キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

わけぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

わけぎは見た目がねぎに似ていますが、ねぎとエシャロットの雑種になります。わけぎは根元が膨らんでおり、球根からたくさんの葉っぱを生やすのが特徴です。ほどよい甘味があり、ねぎのような辛みや臭いがないため食べやすいです。味や香りがマイルドで、ぬたや酢味噌和えなどに向いて和食によく合います。わけぎは切った後も何度も収穫できるので家庭菜園に向いていて、手間もかからずベランダでも栽培でき節約にもおすすめですよ。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてわけぎのレシピを紹介しています。わけぎを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • わけぎを使ったおすすめ定番料理10選!まずはこれだけマスターしておけばOK!

    わけぎはネギによく似た緑黄色野菜です。わけぎには球根の部分が白く膨らんでいるところがあり、これがネギと見分けるポイントです。栄養素はネギと同じく、風邪予防に効果があり、ビタミンCも豊富に含まれています。わけぎは緑の葉の部分が多いため、白ネギの約32倍のβカロテンが含まれています。ネギよりも香りが薄く、クセがないため食べやすいところも魅力の1つです。わけぎは小口切りにして仕上げのトッピングとして使ったり、炒めておつまみにしたり、彩りとして料理に添えたり、使い道がたくさんあります。わけぎには辛味がなく、ネギが苦手な子供にも食べやすいので、積極的に料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理器具:圧力鍋】おすすめ10選

    わけぎは春や秋が旬で、クセや辛味が少なく甘みがあるのが特徴的です。わけぎの名前の由来は枝分かれをしながら生育することから「分け葱」と名付けられました。わけぎには薬効がある硫化アリルが豊富に含まれているので、血行を促し乳酸を分解する働きや疲労回復効果があります。また、カロテンが豊富なので積極的に摂取したい食材です。わけぎは細かく刻んで料理にトッピングして使うことが多いです。地味な料理でもわけぎをのせると彩りよく仕上げることができ、料理の味を引き立ててくれます。圧力鍋を使った料理にもわけぎが使われていてレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:圧力鍋】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのわけぎを使った人気レシピ10選

    わけぎはネギと玉ねぎの雑種で、見た目はネギとよく似ています。見分ける方法は白い膨らみのある球根が付いている方がわけぎと覚えてください。わけぎの味はネギよりもマイルドで甘く、香りも強くないため食べやすいですよ。栄養素はネギと同様、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。わけぎは主に酢味噌と和えてぬたに調理されることが多い食材です。そのほかのわけぎの使い道がなかなか思いつかないという方に、こちらの記事はオススメです。わけぎを副菜だけでなく、メインのおかずや主食になるようなレシピを多数ご紹介しています。和食から洋食まで幅広いメニューがあるので、きっとお気に入りの一品が見つかりますよ。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのわけぎを使った人気レシピ10選

    わけぎは春と秋に旬を迎えますがスーパーでは季節に関係なく通年中販売されています。わけぎはネギ特有の辛味やクセが少なくほんのり甘みがあります。わけぎには硫化アリルという成分が含まれているので疲労回復効果があります。また硫化アリルは鎮静効果や殺菌効果があり風邪をひいた時に有効的な食材です。わけぎは生のまま食べることができ、料理のトッピングに使われていることが多いです。炒め物や味噌汁などにも使われているのでバリエーションが豊富です。夜ごはんにぴったりのおかずのレシピが紹介されているのでぜひ料理に活用してください。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ5選

    わけぎはエシャロットの雑種でねぎによく似ていますが、根っこがふっくらとして球根から葉が生えているのが特徴です。ねぎのような臭いや辛みが少ないため食べやすく、ねぎが苦手な方にもおすすめです。ぬた和え、炒め物、汁物、チヂミの具材などによく使われ、きれいな緑色が料理に彩を加えます。緑黄色野菜に属すためβカロテンが豊富で、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。ビタミンCが豊富で免疫力を高め風邪を予防したり、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを予防する働きがあります。わけぎは植木鉢やプランターで簡単に栽培できるので、家で栽培して採れたてのものを料理に使ってみるのもいいですね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのわけぎを使った人気レシピ10選

