キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ご飯をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本人の主食として欠かせないのがご飯です。おかずと一緒にご飯を食べる以外にも、ご飯に具材をのせて丼物したり、魚をのせて寿司にするなど様々な方法で食べられます。米は世界中で食べられていますが、日本人は特にお米に深いこだわりがあり品質の高いブランド米を数多く作っています。ご飯は和食だけでなくホワイトソースと合わせたドリアやリゾットなど、洋風にしてもおいしく食べられてアレンジを楽しめる食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてご飯のレシピを紹介しています。ご飯を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ご飯の歴史

お米はインドのアッサム地方が始まりと言われ、日本には中国から伝来し縄文時代に稲作が始まりました。北九州周辺に最初に伝わり日本全国に広がって、日本の気候がお米づくりに適していたこともあり日本人にとってなくてはならない穀物として定着しました。昔から白米は貴族などの特権階級の人たちのみ食べられる貴重品で、税として白米を収めていたため庶民の口には入らない高級品でした。庶民が白米を食べるようになったのは江戸時代頃で、農村部でも白米を食べるようになったのは明治以降になってからです。

ご飯の栄養素

ご飯のもとである米は世界の三大穀物の1つで、日本人の主食として欠かせない栄養素を含んだ食材です。ご飯には体と脳を活発にさせるエネルギーになる炭水化物、体の細胞を作る脂質・皮膚や内臓などを作るたんぱく質・歯や骨を作るカルシウム・皮膚や骨格の成長にかかせない亜鉛など、体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

ご飯の種類

普段食べる主なお米は白米と玄米になります。いつも食べている白いご飯は精白米といい、精米する前のお米が玄米になります。精米とは玄米からぬかや胚芽を取り除くことで、精米する度合いによって呼び名が変わることがあります。その他にも玄米を少し発芽させた発芽玄米や、黒米や赤米などの古代米があります。古代米は雑穀米の中に入れて食べることが多くなってます。

美味しいご飯の炊き方

おいしくご飯を炊く方法を知っていると、毎日のご飯をさらにおいしく食べられます。まず計量をきっちりとして、米を研ぐ前にさっと洗い先に容器に水をはってから米を入れて、流水を使って手でかき混ぜて洗います。濁った水を捨てて、古米の場合は米粒と米粒をするように研いでいきます。新米の場合は円を描くように軽く研ぐのがコツです。研ぎ終わったらすすいで1時間ほど浸水させ、ざるに上げて水切りして分量の水を入れて炊飯します。

ご飯の保存方法

余ったご飯を保存する方法は、冷蔵保存か冷凍保存になります。冷蔵保存をする場合は、冷ましたご飯をラップにくるむか密封容器に入れて2日間のうちに使いましょう。冷凍保存する場合は、ご飯が熱いうちにラップにくるむか、ジップロックなどの保存袋に入れて平らにして保存します。3週間を目安に考えて使い切るようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ご飯の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

ご飯を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

日本人が毎日食べる食材として食卓にかかせないのが「ご飯」。おかずと一緒に食べる以外にも、丼ものや雑炊、チャーハンなどご飯が主役のレシピもたくさんあるのが特徴です。おにぎりにすると手軽に持ち運びでき、お弁当にかかせない食材になっています。少しアレンジするだけで、色々な風味を楽しめて創作料理を楽しめるのもご飯の魅力です。米はタンパク質・脂肪・ビタミンB1・ビタミンE・でんぷんなどの、たくさんの栄養素が含まれている栄養バランスのいい食材で、日本人の栄養の源として欠かせません。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

日本人の毎日の食事で欠かせないのがご飯です。ご飯はおかずと一緒に食べる以外にも、具材をご飯の上にのせる丼物、雑炊、チャーハン、炊き込みご飯、ドリアなど和食・洋食・中華などジャンルを問わずに色々とアレンジが効く食材です。丼物だと天丼・うな丼・親子丼・かつ丼などさまざまな種類があり、その他にも自分の具材を好きなようにのせて楽しむことができ、その組み合わせは無限大とも言えます。色々な料理に使えて楽しめるご飯には、人間に必要な栄養素が豊富に含まれています。ご飯には多くの炭水化物が含まれ、体と脳を活発にさせます。その他にも体のエネルギーになる脂質や、たんぱく質・亜鉛・鉄分・カルシウムなど、体に必要な栄養素がたくさん含まれているので毎日バランスよく食べていきましょう。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

日本人の主食と言えばご飯で、朝昼晩に欠かせない食材です。日本人のご飯に対する思い入れは他のアジア諸国に比べると強く、品質や味にこだわった数多くのブランド米が存在します。ご飯は漬物やおかずと一緒に食べるだけでなく、ご飯の上に好きな具材をのせて丼物したり、握っておにぎりにするなど様々な料理に使われます。和食だけでなくリゾットやドリアなどの洋食にも使われ、チャーハンやオムライス、炊き込みご飯などご飯に味を付けるレシピも人気があります。ご飯には多くの炭水化物が含まれ、体と脳を活発させるエネルギーになります。その他にも体のエネルギーになる脂質や、たんぱく質・亜鉛・鉄分・カルシウムなど、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

