キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

米・麺・小麦類の記事一覧

キッチンブックの「米・麺・小麦類」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    もちもち、プチプチとした食感が特徴的なもち麦。香り高い味わいが特徴ですよね。最近では腸内環境を整えるスーパー食材とも言われ、人気急上昇中でもあります。そもそももち麦は何かというと、大麦の一種です。注目されている理由は「大麦ℬ-グルカン」という食物繊維を豊富に含んでいるからです。この食物繊維は水に溶けやすい特性を持つ水溶性食物繊維のため、糖質の吸収を抑えたり、腸内環境を整える働きがあると言われています。体に良い働きのあるもち麦ですが、効率良く取り入れるには朝がおすすめです。なぜかというと、糖質の吸収を抑制する働きが次の食事まで続くからです。ぜひ積極的に摂ってみてくださいね。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    お正月のお雑煮をはじめとした季節ごとの行事に欠かせないお餅。お餅の原料であるもち米は普段食べているうるち米と栄養素はほぼ同じですが、もち米の方がアミロペクチンというデンプン質が多いため強い粘り気が出るんです。ご飯よりも消化吸収が緩やかで腹持ちが良く糖質も多いので、育ち盛りの子供の運動前や勉強前のエネルギー補給にも最適です。お餅は食欲が出ない時や忙しい時でも食べやすいのも魅力で、長期保存できる切り餅ならお正月以外にもいつでもサッと使えておやつ作りにも便利ですよ。紹介するレシピでは、きな粉やあんこなどと合わせた和スイーツ風レシピやチーズを使ったピザ餅からカレーグラタン餅などのレシピなど、子供が喜ぶおやつレシピが満載です。この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    健康食品のひとつとして考えられているオートミールは、オーツ麦が原料で別名カラス麦や燕麦とも呼ばれいます。原産は中央アジアであり、冷涼な土地で栽培されるイネ科の植物です。オートミールの原料であるオーツ麦は、そのままでは食べられないので調理しやすいように加工された状態で販売されているのが一般的です。オートミールに含まれる栄養には、日本人に不足しがちなミネラルやビタミンが豊富に含まれています。特に食物繊維は精白米の約20倍含まれており、鉄に関しては約5倍含まれています。オートミールには水溶性と脂溶性の食物繊維が含まれており、水溶性の食物繊維はコレステロールを排出し、不溶性の食物繊維は整腸作用があると考えらえています。この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    オートミールはオーツ麦とも呼ばれる、えん麦の加工品です。オートミールに甘みと油をつけてオーブンで焼くと、グラノーラになります。そのまま食べるとサクサクとした軽い食感が楽しめます。牛乳や豆乳などをかけて食べるのが一般的です。手軽に食べられる上、栄養も豊富に含まれているので、朝食にぴったりな食材です。他にもクッキーにしたり、だし汁で煮てお粥にしたりと、さまざまな料理の種類で活躍できます。乾燥した状態で売られているので、日持ちする所も魅力的ですよね。調理のバリエーションの幅が広く、使いやすい食材なので、毎日の料理に取り入れてみてくださいね。この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    餃子は小麦粉と水で作った皮に、ひき肉や野菜、調味料を混ぜたタネを包んで作る料理です。焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子など、どの調理方法でもおいしく食べられるのが魅力ですよね。餃子は冷凍も出来るので、自分で作って冷凍保存している方も多いのではないでしょうか。手作りだと、餃子の皮とタネのバランスが難しく、余ってしまったりしますよね。そんな時にオススメなレシピも多数紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。手作り餃子は作るのが大変、という方には市販の餃子がオススメです。最近はしそ餃子、チーズ餃子など味や種類のバリエーションも豊富なので試してみてくださいね。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    おもちはもちもちとした食感で子供から大人まで人気がある食材です。おもちは太りやすいというイメージがありますが、パワーフードと呼ばれるほど栄養が豊富に含まれている食材です。同じの量のご飯とおもちを摂取しても、より多くの栄養素を摂取できるのはおもちです。おもちにはアミロペクチンを含んでいるため摂取量が少なくても手軽にエネルギー補給ができ、消化吸収も良く腹持ちが良いのです。焼いて食べるのはもちろん、お汁粉などおやつにも活用されています。また、お弁当のおかずにもぴったりなメニューも沢山紹介されています。 この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    にゅうめんはそうめんを温かい出汁で食べるメニューです。