キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    うなぎといえば「高級品」のイメージがありますが、「食べるとスタミナがつく」と言われるように、とても栄養価が高い食材です。うなぎに含まれるビタミンAは、免疫力をアップするはたらきがあり、風邪予防に効果があります。また、ダイエットに効果的なEPA(エイコサペンタエン酸)、脳の神経細胞を活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)、肌トラブルの改善やストレス解消を促すビタミンB群など、様々な栄養が含まれています。「かば焼き」で食べるのがポピュラーですが、ぜひ、さまざまな料理に取り入れて、積極的に食べたいものです。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【イサキのレシピ10選】定番の和食レシピからおしゃれなイタリアンまで!

    ムニエル、煮付け、フライ、塩焼き、刺身など、様々な料理にアレンジできるイサキ。初夏から夏に旬を迎え、程よく脂がのっていることが特徴です。カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、脂質の酸化を防ぐビタミンEが多く、不飽和脂肪酸であるEPAには、動脈硬化や高血圧の予防、アレルギー症状の緩和などに効果が期待され、DHAには記憶力・学習能力の向上、コレステロール値低下などの効果が期待されます。比較的手頃な価格で入手できて栄養バランスが整ったイサキはぜひ家族みんなで食べたい食材ですね。黒くて艶があり、お腹が硬めで張っている状態のものを選んで美味しく調理してください。 この記事では、「イサキ」とはどういう食材なのか紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選分

    どんな料理にも使いやすく、子供が大好きなシーチキン(ツナ缶)。まぐろやかつおが原料のシーチキンは、青魚特有のDHAやEPAといった必須脂肪酸や良質なタンパク質まで摂取できるのが魅力です。DHAは脳・神経組織の発育や機能を高めてくれるので、発達が盛んなお子さんに特に大切な栄養分です。EPAは血液をサラサラにする働きがあるなど、生活習慣病の予防につながり、大人に必要な栄養分なんです。シーチキンは、魚不足になりがちな現代人にとって、手軽に青魚の栄養を摂取できる便利な食品です。紹介する焼くレシピでは、相性の良いとろけるチーズを使った、色々な食材と組み合わせたグラタン風レシピやキッシュのレシピまで。普段はあまり使わないという方も、ぜひ今夜の献立に取り入れてみてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    世界の消費量のうち、約半数は日本国内で消費されると言われるほど、日本人が大好きなイカ。中でもスルメイカは、スーパーや魚屋で見かける一般的なイカで、刺身や煮付け、炒め物など様々な料理に活用できます。イカの代表的な栄養素の「タウリン」は、ほんのりとした甘みを感じさせる旨味の元です。栄養ドリンクの成分でもあり、滋養強壮や疲労回復の効果が期待されます。干したスルメイカの表面に吹く粉は、タウリンが結晶化したものですよ。冷凍保存も可能なので、食べる大きさに切ってから冷凍すると忙しい毎日の中でもさっと使うことができて便利です。様々な料理にアレンジして、疲れた体をエネルギーチャージしてくださいね。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    炊き込みご飯や、かき揚げにすると風味豊かで見た目も鮮やかな桜エビ。綺麗な薄ピンク色は夜に泳いでいる姿がキラキラと輝いているため「海の宝石」などと例えられています。日本で流通している桜エビは駿河湾で水揚げされるもののみで、静岡県の由比港や大井川港で獲れます。乾燥した桜エビは通年身近に手に入れることもでき、様々な料理に使うことができるので使い勝手抜群ですが、旬は春と秋の年2回です。新鮮な桜エビを食べるならこの期間を狙ってみてくださいね。丸ごと食べられる桜エビは下処理の必要もありません。干したものですと日持ちもするので家庭に常備して、様々な料理にプラスしてみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    初カツオと戻りカツオの2回の旬を持つカツオ。魚類の中でも高タンパクで、血合いが多く、ビタミンB群や鉄分などのミネラルをバランスよく含んでいます。ビタミンB群は、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をエネルギーに変えるのを助けてくれるため、疲労回復に役立ちます。ビタミンB1は、カツオのたたきにも使われる、玉ねぎやネギ、にんにくと一緒に摂取することで吸収率もアップするんです。カツオに含まれるアンセリン(アミノ酸の一種)には、疲労軽減効果や尿酸値を低下させる効果もあり、サプリメントになっているほど。