キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

桜えびをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

桜えびは深海に生息する小型のえびで、桜色のがきれいで「海の宝石」と呼ばれています。他のえびと違い、頭からしっぽまで体ごと食べられるので栄養を丸ごと摂れるのも魅力です。小ぶりなのでそのまま料理に使えて、スープ・サラダ・パスタ・炒め物・揚げ物などに使われます。桜えびのかき揚げやお好み焼きに入れたり、 生でわさび醤油で食ベるの人気があります。鮮やかなピンク色とえびの風味が料理にアクセントを加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて桜えびのレシピを紹介しています。桜えびを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選!こんなレシピが欲しかった

    丸ごと一尾そのまま食べることのできる、桜えび。ほんのり桜色で、見栄えもとてもよいですよね。淡白な味わいで、ほかの具材の邪魔もしません。そんな桜えびですが、栄養価が豊富で、カルシウムの量がとても多いと言われています。桜えびには実にたくさんの栄養素が含まれています。主な成分としては、たんぱく質、脂質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、キチン、キトサンなど。ビタミンの中には、葉酸など。実に牛乳の6倍のカルシウム含有量なんですよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使ったおすすめ定番料理10選

    桜えびは海の宝石と呼ばれ、駿河湾でしか捕れないえびとして知られています。鮮度が落ちやすいため輸送にはむかず、普段手に入るものは天日干しにした桜えびになります。きれいな赤色と風味が料理にアクセントを加え、サラダ・揚げ物・パスタ・炒め物・お好み焼き・炒め物など幅広い料理に使われます。桜えびを加えるだけで魚介のうま味をプラスすることができ、乾燥桜えびは日持ちするので家に常備すると料理に活躍します。桜えびは牛乳の約6倍のカルシウムを含み、育ち盛りの子供にぜひ食べさせたい食材です。その他にも鉄・亜鉛・マグネシウム・リン・亜鉛などのミネラル類、たんぱく質、ビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選

    かき揚げやお好み焼きなどに使われる桜えび。体長は3〜5cmほどで、薄いピンク色をしているのが特徴です。体の表面に赤い発光体があり、夜の海ではキラキラと光って見えるため、「海の宝石」とも呼ばれています。東京湾、相模湾、駿河湾などに生息していますが、漁獲されるのは駿河湾のみです。桜えびは一尾まるごと食べられる魚のため、栄養を余すことなく摂取できます。桜えびの主な栄養素は、タンパク質やビタミン類、カルシウム、葉酸、DHAなどです。桜えびのカルシウムは牛乳のおよそ6倍ほどの含有量があり、骨粗しょう症の予防やイライラ防止に役立ちます。生よりも素干ししたほうが同じ分量を食べた時の栄養価が高くなります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの桜えびを使った人気レシピ10選

    春と秋に旬を迎える桜えび。きれいな桜色で、丸ごと食べられるのが特徴です。骨や殻まですべて食べられる桜えびは、骨や歯を丈夫にするカルシウムを無駄なく摂取できるのが魅力です。うまみ成分であるグリシンには、脳卒中や高血圧を予防する働きや、アンチエイジングや美肌にも効果があり、子供から大人まで積極的に取りたい健康食材です。生で食べるのはもちろん、加工された乾燥桜えびなどからも風味豊かな味わいが楽しめます。煮ても焼いても炒めてもおいしい桜えび。下処理が要らないので、手軽に使えるのもうれしいですね。ぜひ、いつもの料理にプラスして、食卓を彩ってみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    桜えびは透き通った桜色をしていることから海の宝石と呼ばれています。桜えびは丸ごと食べることができる食材なので含まれている栄養素を余すことなく摂取することができます。桜えびはDHAやEPAを豊富に含んでいて、脳の働きを高める働きや血液をサラサラにする働きがあります。また、コラーゲンを作り出すアミノ酸の一種であるグリシンを含んでいるため、美容効果が期待されています。桜えびは生はもちろん茹でたり干したりなど食べ方が色々あるためアレンジが広がります。今話題の糖質オフのメニューにも使われているので様々なレシピが各サイトで紹介されています。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    桜えびは深海に生息する小型の海老で、漁獲対象になっているのは駿河湾のみのため水揚げ量の100%は駿河湾産になっています。