キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    桜エビは、体調3〜5センチ程の小さなエビで、体表に多数の赤い色素胞を持ちます。この赤い色素は「アスタキサンチ」と呼ばれるカロテノイドの一種で、抗酸化作用をもち、アンチエイジングや紫外線による肌のダメージの回復に効果的とされています。殻ごと食べられる桜エビにはカルシウムが豊富に含まれ、天日干しして栄養を濃縮した干し桜エビには、10グラムでコップ一杯分のカルシウムが含まれています。他にも、不飽和脂肪酸のDHAや、肝機能を正常に戻そうと働きかけるタウリンなどの栄養も含みます。内臓も食べることから、他のエビに比べてやや脂質も多めですが、その分味わい深い特徴がありますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    夏バテ解消にぴったりのうなぎ。初夏から夏にかけて旬を迎えます。うなぎにはビタミンが豊富で、アンチエイジングやがん予防、目の健康をサポートするビタミンA、疲労回復や美肌効果のあるビタミンB群、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなどさまざまな成分が含まれています。視力の回復や記憶力の改善、生活習慣病の予防に効果があるDHAやコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるEPAも多く含まれ、うなぎは健康性活をサポートする万能食材です。うなぎは、かば焼きや白焼きとして売られており、アレンジを加えれば手作り料理として簡単手軽にうなぎ料理を楽しめます。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    あじには色々な種類がありますが、日本ではマルアジとマアジが一般的によく食べられています。あじは日本で古くから食べられている魚で、味が良いことから「あじ」と名付けられたと言われています。刺身や寿司などの生食以外にも、焼き魚・揚げ物・煮物・和え物などに使われ特にアジフライは定食屋やお惣菜コーナーの定番料理になっています。あじはたんぱく質が豊富で毛髪・爪・皮膚などを形成するのに必要な栄養素です。アレルギーを緩和するEPA、脳を活性化するDHA、ロイシンリジンなどの必須アミノ酸など豊富な栄養素を含んでいます。あじを選ぶ時はエラが鮮やかで赤く、目の中が澄んでいるものを選ぶようにしましょう。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ5選

    手頃な価格で手に入るあさりは、家庭でよく料理に使われる魚介類の1つです。あさりの味噌汁や酒蒸し、あさりご飯などの和食の他に、ボンゴレパスタ、クラムチャウダー、パエリアなどの洋食にも使える便利な食材です。使用する前に砂出しをする必要がありますが、すでに砂出ししているあさりも販売されており、あさりの缶詰もあるので時間がない時や砂出しが面倒という方にはおすすめです。あさりに含まれるタウリンは血液をサラサラにする効果があり、貧血を解消するのに効果のある鉄分も豊富に含まれています。疲労回復効果のあるビタミンB2、新陳代謝の向上に効果のある亜鉛やなど豊富な栄養素を含んでいます。うま味がたっぷりなので料理に使うとおいしさを引き立てます。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    鯖は日本人になじみのある魚として長年親しまれていて、醤油・味醂・味噌など和食の素材とよく合います。煮物・焼き物・炒め物・揚げ物など幅広い料理に使われ、しめ鯖にして寿司や刺身にして食べるのも人気があります。脂がのっていて身に厚みがあって食べ応えがあり、鯖缶も便利で手軽に低価格で使える食材として人気があります。肉や魚がない時でも鯖缶があれば簡単にメインのおかずが作れるので、ぜひ家に常備しておきたい食材の1つです。鯖はコレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPA、脳を活性化させる働きがあるDHA、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類、ビタミンA、ビタミンE類、ビタミンB群などのビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    料理によく使われ人気の魚介類がエビです。エビフライやエビの天ぷらなど、エビを使った料理は子供にも人気がありちょっとしたおもてなしにも喜ばれる食材です。甘エビやボタンエビば生食でき、寿司や刺身の人気のネタになっています。乾燥して販売される桜えびは風味がよく、お好み焼きやかき揚げなど幅広い料理に使われ保存も効くので家に常備しておきたい食材の1つです。パスタ・チャーハン・エビチリ・八宝菜など、和食・洋食・中華とジャンルを問わず使える便利な魚介類です。