スタミナ食材であるカツオ、紹介する焼くレシピでは本格的なたたきのレシピ、余った刺身やたたきのアレンジレシピなどお酒にもぴったりなレシピがたくさんありますよ。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    食用に使われる貝で一番よく使われるのがあさりです。貝塚などから数多くのあさりの貝殻が出土することから、日本では古くから食用として食べられていたことが分かっています。あさりは生食には向いていないため、必ず火を通して調理します。使用する前に砂出しをする必要があり、冷凍保存が可能なので使い勝手がいい貝類と言えます。あさりには旨み成分のタウリンが含まれ、血液をサラサラにする効果や中性脂肪の改善にも効果があるとされているので、ぜひ料理に積極的に取り入れたいですね。あさりは味噌汁や酒蒸しなどの和食、ボンゴレスパゲティやクラムチャウダーなどの洋食にも使える便利な食材です。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ししゃもはお酒のおつまみによく食べられる魚で、小さくて頭からしっぽまで丸ごと食べることができます。ししゃもという名称は、アイヌ語の「スサム」に由来して、アイヌ民族の伝説にはししゃもに関する伝説が存在し、古くから食べられていた魚です。ししゃもは骨も丸ごと食べることができるので、とても栄養価の高い魚です。魚に多く含まれるDHAや、アレルギーの症状を抑えると言われているEPAなど、ししゃもには体にいい栄養素が豊富に含まれています。その他にもカルシウムや免疫力を高める亜鉛も豊富で、ししゃもの卵にはコラーゲンが含まれているので美容にもいい魚です。噛み応えがあって低カロリーなので、ダイエット中のおやつにも適しています。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【焼く編】おすすめ4選

    コリコリとした食感が楽しめる数の子。ニシンの卵ですが、魚卵に多いとされる、コレステロールはイクラの約1/2以下、プリン体は、たらこ、明太子の約1/5〜1/7以下と、他の魚卵に比べて少ないのが特徴です。さんまやマグロよりも多いDHA、EPAを含み、血糖値や血中コレステロール値を下げる効果があるため、生活習慣病の予防に期待されています。プリン体も極めて少ないため、尿酸値を気にされる方にも最適です。塩抜きをして用いる塩数の子が一般的ですが、そのまま食べられる味付き数の子、天日干しをした干し数の子など、さまざまな風味の数の子があります。紹介する数の子の焼くレシピでは、おせち料理で余った時にアレンジできるレシピや、健康維持にも最適な、お酒のお供にぴったりのレシピもありますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    鯖は低価格で手に入れることができる魚として、人気のある食材です。脂がのっているのが特徴で、和食によく合い焼き魚・煮魚・寿司などに使われます。鯖缶も人気があり、下処理せずに簡単に作えることから鯖缶は時短料理の人気アイテムとなっています。和食以外にも、トマト煮やパン粉焼きなどの洋風のレシピも人気があります。鯖には不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれており、血液をサラサラにして癌の予防にも効果があると言われています。脳を活性化させる働きがあるDHA、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDなど体にいい栄養素を含んでいます。体にもよくお財布にもやさしい鯖は、ぜひ料理に積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    焼く、煮る、揚げる、そのままでも美味しいエビは食卓を華やかに彩ります。日本人に古くから関わるエビは、縁起物として正月やお祝いの席には欠かせませんね。日本は世界でも消費率が上位になり、年中様々な種類が出回ります。疲労回復のタンパク質、抗酸化作用や、肩こり・冷え性に効果が期待されるビタミンE、骨粗鬆症やイライラ解消に効果のあるカルシウムが豊富に含まれ、糖質が少ないことも特徴的です。どんな味付けにも合うエビを積極的に取り入れて家族みんなで健康な体づくりを目指しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    カキフライ、鍋物、グラタンなど熱々な料理から、生でも食べられる牡蠣。「真牡蠣」の旬は冬に旬を迎え生食用・加熱用と様々な料理に使われることに対し、「岩牡蠣」は春〜夏に旬を迎え、生食用が一般的です。身が乳白色で、牛乳と同じように様々な栄養素を含んでいることから別名「海のミルク」とも呼ばれます。肌や髪を健康に保つ亜鉛は、味覚に大きく関係し、免疫力アップなどの効果も期待されます。アンチエイジングにはか欠かせないセレンも多く含み、積極的に摂りたい栄養素が含まれていますが、亜鉛などの過剰摂取は下痢や嘔吐などの中毒症状や腎臓などの健康を害する危険があるので食べ過ぎには要注意です。