キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    青魚に分類されるいわし。アミノ酸をバランスよく含むだけではなく、中性脂肪を減らすサポートをしてくれるEPAや、脳の活性化に役立つDHAが豊富に含まれ、健康的な食材として注目を集めています。海面付近で群れをなして泳ぐいわしは、古くから私たち日本人の食生活になじみが深い魚で、鮮魚以外でも煮干しや目刺しなど、さまざまな加工品として流通しています。いわしは長崎県や三重県、宮崎県など各地で漁獲され、地域によって旬の時期が少しずつずれているので、ほぼ1年を通して味わえます。身近な青魚のいわしを食べて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    鯖は家庭料理でよく使われる魚で刺身や寿司ネタでも人気があり、日本人になじみのある魚として親しまれています。脂がのっていて、焼き物・煮物・揚げ物・蒸し物など色々な調理法に適しています。鯖の生食はおすすめしませんが、酢でしめてしめ鯖にすると食べられます。他の魚に比べると低価格で手に入れることができ、お財布にやさしいのも魅力です。生の鯖以外にも鯖缶は保存が効いて、手軽に料理に使えるので家に常備しておきたいマストな食材です。鯖には癌の予防に効果があると言われているEPAや、脳を活性化させる働きがあるDHAなどが含まれています。鯖は節約したい時にも活躍して体にもいい栄養素が含まれているので、ぜひ積極的に料理に使ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    さまざまな料理に使えるエビは便利な食材として人気があります。茹でる・蒸す・炒める・揚げるなどさまざまな調理法に使えて、プリプリの食感が料理にアクセントを加えます。火を通すときれいな赤色に変わり、料理に彩を加えてくれます。和食・洋食・中華とジャンルを問わず使えて、使用する調味料で簡単にアレンジできるのも魅力です。エビは約30%がたんぱく質で、たんぱく質は筋肉・皮膚・爪などを作るのに欠かせない栄養素です。たんぱく質は豊富ですが糖質や脂質はほぼゼロのため、ダイエットにもおすすめの食材です。エビにはうま味成分として知られる、アスパラギン酸やグルタミン酸が含まれているため料理をさらにおいしくしてくれます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    濃厚な味わいで栄養満点な牡蠣は、別名で海のミルクと呼ばれています。肝臓の働きをサポートして疲労回復に役立つグリコーゲンや、貧血を予防してくれる鉄や銅などのミネラル、体内の酵素やホルモンの構成成分となる亜鉛、スタミナをつけてくれるタウリンなど、私たちの体にうれしい成分が多く含まれています。現在では養殖技術が発達し、日本国内では日本海側、太平洋側の各地で養殖されており、1年を通してスーパーに並んでいます。牡蠣は大きく2種類に分けられ、真牡蠣は冬に、岩牡蠣は夏に旬を迎えます。旬の牡蠣はぷりっとしてクリーミーな味を楽しめますよ。牡蠣をおいしく食べて、キレイと元気を手に入れましょう。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    シーチキンはマグロの油付けのことで、子供から大人まで幅広い年代で人気です。手軽に料理に使えるシーチキンの缶詰めは低価格で日持ちするので常にストックをしているというご家庭も多いでしょう。たんぱく質、DHA、EPAなどの栄養素が豊富に含み、注目したいのがシーチキンにはビタミンKが含まれているということです。ビタミンKは出血時に血が止まるのを助ける働きや骨の形成などの働きがあり人間には必要不可欠な栄養成分です。またシーチキンの油に含まれるリノール酸は動脈硬化を予防する働きがあるため捨てずに料理に活用します。サラダやおにぎりの具、フライなど調理法が色々あるのでおすすめです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    イカは多くの種類があり、日本海だけでも80種類以上が生息していると言われています。そんな中で、スルメイカは日本列島の周囲を中心に分布し、海流に乗って回遊することで知られています。大きさは2、3センチのものから25~30センチまでさまざまなうえ、体は半透明で興奮すると全体が赤褐色に発色します。調理する際は目が美しい黒く、表皮の色ははっきりと残っているものを選んでください。ちょっと触ったときにスーッと色が変わる状態だととても新鮮な証です。スルメイカは身が固いため、刺身よりは焼いたり煮たりするなどしたほうがうま味が引き立てやすいです。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    桜えびは体色が桜の花のように透き通ったピンク色に見えることが由来していて、下処理がいらない上に気軽に料理に使える万能食材です。