夏は冷たいそうめんが食べられていますが、にゅうめんは温かいので主に冬に好まれています。中でもあんかけにしたにゅうめんは体が温まるメニューなので冬にぴったりです。にゅうめんは様々な食材との相性が良いのでバリエーションが豊富です。また、にゅうめんの材料であるそうめんは栄養が偏っているので上手に他の食材と組み合わせて摂取をすると栄養のバランスを保つことができます。にゅうめんはランチや夜食におすすめですがスープマグなどを利用するとお弁当として持参をすることができるのでおすすめです。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 酒粕を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    酒粕は発酵食品のひとつで、飲む点滴と呼ばれているほど栄養が豊富に含まれていることから、スーパーフードとも呼ばれています。酒粕は骨粗しょう症予防効果、血行促進効果、肌荒れの改善効果、便秘解消効果などがあり、脂肪を燃焼する効果もあるためダイエットや美容を気にしている女性に大変嬉しい食材です。甘酒として摂取するのが主流ですが、ご飯のおかずにも取り入れることができる食材です。また毎日でも摂取したい食材なのでお弁当のおかずとしても最適です。酒粕を活用したレシピが各サイトから紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そばを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ソバの実を挽いて作った粉「蕎麦粉(そばこ)」を加工した、日本の麺類「蕎麦(そば)」。そば粉の割合で、名前が異なります。また実の収穫時期でも名が違い、夏に収穫されるそばを「夏そば」、秋に収穫されるそばを「秋そば」と言います。そんなそばの旬は11月から12月です。そしてそばの栄養価は、必須アミノ酸を豊富に含んだ植物性タンパク質、疲労回復に効果のあるビタミンB1、血液をサラサラにするルチン、食物繊維、コリン、ビタミンB2を豊富に含んでいます。またそば粉は血糖値を上げにくい食品なので、ダイエットにもおすすめです。このお弁当レシピでは、そばを汁で食べるのはもちろん、巻いたり、詰めたりした調理方法もあります。 この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    種類が豊富なパスタは定番のスパゲティをはじめ、サラダやスープなど様々な料理に使い分けて楽しめます。パスタの多くは、デュラムセモリナというパスタ用のデュラム小麦を粗挽きしたものを使用します。デュラムセモリナには良質なタンパク質やグルテンを多く含み、甘みがあることが特徴です。パスタを茹でる時はできるだけ大き目の深い鍋を使いましょう。パスタの10倍くらいの水を用意して煮立たせ、水1リットルに対し塩を小さじ1杯の塩を加えてパスタをかき混ぜながら茹でます。ソースと混ぜるだけの場合は袋の表示時間通りに茹で、火の上でソースと絡める時は短めに茹でることがポイントですよ。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    小麦粉に少量の塩水を加えてこねたものを麺状にしたうどんは、日本を代表する麺料理の一つです。茹でたうどんをつゆに浸して食べるつけ麺や、だし汁をかけたかけ麺など食べ方も様々です。うどんのかけ汁は地域によって好まれる味が異なり、特に関東と関西では大きく異なります。一般的に関東では濃口醤油で味付けする濃い色のつゆに対し、関西はかけ汁をお吸い物のように出汁の味を楽しむということから、薄口醤油を使い、出汁の風味を消さないように味付けされています。うどんは非常に消化に良い食品なので、小さな子供から大人まで食べられます。体調を崩した時や食欲のない時には温かいうどんがおすすめですよ。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    そうめんを温かく調理したもの総称である、にゅうめん。奈良県が発祥の郷土料理と言われています。通常ですと、そうめんは茹でた後に冷水でしめて食べるため、暑い季節の料理というイメージを持っている人も多くいるかとは思いますが、温かくして食べるにゅうめんも人気があります。にゅうめんはそうめんを茹でたら温かい汁や出汁と共にして調理しますが、色々な具材をのせて食べることができるので、とても手軽に食事がとれます。そんなにゅうめんですが、たんぱく質が豊富に含まれており、卵や納豆などにも劣らない量が含まれています。一緒に食べる具材と調節しながらバランスの良い食事を目指しましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 酒粕を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    お酒を造る際に残った搾りかすである、酒粕。形状によって「板粕」や「ばら粕」と呼ばれることもあります。搾りかすではありながらも、清酒の原料である米こうじや酵母由来の炭水化物、アミノ酸、ビタミンなど、健康に良い栄養素が豊富に含まれています。また、食物繊維も多く含まれているため、便秘改善にも効果が見られます。そんな、体の内面から外側まで健康に導いてくれる酒粕ですが、一般的には鍋などに溶かしたり、甘酒として飲まていますが、意外にも多くの食材との相性が良く、普段の料理にも使えます。健康と美容のためにも、今日から酒粕でヘルシーになりませんか。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そばを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ9選

