キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

魚介の記事一覧

キッチンブックの「魚介」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメのカツオを使った人気レシピ10選

    カツオには一年に旬が二回あることをご存知でしょうか。一度目の旬は初夏で「初カツオ」と呼びます。初カツオは赤みが多くさっぱりとした味が特徴です。表面を軽く炙ってたたきにして食べるのがオススメですよ。2回目の旬は秋で「戻りカツオ」と呼ばれます。戻りカツオは初カツオよりも、脂が乗って濃厚な味わいが楽しめます。特に脂が乗っている腹身の部分はマグロのような食感で、とろけるおいしさです。カツオはヘルシーな魚なので、ダイエットにもオススメできる食材です。他にもカツオには良質なタンパク質や、EPA、DHAなどの栄養素も豊富に含まれています。食欲の秋には戻りカツオを食べて、季節を楽しみましょう。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンはパスタ、おにぎりの具、サンドイッチ、サラダなどによく使われている、私たちの生活になじみ深い食品です。缶詰のタイプが一般的で、長期保存ができる上、開けたらそのまま調理なしで使える手軽さが魅力的ですよね。献立に困った時にすぐ使えるので、家に常備しておくことをオススメします。シーチキンはびんながマグロ、キハダマグロ、カツオを油漬けにして加工して作られています。油漬けなのでカロリーが気になるところですが、最近では低カロリーや塩分控えめのシーチキンなども開発されているので、ダイエット中の方でも安心して食べられますね。シーチキンには良質なタンパク質がたっぷり入っているので、体づくりをしたい方にもオススメの食材です。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのイサキを使った人気レシピ10選

    イサキは初夏から夏に旬を迎える白身魚です。脂が乗っていますが、味はあっさりと淡白なのが特徴です。塩焼き、刺身、煮付けなどの和食メニューはもちろん、ムニエルや洋風の味付けにもよく合います。調理のバリエーションも豊富なので、ひんぱんに食べても飽きずに食べられます。イサキは血液をサラサラにしてくれるオメガ3脂肪酸や良質なタンパク質、DHAやEPAなど、体に嬉しい栄養素を豊富に含んでいます。認知症の予防や生活習慣病の予防に効果があります。育ち盛りの子供だけでなく、大人や高齢者の方にもぜひ意識的に食べて欲しい食材です。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのあさりを使った人気レシピ10選

    古くから日本で食べられている貝類の1つがあさりです。食べやすいサイズであさりのおみそ汁・酒蒸し・和え物・炒め物などに使われます。和食以外にもパスタやクラムチャウダーなど洋食ともよく合い、幅広い料理に使われます。あさりを料理に使うことであさりのうま味たっぷりに仕上がって、料理をワンランクアップしてくれます。あさりは砂出しする必要があり、水と食塩を混ぜて濃度3.0~3.5%の塩水に数時間あさりを漬けておくと簡単に砂出しできます。砂出しが面倒な場合は、すでに砂出ししてあるものや缶詰のものを使うと簡単に料理に使えます。あさりは鉄分を豊富に含み、貧血気味の時におすすめの食材です。その他にも肌や疲労にも効果があるビタミンB2や、二日酔い防止にも効果があるタウリン、新陳代謝の向上させる働きのある亜鉛など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのあじを使った人気レシピ10選

    あじの名前は「味が良い」という意味から由来し、うま味の素となるイノシン酸が豊富なため味が良くなっています。日本ではあじと言えば「まあじ」のことを指し、定食屋やお惣菜でもおなじみのあじのフライなど、庶民的な味わいが人気があります。フライにする以外にも寿司や刺身なども人気で、煮物や和え物にも使われなめろうや干物も人気があります。日本全国の沿岸から沖合いで漁獲されるため、古くから日本で食べられている魚です。アレルギーを緩和する働きのあるEPAや、脳細胞を活性化させるDHAといった不飽和脂肪酸が多く含まれています。その他にもロイシンリジンなどの必須アミノ酸や、筋肉・毛髪・皮膚などを形成するのに欠かせないたんぱく質を含み、体にいい栄養素が豊富なのでぜひ料理に取り入れたい魚の1つです。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    冬の味覚として有名なぶり。アジ科ブリ属に分類される海水魚で、長崎、石川、島根、鳥取などで漁獲されています。ぶりは成長すると呼び名が変わる出世魚で、縁起が良いとされているのも特徴です。地域によって呼び方はいろいろですが、関東ではわかし、いなだ、わらさ、ぶりというように、サイズによって呼び名が変わります。ぶりの主な栄養素は、DHAやEPA、ビタミン類、カルシウムなど。DHAやEPAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるとされています。糖尿病や動脈硬化、生活習慣病などの予防にも効果的です。エネルギー代謝に有効なビタミンB1、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなども含まれています。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使ったおすすめ定番料理10選

