キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ラディッシュをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ラディッシュはコロンとした見た目が可愛らしく、鮮やかな赤色が料理に彩を加えます。アブラナ科ダイコン属の植物で、日本には明治時代に伝わりました。見た目がかぶに似ていますが、大根の仲間で日本では二十日大根と呼ばれています。大根の中でも最も小さく、生のまま使われることが多いです。生の場合はサラダや甘酢漬けによく使われ、炒め物などにも使われます。外は赤色、中は白色のメリハリのある色合いが、料理に彩を加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてラディッシュのレシピを紹介しています。ラディッシュを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ラディッシュの栄養素

ラディッシュはビタミンCが豊富で、メラニンの生成を抑制し日焼けの防止や、しみ・そばかすを防ぐ働きがあり、女性にとってうれしい野菜です。免疫力を高め風邪を予防する効果もあります。大根にも含まれるジアスターゼ がラディッシュにも含まれ、消化を助けて胃もたれなどに効果を発揮します。葉の部分は緑黄色野菜になるため、抗酸化作用のあるβカロテンが豊富です。βカロテンはガン・心筋梗塞・動脈硬化などを予防する働きがあります。

ラディッシュの旬

ラディッシュは冬を除いた季節に栽培収穫できる野菜です。主に3~6月、10~11月が旬になっていて、この時期に最盛期を迎えます。ラディッシュは栽培期間がとても短く、植えてから約20日で収穫できることから二十日大根と呼ばれるようになりました。家庭菜園にも向いていてベランダのプランターでも栽培でき、すぐに収穫できるのでぜひご家庭でラディッシュを栽培してみてはどうでしょうか。

ラディッシュの産地

ラディッシュの産地は全国で約500~750トンになっており、生産量のトップは愛知県で全体の約半分以上を占めています。愛知県豊橋市の大村地区での生産が盛んで、福岡県や北海道も上位を占めています。ラディッシュは高温に弱いため、愛知県の栽培農家では遮光対策や換気を徹底したこだわりのハウスで栽培しています。夏場は発砲スチロールで冷蔵輸送を実施するなど、品質保持に努めています。

ラディッシュの選び方

ラディッシュはほとんどの場合葉つきで売られており、葉がピンとしてハリがありみずみずしいものを選びます。葉が乾燥してしなびたり変色しているものは買わないようにしましょう。小さいものは葉が柔らかく、サラダなどの生食に使うのがおすすめです。根の部分がきれいな濃い赤色で、できるだけきれいな球形のものがおすすめです。多少ゆがんだり凹みがあって味に影響はありませんが、サラダなどでおしゃれに使いたい時は、きれいな形の方が見栄えがいいですね。

ラディッシュ保存方法

ラディッシュの葉と細いひげ根が付いたままだと、栄養素を吸収して伸びてしまうため購入したらすぐに葉とひげをカットします。濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んで、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。1週間ほど保存できますが、ラディッシュは新鮮なうちに食べることでシャキシャキの食感を楽しめるので、できるだけ早く使い切りましょう。赤い根の部分は冷凍保存に向いていませんが、葉の部分は冷凍できます。葉を下茹でして水気を切って、ラップで包んで保存袋に入れて冷凍します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ラディッシュの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ラディッシュの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ラディッシュの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ラディッシュの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ラディッシュの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ラディッシュをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社