    ネギのような見た目のわけぎ。「分葱」という漢字でネギ属に含まれる野菜です。一般的なネギよりも根元の部分が球根のように膨らんでいるのが特徴で、ほどよい甘さがあります。ネギのような辛さや臭みが少なく、クセがありません。主な生産地は広島県で、全国の60%以上の生産量があるとされています。ハウス栽培も行われているため、いつでも流通していますが、本来の旬の時期は3月から4月ごろです。旬の時期のわけぎはより甘みがあり、食べやすいのがポイント。わけぎはβカロテンが豊富に含まれる緑黄色野菜に分類されていて、抗酸化作用があります。βカロテンは体内でビタミンAに換わり、風邪の予防のほか、シワやシミ対策にも効果的な栄養素です。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ねぎと玉ねぎの雑種であるわけぎ。ねぎと比べてクセがなく、まろやかな香りと甘みが特徴の緑黄色野菜です。わけぎには強い抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富で、抗がん作用や風邪の予防、皮膚や粘膜などを健康に維持する働きがあります。また、美肌効果のあるビタミンCや整腸作用のある食物繊維、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウム、貧血予防に有効な鉄などの栄養素を多く含みます。わけぎのぬめり成分はたんぱく質の消化をサポートし、胃腸の粘膜を保護する働きがあり、積極的に活用したい健康野菜です。わけぎは鮮やかな緑色で、ピンとハリのあるものを選ぶのがおすすめです。炒め物やサラダなどさまざまな料理で大活躍のわけぎ。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    わけぎはネギとよく似た見た目と味の野菜です。違いがわからない方や、見分けがつかないという方も多いかもしれませんね。真っ直ぐに伸びる緑の葉はネギと同じですが、下に白く膨らんだ球根があるのがネギと見分けるポイントです。わけぎはネギよりもクセがなく甘みがあって食べやすい特徴があります。栄養素はネギとほとんど同じなので、ネギの辛みが苦手な方にはぜひオススメしたい食材です。わけぎといえば、わけぎと魚介類を酢味噌で和えた「ぬた」が代表的です。子孫繁栄の縁起物としても親しまれ、家庭それぞれによって作り方や材料が異なります。自分の家だけのオリジナルのぬたを作って、わけぎをもっと身近な食材として使ってくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    わけぎはネギによく似ていますよね。球根の部分が少し膨らんでいるのがわけぎの特徴です。玉ねぎとネギの雑種に当たり、ネギよりも優しい甘みを持っています。ネギの辛みが苦手な方にもオススメですよ。わけぎはそのまま刻んで薬味としても使われますが、炒め物などにして加熱するとより甘みが増します。わけぎに含まれるビタミンCは、白ネギの約2倍にもなります。βカロテンは白ネギのなんと約32倍も含まれているんですよ。わけぎは手軽に栽培でき、一度の種まきで何度も収穫できることから、家庭菜園の野菜としても人気がありますよ。子供と一緒に育てることで、食育にも繋がりますよ。興味のある方はわけぎ作りからチャレンジしてみてはいかがですか? この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    わけぎは球根から育ち、枝分かれして育つので「分け葱(わけぎ)」と名付けられました。主要な生産地は広島県ですが、全国各地で栽培することが可能な野菜です。マイルドな味わいなので、「ぬた」の材料として利用されることが多いですが、和・洋・中のどんな料理にも手軽に取り入れることができます。わけぎを選ぶ時のポイントは、葉先までピンと張りがあり途中で折れていないものを選びましょう。わけぎに含まれている栄養素には、β-カロテンやビタミンCが多く含まれています。β-カロテンは免疫力を強めるので、風邪予防などに効果があるとされています。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える働きがあるので、女性の大敵であるシミを予防してくれます。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    わけぎはネギ属の緑黄色野菜の一つです。わけぎは「チモト」や「一文字」など、地方よって呼び名が変わります。わけぎはネギと玉ねぎの雑種ですが、見た目はネギそっくりですよね。ネギは球根までスッと細くまっすぐなのに対し、わけぎは球根の部分が膨らんでいる所が見分けるポイントですよ。また、ネギより辛味が少なく、風味も柔らかいので食べやすい特徴があります。ネギの辛味が苦手な方にもオススメですよ。わけぎは加熱してぬたなどの料理に使われています。刻んで冷奴や納豆に添えて、料理の薬味として使えば生でも食べられます。わけぎを色んな料理に利用して毎日の食事に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    わけぎはネギ属に属するねぎとエシャロットの雑種で、根本がふっくらとしているのが特徴です。ねぎによく似ていますが、ねぎのような辛みや臭いがなくほどよい甘さがあるので食べやすいです。味や香りがマイルドでぬたや酢味噌和えなどによく使われ、その他にも炒め物・汁物・麺類やチャーハンの具材などに使われます。わけぎは緑黄色野菜に属し、抗酸化作用のあるβカロテンを豊富に含み動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐ効果があります。その他にもメラニンの生成を抑制しシミやそばかすを防ぐビタミンC、妊娠中に欠かせない葉酸などを含んでいます。プランターでベランダでも手軽に栽培できるので、家庭菜園で育てて料理に使うのもいいですね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ7選