    桜えびは海の宝石と呼ばれ、駿河湾でしか捕れないえびとして知られています。鮮度が落ちやすいため輸送にはむかず、普段手に入るものは天日干しにした桜えびになります。きれいな赤色と風味が料理にアクセントを加え、サラダ・揚げ物・パスタ・炒め物・お好み焼き・炒め物など幅広い料理に使われます。桜えびを加えるだけで魚介のうま味をプラスすることができ、乾燥桜えびは日持ちするので家に常備すると料理に活躍します。桜えびは牛乳の約6倍のカルシウムを含み、育ち盛りの子供にぜひ食べさせたい食材です。その他にも鉄・亜鉛・マグネシウム・リン・亜鉛などのミネラル類、たんぱく質、ビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【調理器具:圧力鍋】おすすめ10選

    シーチキンは加熱したマグロを油漬けにしたものです。スーパーでは缶詰が販売されていて、手軽に料理に使うことができます。子供から大人まで年齢問わず大変人気がある食材です。シーチキンの缶詰は日持ちするのでストックをしておくと便利です。シーチキンは栄養豊富で中でもDHA、EPAなどの栄養素が豊富に含まれています。他にはビタミンKが含まれて、骨の形成を助ける働きがあるので育ち盛りの子供にもおすすめです。捨ててしまいがちなシーチキンの油には動脈硬化を予防する働きがあるので料理に活用します。圧力鍋を使ったレシピが数多く紹介されているので料理のレパートリーの参考にしてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選

    おせち料理の定番の数の子はニシンの卵で、二親(にしん)から多くの子が出るためめでたいとして古くから縁起物とされています。一般的に魚卵といえば痛風や腎臓障害を引き起こすプリン体がお多く含まれているようなイメージがありますが、数の子の場合は極めて低いことが特徴です。さらに、人の体内では作ることのできないEPAやDHAを多く含み、肥満の予防・改善効果や血糖値の改善、高脂血症の予防、記憶学習能力向上など様々な嬉しい効果が期待されていますよ。塩漬けされた数の子の場合、薄い塩水に浸けて少し塩分が残る程度で引き上げることがポイントです。塩分を抜きすぎると苦味が出てきてしまうため注意してくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのいわしを使った人気レシピ10選

    いわしはニシン科ニシン亜科に分類され、七つ星、ウルメ、ヒシコなどとも呼ばれる海水魚です。小さいものであれば加熱して骨まで食べられるため、カルシウムをたっぷりとれます。暑くなると北上し、寒くなると南下する魚なので、北海道から九州まで、沖縄を除く全国各地で漁獲されるのが特徴です。日本ではマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種類が流通していて、比較的多いのがマイワシです。マイワシは6月から10月ごろに旬を迎えます。いわしの主な栄養素はカルシウム、ビタミンDなど。ビタミンDがカルシウムの吸収を促進し、吸収率が33%と高くなっています。骨を丈夫にし、骨粗しょう症の予防などにも効果的です。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ10選

    牡蠣は真牡蠣や岩牡蠣などの種類があり、販売されているもののほとんどは養殖です。真牡蠣は冬、岩牡蠣は夏が旬です。牡蠣は別名海のミルクとも呼ばれていて完全栄養食となります。肝機能を助ける効果や、脳と筋肉を活発にさせる働きがあるとされています。また、ミネラルである鉄分や銅を豊富に含んでいるので貧血予防効果があります。疲労回復効果やスタミナ増強のタウリンが含まれていて、大変栄養価が高い食材です。牡蠣は鍋などの汁物、グラタン、蒸し料理、炒め物など様々な料理に使われていて、朝ごはんにもおすすめなので取り入れてみてください。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのししゃもを使った人気レシピ10選

