キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 夜ごはんにオススメのイサキを使った人気レシピ10選!これさえマスターしておけば!

    スズキ目イサキ科の魚であるイサキ。和名では「伊佐木」、「伊佐幾」、「鶏魚」と書き、別名は地方によっていろいろあります。イサキの旬は5月頃から7月頃の初夏で、この時期のイサキは「麦わらイサキ」と呼ばれ、独特の香りがよく、濃厚な脂肪がつき、うま味をたくさん含んでいます。そんなイサキは「鍛冶屋殺し」とも呼ばれ、骨が硬い魚なので、3枚におろす際には、骨を残さないようにしてください。この夜ごはんレシピでも、3枚におろしているレシピがあります。また煮物などのレシピもありますが、食べる際にも気をつけてください。イサキの栄養価にはDHA、EPA、良質な動物性タンパク質、バランスのよいビタミンを含んでいます。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選!これさえ抑えておけばOK

    夏に旬を迎えるうなぎ。スタミナ満点で、夏バテの解消にも効果があるうなぎは、美容食としても人気があります。うなぎにはビタミンAが豊富で、皮膚や粘膜、目の健康を維持し、強い抗酸化力でアンチエイジングやがん予防にも役立ちます。また、疲労回復に効果があり、エネルギーの代謝をサポートするビタミンB群、カルシウムの吸収を促進するビタミンD、冷え性の改善や生活習慣病の予防に効果があるビタミンEも多く含みます。頭の働きを良くするDHAや血流を改善するEPAも豊富です。高価でぜいたくなイメージのあるうなぎですが、家計にやさしく、うなぎの味が楽しめるレシピもたくさんあります。ぜひ、風味豊かなうなぎ料理を堪能してみてくださいね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのスルメイカを使った人気レシピ10選!まずはここから

    日本で一番多く漁獲されるスルメイカは、夏から秋に漁獲量が多くなり、生のまま刺身で食べることも可能ですが、保存が効くように加工食品として販売されていることも多いです。購入するときのポイントは、身がしまっており透明感が有る物を選んでください。イカに含まれている栄養素で注目したいのが、タウリンです。この成分は肝臓機能の働きを助けることが知られています。またコレステロールを低下させる効果も知られていることから、生活習慣病が気になる方には有難い食材ですね。100g当たりのエネルギーも87kcalなので、エネルギーが気になる方でも気にせず食べることができます。是非レシピを参考にスルメイカを色々なレシピに取り入れてみてください。この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選!こんなレシピが欲しかった

    丸ごと一尾そのまま食べることのできる、桜えび。ほんのり桜色で、見栄えもとてもよいですよね。淡白な味わいで、ほかの具材の邪魔もしません。そんな桜えびですが、栄養価が豊富で、カルシウムの量がとても多いと言われています。桜えびには実にたくさんの栄養素が含まれています。主な成分としては、たんぱく質、脂質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、キチン、キトサンなど。ビタミンの中には、葉酸など。実に牛乳の6倍のカルシウム含有量なんですよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    プリプリの食感が特徴のエビ。クルマエビ科やサクラエビ科など、世界には3000種類ほどのエビが存在しています。中国、インド、ベトナムなどが主な産地で、特に中国では全体の4割くらいの漁獲量をしめると言われています。国内では北海道、静岡県、愛媛県、愛知県などで漁獲されていて、6月から9月ごろが旬です。クルンと丸まった形から、「腰が曲がるまで長生きできる」とか、エビの目が出ていることから「めでたし」とされ、縁起物として好まれています。エビにはタウリンというアミノ酸が豊富に含まれていて、動脈硬化の予防が期待できます。タンパク質が豊富で脂質が少ないため、ダイエットにもおすすめの食材です。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのししゃもを使った人気レシピ10選まとめ

    丸ごと食べられる「柳葉魚(ししゃも)」。ししゃもはキュウリウオ科シシャモ属で、北海道の太平洋沿岸だけで水揚げされる貴重な魚で、旬は11月から12月です。一般的にししゃもとして販売されている「子持ちししゃも」は、「カラフトシシャモ」、「カペリン」と呼ばれる別の魚で、同じキュウリウオ科ではあるものの、マロータス属の魚です。本ししゃもに比べてウロコ、目や口が小さく、脂びれは大きい、とサイズが異なるのが特徴。そんなししゃもは、ただ丸焼きにするだけでもおいしいですが、この夜ごはんレシピでは揚げたり、ご飯と一緒に炊いたりしています。そしてししゃもにはカルシウム、ビタミンDなどの栄養を含んでいます。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使ったおすすめ定番料理10選!これだけマスターしておこう