    ネギの一種である、わけぎ。主に関西地方で成敗される、ネギとたまねぎの雑種です。味に癖がなく、香りもソフトなため、ネギ独特の辛みが少なく、甘みがあります。そのため、ネギの食感が欲しいけれど甘みが強いほうがいいな、という場合にはわけぎを使うことをお勧めします。また、生で使用する際はより使いやすいですよ。そんなわけぎですが、選ぶ際はネギと同様で、白い部分が締まっていて弾力があり、重みを感じるものを選んでください。柔らかいものや軽いものは古い場合があります。保存するときには乾燥しないように新聞紙で包むなどの対策を取りましょう。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    わけぎはネギ属に属し、エシャロットの雑種になります。わけぎは球根からたくさんの葉っぱを生やし、根っこがふっくらとしているのが特徴です。ねぎに似ていますがネギのような辛みや味わいが少ないため食べやすく、ほどよい甘味があり味や香りがマイルドです。栽培しやすく何度でも収穫でき、プランターでも栽培できるので家庭菜園に向いています。和え物・汁物・炒め物・焼き物など、幅広い料理に使われます。わけぎは緑黄色野菜に属すため、βカロテンを豊富に含みガン・心筋梗塞・動脈硬化を防ぐ効果があります。免疫力を高めて風邪を予防するビタミンCや妊娠中に欠かせない葉酸などを含んでいます。ぜひ家庭菜園で育てて、料理にたくさん使ってみましょう。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ねぎと玉ねぎの雑種である「分け葱(わけぎ)」は、ひとつの球根から枝分かれして育つことから名づけられました。一年を通して流通しており、ミネラルやビタミンなどの栄養素を含んでいます。わけぎの生産量は広島県が一位であり、独特の香りと甘みが特徴的な緑黄色野菜です。わけぎの香りは硫化アリルからきており、ビタミンB1の吸収を助けることから、疲労回復に効果があります。わけぎはねぎと同じように生でも加熱しても食べることが出来る野菜なので、トッピングや主材料として色々な料理に取り入れてみてください。直ぐに使わない場合は、小口切りなどにして冷凍保存しておくと次に使う時に便利ですよ。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ネギと玉ねぎの雑種のわけぎは、辛みが少なく甘みがある野菜です。球根から育って枝分かれすることから漢字では「分葱」と表し、わけぎの旨味を活かした代表的な料理の「わけぎのぬた」は子孫繁栄の縁起物とした伝統料理です。ネギやわけぎに含まれる香り成分は「硫化アリル」という成分によるもので、ビタミンB1の吸収を助ける他に、血行を良くして疲労回復にも効果的。消化液の分泌を促す働きもあり、弱った胃腸にもおすすめです。硫化アリルは刻むことでよりたくさん作られますが、時間とともに消えてしまうため、食べる直前に調理しましょう。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    春に旬を迎える「わけぎ」は玉ねぎとネギの雑種で、独特な香りと甘みがあるのが特徴です。長ネギのようなツンとくる臭みや辛味がないので、酢みそやからし酢みそで和えた「ぬた」などの定番料理をはじめ色々な料理に使いやすい食材です。わけぎは葉ネギと似た栄養を持ち、青い部分には抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンC・Eが豊富で、皮膚や粘膜を健やかに保ち免疫力を高める作用があるため感染症の予防に最適です。カルシウムや骨を強くするビタミンK、高血圧予防に効果的なカリウムも多く、不足しやすいミネラルの補給にも役立ちます。わけぎの白い部分には硫化アリルが含まれ、食欲増進効果があるほか血液をサラサラにして血栓を予防したり、糖質の代謝に関わるビタミンB1の吸収率を高める作用があり疲労回復効果が期待できますよ。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    わけぎはねぎとエシャロットの雑種で、ネギ属に属します。わけぎは辛みや独特の味わいが少ないため、ねぎが苦手な方でも食べやすくほどよい甘味を感じられる食材です。ねぎによく似ていますが、球根からたくさんの葉っぱを生やすため根元がふくらんでいるのが特徴。わけぎを使った料理では、ぬた・和え物・チヂミなどがあり、味や香りがマイルドなのでさまざまな料理に使用しやすい食材です。わけぎは緑黄色野菜に分類され、抗酸化作用のあるβカロテンを豊富に含んでいます。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐ効果がありますよ。その他にも妊娠中に欠かせない葉酸や、ビタミンCを多く含んでいる栄養価の高い野菜です。