殻も内臓も食べられるので、カルシウムを多くとることができます。カルシウムには体のPH値や体調を整える役割があるので、積極的に摂りたい食材ですね。また、食物繊維も豊富なので美容と健康のためにはうってつけの食材です。生や釜揚げは料理のメインの味ともなり、乾燥桜えびは炒め物にさっとかけて混ぜたり、料理の最後に上から振りかければ香ばしい香りがふわっと広がります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    そのまま食べてもおいしいシーチキンは、原料の魚・魚肉の形状・調理の方法で分類できます。まずは原料となる魚には、びんながまぐろ・きはだまぐろ・かつおがあります。びんながまぐろの特徴は淡白な味わいで、まぐろ缶詰の最高級の原料です。次にきはだまぐろですが、刺身にも利用されており魚肉が柔らかい点が特徴。かつおは赤身で柔らかい魚肉を持っており、加工食品にも使われています。形状での分類は、ブロックタイプ、チャンクタイプ、フレークタイプがあり、料理によって使い分けるのをおすすめします。調理方法では、油漬けや食塩・オイル無添加などがあります。長期保存も可能なシーチキンを使っておいしい料理を作ってくださいね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    カツオは温帯海域に分布している回遊魚で、日常の食卓にもよく利用されています。日本では春の4月から5月にかけて黒潮にのって北上してくる「上りガツオ」、秋に南下してくる「戻りガツオ」としてもおなじみですよね。選び方のポイントは、一尾の場合は目が澄んでおり、エラの内側が鮮やかな紅色のものを選んでくださいね。また節の場合も、褐色ではなく鮮やかな赤のものを選ぶようにしましょう。カツオに含まれる栄養は、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。脂質に関しては、「戻りガツオ」よりも「上りガツオ」の方が少ない点が特徴です。栄養が豊富はカツオで色々な料理を楽しんでください。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    土用の丑の日にうなぎを食べる風習が日本にはありますが、うなぎには他の魚に比べて他を寄せ付けないくらいにビタミンAの含有率が多く、100gで成人の1日に必要な量を保有しています。ビタミンAは目の働きを良くしたり、がんを抑制する働きをしてくれる栄養素で、一般的な魚のビタミンAは内臓に集まるので処理されがちです。しかし、うなぎは体全体にビタミンAがいきわたっているのでどの部分を食べても栄養が摂れます。また、ビタミンA以外にもコレステロールや中性脂肪など血管や血液に関する病気の予防にも効果があるEPAや美肌や老化防止の効果が期待できるビタミンEが多く含まれているので日々の生活に取り入れたい食材ですよね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ししゃもは頭からしっぽまで、骨ごと食べられる魚です。栄養価が高いうえに、比較的安く売られているのがうれしいですね。まるごと食べられるということは、ししゃもの栄養をそのまま摂取できるので、栄養価の高い食材です。特にししゃもはカルシウムが豊富で、焼くだけで骨まで食べられるという利点は大きく、子どもから大人まで、老若男女問わず日ごろから食べるようにしたいものです。骨粗しょう症の予防にもなりますね。また、アレルギーを改善するEPA、脳を活性化させるDHAなども多く含まれています。さらに、胎児の成長に必要な葉酸もたくさん含まれているので、妊娠中の女性には特におすすめです。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    カツオの旬は初夏と初秋で、4月~5月にピークを迎える初カツオと8月~9月がピークの戻りカツオがあります。カツオには脳の働きを活発にするDHAや、血液をサラサラにするEPAが豊富に含まれています。他にもタウリンが含まれているため肝機能を高める働きがあります。カツオを選ぶ際は目が澄んでいるもの、エラが鮮紅色のもの、身が硬く締りがあるものを選ぶと良いでしょう。カツオは傷みやすい食材ですので購入したらすぐに調理をしてください。主な食べ方は刺身、タタキ、フライです。中でもカツオを使ったフライは簡単においしく作ることができるのでぜひ試してみてください。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    硬いトゲが特徴の魚、あじ。4月から11月ころに収穫され、旬は夏とされています。