キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

米・麺・小麦類の記事一覧

キッチンブックの「米・麺・小麦類」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • そばを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    日本の伝統食でもある蕎麦の麺は白っぽいものと黒っぽいものがあるのはご存知ですか。この違いは使用しているそば粉の種類に関係し、蕎麦の実の中心部分だけ挽いた最も白いそば粉「1番粉」と言い、この粉で打った蕎麦を「更科そば」と呼びます。黒い蕎麦は「田舎蕎麦」と呼ばれ、殻付きの玄ソバを挽いもので、白い蕎麦よりも強い香りが特徴的ですよ。蕎麦にはタンパク質、ビタミン、食物繊維、ポリフェノールの一種のルチンなどを豊富に含み、栄養満点な食材です。蕎麦を茹でた湯のことを「そば湯」と呼び、麺を食べ終わった後に濃いつけ汁を割って飲むことができます。栄養や旨味が溶け込んでいるため、ぜひ取り入れてみてくださいね。 この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    焼き餃子に水餃子、揚げ餃子や蒸し餃子などさまざまな料理の種類がある餃子。餃子の皮は小麦粉が主な原料で、炭水化物が豊富です。具材は豚肉や野菜が中心で、たんぱく質やビタミンが多く含まれているほか、風味づけに使われているニンニクやしょうがには、疲労回復や体を温める効果があります。餃子一つから、さまざまな栄養を摂ることができますよ。最近では、冷凍食品などの市販品も充実しており、忙しい日の強い味方になる一品でもあります。チーズと絡めて焼いたり、スープに入れたり、一工夫加えてアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    オートミールは欧米では朝ごはんの定番としてよく食べられており、栄養価が高く消化もいいため離乳食にも人気があります。日本ではまだあまり食べられていない食材ですが、ケーキやクッキーに混ぜて使用するレシピも多くあります。子供に栄養バランスのいいおやつを作りたい時には、オートミールを使うのがおすすめですよ。欧米では主に水や牛乳と一緒にオートミールを火にかけ、砂糖をかけて食べるのが一般的ですが出汁と一緒に茹でて和風に食べるなどアレンジが効きやすい食材です。栄養価も高く、食物繊維・鉄分・ビタミンB1・ビタミンB2・たんぱく質・カルシウムなど、体に必要な栄養素をバランスよく含んでいます。 この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ5選