    いわしは夏に旬を迎えます。不飽和脂肪酸であるDHAやEPAを豊富に含んでいるので脳の働きをサポートする働きがあります。また、血液をサラサラにしたり、動脈硬化を予防する働きや認知症予防にも効果があるとされています。大変栄養価が高いので成長期の子供に食べさせたい食材です。新鮮ないわしは澄んだ目をしていてはっきりとした黒い斑点があり、腸の部分は弾力がありエラの部分は鮮やかな紅色をしています。いわしを使った定番料理には煮つけや塩焼き、蒲焼き、フライなどがありバリエーションが豊富で様々な料理を楽しむことができます。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    ぶりは成長と共に名前が変わり、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ぶりといった順番に呼び名が変化します。地域によって呼び名が違ったり、約10㎝ごとに呼び名が変わるなど地域によって異なります。成長することによって名前が変わるため、出世魚としてお節料理にも使われます。脂がのって身が締まったぶりは味もよく、魚が苦手な方にも食べやすくなっています。ぶりに含まれる脂は不飽和脂肪酸に分類されるDHAとEPAで、体にいい栄養素を含んでいます。DHAは脳を活性化させる働きがあるとされ、EPAは血液をサラサラにしてアレルギーの緩和にも効果があるとされています。食べ応えがある魚料理を作りたい時におすすめの魚で、煮物・焼き物・汁物・和え物など幅広い料理に活躍します。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのいわしを使った人気レシピ10選

    いわしは日本人になじみの深い魚で、煮干し・しらす干し・めざしの原料としても知られています。和食以外でもイタリア料理に使われるアンチョビはいわしが原料となっていて、和食から洋食まで幅広い料理に活躍します。寿司や刺身にして生で食べるのも人気があり、醤油・酒・ポン酢など和食の調味料とよく合います。オリーブオイルやバターなどの洋食の素材ともよく合い、色々とアレンジを楽しめるのも魅力です。いわしは血液をさらさらにするEPA、脳を活性化するDHA、エネルギーの代謝を促すビタミンB2など体にいい栄養素を含んでいます。成長期に必要な骨を形成するのに欠かせないカルシウムも豊富なので、積極的に料理に取り入れたい魚の1つです。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選

    トロッとクリーミーでぷりぷりとした食感がある牡蠣。「海のミルク」とも呼ばれ、栄養が豊富で食感がマイルドなのが特徴です。イタボガキ科に属する牡蠣は、広島県や宮城県、岡山県などが主な産地です。牡蠣の主な栄養素は、亜鉛、鉄分、ビタミンB12、グリコーゲンなど。特に亜鉛は食品の中でトップレベルの含有量があり、群を抜いています。亜鉛は代謝を促す効果のある酵素の成分になる栄養素です。新陳代謝を促したり、傷を治す働きもあるため、なくてはならない存在と言えます。鉄分やビタミンB12はヘモグロビンの合成に関わる栄養素で、貧血予防に役立ちます。グリコーゲンは多糖類の一種で、エネルギーを蓄える働きがあり、体が疲れやすい人におすすめです。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのあさりを使った人気レシピ10選

    あさりは、比較的塩分の少ない内湾の砂浜や砂泥地に生息しています。4月〜6月に産卵期を迎えるため、この直前が身が太って旨味成分も増しておすすめです。良質なタンパク質をはじめ、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などミネラルを豊富に含みますよ。さらに疲労回復に効果的なタウリンや、卵やレバーに多く含まれるビタミンB12を含むため貧血予防にも効果的です。タウリンは水に溶けやすいため汁ごと取り入れて栄養を余すことなく取り入れてくださいね。あさりには「コハク酸」と呼ばれる旨味成分があり、加熱することでスープに溶け出す性質があります。あまり長い時間加熱すると身がかたくなってしまうため、短時間で調理するようにしてくださいね。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのあじを使った人気レシピ10選!

    クセが少なく、比較的安価で購入できることから私たちの食卓に馴染み深いあじ。日本であじと言うと「真あじ」のことを指し、大きさによって呼び方が分けられます。その他にも、練り物やくさやなどの加工品に使われる「ムロアジ」や、高級魚としてお刺身や寿司に使われる大型の「シマアジ」も人気が高いです。タンパク質やビタミンB群、カルシウムなどのミネラルをバランスよく含むあじは、カロリーも控えめで全ての年齢、性別の方におすすめです。特に歯や骨を形成するために欠かせいないカルシウムをたっぷり含むため育ち盛りの子供にぴったりですよ。カルシウムにはイライラを解消する効果もあるためストレス緩和にも効果的です。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選!こんなレシピが欲しかった