    頭からしっぽまで丸ごと食べられるししゃもは、手軽にカルシウムを摂れる便利な魚です。ししゃもの名前はアイヌ語の「スサム」に由来しており、古くからアイヌの人々に食べられていました。シンプルに焼くだけでもおいしく食べられますが、揚げ物や南蛮漬けなどにして食べるのも人気があります。カルシウムの他にも脳を活性化させる働きがあるDHA、アレルギーの症状を抑えるEPA、免疫力を高める亜鉛などミネラル類も含まれています。特に子持ちししゃもはコラーゲンが豊富なので、女性にとってうれしい食材です。丸ごと食べられるので捨てるところがなく、下処理する必要もないので忙しい日でも簡単に調理できるのも魅力です。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    ぷりっとした歯ざわりや、ほのかに甘みのある味わいで愛されるえび。加熱をすると赤くなるため、料理の彩りとしても重宝していますよね。そんなえびに含まれる栄養素の代表と言えば、アミノ酸の一種である「タウリン」です。タウリンには健康に嬉しい幅広い効能があります。たとえば疲労回復、肝機能の強化、疲れ目の軽減、高血圧の抑制など、タウリンには様々な効果があることで知られています。また、えびにはビタミンEも豊富に含まれます。ビタミンEには抗酸化作用や血行を良くする働きがあり、アンチエイジングに効果的だとも言われています。冷え性の改善、生活習慣病の予防などがあるのはとても嬉しいですよね。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのスルメイカを使った人気レシピ10選

    スルメイカとはマイカ、バライカ、マツイカなどの別名があるイカの種類の1つです。イカにはヤリイカやホタルイカ、コウイカなどの種類がありますが、スルメイカは中でも国内の漁獲量が多いとされています。5月から9月ごろに旬を迎える魚介類で、北海道や青森県、長野県などで漁獲されます。スルメイカの主な栄養素は、タンパク質やタウリン、コラーゲンなど。脂質が少なく、タンパク質が豊富に含まれているため、ダイエット中の人やコレステロールが高めの人におすすめです。タウリンは胆汁の分泌を促進し、肝臓機能を高める働きがあります。コラーゲンは美肌効果があるほか、骨や軟骨を丈夫にするのにも効果的です。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選

    かき揚げやお好み焼きなどに使われる桜えび。体長は3〜5cmほどで、薄いピンク色をしているのが特徴です。体の表面に赤い発光体があり、夜の海ではキラキラと光って見えるため、「海の宝石」とも呼ばれています。東京湾、相模湾、駿河湾などに生息していますが、漁獲されるのは駿河湾のみです。桜えびは一尾まるごと食べられる魚のため、栄養を余すことなく摂取できます。桜えびの主な栄養素は、タンパク質やビタミン類、カルシウム、葉酸、DHAなどです。桜えびのカルシウムは牛乳のおよそ6倍ほどの含有量があり、骨粗しょう症の予防やイライラ防止に役立ちます。生よりも素干ししたほうが同じ分量を食べた時の栄養価が高くなります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの牡蠣を使った人気レシピ9選

    ぷりっとした見た目と、滑らかなのど越しの牡蠣。生で食べるのはもちろんのこと、蒸したり、焼いたりと様々な形に変化してくれ、味や食感の変化も楽しめる食材の一つです。牡蠣は海のミルクともいわれるほど栄養価が高く、完全栄養食品ともいえるでしょう。牡蠣に含まれる糖質の50パーセントが効率よくエネルギーに変わるグリコーゲンで、肝臓の機能を高めてくれるので、疲労回復や筋肉、脳の働きを活発にしてくれます。お酒を飲んだ後に食べるのも意外とおすすめです。また、ミネラルを多く含んでいるため、貧血予防にもおすすめです。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのカツオを使った人気レシピ10選

    カツオは4月~5月が旬の初カツオと8月から9月が旬の戻りカツオの2つがあります。代表する料理にカツオのたたきがあり大変人気があります。カツオにはDHAやEPAが豊富に含まれていて、脳の働きを良くする働きや血液をサラサラにする効果があります。この他にもカツオにはタウリンが豊富に含まれているので肝機能を高める作用があります。カツオは刺身やたたきの他に炒め物、煮物、揚げ物、サラダ等幅広く使うことができる食材です。中でもから揚げなどの揚げ物は夜ごはんやお酒のおつまみにぴったりなので人気がありレシピが多く紹介されています。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選

    土用の丑の日にうなぎを食べる習慣のある日本。世界で7〜8割ほどの消費量があると言われているほど、日本ではうなぎが好まれています。国内では静岡、愛知、三重などが主な産地ですが、台湾や中国からも輸入しています。天然物のうなぎは8月から12月ごろ、養殖物のうなぎは5月から8月ごろが旬です。うなぎの主な栄養素は、脂質やビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンDなど。100gあたりのカロリーは255kcalとやや高めなため、うな重などで食べると必然的に摂取カロリーが高くなります。糖質は100gあたり0.3gと低めですが、蒲焼きにする場合はタレに含まれる糖質によって糖分が高くなるため、ダイエット中の人は注意しましょう。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ8選

