キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おかひじきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

おかひじきと聞くとひじきの仲間のように思えますが、実際はひじきの仲間ではありません。色は緑色でひじきとは色が異なりますが、見た目が似ているため「おかひじき」と名付けられました。見た目は海藻によく似ていますが、アカザ科の1年草で野菜に属します。シャキッとした歯ごたえが特徴で、さっぱりと食べられます。サラダ・ナムル・炒め物・和え物など幅広い料理に使われ、きれいな緑色が料理にアクセントを加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けておかひじきのレシピを紹介しています。おかひじきを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

おかひじきの栄養素

ひょろっとした見た目であまり栄養がなさそうに見えますが、おかひじきには栄養がたっぷりと含まれています。おかひじきはカルシウムが特に豊富で、ほうれん草の約3倍以上含まれているので、カルシウム不足の方におすすめです。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムも豊富で、むくみや高血圧の防止に効果を発揮します。その他にも心筋梗塞や高血圧の予防に効果のあるβカロテン、ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類、マグネシウム・リン・鉄分などのミネラル類が含まれています。

おかひじきの旬

天然物のおかひじきは絶滅が危惧されていますが、天然物も露地栽培のものは春が旬になっています。4月中旬から5月にかけてが最盛期ですが、露地栽培されたものは一年を通じて流通しています。山形県で栽培されているものは、4~10月が旬になっています。福岡県で栽培されているものは、9月~翌年3月まで出荷されます。

おかひじきの産地

! /image/〇〇
山形県山形市と米沢市ではおかひじきの栽培が盛んで、置賜地方の伝統野菜として栽培しています。栽培の始まりは江戸時代初期と言われ、最上川の船着き場がある山形県南陽市で植えられたのが発祥と言われています。露地栽培とハウス栽培の両方で通年出荷しています。福岡県古賀市でも栽培が盛んでおかひじきは九州では古賀市だけで生産されており、9月頃~翌年3月までが旬になっています。

おかひじきの選び方

おかひじきは育ちすぎたものは硬くなるため、茎が太く大きいものは避けた方がいいでしょう。若い芽の部分がおいしいため、若い芽のうちに摘み採ったものがおすすめです。きれいで鮮やかな濃い緑色で、しゃきっとてみずみずしいものが新鮮です。しなびたり黄色味を帯びたものは新鮮さに欠け、茎の切り口あたりが茶色に変色しているものは選ばないでください。全体にハリとツヤのあるものがおすすめです。

おかひじき保存方法

おかひじきは買ってきたその日に使い切るのがおすすめですが、どうしてもその日に使い切れない場合は乾燥を避けるためにラップをするかビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存します。新鮮なうちに使い切れない場合は、冷凍保存にしましょう。おかひじきをさっと1分程茹でて冷水に取り、しっかりと水気を切ってジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。できるだけ平らにして保存し、2週間を目安に食べきるようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

おかひじきの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

おかひじきの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

おかひじきの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

おかひじきの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

おかひじきの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

おかひじきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社