触りが魅力です。新鮮なものは刺身でも食べられます。特に子持ちししゃもはたんぱく質やカルシウムに加えてビタミンAやB2も豊富に含まれており粘膜を強くしたり、免疫機能を調整する効果があると言われています。現代人はカルシウムが不足しがちだとも言われているので、カルシウム不足が気になる人にはもってこいの食品です。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • イサキを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ7選

    初夏の魚として人気のあるイサキは、漢字では「伊佐幾」と書きます。イサキは主に本州の中部から東シナ海にかけて分布しています。産卵期は6月から9月であり、旬は5月から8月なので、この時期のイサキは脂がのっておいしいです。イサキには100g当たり5.7gの脂質が含まれており、DHAやEPAなどの脂肪酸も含まれています。その他の栄養素としては、抗酸化作用を持つビタミンEや骨の血液中のカルシウム濃度を保つビタミンD、エネルギー代謝にかかわるビタミンB群など体の健康維持に必要な栄養素を多く含んでいるのが特徴です。味にクセがない白身魚なので、是非色々なレシピに取り入れてみてください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    独特な味わいと風味が特徴のカツオ。8〜11月頃に良く獲れますが、秋に獲れるものは特に脂が乗っていて、お刺身やカルパッチョで食べられる事も多くあります。そんなカツオはは鉄分が豊富で、100gあたり1.9mgも含んでいます。春に獲れる初ガツオと秋に獲れる戻りガツオでは、戻りガツオのほうが脂肪分が多いと言われていますが、鉄分の量にほとんど変わりはありません。ビタミンA、Dなどの脂溶性ビタミンとビタミンB群も多く、また、良質なタンパク質とEPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸もたっぷり含んでいるため、旬の季節には積極的に食べたい食材です。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    缶詰めなどで良く見かけるシーチキン。簡単に手に入り、簡単に調理できるのが嬉しいですよね。サラダやサンドイッチ、炒め物など、合う料理も多くあるため、とても便利な食材です。びんながまぐろやきはだまぐろ、かつおなどから作られており、商品によって味も様々です。また、ブロックタイプやかたまりのタイプ、フレークタイプ、コーンなど他の具材が入ってるものなど、好みで使い分けられのも嬉しいポイントです。また、高タンパクなため、うまく利用すればダイエットにもつながります。一緒に使うものをぜひ工夫してみてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    クリーミーで濃厚な味わいの牡蠣。「海のミルク」とも呼ばれ、栄養価が高いのが特徴です。牡蠣の主な栄養素は、味覚を正常に保ち、ビタミンAの代謝を促す亜鉛、貧血を予防する鉄、銅などのミネラルのほかタウリンなど。そのほかにも、アミノ酸がバランスよく含まれていて、イソロイシンやロイシン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸などが豊富に含まれています。アミノ酸スコアは100点満点中79点と高い数値があるにもかかわらず、カロリーは100gあたり60kcalと低めです。糖質についても100gあたり4.7gと低いため、糖質オフダイエットにはぴったりの食材と言えます。糖質オフを徹底するなら、生食や水煮など、油やパン粉を使用しないレシピを選びましょう。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    プリプリの食感が楽しめるエビ。和食ではお寿司のネタに、洋食ではエビフライに、中華ではエビチリにとさまざまな食べ方ができるのが特徴です。エビと一口に言ってもさまざまな種類がありますが、代表的な食用例を挙げると、ブラックタイガー、甘エビ、クルマエビ、ボタンエビ、伊勢エビ、桜エビなどがあります。ブラックタイガーはベトナムなど東南アジアからの輸入品が多く、比較的安価なエビです。伊勢エビやクルマエビ、ボタンエビは高級食材として扱われることも多く、老舗料理店では一品料理としたメニューも存在します。エビは脂質が少ない食材なので、糖質オフの食事をしたい人にもぴったりです。