キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いわしの記事一覧

キッチンブックの「いわし」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本で多く漁獲されるいわしは、昔から安価で美味しく、栄養のある魚として親しまれてきました。いわしには脳細胞の働きを活性化し、記憶力・学習能力の向上に役立つDHA、細胞の発育と正常な働きに欠かせない、成長ビタミンとも言われるビタミンB2やカルシウムを豊富に含み、特に育ち盛りのお子さんに適した食材なんです。また、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロール、中性脂肪を下げる働きのある EPAも豊富で生活習慣病の予防にも期待されています。いわしは小骨が多くて面倒に感じたり、青魚特有の臭みが苦手、という方も多いでしょう。圧力鍋で煮ると、簡単に骨まで柔らかくなりカルシウムをたくさん摂れます。しょうがや梅干しと一緒に煮ると臭みも和らぎ食べやすくなりますよ。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわしを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    焼いても煮ても刺身でも美味しいイワシは全国各地で水揚げされ、漁獲量ナンバーワンの魚です。魚だけに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血管を強くしたり、アレルギーを予防したり、健康な脳の働きを維持するために大切な成分で、私たちの体には欠かせない栄養素です。旬の脂がのっている時期は特にたっぷり含まれていますので、旬の時こそ積極的に取り入れたいですね。体を守る皮にはコラーゲン、タンパク質、ビタミンB群が豊富に含まれるため、出来る限り皮ごと食べて無駄なく栄養を取り入れましょう。 この記事では、「いわし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いわし料理のレシピまとめ:フライや煮付けなど今晩のおかずにピッタリ

    いわしの歴史は古く、日本では縄文時代から食用とされていたそう。 いわしにはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、生活習慣病の予防や学習能力を高める効果が期待できます。また、カルシウムやマグネシウム、リンなども豊富なので、強い歯や骨の形成にも効果的な食材です。 この記事では、いわしの基礎知識に加え、いわしの焼き物レシピ、揚げ物レシピ、煮物レシピ、汁物レシピ、ごはんレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社