生の桜えびは傷みが早いため輸送に向かず、ほとんどの場合は乾燥して売られているものを料理に使います。海老のうま味がたっぷりで、お好み焼き、パスタや麺類の具材、炒め物、スープ、かき揚げなどに使われます。鮮やかなピンク色が料理にアクセントを加えて、乾燥しているので保存が効くのも魅力です。桜えびは丸ごと食べられるため栄養価が高く、特にカルシウムが豊富で牛乳の約6倍含まれています。その他にもマグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラル類、たんぱく質、ビタミン類、DHAなどが含まれています。体にいい栄養素満点の優秀な食材です。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    桜えびの旬は春と秋。駿河湾で漁獲されます。桜えびは夜になるとキラキラと光ることから、「海の宝石」とも呼ばれています。小さくて丸ごと食べられる桜えびは、下処理の必要なく、手軽に調理ができるのも魅力です。乾燥させたものや冷凍されたものを活用すれば、一年を通して楽しめます。桜えびには整腸作用のある食物繊維が豊富です。また、骨や殻まで食べられる桜えびは、カルシウムを効率よく摂取できます。桜えびのうまみ成分であるグリシンには、保湿作用などの美容効果が多くあり、アンチエイジングにも役立ちます。また、コレステロールを抑制する働きもあり、高血圧や脳卒中の予防にも効果があります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    殻のまま食べることからカルシウムを始め、たんぱく質やアミノ酸を豊富に含む桜エビは、美容や健康のサポートとして注目されています。桜エビは、エビの中でもタウリンを多く含むため、アルコールの分解を助ける作用から二日酔い予防や乾燥のサポートに有効です。他にもデトックス、肥満予防にも効果的なのでダイエットのサポートにも適しています。乾燥させた桜エビは鉄分や亜鉛などのミネラルを多く含み、料理にプラスさせやすい食材のため常備しておくと便利な食材ですよ。桜エビに椎茸や卵、納豆を合わせてより骨粗鬆症予防を高めたり、ブロッコリーや小松菜と合わせて貧血対策にも効果的ですよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    桜えびは頭から尻尾まで、そのまままるごと食べられる小エビの一種です。内臓も殻も下処理なしで手軽に食べられるのも魅力です。桜えびは干したものも売られており、日持ちもするので常備しやすい食材です。干すことでうまみもギュッと凝縮されますよ。獲れたての桜えびを味わえるのは春、秋の年に2回だけです。機会があれば獲れたての桜えびも食べてみてくださいね。ミネラルやカルシウムも豊富に含まれており、育ち盛りの子供や、お年寄りまで幅広い年齢層に需要があります。桜えびは、桜のようにピンク色の見た目が可愛いですよね。料理に散らすだけでもオシャレになるのでパーティー料理にも向いていますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    桜のように鮮やかなピンク色をした桜エビは、「海の宝石」とも称される食材です。静岡県の駿河湾が水揚げ量100%の桜エビは4月〜6月頃の春漁と、10月〜12月の秋漁の時期のみに獲られます。天然色素成分の「カロテノイド」の一種である「アスタキサンチン」を含み、筋組織における末梢性疲労軽減効果が認められ高い抗酸化作用が期待されます。このため、運動パフォーマンスのアップや筋肉痛、疲労予防に効果的できよ。乾燥した桜エビは栄養成分がより凝縮されていて風味もアップするのでいつもの料理にプラスするだけで育ち盛りの子供から高齢の方まで栄養バランスを整えるのに役立ちますよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    桜えびは主に、生桜えび、干し桜えび、茹で桜えび(釜揚げ)の三つの加工方法で加工されてから流通します。桜えびの旨味成分である「グリシン」には保湿作用や酸化防止作用があり、肌のハリや潤いを保つことに欠かせない成分です。さらに、グリシンには血中コントロールを低下させる効果があるため高血圧や脳卒中の予防にも役立ちます。冷凍された生桜えびを解凍する場合、グリシンは水に溶けやすい成分なので自然解凍すると旨味と一緒に流れ出てしまいます。短時間で解凍するほどグリシンの流出を最小限に抑えられるため、流水解凍がおすすめです。エビが直接水に触れてしまっても旨味成分が流れてしまうので、袋に入った状態で流水にさらしてくださいね。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    桜えびは体長が4cmほどの小さなえびです。東京湾や相模灘などに生息していますが、漁獲されるのは駿河湾のみ。アキアミやアミエビは桜えびと似ていますが、産地や色合いが異なります。