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    生でも加熱調理しても食べられるわけぎは、料理に取り入れやすい野菜のひとつです。名前の由来は、根元から枝分かれするので「分け葱(わけぎ)」と言われています。代表的な料理にお酢・味噌・酢の基本調味料を入れて作る「ぬた」があり、野菜や魚介類などお好みの食材で作ることが出来ます。春が旬のわけぎは、主に広島県で生産されていますが、埼玉県や全国各地でも栽培が可能です。わけぎに含まれる栄養素は、ネギと似ておりビタミンCやβ-カロテンを多く含んでいます。わけぎの特徴的な香りの素である硫化アリルには、食欲増進やビタミンB1の吸収を助けることから、疲労回復に役立ちます。ネギよりも甘みがあるわけぎで色々な料理を楽しんでください。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    あさつきや青ネギと間違われやすいわけぎは、ユリ科の多年草です。選ぶときのポイントは、葉先まで張りがあり、太すぎない物を選びましょう。多く含まれている栄養素にはカリウム・カルシウム・ビタミンCなどがあり、独特の香りは硫化アリルという成分です。一年を通して流通するわけぎですが、本来の旬は2月から4月とされています。そのまま刻んでサラダや麺類のトッピング、煮物・炒め物・揚げ物の材料としても使えますが、特に火を通すレシピに向いています。わけぎはネギよりも辛味が弱く甘みがあるため、ネギの辛味が苦手な方はトッピングなどにわけぎを使ってみるのもひとつの方法ですよ。この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ネギ独特の辛味が少ないわけぎは、「ぬた」に使われる食品としても知られているユリ科の多年草です。旬は2月から4月であり、プランターでも栽培できるため、ベランダ菜園にも向いています。選び方のポイントは、張りがあり緑の濃いものを選ぶようにしてください。わけぎの主な生産地は、広島県・福岡県・愛知県などがあり、全体の60%は広島県で生産されています。わけぎはねぎと同じように、和え物・煮物・炒め物などに使えるので、レシピのレパートリーも豊富。保存方法は新聞紙などで包んで、冷蔵保存が可能です。大量にある場合は、直ぐに調理できるよう切った状態で保存袋などに入れて冷凍保存もできますよ。 この記事では、わけぎとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    わけぎはクセが少ない食材でネギ特有の辛みが少なく、甘みがあるのが特徴です。わけぎには硫化アリルという成分が含まれているので風邪予防効果や疲労回復効果があります。スーパーで選ぶ際は葉先までピンとしているもの、鮮やかな緑色のもの、濃い色のものを選ぶと良いでしょう。わけぎは乾燥しやすい食材なのでラップに包んで野菜室に立てて保存をすると長持ちしますよ。そのまま刻んで冷ややっこやそば、うどんなどにトッピングをしたり炒め物や汁物、フライ等の揚げ物、焼き物等幅広いレシピに使われいます。特にカラッと揚げることで本来の風味もとじこめられるのでおすすめです。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ネギよりも香りや辛味が少なく、ほのかな甘みが特徴のわけぎ。ネギと玉ねぎの雑種で、見た目はよく似ていますが見分け方のポイントは球根です。ネギは葉っぱまで一直線なことに対し、わけぎは少しぷくっと膨らんでいます。わけぎは火を通す料理に向いていて、代表的な料理は、茹でたわけぎを、味噌や砂糖などと和えていただく「ぬた」です。もちろん生でも薬味として様々な料理にトッピングとして活用できますよ。ネギよりもマイルドな味わいですが、ネギにも含まれる「硫化アリル」はわけぎにも含まれ、胃腸の働きを活発にして消化促進や食欲アップに効果的です。食べやすさを活かして、様々な料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    わけぎはネギ属に属するねぎとエシャロットの雑種で、見た目はねぎによく似ています。ねぎとは違い辛みや独特の味わいが少なく、ほどよい甘味があるのでねぎが苦手な方も食べやすいです。栽培の手間がかからず何度も収穫できるので、家庭菜園にも向いています。球根からたくさんの葉っぱを生やすため、ねぎと比べると根本がふっくらとしているのが特徴です。味や香りがマイルドなので、ぬたや酢味噌和えなどに向いています。わけぎは緑黄色野菜に分類され、抗酸化作用のあるβカロテンや葉酸、ビワミンCを多く含んでいる栄養価の高い野菜です。どんな料理にも合わせやすく、ねぎが苦手な方も食べやすいのでぜひ料理に取り入たい食材です。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。c10