    喉ごしが良く、香ばしい香りが持ち味のそばは、主食としても食べられている身近な食品です。そばの種類は、そばの実の挽き方により一番粉・二番粉・三番粉に分けることができます。まず一番粉は中心部の胚乳が粉になるため、でんぷん質が多く、白色をしているのが特徴です。食べた時の歯切れや喉ごしが良く、弾力があるそばになります。二番粉は胚乳部や胚芽部が粉になっており、そば特有の香りや風味がとても良く、一般的なそばに使われています。三番粉は二番粉より外殻に近い部分から挽かれた粉を示します。この粉は色が濃く、たんぱく質が多い特徴を持ちます。そば粉の取り出し方ひとつでも、そばの味わいが異なってくるので、色々なそば料理を楽しむことができます。この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そばを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    古くから健康食として位置づけられてきたそば。近年では健康や美容に役立つ栄養の豊富さとその効果があらためて注目されているんです。特に注目したいのがポリフェノールの一種「ルチン」で、活性酸素による細胞の老化から体を守る抗酸化作用をはじめ血管を丈夫にして血液をサラサラにしたり血圧を安定させる働きがあり動脈硬化や高血圧予防に期待されています。疲労回復を助けるビタミンB群や必須アミノ酸、食物繊維も豊富で、便秘を解消し肌荒れを改善して美肌にもつながります。ルチンやビタミンB群は水溶性で茹で汁に溶け出しているので、そばを茹でた後の「そば湯」もぜひ活用しましょう。紹介するレシピではそば粉を使ったガレットやそばがき、ピザなどヘルシーな絶品おつまみレシピが満載です。この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    パスタは、保存機能の良さと、ソースをアレンジすることで様々な味を楽しむことができて料理の手間を省けるところなどから、私たち食卓に馴染み深い料理です。パスタの種類は非常に多く、調理方法やソースに合わせて使い分けます。自宅でパスタを作るときに最も利用するのは「スパゲッティ」と呼ばれる太さ約1.6mm〜1.9mmのものです。スパゲッティよりも細めの「スパゲッティーニ」、さらに極細なものを「カッペリーニ」と呼びます。スパゲッテイはクリーム系からオイル系まで様々なソースと相性が良く、スパゲッティーニは和風ソースや汁気の多いソースなどあっさりとしたものとよく会います。カッペリーニは冷製パスタにおすすめですよ。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    小さな子供から食べられるうどんは、食欲不振や胃痛、体調が悪い時などにも特におすすめな食材です。うどんの炭水化物は、人間の体で消化可能な糖質の割合が他の食材と比べて高めなため、いち早く消化できると同時にエネルギー源として吸収されやすい特徴があります。さらに、よく噛んで食べることによって消化酵素である唾液を十分に出すことができ体内での消化がよりスムーズになりますよ。体調不良の場合は煮込みうどんや鍋焼きうどんが消化によく、体の中から温まるのでおすすめです。しかし、天ぷらなどの脂質類は消化に時間がかかり、胃に負担をかけてしまうのでなるべく控えてくださいね。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    手軽に食べられて健康や、ダイエットをしている人には特に注目されている、オートミール。そもそも、オートミールとは、オーツ麦を加工したシリアルの一種です、優れた栄養効果があると言われ、アメリカでは健康食品として人気が上昇しているほど、人気のある食材です。摂取することで、血糖値の急上昇を抑えることができるため、脂肪が作られにくいところが嬉しいですよね。そんなオートミールですが、オートブランやオールドオーツ、スティールカットオーツなど、加工法が異なるものがでているので、好みの加工法を探すのも良いですよね。 この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ふわっとした歯ざわりに、もちっとして食感が特徴のおもち。そのままではもちろんのこと、お雑煮やおしるこなどの和食メニューから、ピザなどの洋食にもよく合う、万能な食材です。そもそもおもちとは、お米を擦りつぶした食材で、三大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質が含まれています。