桜えびは丸ごと食べられるため、余すことなく栄養を摂取できるのが特徴です。桜えびの主な栄養素はカルシウムで、100gあたりの含有量は2000mgもあります。牛乳は100gあたり110mgほどなので、その差は歴然です。吸収率の差はあるものの、桜えびのカルシウム率は高いため、骨粗しょう症の改善効果などが期待できます。カリウムやビタミンE、DHAなども含まれるため、細胞の老化防止や脳機能の向上などに効果的とされています。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    うま味がたっぷり詰まった桜えび。生ももちろんですが、乾燥したものが多く流通していて、お吸い物から揚げ物などの出汁としてもよく使われますよね。えび特有の風味も味わえる上に、甘みが楽しめる優れた食材のひとつです。そんな桜えびですが、栄養たっぷりで、カルシウムをはじめ、アスタキサンチン、グリシン、DHAなど、健康を維持するのには欠かせない成分が豊富に含まれています。特にカルシウムは水分が40%以上の食品では1位に輝くほどで、一つ一つは小さいながらも栄養豊富な食材となります。少ない量でも料理にさっと加えることで手軽に補給できるのでおすすめです。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    桜えびは丸ごと食べることができるので含まれている栄養を余すことなく摂取することができる食材です。含まれている栄養素にはたんぱく質をはじめ、ビタミン類、カルシウムなどの成分があり、女性に嬉しい葉酸も摂取できます。桜えびは生食の他に、釜揚げや素干しもおすすめです。ちなみに素干しの桜えびは生の桜えびと比較をすると、3倍以上のカルシウムが含まれています。健康に良い桜えびを使ったおかずやおつまみなど幅広いレシピが数多く紹介されています。見た目も良く彩り豊かで栄養価が高い桜えびをぜひ料理に活用してください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    桜えびは桜色で透き通っていることから海の宝石とも呼ばれていて、駿河湾でしか捕れないため貴重な食材で静岡県の特産品となっています。桜えびはたんぱく質が豊富に含まれていて脂肪分が低いのでダイエットに最適です。桜えびにはうま味成分であるグリシンが含まれていてコレステロールを下げる働きや活性酸素を抑制する効果があります。また、ビタミンやミネラル成分を含んでいるのでアンチエイジング効果や骨粗しょう症の予防効果があります。桜えびは生で食べることもできますし茹でたり、揚げたり、あえたりなど様々なメニューを楽しむことができる食材です。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    相模湾や駿河湾に多く生息する桜えび。小さな桜えびですが含まれる栄養素は多く、栄養バランスもばっちりです。特にカルシウムの含有量が多く、牛乳の6倍もあります。実際の吸収率は下がるため実質は4倍ほどですが、それでも定期的に食べれば骨粗しょう症の改善や予防が期待できます。ビタミン、ミネラル類も豊富で紫外線による肌のダメージを予防するアスタキサンチンなど、がん予防やアンチエイジングに期待できます。また、桜えびにはうまみ成分グリシンが含まれ、コレステロールを下げたり、活性酵素の生成を抑制してくれます。桜えびはアレンジしやすい食材なので、うまく食事に取り入れましょう。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みと香ばしい香りが特徴である桜えび。彩りもピンク色をしていて、食べて美味しい上に、料理を華やかに見せてくれますよね。桜えびという名前がついていますが、その由来も、干し桜えびの色が桜の花を撒いたように美しい、春の時期に収穫できるため、桜の色に由来している等の諸説があるほど、華やかなイメージのある食材です。桜えびの漁は主に春と秋の2回行われるため、通年変わらず入手できるところも嬉しいですよね。そんな桜えびですが、カルシウム、アスタキサンチン、グリシン、タウリンなど、健康に必要な栄養素が豊富に含まれています。料理にさっとかけるだけで食べられるため、ぜひ積極的に摂取してみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    桜えびの旬は4月~6月、10月~12月の時期が2回です。釜揚げされたものや茹でたものは天ぷら、かき揚げ、お好み焼きなどに活用されています。さまざまな料理を楽しむことができる万能食材のひとつです。栄養面ではたんぱく質を多く含み低脂肪な食材です。カルシウムを豊富に含んでいるので骨粗しょう症の予防効果があり、細胞の老化を予防するビタミンEも多く含んでいるので積極的に摂取したい食材です。桜えびは殻を剥かずに食べるのでキチン・キトサンという動物性食物繊維を効率よく摂取することができます。