    高価で黄金色をしていることから、「黄色のダイヤ」とも呼ばれる数の子。しっかりとした歯ごたえでプチプチとした食感が特徴のニシンの卵です。数の子には、体内ではほとんど作ることができないEPAとDHAが豊富に含まれており、血流の流れを良くし、脳神経の働きをよくする効果があります。また、疲労回復や生活習慣病の予防などに役立つペプチドや、目の健康を維持する働きがあるルティン、脂肪の燃焼をサポートし、ダイエットにも効果があるコエンザイムなど、さまざまな栄養が含まれています。お正月に食べるイメージがある数の子ですが、日々の食卓で楽しめるレシピもたくさんあります。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれを見よう

    ぶりは食べ応えがあり、脂肪やアミノ酸が含まれているのでうま味がたっぷりとあります。ぶりはDHAやEPAを豊富に含んでいるので、頭の働きを良くする働きや、生活習慣病を予防する作用があるとされています。他にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDなどの栄養素が含まれています。ぶりは天然と養殖のものがあり前者の方がビタミンが豊富に含まれています。刺身、煮つけ、焼き物などの定番料理の他にアレンジレシピが多数紹介されているので参考にしてください。毎日のご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なのでおすすめです。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使ったおすすめ定番料理10選!まずはこれをマスターしよう

    牡蠣は様々な種類があり、真牡蠣や岩牡蠣などがあります。旬は種類によりますが真牡蠣は冬、岩牡蠣は夏になります。牡蠣は栄養豊富な食材であり、海のミルクとも呼ばれています。必須アミノ酸である亜鉛を多く含んでいるので味覚障害を予防する働きがあります。他には鉄などのミネラル成分を含んでいるので貧血予防に効果的ですし、肝機能を助ける働きやスタミナ増強、疲労回復効果があります。牡蠣は新鮮なものは生で食べることができ、焼いたり蒸したり様々なメニューを頼むことができる食材です。また定番料理であるカキフライや天ぷらは人気があるメニューなのでおすすめです。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしよう

    ぷりぷりとした食感のエビは様々な料理に使える便利な食材です。魚や貝などの魚介類が苦手な方でもエビは好きという方も多く、エビフライ・エビチリ・春巻き・八宝菜など子供から大人まで喜ぶ献立がたくさんあります。エビを茹でてサラダやサンドイッチに入れたり、パスタやチャーハンの具材としても活躍します。頭・皮・背ワタを取って下処理する必要がありますが、すでに下処理した冷凍エビや缶詰などすぐに使えるものもあるので忙しい日に利用するのもおすすめです。エビは高たんぱくで低脂質なので、低糖質ダイエット中の方にもおすすめの食材です。魚や肉料理に飽きた時にエビを使えば、いつもとは違った雰囲気の料理に仕上がりますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使ったおすすめ定番料理10選!これさえマスターすれば

    鯖は脂がのって身がしっかりしているので食べ応えがあり、さばの味噌煮などこってり目の味付けがよく合いご飯のおかずにぴったりの魚です。〆さばにして寿司や刺身にするのも人気で、幅広い料理に使えます。下味をつけて揚げて鯖の竜田揚げにするなど、魚が苦手な方にも食べやすいレシピが多いのも特徴です。鯖をさばく時間がない方は鯖缶を使うのがおすすめで、汁ごと使って炊き込みご飯やスープにするなど手軽に使えます。鯖缶は保存が効くので家に置いておくと、肉を切らしている時でも簡単にメイン料理を作ることができるのでぜひストックしておきたいですね。鯖は血液をサラサラにしたりアレルギーを緩和する効果のあるEPAや、脳を活性化させるDHAなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれを見よう

    あさりは日本では古くから食用として食べられている貝で、あさりの酒蒸し・佃煮・炒め物・あさりのみそ汁などによく使われます。和食以外でもボンゴレビアンコやクラムチャウダーなどの欧米料理にも使われ幅広い料理に活躍します。臭いや味にクセがないため食べやすく、あさりを使うことでうま味たっぷりの料理に仕上がります。砂出しをする必要がありますが、時間がない時はすでに砂出ししてあるものや缶詰を使うのもおすすめです。あさりは血液をサラサラにするタウリンや貧血を解消するのに効果のある鉄分も豊富に含まれています。疲労回復効果のあるビタミンB2も豊富なので、疲れた時にもおすすめです。貝類の中でも低カロリーなのでダイエット中にもおすすめですよ。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アジを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれを見よう

