キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ソーセージをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

お弁当の定番アイテムとして活躍して、子供から大人まで大好きなのがソーセージ。袋から出してそのまま焼くだけで簡単にお弁当のおかずが作れて、スライスしてパスタやチャーハン、炒め物にも使える優れものです。ほどよい塩味で何もつけなくてもおいしく食べられて、肉や魚がなくてもソーセージがあればメインのおかずが作れるのでとても便利です。価格もお手頃なので主婦の強い味方で、冷蔵庫に常備しておきたいマストな食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてソーセージのレシピを紹介しています。 ソーセージを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ソーセージの栄養素

ソーセージはたんぱく質を含み、たんぱく質は爪・髪・皮膚・内臓を作るのに必要な三大栄養素の1つです。皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB1、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB2などのビタミン類も含まれています。その他に脂質、必須アミノ酸、炭水化物などを含み、中でも魚肉ソーセージは他のソーセージに比べるとカロリーと脂質が低く、カルシウムも豊富に含まれています。

ソーセージの原材料

ソーセージは鶏肉・豚肉・牛肉・魚肉などを使って、塩や香辛料で調味してケーシングした食品です。ソーセージの種類によって原材料を異なりますが、魚肉ソーセージは魚肉を使っているため、他のソーセージと違った味わいがあります。ケーシングには天然のものと人口のものがあり、天然物は羊・豚・牛などの腸が用いられ輸入ソーセージはほとんどが天然物を使用しています。人口のケーシングは天然たんぱく質を原料としたコラーゲン系のものを使っています。

ソーセージの製造方法

! /image/〇〇
ソーセージは最初に原料となる肉を選別し、調味料と混ぜて熟成して肉のうま味を引き出します。肉をケーシングに詰めて、適切な長さで手でひねって棒にかけます。スモークハウスにソーセージを棒にかけたまま入れて、ソーセージを燻した後蒸気で加熱します。ソーセージに水をかけて冷やして粗熱を取り、冷蔵庫に入れて冷やして切り分けられた後真空包装したら完成です。

ソーセージの歴史

エジプトや中近東の地域で3500年前にソーセージのようなものが食べられていた記録があり、ソーセージの名前の由来はラテン語の「salsus」から来ていると言われています。最も古い種類はドイツでブルートヴルストと呼ばれている血のソーセージで、ホメロスの「オデュッセイア」にも登場します。第1次大戦に捕虜となったドイツ人がソーセージ作りの技術を日本に伝えたと入れており、赤いソーセージと魚肉ソーセージは日本人によって作られたソーセージです。

ソーセージの保存方法

冷蔵での賞味期限は比較的長いですが、一度開封したらできるだけ早く使い切りましょう。使い切れなかった場合はジップロックなどの保存袋に入れて保存するのがおすすめです。もっと長く保存したい場合は、冷凍保存も可能です。使う本数にわけてラップできっちりと包み、金属製のバットにのせて急速冷凍します。冷凍されたらジップロックなどの保存袋に入れて、空気を抜いてしっかりと口を閉じて保存します。冷凍焼けするので2週間を目安に使いきりましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ソーセージの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ソーセージの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ソーセージの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ソーセージの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ソーセージの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ソーセージをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社