刺身やたたき、塩焼き、干物など、どんな調理法とも相性がよく、それぞれ味わいが異なるので、料理するのも楽しいですよね。味に癖がなく、たんぱくな味わいが万人受けする魚です。また、あじにはたんぱく質やビタミン、ミネラル類が豊富に含まれているため、ダイエット中でも栄養を補ってくれる、お助け食材でもあります。抗酸化成分のあるニンニクや生姜などを薬味にしたり、一緒に調理することでさらに効果を高めてくれますよ。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ほぼ1年中食べることのできる「あさり」。タウリンや鉄、ビタミン、マグネシウムなど、栄養豊富でヘルシーな食材です。貧血を予防したり、コレステロールの上昇を防いでくれる優れものです。また、旨味があるのが特徴で、これはアミノ酸の成分が含まれているためです。新鮮なあさりを選ぶコツは、生きていて重みがあり、模様がはっきりしているもの、殻が大きく、割れていないものと言われています。新鮮なあさりで旨味たっぷりの料理をつくりましょう。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    近頃、人気の高いさばですが一般的に流通しているものはマサバ、ゴマサバが多く、種類によって味わいが変わります。まず、マサバは秋に脂がのっていておいしいと言われていて、晩秋から翌年の11月ころまでが旬です。11月のものを秋さば、12月から翌年2月までのものを寒さばと呼びます。また、ゴマサバはもともと脂質が少なく、1年を通して味がほとんど変わりません。ですが、マサバの味が落ちる季節でも変わらぬ味として、夏に旬を迎えます。さばにはDHAと呼ばれる多価不飽和脂肪酸というものが多く含まれ、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果が高いと言われている食材です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    たっぷりのうまみを持ちプリプリの食感が魅力の牡蠣は、カラダに必要な栄養素をバランスよく含んでいる栄養満点食材です。魚介類に多いアミノ酸の一種、タウリンが豊富に含まれ、肝機能の強化に効くほか生活習慣病の原因となる血中のコレステロールや中性脂肪、血糖値を下げたり血圧を正常に保つ働きをもっています。また、牡蠣のもつ糖質にはエネルギー源となるグリコーゲンが多く疲労回復や体力をつけたい時に最適な食材です。亜鉛や鉄、銅、カルシウムなどのミネラルも豊富で、肌の健康維持や貧血予防、骨や歯の強化にも役立ちます。子供から高齢者まで家族の健康をサポートしてくれる牡蠣をぜひ活用しましょう。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本ではなじみの深い魚のいわしは、一年中手に入りやすい魚です。旬は8月~11月初めまでで、脂がぐんとのってきます。魚に多く含まれているDHAとEPAですが、いわしはこのどちらもバランスよく含んでおり、カルシウムも豊富。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含んでいるので、とても効率よくカルシウムを摂取できます。栄養的にも優秀といえる食材なので、なるべくよく食べるようにしたいですね。新鮮なものなら刺身でも食べられますし、フライにしたり、他の食材と一緒に炒めたり、たたいてつみれにするなど、調理法は多彩です。とはいえ、いわしを毎日食べるのは大変ですよね。忙しい毎日にはいわしの加工食品を効率よく活用しましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    鮮やかな色合いで料理を華やかにしてくれるエビは、ぷりぷりの食感とうまみがたっぷりで人気の食材です。高タンパク低脂質、糖質もほぼゼロでヘルシーな上、疲労回復や免疫力の向上に役立つアミノ酸がたっぷり含まれています。抗酸化作用を持つビタミンEも多く、細胞の老化を予防するアンチエイジング効果も期待できますよ。また、タウリンも豊富で肝機能を高めたり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ちます。エビの殻には整腸作用や肥満防止に効果的なキチンとキトサン、赤い色素成分アスタキサンチンを含み、強力な抗酸化作用で美肌作りや健康維持に効果的です。料理の際にでる新鮮な頭や殻は唐揚げにしたり、ダシをとってスープにするなど捨てずに活用しましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    一般にうなぎと言われているものはニホンウナギのことを示し、中国やオーストラリアからの輸入が多いのが現状です。夏バテに効くと言われているうなぎには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。