    日本人になじみの深い魚の1つがあじです。よく食べられるあじはマルアジとマアジで、刺身や寿司など以外でも火を通してもおいしく食べられます。お総菜コーナーや定食屋の定番メニューになっているあじフライは、魚が苦手な方にも食べやすく人気があります。その他にも煮物・焼き物・和え物などに使われ、脂分が少ないためダイエット中にもおすすめの魚です。醤油やみりんといった和食の調味料とよく合いますが、バターやオリーブオイル、西洋のハーブ類ともよく合い幅広い料理に活躍します。あじは筋肉・爪・皮膚などを形成するのに必要なたんぱく質が豊富で、脳を活性化するDHAや血液をさらさらにするEPAなど体にいい栄養素を含んでいます。求めやすい金額なので節約したい主婦にとってもうれしい食材です。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使ったおすすめ定番料理10選|まずはコレをマスターしよう

    お刺身や、焼きイカ、煮物など、さまざまな料理に変身してくれるスルメイカ。噛んだ時にジュワーっと広がる旨味は何度食べても病みつきになりますよね。スルメイカは高タンパクで低脂質なのが特徴的で、タンパク質は骨や筋肉を作る助けになり、身長の伸びに必要な成長ホルモンの分泌を促してくれます。低脂質のイカであればたくさん食べても肥満の心配なくタンパク質を取ることが可能なのが嬉しいポイントです。そんなスルメイカですが、栄養ドリンクにも含まれるタウリンという成分が確認されており、体内の機能の働きを制御したり、機能が低下した時には改善させると言われています。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使ったおすすめ定番料理10選!これをマスターしておきたい

    北海道南東部の名物のししゃも。アイヌ語で「神の柳葉」を意味する「シュハム」という言葉がなまってししゃもと呼ばれるようになったと言われます。よって、漢字では「柳葉魚」と表記されますよ。10月頃に産卵のため川に上ってくるものは卵がたっぷりと詰まっていて脂ものっていることが特徴です。近年では漁獲量が減少しているためスーパーなどで流通しているものはカナダやアラスカから輸入される「カラフトシシャモ」や、ノルウェーから輸入される「カペリン」が出回ります。頭から尻尾まで丸ごと食べられるししゃもはカルシウムをたっぷり含み、内臓にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDを豊富に含むため、骨の成長を助けるのにぴったりですよ。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからスタート!

    数の子はニシンの卵のことで、おせち料理の定番メニューです。子孫繁栄を願う縁起物で、古くから日本で愛され続けている食材です。数の子はプチプチとした質感や、金色の見た目も美しいことから、「黄色いダイヤ」とも呼ばれています。数の子は長期保存できるように塩漬けされてから売られています。食べる際は水につけて塩を抜くことが大切です。数の子は塩を抜きすぎると味気なくなってしまいます。単純な作業ですが、仕上がりの明暗を分けることになるので、こまめに味を見たりして気をつけてくださいね。お正月には欠かせない数の子の定番料理を多数ご紹介しています。手作りしたことがない方も、ぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここをマスターしよう

    カツオはマグロにも食感がよく似ているため、マグロと並んでシーチキンの原料として使われています。カツオには1年に旬が2回あります。1回目は初夏の「初ガツオ」です。初ガツオは赤身が多く、あっさりとした味わいが特徴です。初ガツオは表面を焼いてカツオのタタキとして食べるのがオススメですよ。2回目は秋頃の「戻りガツオ」です。戻りガツオは栄養価が高く、脂が乗って濃厚な味わいが楽しめます。私たちの生活に最も身近なカツオといえば、かつおぶしですよね。かつおぶしは、カツオを干して削って作られています。カツオは傷むのが早いため、なるべく早めに食べましょう。カツオは加熱しすぎるとパサついてしまうので、加熱調理をする場合でも刺身用を買い、半生で調理するのがオススメです。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使ったおすすめ定番料理10選!これだけで大満足

    シーチキンはびんながマグロやキハダマグロ、カツオを油漬けにして作られている加工食品です。缶詰として売られていることが多く、長期間保存できるのも魅力の1つですよね。保存食にもなるので、家に常備している方も多いのではないでしょうか。シーチキンはパスタやサンドイッチ、和え物など幅広く料理に活用できます。シーチキンの油はこってりしているので捨ててしまう方も多いですが、シーチキンの油にもうまみや栄養が詰まっているので炒め物に使う場合は炒め油にして使うなど、工夫して料理に取り入れてみてくださいね。カロリーが気になる方には減塩タイプやカロリーカットのタイプのシーチキンをオススメします。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • イサキを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから!

