キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いわしの記事一覧

キッチンブックの「いわし」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ8選

    いわしは夏が旬の魚です。黒い斑点がくっきりとしているもの、目が澄んでいるもの、はらわたの部分に弾力があるもの、エラが鮮やかな紅色のものが新鮮ないわしの見分け方です。いわしは栄養価も高く、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富に含まれています。脳神経をサポートする働きもあるので成長期の子供におすすめの食材です。また、血液をサラサラにする効果や認知症予防効果もあるため大人の方にもおすすめです。いわしは焼いたり煮たりして食べるのが一般的で、火を使わずにレンジを活用すると通常よりも簡単に調理をすることができますよ。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    いわしは、日本各地で漁獲量が多いのが特徴。高級魚とは異なり、庶民に愛される魚の1つで、縄文時代から食べられてきたという説もあります。いわしの調理方法は、素焼きや素揚げ、煮物、煮付けなどいろいろあります。また、火を通したいわしをさまざまな調味料や具材であえる方法もおすすめです。あえる料理では、いわしの旨味が全体に行き渡り、ご飯が進むおかずになりますね。また、いわしはDHAやEPAなど、魚特有の栄養成分が豊富に含まれているのがポイント。カルシウムやビタミンB2も豊富なので、骨を丈夫にしたり、血液をサラサラにする効果も期待できますよ。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    カツオは寿司や刺身はもちろん、さまざまな料理に使われます。カツオはスズキ目・サバ科に属する魚で、全各地の熱帯・温帯海域に広く分布しています。カツオは日本では古くから食用として親しまれており、江戸時代にはカツオ節が考案されました。現在でも、日本料理に欠かせない出汁を取る材料として長い間使われています。カツオは火を通すとパサつくため、寿司やカツオのたたきなど生で食べることが多くなっています。カツオは貧血に効果のある鉄分が豊富で、100gあたり1.9mg含んでいます。その他にもビタミンB、ビタミンA、ビタミンDなどのビタミン類が多く含まれ、EPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸も含む栄養価の高い魚です。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    いわしは海面近くを群れで泳ぐ回遊性の魚で、古くから庶民に親しまれてきました。鮮魚としてはもちろんのこと、イリコと呼ばれる煮干しや目刺し、ちりめんじゃこなどの加工品も多く流通しています。そんないわしは栄養価の高い魚ですが、中でもDHAやEPAをはじめとするn-3系脂肪酸を豊富に含んでいます。これらの脂肪酸には血管を拡張させて血液の流れを良くする働きがあるとされ、血圧を下げる効果があると言われています。さらにDHAには脳の活性化にも有効だと言われており、認知症の改善に働きかけるとも言われています。そんないわしですが、傷みやすい魚なので、表面のハリや艶など、鮮度のチェックをして選ぶようにしてください。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    青魚に分類されるいわし。アミノ酸をバランスよく含むだけではなく、中性脂肪を減らすサポートをしてくれるEPAや、脳の活性化に役立つDHAが豊富に含まれ、健康的な食材として注目を集めています。海面付近で群れをなして泳ぐいわしは、古くから私たち日本人の食生活になじみが深い魚で、鮮魚以外でも煮干しや目刺しなど、さまざまな加工品として流通しています。いわしは長崎県や三重県、宮崎県など各地で漁獲され、地域によって旬の時期が少しずつずれているので、ほぼ1年を通して味わえます。身近な青魚のいわしを食べて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本ではなじみの深い魚のいわしは、一年中手に入りやすい魚です。旬は8月~11月初めまでで、脂がぐんとのってきます。魚に多く含まれているDHAとEPAですが、いわしはこのどちらもバランスよく含んでおり、カルシウムも豊富。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含んでいるので、とても効率よくカルシウムを摂取できます。栄養的にも優秀といえる食材なので、なるべくよく食べるようにしたいですね。新鮮なものなら刺身でも食べられますし、フライにしたり、他の食材と一緒に炒めたり、たたいてつみれにするなど、調理法は多彩です。とはいえ、いわしを毎日食べるのは大変ですよね。忙しい毎日にはいわしの加工食品を効率よく活用しましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    いわしは私たちの食卓に大変身近な青魚です。主に食べられているのは、マイワシ・カタクチイワシ・ウルメイワシの三種類。世界各地の沿岸で漁獲され、日本においても古くは縄文時代から、栄養源として重宝されてきました。「鰯」という漢字表記は、水揚げするとすぐ弱ってしまい、傷みやすいことが由来だと言われています。そのため、干物や缶詰などの加工品として広く流通しています。現在では鮮度を保つための技術が発達しているため、新鮮なものを刺身や揚げ物に食べる鰯料理も人気があります。生のいわしを買う際は、黄色っぽくなっているものを避け、張りとツヤがありエラが綺麗な紅色をしているものを選びましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本で一番多く獲られる魚は「いわし(鰯)」です。ニシン目ニシン亜目ニシン科の魚で、日本の漁獲ではマイワシ・ウルメイワシ・カタクチイワシの三種を「いわし」として扱っています。日本全国各地で漁獲でき、昔から庶民に親しまれてきた魚です。いわしは人の体内では、ほぼ生成されない必須脂肪酸の一主EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含んでいます。DHAは成長期の乳幼児の脳や神経の発達に、EPAは体の出来上がった成人の血液や血管の健康の維持に重要とされています。ビタミンやミネラルも豊富ですので、蒸し料理にしても栄養が摂取できる魚です。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本で多く漁獲されるいわしは、昔から安価で美味しく、栄養のある魚として親しまれてきました。いわしには脳細胞の働きを活性化し、記憶力・学習能力の向上に役立つDHA、細胞の発育と正常な働きに欠かせない、成長ビタミンとも言われるビタミンB2やカルシウムを豊富に含み、特に育ち盛りのお子さんに適した食材なんです。また、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロール、中性脂肪を下げる働きのある EPAも豊富で生活習慣病の予防にも期待されています。いわしは小骨が多くて面倒に感じたり、青魚特有の臭みが苦手、という方も多いでしょう。圧力鍋で煮ると、簡単に骨まで柔らかくなりカルシウムをたくさん摂れます。しょうがや梅干しと一緒に煮ると臭みも和らぎ食べやすくなりますよ。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    焼いても煮ても刺身でも美味しいイワシは全国各地で水揚げされ、漁獲量ナンバーワンの魚です。魚だけに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血管を強くしたり、アレルギーを予防したり、健康な脳の働きを維持するために大切な成分で、私たちの体には欠かせない栄養素です。旬の脂がのっている時期は特にたっぷり含まれていますので、旬の時こそ積極的に取り入れたいですね。体を守る皮にはコラーゲン、タンパク質、ビタミンB群が豊富に含まれるため、出来る限り皮ごと食べて無駄なく栄養を取り入れましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわし料理のレシピまとめ:フライや煮付けなど今晩のおかずにピッタリ

    いわしの歴史は古く、日本では縄文時代から食用とされていたそう。 いわしにはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、生活習慣病の予防や学習能力を高める効果が期待できます。また、カルシウムやマグネシウム、リンなども豊富なので、強い歯や骨の形成にも効果的な食材です。 この記事では、いわしの基礎知識に加え、いわしの焼き物レシピ、揚げ物レシピ、煮物レシピ、汁物レシピ、ごはんレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社