エビに含まれるアスパラギン酸やグルタミン酸はうま味成分としれ知られ、料理をおいしく仕上げます。糖質と脂質がほぼゼロのため、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    いわしは日本人になじみの深い魚として、古くから食べられています。沖縄以外の日本全国に生息しており、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシが主に日本で食べられている種類になります。寿司のねたとしてはもちろん、揚げ物・炒め物・和え物・煮物など幅広い料理に使われます。チーズやオリーブオイルと合わせて洋風に仕上げるなど、アレンジを楽しめるのも魅力です。イリコとも呼ばれる煮干し・しらす干し・めざし・アンチョビの原料にもなっています。いわしは歯と骨の形成に欠かせないカルシウムや、脳の活性化に効果のあるDHA、アレルギーの症状を抑える働きのあるEPAなどが含まれています。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    鯖は日本人になじみのある魚として、古くから食べられている魚です。脂がのっていて身がしっかりしているのが特徴で、醤油や味噌などの和食の食材とよく合います。しめ鯖にして寿司や刺身に使われるほか、焼き魚・煮物・揚げ物・蒸し物など幅広い料理に使われます。オリーブオイルやハーブ類ともよく合い、洋風の料理にも使えるアレンジの効きやすい魚です。鯖は脳を活性化させる働きがあるDHA、アレルギーを緩和するEPAが含まれ、血液をサラサラにして癌の予防にも効果があると言われています。生の鯖をさばくのは面倒という場合は鯖缶が便利で、低価格で保存も効くため常備しておくといざという時に使える便利な食材です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    プリプリとした食感で、甘みがあり、中華、洋食、和食と多彩に使用されるエビ。養殖や輸入で近年、1年中食べられるエビですが、旬は6月から9月です。種類は3000ほどあり、額角の形状などで判別します。このお弁当レシピでは、煮る、焼く、炒めるなど調理方法もさまざまです。エビの栄養価はアミノ酸が豊富に含まれる、良質な高たんぱく質で、善玉コレステロールを増やす効果のあるタウリンを多く含んでいます。また血行を良くする効果のあるビタミンE、動脈硬化を予防するアスタキサンチン、キチンという動物性の食物繊維を含んでいます。低脂質でもあるため、ダイエットにおすすめの食材です。そんなエビは冷凍保存すると日が持ちます。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    二枚貝の仲間である牡蠣は、「海のミルク」とも呼ばれており、栄養が豊富に入っています。日本の近海に生息している牡蠣は30種類程で、食用とされている牡蠣はほとんどが養殖のマガキです。日本国内の生産量は広島県が第1位で、これに宮城県、岡山県が続きます。購入するときのポイントは、むき身の場合はふっくらと丸みがあり、きれいな乳白色のものを選んでください。牡蠣にはミネラルが多く含まれており、特に血液中のヘモグロビンの成分である鉄と免疫機能を上げる亜鉛を多く含みます。また牡蠣に含まれているアミノ酸には、タウリン、アラニン、グリシンなどを含んでいますが、特にタウリンは肝機能を回復させる効果があります。この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるぶりは、脂がたっぷりとのった味わい深い魚です。魚へんに「師」と表記するのは、旧暦師走に美味であることからとも言われています。大きさによって名前の変わる出世魚で、養殖も盛んに行われています。養殖魚は安定した品質を保ち脂ものっていますが、幼魚から成魚にかけて味が変わり、また季節によっても味の変わる天然のものもぜひ楽しんでいただきたいですね。店頭ではほとんどが切り身や刺身の状態で販売されていますが、血合いが鮮やかに赤いものを選びましょう。脂は身の中に混ざっていて白く濁っています。身は赤いものより白いものの方が脂ののりが良い証拠ですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    昔から日本人の食卓に馴染み深いいわしは、日本各地でとることができます。一般的にいわしといえば「マイワシ」を指し、地域によって異なりますが主に夏から秋にかけて旬を迎えます。旬のマイワシは刺身にするとトロッとした口当たりで絶品です。他にも焼く、煮る、揚げる、蒸すなど様々な調理方法でアレンジ自在ですよ。購入する場合は、鱗がついていて、目が澄んで黒くなっているものを選びましょう。体側の黒い点が鮮明なものが新鮮な証拠で、体が筒状で太く頭が小さいものは脂がよくのっています。いわしは、魚へんに「弱い」と表す通り、鮮度落ちの早い魚なので、すぐに処理をしてその日のうちに召し上がりくださいね。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ4選