中でもビタミンAが多く含まれており、うなぎを100g食べると1日に必要とする量を摂ることが出来ます。うなぎの食文化は日本各地でも異なり、例えば関東では蒲焼きや白焼きがあります。中部では名古屋のひつまぶしが有名ですよね。また九州の福岡県柳川市には、ご飯にウナギのタレを絡めてウナギの蒲焼きをのせ蒸す「せいろ蒸」があります。手ごろな価格で購入できる輸入うなぎを使ってうなぎ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    成長するたびに呼び名が変わる出世魚の「ぶり」。旬は12月から2月の冬の時期で、この時期のぶりは「寒ぶり」と呼ばれ、脂がたっぷりと乗っていて、とても人気です。ぶりは養殖が盛んで、出荷量の6割以上を占めています。ぶりには多くの栄養素が含まれ、良質なたんぱく質や脂質をはじめ、ビタミンやミネラルもたっぷり。コレステロールの代謝促進に効果があるビタミンB群や、動脈硬化や高血圧を予防するビタミンE、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなど、体に良い効能がたくさん得られます。ぶりといえば、お刺身やぶり大根、照り焼きなどさまざまな食べ方がありますが、和食だけでなく中華や洋食にも合わせられるのでレシピも豊富です。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ8選

    ししゃもはDHA、EPA、カルシウム、亜鉛が豊富に含まれている食材です。脳を活発化させ、コレステロール値を下げ視力低下を防ぐ効果があるDHAは魚の目に多く含まれています。ししゃもは頭からしっぽまで丸ごと食べることができるので、含まれているDHA等の栄養をそのまま余すことなく摂ることができますよ。DHAは血圧を下げる働きもあるため高血圧になってしまう妊婦の方にもおすすめの食材です。ししゃもの卵にはコラーゲンが含まれているので特にメスの子持ちししゃもは女性におすすめです。焼いて食べるのが一般的ですが蒸す調理法も多数あります。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    まぐろ・鮭・さばなどと並んで、よく食べられる魚「ぶり」。スズキ目アジ科に分類され、身がしまって脂ののった食べ応えのある魚です。ぶりの旬は12~1月で、成長するにつれて呼び名が変わるため出世魚としてお節料理にも使われます。ぶりは脂がのっているので食べすぎはよくないのでは?と思いがちですが、ぶりに含まれる脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAです。DHAはアルツハイマーの予防に役立つと言われていて、EPAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。その他にも骨粗鬆症の予防に効果のあるビタミンDや動脈硬化を予防する働きのあるタウリンなどが含まれています。体にいい栄養素が豊富に含まれているので、脂がのっている時期にしっかりと旬のぶりを楽しみましょう。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ぷりぷりの食感が人気のエビ。エビフライに用いられることの多いブラックタイガーやバナメイエビ、寿司屋などでよく見かける甘エビ、主に乾燥した状態で売られている桜エビ、高級食材として有名な伊勢エビなど、様々な種類があります。エビの身はその9割以上を水分とタンパク質で占めていて、糖質や脂質はほとんど含まれていません。タンパク質を構成しているのは、多種のアミノ酸。旨味の元となるグルタミン酸や、疲労回復や高血圧の抑制に効果を発揮するタウリンなど、身体に嬉しい成分をバランス良く含んでいます。下処理にコツが要るという印象を持っている人もいるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に調理できますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    立派に太ったぶりは、冬の味覚を代表する魚のひとつです。成長過程で呼び名が変わることから、縁起の良い出世魚としても有名。ぶりは体長80センチ以上に成長したものを指し、その名の由来は「脂が訛ったもの」や「身がぶりぶりとしているから」など諸説あります。良質な魚介タンパク質やDHA・EPAといった不飽和脂肪酸はもちろん、骨の健康を助けるビタミンD・疲労回復効果のあるビタミンB1・脂質の代謝を助けるビタミンB2などにも富んでいるぶり。アルコールの分解を助けるナイアシンという成分も豊富です。