    カツオは古くから食べられている魚で、カツオ節の原料にも使われ日本食に欠かせない食材です。寿司や刺身のねたとしても人気で、カツオのたたきや竜田揚げも人気です。スズキ目・サバ科に属する魚で、日本近海には少なく熱帯・温帯海域に広く分布しています。カツオの干したものを「かたうお」と呼ばれていたのが、カツオになったのが名前の由来と言われています。旬は春から秋にかけてで、日本での産地は静岡県・宮城県・三重県などになっています。カツオは鉄分が豊富で100gあたり1.9mg含み、その他にもアレルギーを緩和するEPA、脳内を活性化させるDHA、たんぱく質、ビタミンB、ビタミンA、ビタミンDなどのビタミン類など体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのシーチキンを使った人気レシピ10選

    シーチキンは年齢問わず人気がある食材です。シーチキンはマグロやカツオを油漬けや水煮にし缶詰にしたもので保存がきくのが特徴的です。シーチキンはサラダ、炒め物、パスタ、スープなどの汁物、おにぎりの具材など幅広く使われているので大変人気があります。栄養面ではDHAやEPAなどの成分が豊富に含まれています。捨ててしまいがちな油にはうま味成分があり必須脂肪酸であるリノール酸が含まれているので摂取するのがおすすめです。シーチキンは様々な料理に使われていて、夜ごはんにぴったりのレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのエビを使った人気レシピ10選

    プリッとした食感が人気のエビは、さまざまな料理に使える人気の食材です。茹でてサラダやサンドイッチに使ったり、炒め物・揚げ物・スープなど幅広い料理に使えます。生のエビは頭と背ワタを取るなど下処理が面倒ですが、簡単に使える下処理済みの冷凍エビもあり時短で料理に使うことができます。和洋中とジャンルに問わず使える食材で、エビフライ・エビチリ・チャーハン・パスタ・グラタン・春巻きなどに使って色々とアレンジを楽しめます。魚が嫌いな子供でもエビは好きで食べられるということも多く、ママにとってもうれしい食材ですね。エビは筋肉・毛髪・皮膚などを作るのに欠かせないたんぱく質が豊富で、糖質や脂質が少ないのでダイエット中の食材にもおすすめです。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの鯖を使った人気レシピ10選

    鯖は焼き鯖、しめ鯖、鯖の味噌煮込みなど、加熱して調理されることがほとんどです。鯖は鮮度が落ちやすく、寄生虫も多いため、生で食べられるのはほんの一部の地域だけです。保存期間の短い鯖ですが、缶詰にして加工されている商品も多く販売しています。鯖の缶詰は長期保存できるだけでなく、開けたらすぐ使える便利さや味付けなしでそのまま食べられる利点があります。魚を扱うのが苦手な方でも手軽にチャレンジできるので、オススメですよ。鯖には多価不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富に含まれており、ダイエットにも効果がある食材です。鯖は秋から次の年の2月までが旬とされ、「秋鯖」、「寒鯖」と呼ばれます。旬の鯖は脂が乗っておいしいので、ぜひ寒い季節には鯖を楽しんでくださいね。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのスルメイカを使った人気レシピ10選

    高たんぱく低カロリーのスルメイカ。日本人は大のイカ好きで、世界の水揚げ量の半分を消費するといわれています。年間を通して手ごろな価格で手に入るスルメイカは、家計にも体にもやさしい食材です。スルメイカには、コレステロールの代謝を促進して高血圧を改善する働き、疲労回復や滋養強壮の効果があるタウリンが豊富です。目は鮮やかな黒色で、胴体は透明感のあるものを選ぶのがポイントです。煮ても焼いても炒めても蒸してもおいしいスルメイカは、さまざまな料理で活躍します。噛み応えのある食感は、満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果があるため、ダイエットにもおすすめです。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選

    春と秋に旬を迎える桜えび。きれいな桜色で、丸ごと食べられるのが特徴です。骨や殻まですべて食べられる桜えびは、骨や歯を丈夫にするカルシウムを無駄なく摂取できるのが魅力です。うまみ成分であるグリシンには、脳卒中や高血圧を予防する働きや、アンチエイジングや美肌にも効果があり、子供から大人まで積極的に取りたい健康食材です。生で食べるのはもちろん、加工された乾燥桜えびなどからも風味豊かな味わいが楽しめます。煮ても焼いても炒めてもおいしい桜えび。下処理が要らないので、手軽に使えるのもうれしいですね。ぜひ、いつもの料理にプラスして、食卓を彩ってみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのあさりを使った人気レシピ10選