中でも、炭水化物は約90パーセントをしめており、私たちが普段動くために必要なエネルギー源となり、さっと補給できる優秀な食材でもあります。そんなお餅ですが、朝に食べることをお勧めします。比較的エネルギーが不足しがちな朝に摂取することで、脳にブドウ糖が補給されるので、頭がしゃきっとし、一日のパフォーマンス向上にもつながります。 この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    きな粉やあんこを付けたり、しょうゆを付けたり、手軽に食べられる餅は、大人から子供まで人気の食材です。弾力があり、歯ごたえのある餅は、白米よりもカロリーが高いのが特徴ですが、食べる量に気を付ければ、腹持ちが良くダイエットにもおすすめです。餅は、体内で糖質に変わる炭水化物が豊富です。糖質は体内で増加すると血糖値が上がり、少量でも満腹感を感じます。また、体や脳のエネルギー源となり、糖質をエネルギーに変換するのに必要なB1を多く含む納豆などと一緒に食べると効果的です。大根には、「アミラーゼ」というでんぷんを分解する働きがある消化酵素を多く含むため、大根おろしと一緒に食べれば、餅の消化をサポートしてくれます。 この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 酒粕を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    酒粕は、日本酒を作る際に出来る副産物です。ポロポロとした見た目で、日本酒を作った後の残りカスのようですが、実は栄養が豊富に含まれています。人間が生きていくのに必要な炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素を全て含んだ優秀な食品です。酒粕に甘みを加えると甘酒になり、料理に加えると味にコクと深みが出ます。酒粕に含まれるアミノ酸が、うまみ成分になることで料理が美味しくなります。最近では使いやすいようにペースト状に加工された商品も多いので、利用しやすくなっています。ぜひ、普段の料理にプラスして、酒粕を日常的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    にゅうめんはそうめんを温かいつゆで調理した料理のことです。主にだしなどで優しく和風に味をつけます。ほっこり温かく、体を芯から温めてくれますよ。夏に冷たいそうめんを食べ飽きた方も、今度は温かいにゅうめんで余ったそうめんを消費してくださいね。そうめんは他の麺類に比べて麺が細く、ゆで時間が短くて済むので、食べたい時にすぐに食べられるのも魅力の一つですよね。ちょっと小腹が空いた時、体調が悪く食欲がない時や料理するのが面倒な時にオススメですよ。アレンジ次第で味のバリエーションも広がるので、飽きずに楽しめます。お好みの味付けを研究してはいかがでしょうか?この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    おもちは老若男女問わず大変人気がある食材です。きな粉をまぶして食べたり、あんこをのせて食べたり、おしるこ、お雑煮、磯辺もちなど、色々な食べ方を楽しむことができます。また、おもちを使ったアレンジレシピが豊富に紹介されているのも人気の秘訣です。例えば、もち米の代わりにおもちを入れてご飯を炊くと、おこわのようなもちもちの食感になります。お餅を使ったもちピザも人気があります。おもちだけだと栄養が偏ってしまうので、お肉や野菜などと組み合わせて食べるのがおすすめです。おもちは腹持ちが良く手軽に食べることができる食材なので取り入れてみてください。 この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    手軽にさっと簡単に作れるパスタは、忙しい日のお助けアイテムとして家に常備しておきたいマストな食材です。長く保存できるのも便利で、どんな食材やソースとも合わせやすいのが特徴です。トマトやチーズ以外にも、醤油や麺つゆ、納豆や明太子など和食の食材ともよく合います。和風パスタ、洋風パスタとたくさんのレシピがあり、アレンジが効きやすいので自分の好みのオリジナルパスタを作れる楽しみもあります。パスタはロングパスタ以外に、マカロニなどのショートパスタがあります。小麦粉・水・塩・卵が原料で、自宅でも手作りのパスタ麺を作ることができます。パスタは幕末に日本に伝わったとされ、スパゲティナポリタンが考案されたことで人気になり広まりました。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ラーメンとうどんは日本を代表する麺類の1つとして、とても人気の料理です。全国各地でその土地ならではうどんが存在し、香川県の讃岐うどん・秋田県の稲庭うどん・三重県の伊勢うどん・栃木県の耳うどん・群馬県の水沢うどんなどが有名です。うどんは出汁でとったスープで食べる以外にも、ざるうどん・ぶっかけうどん・つけうどん・焼うどんなどさまざまな食べ方があります。カレーと合わせたカレーうどんや、カルボナーラ風のうどんなど洋風の味わいともよく合います。