食中毒にも注意が必要で、正しい知識を持って美味しくいただきたいですね。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本人がよく食べる魚として人気のあじは、さまざまな料理に使われます。「あじ」の名前の由来は、味が良いことに由来すると言われています。あじは生でも食べることができ、寿司のねたや刺身としてもよく食べられています。その他にも人気なのがアジフライで、あじをひらいてパン粉をつけた料理でお惣菜コーナーでも人気を集めています。あじはタンパク質と脂肪のバランスがよく、うま味の素となるイノシン酸が豊富でEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が多く、動脈硬化などを防ぐ効果があります。あじは和食以外にも、パスタなどの洋風料理にもよく使われます。体にいい栄養素を含んだあじはぜひ料理に取り入れたい食材です。今回はあじを使った煮るレシピに注目してお届けします。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    刺身、照り焼き、ぶり大根など、そのままでも焼いても煮ても美味しいぶりは私たちの食卓に馴染み深い魚です。出世魚としても代表的なぶりは地方によってイナダ・ハマチ・ツバスなど様々な呼び名があることも特徴的です。良質なタンパク質と脂質をはじめ、EPA、DHAを豊富に含み、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防に効果が期待されます。ビタミン、鉄分、カルシウムの栄養素の他に、洗い流してしまいがちな血合いには、肝機能の改善に効果が期待されるタウリンも多く含まれます。頭やあらにはコラーゲンが多く含まれるので、ぶりには無駄な部分はなく全て食べられますよ。料理に合わせた部位を選んでみてくださいね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    私たちが最もうなぎを身近に食べるときは「土用の丑の日」ではないでしょうか。この習慣が始まったのは江戸時代、医者であり発明家だった平賀源内が鰻屋から商売の相談を受け、「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べると夏やせしないと言われたことから「本日丑の日」と書いて店先に出すことを提案したところ大変繁盛した、という有名な話から、「暑い日が続く夏には元気が出るようにうなぎを食べよう」という習慣がうまれました。実際にうなぎにはビタミンAが特に豊富に含まれ、ウイルスや最近への抵抗力を強くして免疫力を高めてくれる効果が期待されます。他にも、ビタミンB群、D、Eや、DHA、EPA、カルシウ、亜鉛なども豊富に含むため、暑さで疲れやすい季節には積極的に食べると良い栄養がぎゅっと凝縮されていますね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    「スルメイカ」は数多くいるイカの一種で、日本では一年中非常によく食べられ、私たちに身近なイカのひとつです。イカの内臓を取り除いて乾かしたイカの総称を「するめ」と呼びます。「スルメイカ」は「するめ」の原材料として重要であることからこの名前がついたとも言われていて、日本人には親しみ深い食品でとして古くから結納品のひとつでもあります。高タンパク低カロリーのスルメイカは、栄養ドリンクの成分でもある「タウリン」を多く含み、疲労回復や肝機能を高め、コレステロールの代謝を促し、血液をサラサラにしてくれる効果が期待されます。そのままでも調理しても美味しいスルメイカは、便利で、栄養満点な優秀食材です。積極的に食べて体の中から元気な毎日を送りたいですね。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    丸ごと食べられて美味しいししゃも、特に子持ちししゃものプチプチとした食感がくせになりますよね。ししゃもは、カルシウムが豊富なのはもちろん、アレルギー症状を改善してくれるEPAや頭のよくなる栄養素として有名なDHA、脂質の代謝に関わりエネルギーを供給したり、細胞の発育に関わるので、成長ビタミンとも呼ばれるビタミンB2も含んでおり、育ち盛りのお子さんにもぴったりな食材です。さらに、子持ちししゃもの卵にはコラーゲンが豊富なので、美容効果まで期待できます。焼いて食べることの多いししゃもですが、焼く以外にも煮る方法でメインのおかずに変身できます。作り方や、食材の組み合わせも様々。嬉しい効果を持つししゃも、煮るレシピで積極的に摂取したいですね。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ7選

