キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

わけぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

わけぎは見た目がねぎに似ていますが、ねぎとエシャロットの雑種になります。わけぎは根元が膨らんでおり、球根からたくさんの葉っぱを生やすのが特徴です。ほどよい甘味があり、ねぎのような辛みや臭いがないため食べやすいです。味や香りがマイルドで、ぬたや酢味噌和えなどに向いて和食によく合います。わけぎは切った後も何度も収穫できるので家庭菜園に向いていて、手間もかからずベランダでも栽培でき節約にもおすすめですよ。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてわけぎのレシピを紹介しています。わけぎを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

わけぎの栄養素

わけぎは緑黄色野菜に属すため、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは抗酸化作用があり、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐ効果があるとされています。メラニンの生成を抑える働きのあるビタミンCを多く含み、風邪の予防に役立ちます。シミやシワを防ぐ効果も期待できるので、美肌やアンチエイジングに気を使う方にもおすすめです。その他にも妊娠中に欠かせない葉酸や、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群が含まれています。

わけぎの旬

わけぎはハウス栽培もされているため一年を通じて流通していますが、旬は3~4月になっています。旬のわけぎは甘さが増すため味もおいしいので、旬の時期のわけぎを使って和え物など作るのがおすすめです。ニラやネギの代わりに、餃子やちぢみに入れるのもおすすめで、ほどよい甘味とクセのない味わいで子供にも食べやすいレシピでおいしく作れますよ。

わけぎの産地

! /image/〇〇
わけぎの生産量のトップは広島県で、全体の約6割以上を占めています。次いで群馬県・愛知県・茨城県・福岡県の生産量が多くなっています。広島県尾道市はわけぎの産地として有名で、瀬戸内海沿岸や島しょ部がわけぎの生産に適しているため産地が拡大しました。生産量のうち施設栽培の割合が、全体の30〜40%弱となっています。

わけぎの選び方

わけぎを選ぶ際は葉先までピンと張ったハリのあるもので、鮮やかな緑色のものを選びましょう。葉先までしっかりととがって、細すぎず太すぎず中くらいの太さのものがおすすめです。葉先が黄色や茶色に変色しているものや、しなびてみずみずしさに欠けるものは避けるようにしましょう。根元にほどよいふくらみがあり、根元を触ったときに柔らかいものは中がすかすかで水分が抜けてしまっていることがあります。

わけぎの保存方法

わけぎを冷蔵保存する場合は、新聞紙やキッチンペーパーを濡らして包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫に入れて保存します。2~3日を目安に使い切りましょう。わけぎは冷凍保存も可能で水洗いして水気をよく切って、使いやすいサイズにカットして小分けにしてラップに包むかジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫で保存します。1ヶ月を目安に使い切るようにして、自然解凍して使いましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

わけぎの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

わけぎの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

わけぎの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

わけぎの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

わけぎの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

わけぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社