うどんは低価格ですぐに作れるので、主婦にとって強い味方の食材ですね。冷凍保存もできるので、家に常備しておくといざという時にすぐに一品作れるのでとても便利です。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 酒粕を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    校正ツールでチェック済みhttps://textmining.userlocal.jp/results/bwaNBoh2ogAe2edjPd2NytsJsBFPju3V 日本酒を作るときに生まれる酒粕。この酒粕にはお米の栄養がたっぷり詰まっています。酒粕の栄養成分としては、炭水化物、たんぱく質、ビタミン類、食物繊維、ミネラルのほか、麹菌や葉酸、βグルテンなど多くの栄養が含まれます。酒粕は化粧品やせっけんの原料としても使われており、美容成分も多く含まれ、女性にはうれしい食材ですね。酒粕は、粕汁や鍋料理などに使うのが一般的ですが、パン生地に混ぜて作ると、酒粕の良い香りのするヘルシーな酒粕入りパンができます。また、酒粕をチーズと一緒にパンの上に乗せて焼いたピザトーストや、酒粕をパンに含ませて作るフレンチトーストなど、栄養満点の酒粕とパンの組み合わせもおすすめです。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そばを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    つるっとした喉ごしのそば。そばは古くから日本人に食べられてきた食材で、平安時代に書かれたとされる続日本紀にもそばについての記述があります。遺跡からもそばの花粉や種子が発見されていて、日本にそばがあったのは3000年以上前とされています。日本人にとってお米よりも古い付き合いであるそばは、現在はラーメンやうどんなどと並ぶ日本人のソウルフードとして親しまれていますね。全国のおよそ40%の生産量を占める北海道が主な産地ですが、長野県の信州そばや茨城県の常陸秋そばも有名です。そばには植物性たんぱく質が含まれていて、その数値は牛乳と同じくらいとされています。ビタミンB群も豊富で、脂肪や糖の代謝を助ける働きが期待できます。 この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    玄米よりも栄養価が高いと言われるオートミール。欧米では朝食で食べることが一般的です。牛乳や水で煮込んだり、パンなどに加える食べ方もあります。オートミールとは、オーツ麦を脱穀し、食べやすく加工した食品。さらに砂糖やメイプルシロップなどで甘くしたものはグラノーラとも呼ばれ、日本でもシリアルの定番として定着しています。オートミール100gあたりのの栄養素は、食物繊維が7.52g、鉄分が6mg、カルシウムが37.6mgほどです。鉄分に関しては、1日に必要な栄養素の約半分ほどが含まれるため、鉄分不足に悩む女性にはぴったり。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランス良く含まれている食品でもあるため、便秘予防や腸内環境の改善に役立ちます。 この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね.。

  • そばを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ7選

    「ソバ」と言う植物の種子を。粉々にして蕎麦粉にし、その粉を使った麺がそば(蕎麦)です。そばは、蕎麦粉、水、つなぎで作られていて、つなぎである小麦粉の量で名称が変わります。「十割蕎麦(じゅうわりそば)」蕎麦粉10のつなぎがないものです。「二八蕎麦(にはちそば)」蕎麦粉8:小麦粉(つなぎ)2で作られたそばをいいます。「外二八蕎麦」蕎麦粉10:小麦粉(つなぎ)2で作られたそばです。そんなそばの栄養価には、ルチン、ビタミンB1、食物繊維、植物性タンパク質が豊富に含まれています。またアミノ酸もバランスよく含んでいます。このパンレシピには、焼きそば麺も使用されていますが、焼きそば麺は、中華麺を蒸したものです。 この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    パスタはイタリア料理ですが、日本でも米やパンと並ぶほどメジャーで人気な食材ですよね。パスタはトマトソースやクリームソースなどさまざまなソースと和えて調理されます。日本でも、日本の食材を使った和風パスタを独自に開発してしまうほど、日本人もパスタが大好きです。パスタは長さで分類すると、ロングパスタとショートパスタの2種類に分かれます。ロングパスタは普段食べているスパゲッティと呼ばれる細くて長いパスタです。パスタは太さによってソースを使い分けていることをご存知ですか?太めのパスタにはこってりめのソース、細めのパスタにはオイルなどのさっぱりとしたソースがよく合いますよ。パスタとの相性を見ながらソースを選んでみてくださいね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社