キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 朝ごはんにオススメのししゃもを使った人気レシピ10選

    お酒のおつまみとしても、ご飯のおかずとしても大活躍のししゃも。比較的手に入りやすく価格も安価なため、食卓に並ぶことが多い家庭もあるかと思います。そんなししゃもですが、どのように調理することが多いでしょうか。定番の食べ方としてはからっと焼いたり、素揚げをするイメージかもしれませんが、実は刺身としても食べられます。意外に知られていないので、新鮮なししゃもを手に入れたらぜひ試してみてください。そして、調理する際に気になるのは下処理ですが、ししゃもは基本的に骨も柔らかく食べやすいので、取り除く必要はありません。しいて言うならば、内臓の苦みが苦手な場合に取り除くくらいで大丈夫です。簡単に調理できるところがとても嬉しいですよね。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのイサキを使った人気レシピ10選

    イサキは魚の一種で最もおいしい時期は産卵期でもある5月~7月で脂が乗っています。イサキはオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるので血液をサラサラにする効果や脳細胞を若く保つ働きがあります。他にDHAやEPA、たんぱく質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。イサキの骨は非常に硬いためおろす際は骨を残さないようにします。イサキは塩焼きや刺身で食べるのが一般的ですが、他にポワレや蒸し料理、揚げ物など幅広くメニューに使われています。朝ごはんのメニューにもおすすめでレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    桜えびは透き通った桜色をしていることから海の宝石と呼ばれています。桜えびは丸ごと食べることができる食材なので含まれている栄養素を余すことなく摂取することができます。桜えびはDHAやEPAを豊富に含んでいて、脳の働きを高める働きや血液をサラサラにする働きがあります。また、コラーゲンを作り出すアミノ酸の一種であるグリシンを含んでいるため、美容効果が期待されています。桜えびは生はもちろん茹でたり干したりなど食べ方が色々あるためアレンジが広がります。今話題の糖質オフのメニューにも使われているので様々なレシピが各サイトで紹介されています。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選

    プチプチ、コリコリとした食感の数の子。卵の数が多く、子孫繁栄を意味することから縁起の良い食べ物としておせち料理などで使われています。そもそも数の子とは、ニシンという魚の卵。ニシンは昔、「カド」と呼ばれていて、「カドの子」が変化して「かずのこ」と呼ばれるようになったと言われています。数の子は魚卵ですが、イクラやタラコと比べてコレステロールが低いのが特徴です。DHAやEPAはマグロやサンマよりも高いため、健康的に食べられる魚卵を選ぶなら数の子がおすすめです。紹介する数の子の朝ごはんレシピは、おせち料理に使う数の子や松前漬けの残り物で作れるものもありますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    みそ汁の具として人気のあさり。旬の夏には、身がふっくらとし、うまみが増します。あさりには、貧血予防に効果がある鉄分やビタミンB2が豊富です。あさりのうまみ成分であるタウリンには、血中の脂肪やコレステロールを減らす働きがあります。また、二日酔いの予防にも効果があるため、お酒のおつまみにもぴったりの食材です。細胞の形成や新陳代謝をサポートする働きや、生殖機能を維持するのに欠かせない亜鉛も多く含まれています。あさりは加熱調理が必須ですが、あさりから染み出るエキスには、うまみや栄養素がたっぷり。ぜひ、みそ汁やスープ、鍋物や酒蒸しなど、あさりのエキスを生かした料理を楽しんでみてください。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • イサキを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    初夏から夏にかけて旬を迎えるイサキ。脂がのり、クセのない味わいが特徴の白身魚です。イサキには良質なたんぱく質が豊富で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエンサン)などが多く含まれています。血中のコレステロールを低下させたり、血液をサラサラにしたり、脳神経の働きを改善したり、生活習慣病の予防や認知症予防などに効果があり、健康成果活の強い味方です。また、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDやアンチエイジングに効果があるビタミンEなどがバランスよく含まれています。イサキは刺し身や塩焼きのほか、から揚げや煮つけ、ムニエルなどさまざまな料理で楽しめます。