    カツオといえば日本の食卓によくあがる、なじみの深い魚です。そんなカツオには栄養がたっぷり入っています。特にビタミンB群が豊富で鉄分もたっぷり含まれているんですよ。疲労回復に大変役立つ魚といっていいでしょう。旬は2回あって、まずは初夏の「初ガツオ」。そして、秋の「戻りガツオ」。それぞれ味も栄養価も違うんです。「初ガツオ」はさっぱりした味、「戻りガツオ」は脂がのってコクのある味。栄養価は少しだけ戻りガツオの方が高いんですよ。カツオは新鮮なうちに食べるのが一番で、もし余ったら加熱調理して早めに食べるのがおすすめです。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ8選分

    お正月のおせち料理に入っている数の子。華やかな黄色い数の子は、おせち料理の中でも目立つ存在ですよね。数の子はニシンの魚卵で通常は塩漬けにして売られています。これは鮮度を保つために海水より濃度を高くしてあるためで、食べる際には塩抜きが必要です。家庭では、お正月にしか食べないという人もいるかもしれませんね。日常的に数の子を食べることは少ないでしょう。しかし、なかにはお正月に食べきれなかった数の子に困った経験をした人もいるのではないでしょうか。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    シーチキン(ツナ缶)を家に常備している人も多いのではないでしょうか。シーチキンは缶詰の中でもなじみが深く、スーパーなどで簡単に手に入りますよね。なにより、そのまま食べてもいいし、ほかの食材と混ぜて料理に使ってもよし、と使い勝手がよく、便利なところが魅力です。アレンジしやすいので、いろいろな料理に合わせやすく、家にストックがあるとどこか安心するんですよね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本で多く漁獲されるいわしは、昔から安価で美味しく、栄養のある魚として親しまれてきました。いわしには脳細胞の働きを活性化し、記憶力・学習能力の向上に役立つDHA、細胞の発育と正常な働きに欠かせない、成長ビタミンとも言われるビタミンB2やカルシウムを豊富に含み、特に育ち盛りのお子さんに適した食材なんです。また、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロール、中性脂肪を下げる働きのある EPAも豊富で生活習慣病の予防にも期待されています。いわしは小骨が多くて面倒に感じたり、青魚特有の臭みが苦手、という方も多いでしょう。圧力鍋で煮ると、簡単に骨まで柔らかくなりカルシウムをたくさん摂れます。しょうがや梅干しと一緒に煮ると臭みも和らぎ食べやすくなりますよ。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鯖の旬の時期は10月~12月です。最も脂がのっているのは秋から翌年の2月にかけての鯖です。この時期の鯖は寒鯖や秋鯖と呼ばれています。鯖の一種であるゴマ鯖は通年中スーパーで売られています。鯖の食べ方には様々あります。塩焼き、しめ鯖、味噌煮が代表的です。鯖は鮮度が落ちやすいので刺身で食べるのは大変貴重とされています。鯖は脂質が豊富です。多価不飽和脂肪酸のEPAやDHAを多く含んでいます。多価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがあります。またビタミンも豊富に含まれていて貧血の予防や肩こりの解消の効果があるとされています。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    エビは種類が沢山あり日本では700種類あるとされています。スーパーでは甘エビや車エビ、桜エビ、ブラックタイガーなどがよく見かけるのではないでしょうか。エビには良質なたんぱく質が含まれています。疲労回復や滋養強壮に効果があります。ビタミンEも豊富に含まれていて細胞の酸化を抑える働きがあります。外殻にも栄養があり食物繊維のキチン・キトサンには血中悪玉コレステロールを下げてくれる作用や整腸作用があります。またアスタキサンチンも含まれていて眼精疲労の改善にも効果があります。刺身でも焼いてでも食べることができるエビは人気の食材になっています。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    エビを丸ごと一尾そのまま食べることから栄養価が高い桜えびは、「海の宝石」とも呼ばれます。日本では駿河湾でしか水揚げされず、静岡県の特産品として有名です。桜えびには良質なDHA、EPA、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ美容や、生活習慣病対策に適した食材です。うまみ成分である「グリシン」によってコレステロール値の低下やコラーゲンの構成、良質な睡眠を促す効果など多岐にわたり健康効果が期待されています。桜えびは、生・茹で・素干し・煮干しの4つの形に加工され私たちの食卓に並びます。特に干しエビは保存もききますので常備し、様々な料理に加えて栄養価をぐっとアップしたいですね。