    うなぎといえば、甘辛いタレを絡めて作るうなぎの蒲焼きが一般的ですよね。うなぎの柔らかく、ふっくらとした身は口どけも良く、大人から子供まで幅広く人気があります。名古屋ではひつまぶし、関東地方では白焼きなど、うなぎは日本各地で色んな料理で親しまれています。うなぎにはDHAやEPA、ビタミン類やミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ栄養価の高い食材です。消化にも良く、体には嬉しいこと尽くしですよ。土用の丑の日は、暑い夏を乗り切るために、栄養満点なうなぎを食べることから始まった風習です。土用の丑の日には、店頭に多くのうなぎが並んでいますよね。輸入うなぎは価格も安く手に入るので、気軽にうなぎを楽しめますよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    家庭の食卓に上がることの多い「あじ」。通年出回っていますが旬の5月から7月は産卵前で特に脂がのってさらに美味しくなります。あじはコクのあるうま味を持ち、癖もないため幅広い料理に大活躍します。丈夫な体を作る良質なタンパク源になるほかタウリンが多く、高血圧や動脈硬化の予防、心臓や肝機能の強化にも役立ちます。他にもあじには青魚に含まれるEPAやDHAなどの必須脂肪酸も豊富で、血管を若く保ったり血液をサラサラにする働きもあるなど生活習慣病予防に最適なんです。カルシウムやビタミンDなど骨を強くする栄養も豊富なので日々の食生活に積極的に取り入れたいですね。ヘルシーなあじを使ったおつまみレシピを活用しておいしく健康を保ちましょう。この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    おせち料理で大活躍。プチプチコリコリとした食感が楽しいニシンの卵、数の子。コレステロールを多く含むイメージが強い卵ですが、数の子は、イクラやたらこなどの他の魚卵と比べても、コレステロールが少ないのが特徴です。数の子には、青魚に多く含まれるといわれるEPAやDHAが豊富で、含有量はサンマやイワシ、マグロを上回ります。EPA、DHAは体内でのコレステロールの合成を抑える働きがあり、高血圧の改善に役立つなど、生活習慣病の予防や血糖値、アレルギー体質の改善などさまざまな効果があります。数の子の塩抜きは、真水ではなく、薄い塩水につけるのがポイントです。また、ほどよく塩味を残すことで、苦味を和らげてくれます。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    うま味とまろやかな油がよく合った、シーチキン。そのままでももちろんですが、サラダや炒めもの、パンにのせるなど、食べ方は多くあり、手軽に食べられるとても便利な食材です。最近ではカロリーが半分になっているものやコーンなどの他の具材がはいっているもの、スパイシーに味付けされたものなど、多くの種類が流通しています。そんなシーチキンはマグロやカツオの肉を加工したもので、油漬けにされたり、そのままエキスのみがはいっているもの、食塩やオイル無添加品もあるので、その時の希望によって使い分けられるのも嬉しいですよね。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    お刺身やカルパッチョ、たたきなどで食べられることの多い、カツオ。生でも、焼いても、あぶってもカツオのうま味が引き立ちますよね。世界中の熱帯~温帯海域に生息し、日本では太平洋側に多くみられ、大群をなして遊泳しています。8月から11月ごろにとられ、そのころは特に美味しく食べられます。そのなかでも、秋の戻りガツオと呼ばれる秋に獲られるカツオは脂が良く乗っていて美味しいとも言われます。そんなカツオですが、選ぶ際には目が澄んでいるものにしましょう。また、身が固くしまりがあるものがより新鮮です。また、体にあざなどがないかもよく確認してくださいね。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ4選

    こりこりとした食感が独特で特徴的な数の子。子孫繁栄の願いがこめられ、おせち料理などでは定番のメニューであり、縁起の良い時に使われる食材でもあります。塩漬けにしてある事が多く、お吸い物や炒め物、和え物に使用され、料理のアクセントなる食材ですよね。そもそも数の子とは、ニシンの雌から取った卵の塊で、一粒一粒は非常に細かいですが、無数の卵が交互に決着しているため、全体としては長さ10センチ幅2センチほどの細長い塊となっています。基本的に価格が高く、見た目も黄金色をしていることから黄色いダイヤとも呼ばれています。そして、旬は3月~4月で、にしんの産卵期にあたります。