キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ぜんまいの記事一覧

キッチンブックの「ぜんまい」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ぜんまいを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ2選

    春を代表する山菜として親しまれているぜんまい。ぜんまいはゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物で、野山に自生して季節になるとぜんまい採りが人気を集めています。ぜんまいは灰汁が強いため灰汁抜き必要で、生で食べることはほとんどありません。灰汁抜きする際は沸騰したお湯で茹でるのが一般的で、茹で過ぎると歯触りがなくなってしまうのでさっと茹でるのがコツです。実はぜんまいは雄雌に分かれており、男ぜんまいと女ぜんまいがあります。食べて美味しいのは女ぜんまいの方で、お浸しや炒め物などによく使われます。腸の動きを活発してくれる不溶性食物繊維が豊富で、便秘を解消する効果があるので、ぜひ料理に取り入れたい山菜です。 この記事では、「ぜんまい」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぜんまいを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ1選

    春の訪れを感じさせてくれる山菜の一つ「ぜんまい」。綿毛に覆われた渦巻き状の形が特徴的で、若芽を食用に使います。水煮や長期保存できる干しぜんまいも出回っており、クセのない味わいと独特の食感を持つぜんまいはワラビと並んで人気の山菜です。生のぜんまいにはβ-カロテンが多く免疫力を高めて健康維持をサポートしてくれます。カルシウムが骨に定着するのを助けるビタミンKや女性に不足しがちな葉酸や鉄などのミネラルも含まれているんです。食物繊維も豊富で整腸作用を促して老廃物も一緒に排出する働きもあり、美腸作りにも最適です。ぜんまいはアクが強いので、重曹などでアク抜きをして料理に使いましょう。 この記事では、「ぜんまい」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぜんまいを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    山菜の中でも昔から親しまれてきたぜんまい。渦巻きの形のぜんまいの若葉は、銭(お金)を巻き込むような格好をしていることから「銭を巻く」「ぜにまき」と言葉がなまり、「ぜんまい」と呼ばれるようになったと言われています。ぜんまいには食物繊維が豊富に含まれるため便秘予防となり、毒素を排出することからデトックス効果や生活習慣病・肥満の予防が期待されます。他にも葉酸やビタミンB1も含まれ、貧血予防や、疲労回復にも効果が期待されますよ。市販の水煮のぜんまいを料理に取り入れれば下処理の必要もなく手軽です。煮物は一度冷ますことで味がより馴染むので多めに作って翌日のお弁当にもぜひ活用してくださいね。 この記事では、「ぜんまい」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぜんまいを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ3選

    春を代表する山菜と言えばぜんまい。ぜんまいはゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物で、野山に自生してワラビと並んで親しまれている人気の山菜です。ぜんまいには男ぜんまいと女ぜんまいがあり、雄雌に分かれているのが特徴です。食べて美味しいのは女ぜんまいの方で、男ぜんまいは葉の部分が膨らみ表面がざらついていて女ぜんまいより味が落ちます。ぜんまいは不溶性食物繊維が豊富で、腸の動きを活発にさせて便秘を解消する効果があります。ぜんまいはあくが強いため、生で食べることはなく必ず灰汁抜きが必要です。沸騰したお湯で茹でるのが一般的なあく抜き方法で、茹で過ぎると歯触りがなくなってしまうので注意しましょう。 この記事では、「ぜんまい」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぜんまいを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ1選

    山菜そばや、山菜の炊き込みご飯には欠かさず入っているゼンマイ。日本全国で自生している山菜で、暖かい地域では3月頃から採取でき、寒い地域では5月頃からで、全国的には4月〜5月にピークを迎えます。食物繊維が豊富に含まれるので整腸作用の効果が期待されます。糖質の吸収を抑える働きもあるため、血糖値の急上昇を抑える効果もありダイエット中にも嬉しいですね。βカロテンも含まれ、病気からの免疫力を高める効果がありますよ。冬眠から目覚めた熊がはじめに食べるのは山菜と言われるほど、山菜には春先に食べたい栄養が含まれます。旬の時期に美味しく調理してくださいね。 この記事では、「ぜんまい」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社