    イサキはほどよく脂が乗った、あっさりとした白身魚です。味にはクセがなく、淡白なので塩焼き以外にもいろんな味付けが楽しめます。今回はそんなイサキのアレンジ料理の定番をご紹介します。イサキは煮付けや刺身などの和食だけでなく、ポワレなどのおしゃれなフレンチ料理としても愛される、振り幅の広さが魅力です。イサキには不飽和脂肪酸のDHA、EPAが多く含まれています。良いイサキは大きく、丸みを帯びているものを選ぶのがオススメです。目が白く濁るのは鮮度には関係ないので、注意してくださいね。イサキは一般的に一匹200gのものが多いですが、1キロを超えるイサキも存在します。大きなイサキは高価ですが、別格においしいので機会があればぜひ一度食べてみてくださいね。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使ったおすすめ定番料理10選!こんな食べ方があったのか

    魚の中でも価格が高く、なかなか家庭では食べるチャンスのないうなぎ。土用の丑の日はうなぎを食べる習慣がありますが、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために土用の丑の日を作ったのが始まりと言われています。うなぎは栄養たっぷりで夏バテしやすい夏場にはおすすめの食材です。外食でもうなぎの蒲焼と言えば高級なメニューで、特別な日に食べる魚というイメージがありますね。うなぎは筋肉・毛髪・皮膚などを形成するのにかかせにたんぱく質が豊富で、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンD・ビタミンEといったビタミン類も豊富です。カルシウム・鉄分・銅・DHA・EPAなどの栄養素を含んでいます。栄養満点なのでぜひ土用の丑の日にはうなぎを食べて、暑い夏に備えてはどうでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのカツオを使った人気レシピ10選

    カツオには一年に旬が二回あることをご存知でしょうか。一度目の旬は初夏で「初カツオ」と呼びます。初カツオは赤みが多くさっぱりとした味が特徴です。表面を軽く炙ってたたきにして食べるのがオススメですよ。2回目の旬は秋で「戻りカツオ」と呼ばれます。戻りカツオは初カツオよりも、脂が乗って濃厚な味わいが楽しめます。特に脂が乗っている腹身の部分はマグロのような食感で、とろけるおいしさです。カツオはヘルシーな魚なので、ダイエットにもオススメできる食材です。他にもカツオには良質なタンパク質や、EPA、DHAなどの栄養素も豊富に含まれています。食欲の秋には戻りカツオを食べて、季節を楽しみましょう。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンはパスタ、おにぎりの具、サンドイッチ、サラダなどによく使われている、私たちの生活になじみ深い食品です。缶詰のタイプが一般的で、長期保存ができる上、開けたらそのまま調理なしで使える手軽さが魅力的ですよね。献立に困った時にすぐ使えるので、家に常備しておくことをオススメします。シーチキンはびんながマグロ、キハダマグロ、カツオを油漬けにして加工して作られています。油漬けなのでカロリーが気になるところですが、最近では低カロリーや塩分控えめのシーチキンなども開発されているので、ダイエット中の方でも安心して食べられますね。シーチキンには良質なタンパク質がたっぷり入っているので、体づくりをしたい方にもオススメの食材です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのイサキを使った人気レシピ10選

    イサキは初夏から夏に旬を迎える白身魚です。脂が乗っていますが、味はあっさりと淡白なのが特徴です。塩焼き、刺身、煮付けなどの和食メニューはもちろん、ムニエルや洋風の味付けにもよく合います。調理のバリエーションも豊富なので、ひんぱんに食べても飽きずに食べられます。イサキは血液をサラサラにしてくれるオメガ3脂肪酸や良質なタンパク質、DHAやEPAなど、体に嬉しい栄養素を豊富に含んでいます。認知症の予防や生活習慣病の予防に効果があります。育ち盛りの子供だけでなく、大人や高齢者の方にもぜひ意識的に食べて欲しい食材です。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのあさりを使った人気レシピ10選

    古くから日本で食べられている貝類の1つがあさりです。食べやすいサイズであさりのおみそ汁・酒蒸し・和え物・炒め物などに使われます。和食以外にもパスタやクラムチャウダーなど洋食ともよく合い、幅広い料理に使われます。あさりを料理に使うことであさりのうま味たっぷりに仕上がって、料理をワンランクアップしてくれます。あさりは砂出しする必要があり、水と食塩を混ぜて濃度3.0~3.5%の塩水に数時間あさりを漬けておくと簡単に砂出しできます。砂出しが面倒な場合は、すでに砂出ししてあるものや缶詰のものを使うと簡単に料理に使えます。あさりは鉄分を豊富に含み、貧血気味の時におすすめの食材です。その他にも肌や疲労にも効果があるビタミンB2や、二日酔い防止にも効果があるタウリン、新陳代謝の向上させる働きのある亜鉛など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社