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    スルメイカはイカの中でも価格が安いため料理によく使われ、寿司・刺身・煮物・炒め物・揚げ物など幅広い料理に使われます。6~8月が漁獲量の最盛期で、夏に獲れるスルメイカは「夏イカ」と呼ばれます。加工後の干物を「するめ」と呼び、ビールのおつまみの定番になっています。噛めば噛むほど味わいが増し、高たんぱくで低脂質のためダイエット中にもおすすめです。頭から足まで捨てることなく食べられる無駄のない魚介類で、たんぱく質が豊富です。毛髪・爪・血液・皮膚などを作るのにかかせない栄養素で、三大栄養素の1つにもなっています。免疫力の向上に効果がある亜鉛や、疲労回復に効果のあるタウリンなどが含まれています。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    カツオはスズキ目・サバ科に属する魚で、古くから日本で食べられている魚として人気があります。カツオのたたきや寿司、刺身などに使われ、かつお節の原料としても使われます。かつお節はみそ汁やお吸い物、うどんつゆ、てんつゆに欠かせない素材で、日本食の繊細な味わいを出すのに欠かせない材料です。カツオは生食はもちろんから揚げや竜田揚げなど、火を使った料理にも使われます。鉄分が豊富に含まれていることで知られ、100gあたり1.9mgの鉄分を含んでいます。その他にも脳を活性化させる働きがあるDHA、コレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPA、ビタミンB、ビタミンA、ビタミンDなどのビタミン類も多く含む栄養価の高い魚です。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    家に常備しておくと助かる食品の1つがシーチキンです。缶詰なので長く保存でき、肉類がなくてもシーチキンを使うだけで簡単にさっと一品が作れる便利な食材です。チャーハンやパスタに入れたり、サラダ、サンドイッチ、和え物、炒め物など幅広い料理に使うことができます。シーチキンを使うだけで子供が喜ぶ仕上がりになって、低価格なので節約したい主婦の強い味方です。ツナ缶はたんぱく質が豊富で、髪・内臓・皮膚・爪などを作るのに必要な三大栄養素の一つです。シーチキンには血液をサラサラにする効果のあるDHA、中性脂肪を下げる効果があるEPA、歯と骨の形成に欠かせないマグネシウム、むくみ防止に効果のあるカリウムなどが含まれています。栄養価が高くさまざまな料理に使えるシーチキンは、家に置いておきたいマストな食材です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ふわっとした味わいに甘みのある身が特徴のししゃも。魚ではありますが、全体的に柔らかく、骨まで食べられるカルシウム満点な魚です。そのまま塩焼きにしても美味しいですが、身をほぐしてご飯と混ぜ合わせたり、サラダや炒め物、パンにのせてもよく合います。もともとは北海道付近のアイヌの人々の冬の重要な栄養源で、北海道内で消費される魚ではありましたが、1970年ころから全国で人気が高まり、今では国民に愛される食材となりました。そんなししゃもですが、旬は11月から12月で、さけと同様に秋に川を上って産卵します。その時期に収獲したししゃもは子持ちであるため、脂ものっています。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    桜えびは主に、生桜えび、干し桜えび、茹で桜えび(釜揚げ)の三つの加工方法で加工されてから流通します。桜えびの旨味成分である「グリシン」には保湿作用や酸化防止作用があり、肌のハリや潤いを保つことに欠かせない成分です。さらに、グリシンには血中コントロールを低下させる効果があるため高血圧や脳卒中の予防にも役立ちます。冷凍された生桜えびを解凍する場合、グリシンは水に溶けやすい成分なので自然解凍すると旨味と一緒に流れ出てしまいます。短時間で解凍するほどグリシンの流出を最小限に抑えられるため、流水解凍がおすすめです。エビが直接水に触れてしまっても旨味成分が流れてしまうので、袋に入った状態で流水にさらしてくださいね。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    鯖は青魚のひとつで、お刺身や焼き魚などの他に麺料理など様々な料理に使われていて、老若男女問わず人気がある食材です。旬に関係なく価格差はありますがいつでも購入することができる食材です。また嬉しいのが鯖には様々な病気を予防する効果があるということです。特に注目されているのがオメガ3脂肪酸です。DHAやEPAもオメガ3脂肪酸に含まれているもので、認知症予防、生活習慣病予防などの効果があり、アトピーなどのアレルギーを緩和させる働きがあります。鯖は栄養豊富で健康にも効果がある食材なのでぜひレシピを参考にメニューを楽しんでください。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    牡蠣は11月から2月にかけて旬を迎えます。