    オートミールは穀物の一種でグラノーラなどでも使用されている食材です。日本では、まだまだ馴染みが薄い食材ですが海外では朝食としてよく食べられています。オートミールは栄養価が高い食材で、腸内環境を改善する不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が豊富に含まれおり、低糖質ダイエットに最適な食材です。また、すぐに食べることができる食材なので時間がない時や朝ごはんにおすすめです。フルーツや野菜などとの相性も良くサラダにも最適な食材で様々な料理の種類でアレンジをすることができます。 この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そばを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    のど越しの良いそばは、古くから日本人にはなじみ深い食品です。そばは非常に栄養価が高く、植物性たんぱく質が豊富。その量は牛乳に匹敵します。また、体に必要な必須アミノ酸が含まれている良質なたんぱく質でもあります。水溶性で消化が良いため、胃が弱っているときにはおすすめですよ。その他にも、疲労回復を促すビタミンB1や皮膚や粘膜を保護するビタミンB2、血圧を下げる効果のあるルチンなどさまざまな栄養成分が含まれています。あったかくしても冷たくしてもおいしく食べられるので、年中食べられる人気のそば。タレであえて食べるといろいろな味を楽しむことができて、飽きが来ません。アイディア次第で、レシピの幅も広がりそうです。 この記事では、「そば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    メイン料理になるパスタ。イタリア料理の定番ですが、日本でも家庭料理として食べられています。パスタはソースによって味わいが変わるため、レシピはいろいろあります。あっさりと食べるならトマト系のソースが良いでしょう。また、がっつり食べたいなら濃厚なクリーム系のソースがおすすめ。パスタに合わせる具材はお肉、野菜、きのこ、魚介類などが組み合わせられるため、食べ応えのあるおかずになります。パスタは一品で満足できる料理ですが、具だくさんにしてパンメニューに合わせるおかずにしたり、パーティーメニューのメイン料理にしたりなど、さまざまな活用方法もありますね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    柔らかくて食べやすいうどんは、胃腸にも優しく、積極的に食べたいものです。疲れているときに食べたいものでもあります。日々の生活で忙しい人も、うどんを食べて体調を調節しましょう。消化がよいので、子どもからお年寄りまで、もちろん成人男女にもおすすめです。うどんを使っておつまみにも合うレシピをいくつかご紹介していきます。ボリュームのある豪華なレシピもあるので、家族や仲間が集まったときなどに作ってみましょう。もちろん、一人でささっと済ませたい食事のときにでも、野菜たっぷりで栄養を考えたうどんレシピを取り入れましょう。うどん好きな人も、今まであまり興味がなかった人も必読です。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    パスタはサラダから前菜、メインにもおかずにもなる万能食材。一口にパスタといっても、形状はさまざまです。ニョッキやラザニアもパスタの一種。ロングパスタでは、1.6-1.9ミリの太さの麺をスパゲッティといい、クリーム系からオイル系までさまざまなソースに合います。1ミリ前後の細麺はカッペリーニ。スープや冷製パスタに使われます。5-8ミリの平麺はフェットチーネ。もちもちとした食感が特徴で、クリーム系のソースなどとよく合います。ショートパスタではマカロニのほかに、ペン先のようなペンネやらせん状のフジッリ。蝶や貝殻、車輪の形をしたファルファッレやコンキリエ、ルオーテなど可愛らしいものもあります。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    時間のないときや、簡単に食事を済ませたいときなど、ワンプレートで済ませられるご飯料理がお手軽ですね。残ったご飯や冷凍ご飯を利用すれば、お金も抑えられて節約にもなります。残り物を利用した炒飯でも、バターしょうゆやキムチなど、味を変えれば飽きずに味わえます。野菜や納豆をご飯と炒めてヘルシーに、鯛やさば缶、大葉と合わせて和風に、子どもが食べやすいように焼きおにぎりに、などご飯を使ったレシピは豊富にあります。ガパオライスやタコライスといった変わりどころも意外と簡単にできるのでおすすめですよ。おかずがなくても、トッピングを増やせば見た目も豪華で食べごたえもアップで、大満足です。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    中華料理の定番の餃子は、中国では春節(中国の旧正月)前後の行事やおめでたい席での料理として食されます。餃子の形が昔の貨幣の形に似ていることから「お金に恵まれるように」と願いが込められたことや、餃子の中国語での読み方「ジャオズ」が「子を授かる」という意味の言葉と同じ音のことから子宝に恵まれますよう願いが込められることから、めでたい食べ物として考えられています。餃子のつけダレとして酢醤油+ラー油の組み合わせが定番ですが、他にも酢醤油に辛子、柚子胡椒、生姜、マスタードなどを組み合わせてもおすすめです。ご自分のお好みの味をお試しくださいね。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    パスタが大好きな人は多いですが、自分で作るとなると、いつも決まってトマトソースなどのおなじみの味付けでワンパターンになりがちです。茹でたパスタでサラダも作れますし、汁を加えてスープパスタも作れます。みんなが大好きなパスタの、バラエティに富んだレシピのご提案です。休日のランチや今晩の夕食に早速作ってみましょう。電子レンジでホワイトソースを作ったり、冷凍のムール貝を袋の汁ごと使ったりして、なるべく簡単に作れるレシピです。ワンパターンになりがちな自作のパスタを、是非おもてなしに使える勝負メニューにしてしましましょう。もちろんひとりで食べるのもおすすめです。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    手軽に食べられて消化もよく、体調の優れない時や、小さな子供も食べられる万能なうどんは、温かいうどん、冷たいうどん、つゆ、トッピングなど様々なアレンジが可能です。家庭料理としても馴染み深いですが、全国各地に産地の特徴を取り入れたご当地うどんがあります。代表的なものは、強いコシが特徴の香川県「讃岐うどん」、細く薄い麺が特徴の秋田県「稲荷うどん」、醤油やゴマだれをつけていただく群馬県「水沢うどん」、生パスタのような食感の長崎県「五島うどん」、細い麺と喉越しの良さが禿頭の富山県「氷見うどん」などがあります。それぞれ麺の食感や太さ、出汁、食べ方など異なるので、お好みのご当地うどんを楽しむ旅もおすすめですよ。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    うどんは日本全国で愛されている食材です。全国のご当地うどんを簡単に紹介します。うどんといえば「うどん県」とも呼ばれる香川県の讃岐うどんが有名ですよね。香川県はうどんの生産量が日本一です。他にも、愛知県には麺の幅が広いきしめんや、こってりだしが特徴の味噌煮込みうどんがあります。山梨県のひっぱりうどんはサバ缶や納豆で作ったたれをかけて食べます。福岡県のかしわうどんは、甘辛く煮た鶏肉をトッピングしたうどんです。また、香川県に次ぐうどん生産量を誇る埼玉県では全国からご当地うどんを集めた「全国ご当地うどんサミット」を開催し、うどんの魅力を広め、経済の活性化にも貢献しています。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    麺類の中でも、煮たり焼いたりできるうどん。和食としてはもちろん、具材や味付けを工夫すればパスタ風味やサラダ風味と豊富なアレンジができ、さまざまなテイストが味わえる食材です。消化が早く、コシのあるもちもちとした食感のうどんは、子供から大人まで人気な食材の一つです。肉や野菜などのたんぱく質や栄養が豊富な野菜とあわせれば、彩りもよくバランスのとれた料理が作れるのも魅力です。保存期間が長い冷凍うどんは常備食にも便利です。レンジを使えば簡単に調理できるので、忙しい日にも少しのアレンジで手軽な一品として食卓に並べらます。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    パスタは幕末に日本にヨーロッパから持ち込まれ、1955年にマカロニが販売されて以来人気の食材となりました。ラーメン・うどん・そばと並んでよく食べられる麺類で、トマトソースやチーズといった西洋の食材だけだなく醤油やめんつゆなどの日本の調味料ともよく合います。醤油を使った和風パスタやナポリタン、たらこパスタなど日本にしかないパスタメニューも多くあります。乾麺のパスタは保存が効くため、家に常備しておくと便利な食材です。茹でて具材とソースを合わせるだけで手軽に作れるので、夕食の献立に困ったときのお助けアイテムとしても活躍します。ソースと具材を変えるだけで色々な味わいを楽しめて、オリジナリティのあるレシピを作れるのも魅力です。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うどんを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    日本独自の麺類と言えばうどんやそばが候補に上がるでしょう。どちらもおいしく食べられますが、うどんの方がカロリーが低いのをご存じですか。うどんはもちもちした食感のため、よくかんで食べれば少量でも満腹感も感じられます。また、そばに比べてうどんのレシピは大変多いのが特徴。月見うどんやあんかけうどん、釜玉うどんなどなどの定番レシピのほか、カルボナーラ風やトマトソースなどを使ったイタリアンうどんも人気があります。そんなうどんはレンジ調理で時短で作るのがおすすめ。レンジを使えばゆでる時間を短縮でき、チンしている間に具材やスープを用意できます。 この記事では、「うどん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