ご飯は私たち日本人にとって大変身近な食材と言えます。ご飯は炭水化物が多く含まれているという印象がありますが、炭水化物の他にたんぱく質、脂質、ビタミンB1、食物繊維、亜鉛、鉄分、カルシウム等の栄養も含まれています。しかし、ご飯だけでは栄養が偏りますので他の食材と組み合わせてバランスよく摂取することが重要です。ご飯を炊く際は素早く洗うことがポイントです。3、4回すすいで水に濁りがなくなったら炊飯器で炊きます。余ったご飯をリメイクして料理のバリエーションを増やしましょう。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

ご飯を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

ご飯は太りやすいというイメージがありますが、ヘルシーな食材ですのでダイエットにもおすすめの食材です。お肉や魚、野菜などとの相性がよく、これらと組み合わせることで栄養バランスのとれた健康的なメニューになります。ご飯には炭水化物、たんぱく質、ビタミン等の栄養が豊富に含まれています。最も多く含まれているのは炭水化物です。人間には欠かすことができない力の源となるエネルギーが含まれています。ご飯は主には炊くのが一般的ですが蒸すレシピもあります。ご飯はおやつにも使用することができます。様々なレシピがありますので紹介します。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

日本人になくてはならない主食がご飯。ご飯は米を炊いたもので、稲作は日本では縄文時代中期から行われ始め、主食として長い間日本人を支えてきた大切な食材です。昔から多くの品種改良が行われ、日本を代表するブランド米が多数存在します。米はタンパク質・脂肪・ビタミンB1・ビタミンE・でんぷんなどの、たくさんの栄養素が含まれている栄養バランスのいい食材です。おかずと一緒にご飯を食べるのはもちろん、ご飯の上に具材をのせた丼ものや、具材と炒めるチャーハン、調味料と一緒に炊く炊き込みご飯などアレンジが色々効くのも魅力です。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

日本人に欠かせない大切な主食がご飯です。稲作の歴史は古く縄文時代から始まったと言われ、長い間日本人を支えてきた食材です。ご飯はおかずやお漬物と一緒に食べるだけでもおいしいですが、握っておにぎりにしたり具材をのせて丼物にするなどさまざまな調理法があります。おにぎりや丼物は中の具材やのせる食材をかえるだけで、色々とアレンジができるのも魅力です。和食だけでなくリゾットやドリアなの洋風のレシピにもよく合います。ご飯には多くの炭水化物が含まれ、体と脳を活発させるエネルギーになります。その他にもたんぱく質・脂質・亜鉛・鉄分・カルシウムなど、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

ご飯を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

時間のないときや、簡単に食事を済ませたいときなど、ワンプレートで済ませられるご飯料理がお手軽ですね。残ったご飯や冷凍ご飯を利用すれば、お金も抑えられて節約にもなります。残り物を利用した炒飯でも、バターしょうゆやキムチなど、味を変えれば飽きずに味わえます。野菜や納豆をご飯と炒めてヘルシーに、鯛やさば缶、大葉と合わせて和風に、子どもが食べやすいように焼きおにぎりに、などご飯を使ったレシピは豊富にあります。ガパオライスやタコライスといった変わりどころも意外と簡単にできるのでおすすめですよ。おかずがなくても、トッピングを増やせば見た目も豪華で食べごたえもアップで、大満足です。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

ご飯は我々日本人には欠かすことができない主食となる食材です。炭水化物が主成分であり、脳の細胞を活発化させる働きや、動脈硬化の抑制効果があるアミノ酸の一種のギャバを含んでいます。主食として食べる他に野菜などと組み合わせてライスサラダとして食べる方法があります。ご飯だけだと栄養が偏ってしまいがちですが野菜などと組み合わせて作るライスサラダは栄養バランスが整っているのでおすすめです。ライスサラダには野菜の他に肉類を組み合わせて作るレシピもあるので、ボリュームがあり大変人気があるので試してみてください。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

日本人にかかせない食材であるご飯。ご飯にはさまざまな種類がありますが、このレシピでは主に白米を使用しています。太りやすいと思われているご飯ですが、実は野菜、魚、海藻、などとバランスよく食べれば、ダイエットに役に立つヘルシーな食べ物です。またご飯にはビタミンB1、ビタミンB2マグネシウム、鉄分、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。そんなご飯は、おかずと食べるのもよいですが、丼物、チャーハン、ドリア、おにぎりにしたりと、さまざまな調理方法があります。どれもいろいろな食材を合わせて作れるので、チャレンジしてみてください。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

縄文時代から約3000年間以上日本で食べられている、日本人の主食がご飯です。庶民が白米を食べるようになったのは明治以降ですが、はるか昔から稲作がされ日本人になくてならない食材として食べられてきました。具材をのせた丼物、具材を入れて握るおにぎり、具材を混ぜて炒めるチャーハンなど、さまざまな種類があり飽きることなく食べられるのも魅力です。色々な組み合わせを楽しめて、創作料理にも向いている食材です。ご飯の主な栄誉素は炭水化物で、お茶碗一杯分のご飯150g中に57.1gの炭水化物が含まれていて体と脳を活発させるエネルギーになります。その他には必須ミネラルの亜鉛・鉄・カルシウムなどの栄養素が含まれているので、適量を毎日食べることで栄養バランスを保つことができます。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