種類にもよりますが、エビはたんぱく質が豊富で、カリウムやカルシウムが豊富です。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    うなぎといえば土用の丑の日ですよね。蒲焼きがスーパーで並んでいるのをよく見かける方も多いのではないでしょうか。うなぎは栄養満点な食材で、疲労回復に効果があります。うなぎを100g食べるだけで成人が1日に必要なビタミンAを摂ることができます。ビタミンAには目を健康にしてくれる働きや、皮膚や粘膜の新陳代謝を促す効果などがあります。土用の丑の日以外でも食べて欲しい食材ですね。一方でうなぎは高級食材としても有名です。養殖のうなぎは比較的安く手に入るので、ぜひ活用してくださいね。うなぎを温めなおすときは、うなぎの皮目を下にして軽く酒を振ってから電子レンジで温めるとふっくら仕上がりますよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    12月から2月ごろにかけて旬を迎えるぶり。この時期に漁獲されるものは寒ぶりとも呼ばれ、脂が乗っているのが特徴です。ぶりは青魚と呼ばれる種類で、栄養価が高いのがポイント。カルシウムの吸収を助けるビタミンDや乳酸を分解してエネルギーに変換するビタミンB1などが豊富に含まれています。ぶりを生で食べる場合は買った当日に食べきるのが一番ですが、食べきれない場合は遅くても翌日中に食べきるようにしましょう。ぶりにかかわらず、生魚や生肉は時間がたつとドリップという水分が出てきて旨味が出てしまいます。食品にドリップがついたまま保存すると臭みが出るため、保存する際はペーパーで拭き取ることをおすすめします。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    殻のまま食べることからカルシウムを始め、たんぱく質やアミノ酸を豊富に含む桜エビは、美容や健康のサポートとして注目されています。桜エビは、エビの中でもタウリンを多く含むため、アルコールの分解を助ける作用から二日酔い予防や乾燥のサポートに有効です。他にもデトックス、肥満予防にも効果的なのでダイエットのサポートにも適しています。乾燥させた桜エビは鉄分や亜鉛などのミネラルを多く含み、料理にプラスさせやすい食材のため常備しておくと便利な食材ですよ。桜エビに椎茸や卵、納豆を合わせてより骨粗鬆症予防を高めたり、ブロッコリーや小松菜と合わせて貧血対策にも効果的ですよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    スルメイカはスーパーなどで手軽に安価で手に入る、私たちの生活に身近なイカの種類です。刺身用、炒め用で分かれているので、用途によって使い分けてくださいね。冷凍で売られていることも多く、ストックしておけるのもありがたいですよね。スルメイカの内臓を取り出して、乾燥させたものがスルメです。スルメイカはかみごたえがあり、カロリーも低いのでダイエット中のおやつやおつまみにオススメですよ。スルメイカには疲労回復に効果のあるタウリンが豊富に含まれています。タウリンにはコレステロール値や血糖値を下げてくれる効果があり、健康によい食品です。しっかり噛むことでアゴも強くなるので、子供にもオススメですよ。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    桜えびは頭から尻尾まで、そのまままるごと食べられる小エビの一種です。内臓も殻も下処理なしで手軽に食べられるのも魅力です。桜えびは干したものも売られており、日持ちもするので常備しやすい食材です。干すことでうまみもギュッと凝縮されますよ。獲れたての桜えびを味わえるのは春、秋の年に2回だけです。機会があれば獲れたての桜えびも食べてみてくださいね。ミネラルやカルシウムも豊富に含まれており、育ち盛りの子供や、お年寄りまで幅広い年齢層に需要があります。桜えびは、桜のようにピンク色の見た目が可愛いですよね。料理に散らすだけでもオシャレになるのでパーティー料理にも向いていますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ウナギ科の魚である鰻(うなぎ)。世界中で18種類生息していて、日本には2種類生息し「ニホンウナギ」「オオウナギ」がいます。「土用の丑の日はうなぎ」と聞くことが多いため、旬は夏と思いがちですが、天然うなぎの旬は10月から12月の、秋から冬です。養殖うなぎの旬は6月から8月の夏に合わせられています。