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    牡蠣は海のミルクと呼ばれています。牡蠣はぷりぷりとした食感が特徴的です。牡蠣には栄養がたくさん含まれています。ミネラル成分やタウリンが豊富に含まれているので栄養食にもなっています。中でもミネラルの一種である亜鉛が豊富で味覚障害の予防の働きがあります。タウリンが豊富に含まれているので疲労回復効果、乳酸の抑制の効果があります。また、肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒を飲んだ後に食べると良いです。牡蠣はシンプルに焼いて食べるのもよいですし、パスタや炒め物など様々な料理に使うことができる食材です。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    冬になると特に脂がのったぶりが店頭に並びますね。この脂には不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAが豊富に含まれ、脳の情報伝達をスムーズにする働きを持っているため、記憶力向上やアルツハイマーの予防に効果が期待されます。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあるので、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病予防にも効果があります。他にも骨粗鬆症予防のビタミンD、動脈硬化予防のタウリン、貧血対策の鉄分も含まれるため家族みんなで積極的に摂りたいですね。焼いても煮てもお刺身でも美味しいぶりを様々な料理にアレンジして、旬の時に美味しくいただきたいですね。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    焼いても煮ても刺身でも美味しいイワシは全国各地で水揚げされ、漁獲量ナンバーワンの魚です。魚だけに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血管を強くしたり、アレルギーを予防したり、健康な脳の働きを維持するために大切な成分で、私たちの体には欠かせない栄養素です。旬の脂がのっている時期は特にたっぷり含まれていますので、旬の時こそ積極的に取り入れたいですね。体を守る皮にはコラーゲン、タンパク質、ビタミンB群が豊富に含まれるため、出来る限り皮ごと食べて無駄なく栄養を取り入れましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    日本人がよく食べる魚の1つに挙げられる「あじ」。あじは年中食べられる魚ですが、旬は5~7月で旬に食べるあじが一番おいしいと言われています。種類も豊富で、ムロアジ・マルアジ・シマアジ・メアジなどがあります。あじは良質のたんぱく質を多く含み、ナイアシン・ビタミンB群・カルシウムなど体にいい栄養素を含んでいます。他の青魚に比べてカロリーも控えめで、たんぱく質と脂肪のバランスがよくうま味の素となるイノシン酸も豊富です。あじは寿司ねたとしても人気で、あじフライも洋食の人気メニューになっています。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    貝類の中でもさまざまな料理に使われることが多い「あさり」。日本では古くから食用として食べられており、ビタミンB1を破壊するアノイリナーゼを含むため生食には使われず必ず火を通して食べます。アサリを調理する前には必ず砂出し・砂抜きをする必要があり、ひと手間かかりますがあさり独特の風味が抜群で料理を引き立てます。養殖もさかんなため一年を通じて食べられますが、旬は春から初夏にかけてになっています。あさりは鉄分が豊富で、貧血にも効果があるビタミンB2も多く含まれていて、ぜひ料理に取り入れたい食材です。あさりと言えばあさりの味噌汁や酒蒸し、ボンゴレビアンコなどのパスタ類によく使われます。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    中国料理の中でも特に人気が高いのが餃子です。日本で食べられるようになったのは100年ほど前からで、今や日本人の食生活の中にしっかり定着しています。庶民的で身近な料理として愛されており、宇都宮餃子や浜松餃子など日本各地に餃子の名産地が生まれているほどです。中国では餃子を主食として食べ、主に水餃子が主流ですが、日本ではご飯に合わせるおかずとして位置づけられ、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子、揚げ餃子と様々な調理法で食べられています。家で手作りする家庭も多いですが、冷凍食品やチルド品も多く販売されているため、いつでも手軽に食べられます。皮をパリパリに焼いて食べる焼き餃子は特に人気で、メジャーな食べ方といえるでしょう。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社