  • わけぎを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    わけぎは、ねぎと玉ねぎの雑種で葉ねぎに似ていますが、根元部分に膨らみがあるのが特徴です。白ネギの持つツンとした辛みや臭みがなく、優しい甘みと香りを持ちねぎ特有の辛みが苦手な方でも、食べやすい食材なんです。緑色の部分の多いわけぎは、緑黄色野菜でビタミンCが多く、白ネギの約2倍も含み、β-カロテンでは約32倍も豊富です。皮膚や粘膜を強くして免疫力を高め、かぜ予防に効果的なんです。わけぎは焼くことで甘みが増し、料理の風味も彩りもアップさせてくれます。焼くレシピでは、お肉や、魚介、野菜などと組み合わせ、お子さんのおやつや、おつまみにもぴったりなレシピを紹介しています。どんな食材とも相性が良いわけぎ、ぜひ毎日の料理に取り入れ健康維持に役立ててくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    冬〜春にかけて旬のわけぎはネギと玉ねぎの雑種で、全国各地で栽培されています。球根から育ち、枝分かれして生育するため「分け葱」と名付けられました。わけぎの香りはネギよりマイルドで、甘みがあり、軟らかいのが特徴です。魚介類と相性の良いわけぎの代表的な料理、「わけぎのぬた(酢味噌和え)」は、子孫繁栄の縁起物として食べられてきた伝統料理で家庭によって様々な作り方があります。栄養素はネギとほとんど同じで、β-カロテンやビタミン、ミネラルが豊富に含まれます。様々な料理に加えて効率よく栄養を取り入れたいですね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社