    日本各地の内湾にいるあさりは、私たちの食卓に最も馴染み深い貝の一つです。ビタミンB群、カルシウム、鉄を豊富に含み、旨味成分が多く、高たんぱく質・低脂質のヘルシー食材のあさりは子供から大人まで積極的に取り入れたいですね。また、肝臓を強化するタウリンも豊富に含むため、生活習慣病対策やお酒の飲む機会が多い方にもおすすめです。鉄分の吸収を高めるためにビタミンCの多い緑黄色野菜と合わせて料理に使用するのもおすすめですよ。殻付きのあさりは酒蒸しや汁物、炒め物に使用し、むき身は炊き込みご飯や煮物に便利です。料理に合わせて使い分けてみてくださいね。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのあじを使った人気レシピ10選

    日本沿岸に広く生息する味は私たちの食卓に馴染み深い魚の一つです。一年中獲れますが旬は夏で、脂がのってコクが増しておすすめですよ。良質なタンパク質、ビタミンB群、カルシウムなどのミネラルをバランスよく含み、育ち盛りの子供に欠かせません。カルシウムはストレス予防にもなり、高血圧予防に有効なカリウム、脳の働きを活性化させるDHA、血液の流れをよくするEPAも豊富に含むため、大人にも積極的に取り入れていただきたいですね。カロリーも控えめなのでダイエット中にもぴったりですよ。あじは鮮度が落ちやすい魚のため、買ってきたら出来るだけその日のうちに食べきるようにしましょう。 この記事では、「あじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのいわしを使った人気レシピ10選

    いわしは夏が旬の魚です。不飽和脂肪酸であるDHAやEPAを豊富に含んでいるので血液をサラサラにする働きや認知症を予防する効果があります。いわしは栄養価が高い食材なので成長期の子供にもおすすめの食材です。新鮮ないわしははっきりとした黒い斑点があり目は澄んでいます。腸の部分は弾力がありエラの部分は鮮やかな紅色をしています。いわしは焼き物、揚げ物、パスタなど様々な料理に使われています。栄養たっぷりのいわしを使ったレシピが多く紹介されていて、昼ごはんにぴったりのメニューが多くありますので参考にしてください。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのぶりを使った人気レシピ10選

    ぶりは秋冬が旬の魚で老若男女問わず人気がある魚です。不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているので、脳の働きを良くする効果があります。新鮮なぶりは身の部分がピンク色をしていて、血合いの部分は鮮やかな色をしています。身が割れているものやドリップが出ているものは鮮度が落ちているので避けます。ぶりは新鮮なものは刺身で食べることができ、揚げ物や焼き物にも使われています。昼ごはんにぴったりのサンドイッチや、簡単に作ることができるどんぶりメニューなどレシピが多く紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのししゃもを使った人気レシピ10選

    お酒のおつまみとしても、ご飯のおかずとしても大活躍のししゃも。比較的手に入りやすく価格も安価なため、食卓に並ぶことが多い家庭もあるかと思います。そんなししゃもですが、どのように調理することが多いでしょうか。定番の食べ方としてはからっと焼いたり、素揚げをするイメージかもしれませんが、実は刺身としても食べられます。意外に知られていないので、新鮮なししゃもを手に入れたらぜひ試してみてください。そして、調理する際に気になるのは下処理ですが、ししゃもは基本的に骨も柔らかく食べやすいので、取り除く必要はありません。しいて言うならば、内臓の苦みが苦手な場合に取り除くくらいで大丈夫です。簡単に調理できるところがとても嬉しいですよね。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのイサキを使った人気レシピ10選

    イサキは魚の一種で最もおいしい時期は産卵期でもある5月~7月で脂が乗っています。イサキはオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるので血液をサラサラにする効果や脳細胞を若く保つ働きがあります。他にDHAやEPA、たんぱく質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。イサキの骨は非常に硬いためおろす際は骨を残さないようにします。イサキは塩焼きや刺身で食べるのが一般的ですが、他にポワレや蒸し料理、揚げ物など幅広くメニューに使われています。朝ごはんのメニューにもおすすめでレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社