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    にしんの卵巣又はその加工品を「数の子」と言います。数の子の旬は春であり語源は、秋田県でにしんのことを「かど」と呼び、「かどの子」から来ていると考えられています。スーパーなどで販売されているものは外国産が多く、国産の数の子を探すのは難しいのが現状です。数の子を選ぶ時のポイントは、塩でしっかりと身がしまっているものを選びましょう。栄養面では、魚卵ということからコレステロールが多いイメージが持たれがちですが、実は100g当たりに含まれるコレステロール含有量は鶏卵よりも少なく、一方でDHAやEPAは多く含まれています。料理のレパートリーが豊富な数の子を使い、数の子料理を楽しんでください。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    家に常備しておくと便利な食材がシーチキンです。缶詰なので保存期間が長く、火を通さずにそのまま使えるのも魅力です。マヨネーズを和えてサラダやサンドイッチに使ったり、パスタや炒め物、チャーハンの具材としても活躍します。家に肉や魚がなくても、シーチキンがあれば簡単にメイン料理が作ることができます。価格も安いので、節約したい時の主婦の強い味方です。シーチキンはビンナガ・キハダ・カツオなどを使い、油漬けのものと水煮のものがあります。原料が魚のためたんぱく質が豊富で、筋肉・皮膚・爪・毛髪などを形成するのに欠かせない大切な栄養素です。その他にも動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐのに効果があるDHA、アレルギーを緩和するEPAも豊富に含まれています。使いやすく栄養も豊富なので、積極的に料理に取り入れたい食材の1つです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのカツオを使った人気レシピ10選

    カツオはサバ科の魚で、国内では静岡、宮城、三重、東京、宮崎など、太平洋側を中心に漁獲されています。一般的に「初ガツオ」と呼ばれるのは4月から5月にかけて北上しているカツオで、「戻りガツオ」と呼ばれるのは9月から10月にかけて南下するカツオのことです。初ガツオは赤身が多く、さっぱりとした味わいですが、戻りガツオは脂が乗り、カロリーが比較的高めです。カツオの主な栄養素はビタミンBや鉄分、タウリンなど。貧血予防や肝機能を高める働きがあります。ビタミンB群はタンパク質や炭水化物をエネルギーに変える働きもあるため、代謝をアップさせたい人にもおすすめです。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンははごろもフーズが作った缶詰の商品名です。原料となっている魚はびんながまぐろ、きはだまぐろ、かつおの3種類で、ブロックタイプ、かたまりタイプ、フレークタイプの3種類の形状の商品があります。シーチキンには魚の栄養素がたっぷり入っていて、油にもエキスが染み出しています。まぐろやかつおには、良質なタンパク質が含まれ、筋肉や血液を作るのに欠かせません。魚の栄養素として有名なDHA、EPAなどは、血液をサラサラにしたり、動脈硬化の予防に役立つとされています。血圧を下げる働きもあるとされているため、健康維持に効果的な食材と言えます。そのまま食べられるため、忙しい朝ごはんのレシピにぴったりです。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選

    うなぎはスタミナ満点の食材で、スーパーではかば焼きとして販売されています。海外産と国産が売られていて、海外産は国産より価格はやや低めに設定されています。目利きに関してはうなぎは身が分厚くてふっくらとしているものを選ぶと良いでしょう。栄養面ではビタミンAやビタミンB2を豊富に含んでいます。スタミナがあり滋養強壮効果や夏バテを解消する効果があります。うなぎは丼の他にもアレンジがきく食材なのでレシピのバリエーションを楽しむことができます。朝ごはんにもおすすめのうなぎを使ったレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    春と秋に旬を迎えるカツオ。春の取れる初ガツオは脂肪が少なく、秋にれる戻りカツオは油がのっているのが特徴です。カツオには良質なたんぱく質が豊富でビタミン類や鉄分が豊富です。また、血液をサラサラにする働きがあるEPA(エイコサペンタエン 酸)や脳の働きをよくするDHA(ドコサヘキサエン酸)、肝機能をサポートするタウリンなどを多く含み、積極的に取りたい食材の一つです。特に背身と腹身の間にある血合い肉には栄養が豊富です。臭みが気になる場合は、オリーブオイルやみそ、すだちやレモン、しょうがなどの調味料や柑橘類、香味野菜などと合わせて調理するのがおすすめです。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    カツオやマグロを油漬けや水煮にした缶詰、シーチキン。