    日本人の食事の中心的存在であるご飯。おかずの味を引き立てたり、おかずがご飯の味を引き立ててくれることもありますよね。また、調理の方法も様々で、揚げたり、おかゆにしたり、すりつぶしておはぎなどの甘味にするなど、バリエーションも豊富にあるので飽きることなく食べられるところが嬉しいですよね。そんなご飯ですが、炊く前のお米の種類がとても豊富で、その種類によって味わいも変わってきます。味の濃淡があり、コシヒカリやあきたこまち、ゆめぴりかは濃くて甘みが強いのが特徴ですので、料理に合わせてお米を変えてみるのもおすすめです。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

    日本人の主食として欠かせないご飯。ご飯の主成分はでんぷん(糖質)で食品の中で消化吸収率が最も高く、タンパク質や脂質に比べ早くエネルギーを作り出せるので脳やカラダの活動を支える重要な栄養源なんです。糖質をエネルギーに変えるにはビタミンB1が不可欠で、豊富に含む豚肉や大豆なども合わせて摂取すると、疲労回復を助けたり精神を安定させて集中力の維持にも役立ちます。ご飯には糖質の他にも成長を助けてくれる必須アミノ酸やビタミン・ミネラルもバランスよく含み成長期の子供のお弁当に最適です。紹介するお弁当レシピでは、見た目も楽しいおにぎりのアイデアレシピやお寿司レシピ、豚肉を使ったおかずを合わせたレシピなど子供から大人まで喜ぶレシピが満載です。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