ご飯を使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

最近は朝食や昼食にパンを食べる方も増えていますが、やはり日本人の主食と言えばご飯です。日本人はお米に対する思いれが強く、品質と味にこだわったブランド米がたくさんあり多国に比べると米の品質はとても高いと言えます。ご飯はおかずと一緒に食べる以外にも、チャーハン・丼物・おにぎり・寿司などさまざまな料理に使えてアレンジを楽しめる食材です。和食以外にもリゾットなどの洋風のレシピにも使えて、風邪を引いたときにはお粥やおじや、といった具合に色々な味わいを楽しめます。ご飯は体と脳を活発させるエネルギーになる炭水化物が豊富で、その他にも亜鉛・鉄分・カルシウムなどのミネラル類やたんぱく質などを含んでいます。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

日本人の主食と言えばご飯で、毎日の食事に欠かせない食材です。稲作の歴史は古く縄文時代から始まったと言われており、精米された白米を食べるられるようになったのは明治以降になってからです。ご飯はおかずと一緒に食べる以外にも、おにぎりにしたり好きな具材に入れて丼物にするなど、色々とアレンジが効きます。和食以外にも西洋の食材と合わせてリゾットにするなど、和食にとどまらずさまざまな料理に使えるのも魅力です。ご飯には体と脳を活発させるエネルギーになる炭水化物が豊富で、その他にも亜鉛や鉄分などのミネラル類やたんぱく質など体に必要な栄養素を含んでいます。品質と味にこだわったブランド米も数多くあるので、色々と試してみるのもいいですね。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

日本人の主食「ご飯」。そのまま食べる以外にも、丼ものにしたり、炒飯や雑炊にしたりとさまざまな食べ方があります。時間のないときや一人でランチを済ませたいときなど、ご飯を工夫して短時間で作れるレシピが重宝しますね。ご飯だけの料理に飽きてしまったときは、麺と組み合わせた料理もおすすめです。焼きそば麺と合わせて作るそばめしは、アレンジがよく効き、レシピの幅も広がります。焼きそば麺以外にも、うどん麺と組み合わせれば食べごたえもアップして、食感の違いを楽しめます。炭水化物の組み合わせはカロリー取りすぎに要注意ですが、カロリーのあるものを食べたいときや、育ち盛りの食欲旺盛な子どもにはおすすめですよ。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

ご飯を使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

日本人の食事の中心的存在であるご飯。おかずの味を引き立てたり、おかずがご飯の味を引き立ててくれることもありますよね。また、調理の方法も様々で、揚げたり、おかゆにしたり、すりつぶしておはぎなどの甘味にするなど、バリエーションも豊富にあるので飽きることなく食べられるところが嬉しいですよね。そんなご飯ですが、炊く前のお米の種類がとても豊富で、その種類によって味わいも変わってきます。味の濃淡があり、コシヒカリやあきたこまち、ゆめぴりかは濃くて甘みが強いのが特徴ですので、料理に合わせてお米を変えてみるのもおすすめです。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

日本人の主食として欠かせないご飯。ご飯の主成分はでんぷん(糖質)で食品の中で消化吸収率が最も高く、タンパク質や脂質に比べ早くエネルギーを作り出せるので脳やカラダの活動を支える重要な栄養源なんです。糖質をエネルギーに変えるにはビタミンB1が不可欠で、豊富に含む豚肉や大豆なども合わせて摂取すると、疲労回復を助けたり精神を安定させて集中力の維持にも役立ちます。ご飯には糖質の他にも成長を助けてくれる必須アミノ酸やビタミン・ミネラルもバランスよく含み成長期の子供のお弁当に最適です。紹介するお弁当レシピでは、見た目も楽しいおにぎりのアイデアレシピやお寿司レシピ、豚肉を使ったおかずを合わせたレシピなど子供から大人まで喜ぶレシピが満載です。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ご飯を使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

ご飯は日本人にとって重要な主食です。私たちが普段食べている米は、うるち米の玄米を削り、ぬかや胚芽などを取り除いて精白したものです。精白米の主成分はでんぷん(糖質)で消化吸収率が98%と食品の中で一番高く、脳や体の活動を支える貴重な糖質の供給源なんです。でんぷんの他にも、体の成長をサポートしてくれる必須アミノ酸やビタミンB2、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどをバランスよく含んでいるので成長の著しい子供にも欠かせません。ご飯の糖質をエネルギーとして利用するにはビタミンB1が必要で、豊富に含まれている豚肉や豆類などを一緒に摂取することが大切です。健康食として人気の玄米は離乳食期の子供には繊維が多く消化に負担がかかるため、消化の良い精白米を使いましょう。 この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

ご飯をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社