カツオやマグロにはさまざまな栄養が含まれており、加工後のシーチキンにも良質なタンパク質やビタミンB2、鉄分、亜鉛やなどの栄養素が引き継がれています。血液をサラサラにする働きがあるEPA(エイコサペンタエン酸)や頭の働きを改善するDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富なシーチキンは、積極的に取りたい健康食材です。シーチキンのオイルや汁にも、栄養やうまみが含まれているので、一緒に調理するのがおすすめ。オイルの取りすぎは肥満の要因にもなりますが、適度な量を使えば、コクや風味づけにぴったりです。野菜やパン、トマトやチーズなど、さまざまな食材との相性も抜群のシーチキン。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    そのままでも加熱しても濃厚な旨みを味わえる牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価の高い食材です。鉄分、亜鉛、銅、カルシウムなどのミネラルを豊富に含み、特に味覚を感じる細胞の働きには欠かせない亜鉛を多く含みます。生牡蠣にレモンが添えられる場合が多く見かけられますが、レモンに含まれるビタミンCやクエン酸が、鉄分や亜鉛の吸収をよくするため、一緒に食べることをおすすめします。レモンがない場合はお酢でも代用できますよ。加熱用の牡蠣では定番のフライや鍋物はもちろんですが、あさりの代わりに牡蠣を使ってパスタやクラムチャウダーに利用してもおすすめですよ。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    産卵前の12月〜2月に最も脂がのって、とろけるような食感のぶり。ぶりの脂には不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含み、血中コレステロールを下げて生活習慣病対策や、脳細胞を活性化させる効果が期待されます。他にも、糖質の代謝を促すビタミンB群、カルシウムの吸収を促すビタミンD、肝臓の働きを助けるタウリン、貧血予防には欠かせない鉄分などバランスよく含むため、子供から大人まで積極的に取り入れたいですね。特に血合いの部分には身の3倍ものタウリンや鉄分が含まれるため、血合いが最も多く含まれるアラの部分もおすすめですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    手ごろな価格で手に入り、栄養価が高いいわし。煮干しやしらす、アンチョビなどの原料にもなっています。一年中手に入るいわしですが、旬を迎える夏から晩春のいわしは脂がのり、おいしさが増します。いわしには、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富で、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDも多く含まれているため、積極的に取りたい食材の一つです。エネルギー代謝を促進したり、髪や爪、皮膚などの細胞を再生したりするビタミンB2も豊富です。高血圧の予防や善玉コレステロールを増やし、脳や神経の働きを高める効果や、血液をサラサラにする働きがあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)も多く含みます この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ8選

    スタミナたっぷりの食材と言えばうなぎ。土用の丑の日に食べる定番の食材で、夏バテ予防に効果があるとされています。土用の丑の日にうなぎが食べられるようになったのは、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために考えたPR作戦と言われています。うなぎは筋肉・毛髪・爪・皮膚などを作るのにかかせないたんぱく質が豊富で、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンEといったビタミン類の他にミネラル類も豊富です。夏に食べると夏バテを撃退して元気が出るというのは嘘ではなく、スタミナをたっぷりとつけたい時におすすめの魚です。魚の中でも高級な部類に属し、おもてなしやお祝い事によく食べられます。スタミナをつけたいときなどにぜひ奮発して、栄養たっぷりのうなぎ料理を作るのもおすすめですよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    日本でよく食べられるイカの1つがスルメイカで、イカの中でも低価なため使い勝手がいい食材です。日本は世界的にもスルメイカの漁獲量が高く、北海道、青森、宮城などの水揚げが多くなっています。内臓は塩辛にして食べることもでき、ほとんど捨てる部分がない経済的な魚介類です。寿司や刺身などの生食の他に、天ぷら、揚げ物、炒め物、焼き物、煮物など幅広い料理に使われます。屋台でおなじみのイカ焼きや、お酒のおつまみにぴったりの干しスルメイカなども人気がありますね。