また土用の丑の日は年に4回あります。そんなうなぎの栄養価には、ビタミンA、ビタミンB1、B2、D、E、DHA、EPAそしてカルシウムなどのミネラルと豊富に含まれています。そして低カロリーでもあるため、健康的な食品です。うなぎをご飯にのせて食べるのもよいですが、このおやつレシピでは、パンで挟んだりしています。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    お刺身、煮物、フライ、塩辛など、私たちの食卓に馴染み深いイカ。スルメは足が多いことからお金(=お足)が増えるなどの意味から縁起物として親しまれています。日本で消費されるイカの半数近くがスルメイカで「真イカ」とも呼ばれています。イカ類は低脂質・低糖質の食材のためダイエットに適した食材です。肝臓のサポートや二日酔い対策に有効なタウリンをはじめ、アミノ酸の一種である「アルギニン」を多く含むため疲労回復のサポートにも効果的ですよ。ニンニクやジャガイモ、椎茸を合わせてより疲労回復効果をアップさせてもおすすめです。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    桜のように鮮やかなピンク色をした桜エビは、「海の宝石」とも称される食材です。静岡県の駿河湾が水揚げ量100%の桜エビは4月〜6月頃の春漁と、10月〜12月の秋漁の時期のみに獲られます。天然色素成分の「カロテノイド」の一種である「アスタキサンチン」を含み、筋組織における末梢性疲労軽減効果が認められ高い抗酸化作用が期待されます。このため、運動パフォーマンスのアップや筋肉痛、疲労予防に効果的できよ。乾燥した桜エビは栄養成分がより凝縮されていて風味もアップするのでいつもの料理にプラスするだけで育ち盛りの子供から高齢の方まで栄養バランスを整えるのに役立ちますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    日本人にとって古くから親しまれ、人々の生活に関わってきたうなぎ。高級食材であるため、頻繁に食べることは少なくても、「土用の丑の日」には食卓に並べる家庭も少なくないでしょう。うなぎはスタミナ食材として知られているように、ミネラル、ビタミンA、B1、B2、D、E、DHA、EPAといった人間にとって大切な栄養素が豊富に含まれています。うなぎといえば、夏バテ解消といった疲労回復効果が有名ですが、美容効果も高く、しかも低カロリーと女性にとっても理想的な食材なのです。うなぎにはビタミン群が豊富に含まれますが、中でも突出しているのがビタミンAで、美肌効果や免疫力の向上、がん予防などの効果があります。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    味が良いことに由来して名前が付けられたあじは、古くから日本人に親しまれている魚です。「ぜいご」と呼ばれる堅いトゲのあるうろこが特徴で、日本ではあじと言えば「まあじ」のことを指し、寿司や刺身のネタとしても人気で、パン粉をつけて揚げるアジフライは定食屋の定番メニューとしても人気です。日本全国の沿岸から沖合いで漁獲され、夏場が漁獲量の最盛期になっています。塩焼き・なめろう・干物にしてもおいしく、生で食べても臭みが少なく食べやすいです。あじはたんぱく質が豊富で、毛髪・爪・皮膚などを形成するのに必要な三大栄養素の1つです。他にも脳を活性化するDHA、アレルギーを緩和するEPA、うま味の素となるイノシン酸などが含まれています。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    脂がのって肉厚で食べ応えのある鯖は、醤油・味噌・みりんなど和食の素材とよく合う魚です。鯖の味噌煮などご飯によく合うおかずが人気で、揚げ物・煮物・焼き物など幅広い料理に使われます。しめ鯖にして寿司や刺身で食べるのもはもちろん、鯖サンドなどパンに挟んでサンドイッチにして食べるなど洋食の素材ともよく合いアレンジが効きやすいのも魅力です。鯖はオメガ3脂肪酸であるDHAやEPAを多く含み、DHAは脳を活性化させEPAは癌の予防やアレルギーを緩和する効果があるとされています。その他にもマグネシウムやカルシウムなどのミネラル類やビタミンB群、ビタミンAなど豊富な栄養素を含んでいます。鯖缶は低価格で長期保存でき、鯖缶一つで一品簡単にメインのおかずが作れるので、家に常備しておきたい食材の1つです。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社