キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ロメインレタスをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ロメインレタスはチシャの変種で、コスレタスとも呼ばれギリシャのコス島が発祥とされていることが由来しています。硬い葉脈を持ち長さがあるのが特徴で、シャキシャキとした歯ごたえでサラダやサンドイッチなど生食されることが多く、特にシーザーサラダに使われます。食べると太い葉脈から乳液が出て、ほのかな苦みを感じます。生食以外にも炒め物、スープ、クリーム煮など火を使った料理にも使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてロメインレタスのレシピを紹介しています。ロメインレタスを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ロメインレタスの栄養素

ロメインレタスは玉レタスよりも栄養価が高く、抗酸化作用があるβカロテンを含みガン・心筋梗塞・動脈硬化などを予防します。妊娠中に欠かせない葉酸は、貧血予防にも効果があるとされています。その他にも免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、カリウム、ビタミンA、食物繊維などが含まれています。全体の約95%が水分で100gあたりのカロリーは15kcalととても低いため、ダイエット中にもおすすめの野菜です。

ロメインレタスの旬

長野県産の露地栽培されたロメインレタスは、6月上旬~10月上旬にかけてが旬で多く出荷されます。特に春~初夏、秋~初冬が最盛期になっています。地域によっても収穫時期に差があり、茨城県や千葉県では3月下旬~5月下旬まで露地栽培されたものが出荷され、12月~翌年1月頃までハウス栽培されたものが出荷されます。

ロメインレタスの産地

! /image/〇〇
ロメインレタスはギリシャのコス島が発祥と言われ、地中海性気候に似た暑くなく寒くない温暖な気候が適しています。高温や低温に弱く、長野県や北海道などの夏が涼しい場所で多く栽培されています。茨城県や千葉県などの関東地方でも栽培され、冬から春にかけては温暖な茨城県、静岡県、中国地方で栽培されています。

ロメインレタスの選び方

ロメインレタスを選ぶ際は、まず芯の切り口をチェックします。根元の切り口がみずみずしく10円玉程度の大きさで、赤くなっているものは収穫されてから日にちが経っているので鮮度に欠けます。きれいな緑色をして葉先までパリッとしてハリと艶のあるものが新鮮で、締まりがよく手に持ったときに重みのあるものがおすすめです。葉が乾燥してしなびたり、黄色味を帯びた色に変色しているもは避けてください。

ロメインレタスの保存方法

ロメインレタスは傷がつくとすぐに傷んでしまうため、湿らした新聞紙やキッチンペーパーで包んでビニール袋に入れて冷蔵保存します。芯の切り口をしっかりと保湿して、冷蔵庫の野菜室に立てて保存しましょう。半分にカットしたものはラップにしっかりと包み、細かくちぎったものは水気をしっかりと切って保存袋入れて、きっちりと口を閉じて冷蔵庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ロメインレタスの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ロメインレタスの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ロメインレタスの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ロメインレタスの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ロメインレタスの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ロメインレタスをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社