生ガキは食中毒の心配がされますが、そのクリーミーな味わいから人気でオイスターバーなどの専門店ができるほど人気です。日本の生産量の半分以上が広島県ですが、全国的に産地が多くブランド化されている牡蠣もたくさんあります。牡蠣には栄養が多いことも魅力の一つです。ビタミンB、亜鉛、グリコーゲンなどが含まれており、貧血予防や免疫力を向上させることができます。特に亜鉛の吸収にはレモンと一緒に食べることでさらに吸収率を高めてくれます。他にも食べ合わせを考えて調理すれば効率よく吸収できますので、試してみてください。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    桜えびは体長が4cmほどの小さなえびです。東京湾や相模灘などに生息していますが、漁獲されるのは駿河湾のみ。アキアミやアミエビは桜えびと似ていますが、産地や色合いが異なります。桜えびは丸ごと食べられるため、余すことなく栄養を摂取できるのが特徴です。桜えびの主な栄養素はカルシウムで、100gあたりの含有量は2000mgもあります。牛乳は100gあたり110mgほどなので、その差は歴然です。吸収率の差はあるものの、桜えびのカルシウム率は高いため、骨粗しょう症の改善効果などが期待できます。カリウムやビタミンE、DHAなども含まれるため、細胞の老化防止や脳機能の向上などに効果的とされています。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    スルメイカは日本人がよく食べるイカの種類で、最も消費量の多い魚介類の1つに上げられます。寿司や刺身などの生食はもちろん、煮物・炒め物・揚げ物などにもよく使われます。イカの中でも低価格で捨てるところがなく全部丸ごと食べられるため、節約したい主婦の強い味方です。乾燥させたスルメイカはビールのおつまみの定番になっていて、噛めば噛むほどうま味を楽しめます。スルメイカはたんぱく質が豊富で、髪・血液・皮膚・爪などを作るのに必要な三大栄養素の1つです。その他にも免疫力の向上に効果がある亜鉛や、滋養強壮や疲労回復に効果のあるタウリンなどを含んでいます。高たんぱくで低脂質なのでダイエット中の食材としてもおすすめですよ。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    日本人の好きな魚の1つに挙げられるのがうなぎで、他の魚よりも高価なためたまにしか食べられないごちそうになっています。土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣がありますが、うなぎを夏に売るために考えたうなぎ屋のPR作戦という説があります。甘めのタレをつけて香ばしく焼いたうなぎの蒲焼は、匂いを嗅ぐだけで食欲をそそりますね。うなぎは栄養価の高い魚として知られ、たんぱく質が豊富で爪・皮膚・血液・毛髪を作るの欠かせない三大栄養素の1つです。カルシウム・鉄分・銅・亜鉛などのミネラル類、アルツハイマーの予防に役立つと言われているDHA、コレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPAなどが含まれています。暑い夏を乗り切るためにもうなぎを食べて、しっかりと栄養を摂ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    骨まで食べられるため、カルシウムなどの栄養を余すことなく摂取できるししゃも。カルシウムは骨や歯を形成するために欠かせない栄養素なので、成長期の子供や骨粗鬆症が心配される高齢者などは積極的に食べるのがおすすめです。カルシウムのほかにも、ビタミンB2が豊富に含まれていて、脂質や糖質を分解する効果があります。アンチエイジング効果も期待できるため、美肌効果もあるとされているのがポイントです。子持ちししゃもの場合はコラーゲンがたっぷり含まれているため、弾力のある肌を目指せます。コラーゲンを合成するためにはビタミンCが必要なため、レモンなどを使用した献立にすると美容によくなります。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    あさりは春から夏が旬の食材で老若男女問わず人気がある食材です。あさりはうま味成分であるコハク酸を豊富に含んでいます。また、タウリンを含んでいるので疲労回復効果があるとされています。スーパーで選ぶ際は貝の口がしっかりと閉じているものを選びましょう。調理をする際は砂抜きが必須です。3パーセントの塩水にあさりを入れて冷暗所で30分程度置いて砂抜きをします。毎日塩水を取り替えると3日程度保存ができます。あさりにはうま味成分がありご飯はもちろん麺料理にも活用することができる食材なのでぜひメニューに加えてみてください。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社