キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

かぼちゃをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

かぼちゃな和食から洋食まで、幅広い料理に使える野菜です。煮物・揚げ物・蒸し物・炒め物などさまざまな調理法に適していて、色々とアレンジが効いてさまざまなレシピを楽しめます。ほどよい甘味があるため子供に食べやすく、離乳食にも人気のある野菜です。栄養価が高く好き嫌いも分かれにくいので、野菜嫌いな子供にも食べやすいですね。丸ごと一個だと長く保存できるので、家にぜひ常備しておきたい野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてかぼちゃのレシピを紹介しています。かぼちゃを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

かぼちゃの栄養素

かぼちゃは緑黄色野菜で、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCなどのビタミン類を多く含んでいます。抗発ガン作用や免疫賦活作用があるβカロテン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、便秘解消に効果のある食物繊維など、体に必要な栄養素を多く含んでいる、栄養価の高い野菜です。ビタミンCとビタミンEは抗酸化ビタミンと言われているため、アンチエイジングの効果も期待できる女性にとってうれしい野菜なので、ぜひ料理に取り入れたいですね。

かぼちゃ産地

かぼちゃの生産量は2015年の統計では1位が北海道、2位が鹿児島県、3位が茨技研になっています。次いで長野県、長崎県、千葉県が多くなっていますが、北海道が生産量の約半分を占めています。かぼちゃの原産は南北アメリカ大陸とされており、海外の生産地は中国、インド、アフリカなどで、輸入物の南瓜は春の時期はニュージーランド、冬はメキシコ産が多くなっています。

かぼちゃ旬

! /image/〇〇
かぼちゃの旬は夏~初秋にかけてですが、かぼちゃは長い間保存でき完熟させたものを冬至に食べると、でんぷんが糖分に変わっておいしく食べられると言われています。一般的な南瓜は7~8月に収穫され、黒皮南瓜は10~1月に収穫されます。輸入物も多いため1年を通じて簡単に手に入りますが、冬至のころのものは甘みがあってとてもおいしいと言われています。ぜひ冬至の時期にホクホクの温かい南瓜料理を作ってみてはどうでしょうか。

かぼちゃの選び方

おいしいかぼちゃを選ぶには、丸ごと1個の場合は濃い緑色で緑色がずっしりと重みのあるもので、皮がごつごつしているものがおすすめです。形がきれいに整っているものを選び、へたの部分が乾燥していてまわりがくぼんでひびが張っているものは完熟している証拠なのでチェックしてください。カットしている場合は、肉厚で色が色味が濃く鮮やかなで色で、種の部分がしっかりと熟しているものがおすすめです。

かぼちゃ保存方法

丸ごと一個のかぼちゃは、風通しのよい涼しいところに保存すると1~2ヶ月保存ができます。カットしてあるものは種とワタの部分から傷むので、きれいに取り除いてラップにくるみ、冷蔵庫の野菜室で保存して1週間を目安に使い切りましょう。冷凍保存する場合は、食べやすいサイズにカットしてジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いて冷凍庫に入れます。茹でたかぼちゃを熱いうちに潰して、ラップにきれいに包んでジップロックに入れて冷凍することもできます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

かぼちゃの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

かぼちゃの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

かぼちゃの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

かぼちゃの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

かぼちゃの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

かぼちゃをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社