育ち盛りの子どもから不摂生の気になる大人まで、家族みんなの健康に嬉しい栄養素がたっぷりですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    いわしは私たちの食卓に大変身近な青魚です。主に食べられているのは、マイワシ・カタクチイワシ・ウルメイワシの三種類。世界各地の沿岸で漁獲され、日本においても古くは縄文時代から、栄養源として重宝されてきました。「鰯」という漢字表記は、水揚げするとすぐ弱ってしまい、傷みやすいことが由来だと言われています。そのため、干物や缶詰などの加工品として広く流通しています。現在では鮮度を保つための技術が発達しているため、新鮮なものを刺身や揚げ物に食べる鰯料理も人気があります。生のいわしを買う際は、黄色っぽくなっているものを避け、張りとツヤがありエラが綺麗な紅色をしているものを選びましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    スルメイカは値段も手頃で生でも煮ても焼いてもおいしく、様々な料理に使える便利な食材です。栄養価も高く、高タンパク低脂質で必須アミノ酸が多く、良質なタンパク質を摂取できるんです。ビタミンDを除く主要なビタミンをバランスよく含んでいるのも特徴で、特にアンチエイジグ効果を持つビタミンEと二日酔い予防などに役立つナイアシンが豊富です。スルメイカにはタウリンも多く、コレステロールや血糖値を下げたり血圧を正常に保つなど生活習慣病の予防にも効果的なんです。亜鉛も豊富でストレスを緩和したり免疫力を高める働きも持っています。健康的な生活をサポートしてくれるスルメイカ。定番のリングフライや天ぷらなどのフライレシピでおいしく栄養を摂取しましょう。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    数の子は鰊の卵です。魚卵の一種で魚卵にはプリン体が多く含まれていますが、数の子はプリン体が少なくコレステロールも低い食材です。数の子にはDHA、EPAが豊富に含まれています。DHA、EPAはコレステロールを抑え体の外へ出す作用があります。数の子と言えばお正月のおせちのイメージがありますが、沢山の栄養が含まれているので普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか。そのまま食べるのはもちろんおいしいのですが、数の子をアレンジしたレシピが多く紹介されています。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    うなぎはスタミナ満点ですので夏バテ解消に良く、年齢問わず子供から大人まで人気がある食材です。栄養面ではビタミンA、ビタミンB2が豊富に含まれていますので滋養強壮、視力回復にも効果的です。うなぎにはレチノールという動物性ビタミンAが含まれていますので過剰摂取にならないよう、特に妊娠初期の妊婦は食べすぎに注意が必要です。うなぎと言えば蒲焼を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。うなぎの蒲焼を使って揚げたアレンジレシピが数多くありますので厳選して紹介します。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サンドイッチ、パスタ、おにぎり、お寿司などの主食との組み合わせや、炒め物、煮物など加熱料理、サラダや和え物など仕上げにトッピングするなど、様々な料理に大活躍なシーチキン。使い勝手が良いため常備しているご家庭は多いのではないでしょうか。「ツナ」が一般的な総称で、はごろもフーズが製造販売している缶詰の商品が「シーチキン」です。マグロやカツオが原材料のためDHAやEPAなどたっぷりと摂れて、ツナ缶に使われる油には旨味や栄養分が溶け込んでいるのでそのまま料理に活用してくださいね。ツナが蒸した鶏肉によく似ていることから「シーチキン」と名付けられたとの由来がある通り、蒸し料理ととても相性がよく、蒸すことでよりしっとりとして旨味が凝縮されますよ。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    泳ぐスピードが魚の中でもトップクラスのカツオ。旬は初夏の「初ガツオ」と秋の「戻りガツオ」2回です。初ガツオはさっぱりとした味わいで、戻りガツオは脂がのり、濃厚な味わいで栄養も初ガツオより高い特徴があります。新鮮なカツオのほかにも私たちの食卓に馴染み深い鰹節は使い勝手がよく、常備しているご家庭も多いですよね。良質なタンパク質や、脂肪酸の他に、常に泳ぎ続けるカツオの筋肉を支える血合いにはビタミンや鉄分、ミネラルがたっぷりと含まれているため疲労回復にぴったりの食材です。鰹節に加工されても栄養は劣らず、消化もしやすくなるので小さな子供も安心して食べられますよ。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社