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    桜えびは体色が桜の花のように透き通ったピンク色に見えることが由来していて、下処理がいらない上に気軽に料理に使える万能食材です。殻も内臓も食べられるので、カルシウムを多くとることができます。カルシウムには体のPH値や体調を整える役割があるので、積極的に摂りたい食材ですね。また、食物繊維も豊富なので美容と健康のためにはうってつけの食材です。生や釜揚げは料理のメインの味ともなり、乾燥桜えびは炒め物にさっとかけて混ぜたり、料理の最後に上から振りかければ香ばしい香りがふわっと広がります。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    透き通ったピンク色の見た目と優しい甘みとうまみをあわせ持つ「桜えび」。日本では静岡県の駿河湾でのみ漁獲が行われています。春漁と秋漁の年2回しか獲れたてを味わえない貴重なえびなんです。桜えびは塩ゆでをして上げた釜揚げ桜えび、天日干しした桜えびがあります。干し桜えびは保存がきくためいつでも料理に使えて便利ですね。かき揚げに使うと一口ごとに桜えびのうまみが口の中に広がります。桜えびは殻ごと食べられて豊富なカルシウムがたっぷり摂取できます。骨を作るのに必要なミネラルも多く成長期の子供にもぴったりな食材です。揚げるレシピでは共に旬の生桜えびや釜揚げ桜えびを新玉ねぎと合わせた、旬の甘みとうまみがたっぷりなかき揚げレシピが満載です。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    桜海老の旬は、4月から6月と10月から12月の年2回あります。含まれている栄養素は、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどがありますが、特にカルシウムを多く含んでいます。100g当たりのカルシウムは牛乳の約6倍含んでいます。牛乳の様に簡単に量を摂取することはできませんが、桜海老は丸ごと食べることが出来るため栄養素を無駄なく摂ることができますよ。桜海老のピンク色は、アスタキサンチンと言う色素から来ています。このアスタキサンチンには、抗酸化作用があることが知られています。生でも食べることが出来る桜海老は、干すことでよりカルシウムなどの栄養価が高くなります。成長盛りの子供のおやつに使うのもおすすめですよ。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    綺麗なピンク色の桜エビは、エビを丸ごと一尾食べることから栄養価が豊富です。中でもカルシウムの量は非常に多く含まれ、カルシウムの6倍とも言われています。育ち盛りの子供の成長や、骨粗鬆症対策に期待大ですね。香り豊かな桜エビは様々な料理に加えてアレンジするだけでいつもと違ってワンランクアップした風味になります。中でも、ダイエット中におすすめな調理方法の「蒸し料理」に加えることで、少ない調味料でも風味がアップするため満足度が上がりますよ。見た目も可愛らしい桜エビを食卓に加えるだけで華やかにもなりますね。子供から大人まで嬉しい効果が詰まった桜エビを毎日のメニューにプラスしてみてくださいね。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    炊き込みご飯や、かき揚げにすると風味豊かで見た目も鮮やかな桜エビ。綺麗な薄ピンク色は夜に泳いでいる姿がキラキラと輝いているため「海の宝石」などと例えられています。日本で流通している桜エビは駿河湾で水揚げされるもののみで、静岡県の由比港や大井川港で獲れます。乾燥した桜エビは通年身近に手に入れることもでき、様々な料理に使うことができるので使い勝手抜群ですが、旬は春と秋の年2回です。新鮮な桜エビを食べるならこの期間を狙ってみてくださいね。丸ごと食べられる桜エビは下処理の必要もありません。干したものですと日持ちもするので家庭に常備して、様々な料理にプラスしてみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    エビを丸ごと一尾そのまま食べることから栄養価が高い桜えびは、「海の宝石」とも呼ばれます。日本では駿河湾でしか水揚げされず、静岡県の特産品として有名です。桜えびには良質なDHA、EPA、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ美容や、生活習慣病対策に適した食材です。うまみ成分である「グリシン」によってコレステロール値の低下やコラーゲンの構成、良質な睡眠を促す効果など多岐にわたり健康効果が期待されています。桜えびは、生・茹で・素干し・煮干しの4つの形に加工され私たちの食卓に並びます。特に干しエビは保存もききますので常備し、様々な料理に加えて栄養価をぐっとアップしたいですね。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社