スルメイカは疲労回復に効果のあるタウリンや、免疫力の向上に効果がある亜鉛を含んでいます。たんぱく質が豊富で低脂質のため、ダイエット中の方にもおすすめの食材ですよ。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    桜えびは深海に生息する小型の海老で、漁獲対象になっているのは駿河湾のみのため水揚げ量の100%は駿河湾産になっています。生の桜えびは傷みが早いため輸送に向かず、ほとんどの場合は乾燥して売られているものを料理に使います。海老のうま味がたっぷりで、お好み焼き、パスタや麺類の具材、炒め物、スープ、かき揚げなどに使われます。鮮やかなピンク色が料理にアクセントを加えて、乾燥しているので保存が効くのも魅力です。桜えびは丸ごと食べられるため栄養価が高く、特にカルシウムが豊富で牛乳の約6倍含まれています。その他にもマグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラル類、たんぱく質、ビタミン類、DHAなどが含まれています。体にいい栄養素満点の優秀な食材です。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    日本人には馴染み深い青魚の代表とも言えるいわし。味も良く、価格もお手頃な上に栄養価も高いため、とてもコストパフォーマンスの良い魚です。そんないわしですが、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)をはじめとするn-3系脂肪酸(オメガ3)と呼ばれるものを豊富に含んでいます。  これらには血管を拡張させ、血液の流れをよくする働きがあると言われており、血圧を下げる作用も期待できます。また、EPAには中性脂肪値を下げる働きがあるとされ、医薬品にも利用されています。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    ヒゲが長く、腰が曲がった姿が不老長寿の縁起物としてお祝い事やお正月に欠かせないエビ。高タンパク質で低脂肪のエビはヘルシーな食材としても注目され、ダイエット中にもおすすめな食材です。肝機能を高めて中性脂肪を減らす「タウリン」や、強い抗酸化作用のある「アスタキサンチン」と呼ばれる成分によって美と健康を維持するのにぴったりです。さらに、エビの殻や尾には、動物性食物繊維が含まれるため、腸内環境を整えて便秘を解消し、デトックス効果も期待されますよ。エビは鮮度が落ちるのが非常に早い食材のため、頭付きのものの場合はその日のうちに食べることを心がけましょう。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    キュウリウオ科シシャモ属である「柳葉魚(ししゃも)」。日本の北海道太平洋沿岸のみに生息しているため、数が少なく貴重です。旬は秋から冬の10月から12月です。ししゃもは目が大きく、体に丸みがあり、お腹に卵が詰まっているものは、子持ちししゃもとして人気な食材。日本で多く販売されているのが「樺太ししゃも(からふとししゃも)」ともいわれる「カペリン」という魚です。このパーティー料理レシピでも、からふとししゃもを使用したものもあります。からふとししゃもは輸入もされているため、比較的安く販売されています。そんなししゃもは、丸ごと食べられるので、栄養価が高く、カルシウム、DHA、コラーゲンなど豊富に含まれています。  この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    一般にいわしと言われる魚は、ニシン科のまいわし・きびなご・うるめいわしかたくちいわしの総称を示しますが、通常いわしと言えば、まいわしをさすことが多いです。煮物・焼き物・揚げ物などの料理にいわしを使われる頻度は高く、レシピのバラエティーが豊かなので、日本人には身近な魚です。いわしに含まれる栄養素には、脳や神経の発達に必要なDHAや血管の健康を保つために必要なEPAが多く含まれています。またビタミン類では、たんぱく質の代謝に必要なビタミンB6も多く含まれており、これは皮膚や髪の毛、神経伝達物質の合成にもかかわっています。いわしには子供の成長や健康維持に欠かせない栄養素が沢山含まれているので、是非日々の食事に取り入れてみてください。この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    鯖は一年中スーパーで比較的安く手に入るので、マグロやアジなどと並んで私たちの生活に馴染み深い魚です。鯖は焼き鯖、竜田揚げ、しめ鯖などの料理に利用され、加熱したり加工したりしてから食べられることが多い食材です。鯖にはDHAやEPAなどの高度不飽和脂肪酸などの良質な脂が豊富に含まれており、善玉コレステロールを増やしてくれる効果があります。鯖は脂がたっぷり乗っているのが魅力の一つですが、そのため傷みが早いのも特徴です。食中毒を避けるために生で食べることは推奨されていません。鯖は缶詰としても売られており、下処理なしですぐ食べられる手軽さから人気があります。保存もきくため、普段あまり料理をしない方も鯖の缶詰をストックしておくことをオススメします。