    ご飯は日本人にとって重要な主食です。私たちが普段食べている米は、うるち米の玄米を削り、ぬかや胚芽などを取り除いて精白したものです。精白米の主成分はでんぷん(糖質)で消化吸収率が98%と食品の中で一番高く、脳や体の活動を支える貴重な糖質の供給源なんです。でんぷんの他にも、体の成長をサポートしてくれる必須アミノ酸やビタミンB2、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどをバランスよく含んでいるので成長の著しい子供にも欠かせません。ご飯の糖質をエネルギーとして利用するにはビタミンB1が必要で、豊富に含まれている豚肉や豆類などを一緒に摂取することが大切です。健康食として人気の玄米は離乳食期の子供には繊維が多く消化に負担がかかるため、消化の良い精白米を使いましょう。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    世界各国で食べられているパン、味も形も種類が豊富に存在しますが、その土地の風土や生活にあった特色を持ったパンも多くあります。フランス発祥のバゲットやクロワッサン、イタリア発祥のフォカッチャやパニーニ、イギリス発祥のスコーン、日本ではメロンパンやカレーパン、あんぱんなど、味わいは様々です。その国々の特色が一目でわかるところも面白い部分でもあります。そして世界中のパンが日本で身近に食べられるのは嬉しいですよね。組み合わせるもの次第で味が全く変わるので、いろいろなものを合わせて楽しんでください。 この記事では、「パン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンを使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

    食パンやフランスパンは、簡単に購入でき、家に常備しがちな食品です。小腹がすいたときや子どもにおやつを作りたいときなど、家にあるパンを利用すれば簡単においしいおやつができますよ。食パンの場合、乗せて焼くだけでできるという手軽さもありますが、上に乗せる具材を変えれば、いろいろな味を楽しむことができ、バリエーションが広がりやすいのが利点です。りんごやバナナなど、果物の種類を変えるだけでも食感や味の違いが出て楽しいですよ。また、卵液に浸してから焼くフレンチトーストやパンプディング、ロールして作るシナモンロールなど、さまざまなおやつにアレンジできます。フランスパンもサクサクの食感を生かせるのがいいですね。 この記事では、「パン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンを使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

    小麦粉に水や酵母などを混ぜてこね、発酵させて焼いたパン。日本ではふんわりとしてモチモチの食感のパンが多く売られていますが、海外へ目を向けると、外側が硬くてさくさくとしているフランスのパン、密度が高くずっしりとしたドイツのパン、オリーブオイルが練り込まれたイタリアのパンなど、多種多様なパンがあります。手軽に食べられるパンは、赤ちゃんに小麦アレルギーなどが無い場合、離乳食に慣れてきたら取り入れてみたい食材の一つです。手掴み期に手を汚さずに食べられるレシピが多いのもうれしいポイントです。パンを使った離乳食で新しい味を覚えるだけではなく、食べる楽しみを見つけられたらすてきですね。 この記事では、「パン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ2選

    日本でもなじみの深いパスタには太さや長さによってさまざまな種類があります。普段食べているスパゲッティなどのロングパスタが代表的ですが、マカロニやペンネなどもショートパスタというパスタの一種です。また、パスタにも個性があり、細く長いパスタにはあっさりした味のソースが合い、太く分厚いラザニアのようなパスタには濃いめのソースが合うなど、それぞれのパスタにあった味付けも重要であり、奥深い食材です。ソースの種類も豊富でトマト、クリーム、和風など、どんな味付けでも美味しく食べられることもパスタの魅力の一つです。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パンを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    おつまみと言えば枝豆や焼き鳥が定番ですが、パンを使ったおつまみも人気があります。パンはワインに合うことは広く知られていますが、実はビールなどの発泡酒にも良く合いますよ。パンを使ったおつまみには、ブルスケッタやガーリックトーストなどがありますが、他にもさまざまなレシピがあります。フランスパンをスライスして好きな具材を乗せるだけでも様になるでしょう。しかし、一工夫すればおもてなしのおつまみに変身。パンを使った簡単なおつまみレシピも数多くあるため、家飲みの際に試してみるのもおすすめです。 この記事では、「パン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    最近は朝食や昼食にパンを食べる方も増えていますが、やはり日本人の主食と言えばご飯です。日本人はお米に対する思いれが強く、品質と味にこだわったブランド米がたくさんあり多国に比べると米の品質はとても高いと言えます。ご飯はおかずと一緒に食べる以外にも、チャーハン・丼物・おにぎり・寿司などさまざまな料理に使えてアレンジを楽しめる食材です。和食以外にもリゾットなどの洋風のレシピにも使えて、風邪を引いたときにはお粥やおじや、といった具合に色々な味わいを楽しめます。ご飯は体と脳を活発させるエネルギーになる炭水化物が豊富で、その他にも亜鉛・鉄分・カルシウムなどのミネラル類やたんぱく質などを含んでいます。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    日本人にかかせない食材であるご飯。ご飯にはさまざまな種類がありますが、このレシピでは主に白米を使用しています。太りやすいと思われているご飯ですが、実は野菜、魚、海藻、などとバランスよく食べれば、ダイエットに役に立つヘルシーな食べ物です。またご飯にはビタミンB1、ビタミンB2マグネシウム、鉄分、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。そんなご飯は、おかずと食べるのもよいですが、丼物、チャーハン、ドリア、おにぎりにしたりと、さまざまな調理方法があります。どれもいろいろな食材を合わせて作れるので、チャレンジしてみてください。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    日本人の主食「ご飯」。そのまま食べる以外にも、丼ものにしたり、炒飯や雑炊にしたりとさまざまな食べ方があります。時間のないときや一人でランチを済ませたいときなど、ご飯を工夫して短時間で作れるレシピが重宝しますね。ご飯だけの料理に飽きてしまったときは、麺と組み合わせた料理もおすすめです。焼きそば麺と合わせて作るそばめしは、アレンジがよく効き、レシピの幅も広がります。焼きそば麺以外にも、うどん麺と組み合わせれば食べごたえもアップして、食感の違いを楽しめます。炭水化物の組み合わせはカロリー取りすぎに要注意ですが、カロリーのあるものを食べたいときや、育ち盛りの食欲旺盛な子どもにはおすすめですよ。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オートミールを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    日本ではあまりなじみのないオートミールですが、欧米では朝ごはんの定番としてよく食べられます。オートミールはオーツ麦と呼ばれる穀物を乾燥して潰したもので、水や牛乳と一緒に似てお粥のようにして食べます。ケーキやクッキーに混ぜて使うことも多く、欧米ではオートミールクッキーが人気です。オートミールは地味な見た目であまり栄養がなさそうに見えますが、オートミールは精白処理しておらず種皮や胚を残したままなのでとても栄養価の高い食材ですよ。食物繊維は玄米の約3倍で、鉄分は玄米の約2倍、一日に必要な鉄分を約200gのオートミールで摂取することができます。その他にもたんぱく質・カルシウム・ビタミンB1・ビタミンB2など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「オートミール」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ご飯を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    日本人に欠かせない大切な主食がご飯です。稲作の歴史は古く縄文時代から始まったと言われ、長い間日本人を支えてきた食材です。ご飯はおかずやお漬物と一緒に食べるだけでもおいしいですが、握っておにぎりにしたり具材をのせて丼物にするなどさまざまな調理法があります。おにぎりや丼物は中の具材やのせる食材をかえるだけで、色々とアレンジができるのも魅力です。和食だけでなくリゾットやドリアなの洋風のレシピにもよく合います。ご飯には多くの炭水化物が含まれ、体と脳を活発させるエネルギーになります。その他にもたんぱく質・脂質・亜鉛・鉄分・カルシウムなど、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    にゅうめんとそうめんはどう違うの?とよく違いが分からない方もいるのではないでしょうか。そうめんは茹でたそうめんを冷たい水でしめて冷たい汁で食べます。にゅうめんは茹でたそうめんを温かい汁で食べることで、そうめんの食べ方の1つです。夏は冷えたそうめんがおいしいですが、冬は温かいにゅうめんが体を温めてくれます。夏に使い切れなかったそうめんが余っている時には、冬ににゅうめんを作ってみてはどうでしょうか?にゅうめんはそうめんを使っているので、味にクセがなくどんな食材や調味料ともよく合います。和風・アジア風・洋風と使う食材で違った味わいを楽しめますよ。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社