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    あさりは私たちの生活にも馴染み深い二枚貝です。あさりの酒蒸しはヘルシーな居酒屋メニューとして人気がありますよね。他にも味噌汁や、クラムチャウダー、パスタなどさまざまな料理に利用されています。あさりにはビタミンB12、鉄分が豊富に含まれており、貧血予防に効果があります。ビタミンB12は他の食材にはあまり含まれていない貴重な栄養素でもあるので、ぜひあさりを食べてビタミンB12を摂取してくださいね。あさりを美味しく食べるためには砂抜きをする必要があります。あさりを海水に近い塩水に漬け、冷暗所で保存して砂抜きをします。夏などの暑い時期は冷蔵庫で保存するのがオススメです。砂抜きが終わったらこすり洗いをしてから料理に使ってくださいね。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    一般的に「鯵(あじ)」といえば、「真あじ(マアジ)」のことです。このヘルシーレシピでも、真あじが使用されています。あじには百数十種類いるとされ、食用で販売されているものは、ムロアジ(旬は秋で、くさやの原料の魚)、マルアジ(旬は秋から翌春頃)、シマアジ(旬は6月から8月)、メアジ(旬は秋から冬で、ギンアジとも呼ばれる)とさまざまです。そして真あじの旬は4月から7月の初夏から夏です。外洋を回遊するあじは、日本周辺を泳いでいるので、旬の時期が異なります。旬のあじは脂があるので、刺身がおすすめですが、このヘルシーレシピでは、焼く、漬けるなどしています。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    サバ科カツオ属である「鰹(カツオ)」。カツオは鰓蓋(エラブタ)を自分で動かせないため、泳いで新鮮な水を、口からエラに流さないと窒息してしまうので、泳いでいないと死んでしまいます。そんなカツオの旬は、初カツオが4月から5月で、戻りカツオが8月中旬から9月下旬頃です。戻りカツオの方は脂肪が多いので、初カツオの方がヘルシーです。そしてカツオの栄養価には、脳の働きを活性化するDHA、血液をサラサラにするEPAが含まれていて、また肝機能を高めるタウリンも豊富に含まれています。カツオはさまざまな調理方法があり、このヘルシーレシピでも、表面を焼いた「たたき」や、角煮、サラダ、丼ぶりなどで使用しています。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    はごろもフーズ株式会社の商品ブランド名である「シーチキン」。一方「ツナ」は一般的な食品名の総称です。日本国内では、販売されているツナ缶の半数以上を「シーチキン」が占めていたことにより、「ツナ」と「シーチキン」は同じようなものという認識になりました。そんなシーチキンの原料は「びんながまぐろ」、「きはだまぐろ」、「かつお」の3種類で、形状は「ブロックタイプ」、「かたまりタイプ」、「フレークタイプ」の3種類です。また調理方法は4種類で、「油漬け」、「油入り水煮」、「素材そのまま」、「食塩・オイル無添加」のものがあります。このヘルシーレシピでは、主に油入りのものを使用しています。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    日本全域に生息するあさりは、味噌汁の具など日本の食卓に馴染み深い貝類です。高タンパク・低脂肪でヘルシーなあさりは、動脈硬化やコレステロールを排出するタウリンを多く含みます。タウリンには肝臓を強化する働きがあり、お酒の習慣がある方に積極的に取り入れていただきたい食材ですね。他にも、赤血球の合成に欠かせないビタミンB12を多く含みます。貧血予防には欠かせないため、女性にとっても嬉しい食材ですね。鉄分の吸収を助けるトマトやブロッコリーなどのビタミンCと一緒に調理することでより効率的に摂取できますよ。あさりから出るスープには旨味がたっぷり溶け出しているのでパスタや炊き込みご飯にしてもおすすめですよ。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あじを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    日本沿岸に広く生息しているあじは、私たちの食卓に馴染み深い魚のひとつです。年間を通して獲れますが旬は夏で、旬のあじは脂がのってコクが増しています。タンパク質、カルシウム、ビタミンB群をバランスよく含み、他の青魚に比べるとカロリーも控えめですよ。あじは鮮度の落ちる速度が速く、買ってきたらその日のうちに食べるようにしましょう。鮮度の良いあじは生姜や青じそを添えて刺身にしたり、味噌や小葱を加えて「なめろう」にするのがおすすめです。また、あじを丸ごと揚げる南蛮漬けには骨ごと食べられるので効率的にカルシウムが摂取できるだけではなく、南蛮漬けの酢が魚の骨を柔らかくしてくれるためおすすめな料理の種類です。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社