キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

かぼちゃの記事一覧

キッチンブックの「かぼちゃ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    夏から秋に旬を迎えるかぼちゃ。昔から「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれているように、かぼちゃには栄養が豊富です。特にβ-カロテンを多く含み、ビタミンCやビタミンE、食物繊維なども多く含んでいます。β-カロテンは皮の部分に多く含まれているので、皮をむく場合は、部分的にむいたり薄くむいたりして一緒に食べるのがおすすめです。かぼちゃは完熟するほど甘みが強くなります。完熟したかぼちゃはヘタが乾いているのが特徴です。ずっしりと重く、カットしてある場合は、色が鮮やかなものを選びます。皮がかたいかぼちゃはレンジで加熱して、やわらかくしてから切ると切りやすくなりますよ。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    かぼちゃはほどよい甘味があり、子供が好きな野菜としてよく上げられます。煮物・揚げ物・蒸し物・炒め物などによく使われ、茹でると食べやすく栄養価も高いため離乳食でも人気の食材です。普通のおかず以外にもパンプキンパイやマフィンなどのお菓子にもよく使われ、丸ごと一個だと長く保存できるのも魅力です。かぼちゃは緑黄色野菜を代表する一つで、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCなどのビタミン類を多く含んでいます。その他にも抗酸化作用のあるβカロテン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、食物繊維など体に必要な栄養素を多く含んでいてぜひ積極的に料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    現在の私たちの食卓に馴染み深いかぼちゃは「西洋カボチャ」で、国産品、輸入品ともに一年中出回っています。ホクホクとして甘みが強く、焼き物、煮物、揚げ物、スープ、スイーツなど多様にアレンジが可能です。βカロテン、ビタミンE、ビタミンCを多く含み、これら3つの栄養が働き合って免疫力強化、老化予防、生活習慣予防などの健康効果に期待されています。皮には果肉以上にカロテンを多く含むため積極的に取り入れましょう。かぼちゃの種にも果肉よりも多くのカロテンを含み漢方として使われていますよ。かぼちゃが完熟しているかはヘタの部分を見て、コルクのように枯れて乾燥していたら食べ頃の合図です。皮に艶があって重みのあるものを選んでくださいね。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

    秋冬に美味しいかぼちゃは、ビタミンや食物繊維が豊富で、健康と美容によい食材です。かぼちゃは特に女性に人気がありますが、レシピもたくさんあり、お弁当にも向いている食材です。お弁当箱の中がオレンジ色で華やかになります。かぼちゃを積極的にレシピに活用して、健康で美しくなりましょう。中にはかぼちゃの煮物が苦手という人もいると思います。レシピは色々あるので、苦手な人は克服してしまいましょう。かぼちゃ好きの人はもっともっとかぼちゃ好きになること請け合いです。冷凍のかぼちゃなど手軽な商品もありますから、調理にも苦手意識を持たないようにしましょう。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    かぼちゃの旬は7〜12月で、10月頃に1番多く出回ります。ハロウィンの飾りとしてもよく使われる10月が1番甘くて美味しい季節です。かぼちゃはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンが豊富な食材です。ペースト状にすればスープになり、荒くつぶせばねっとりとした食感になり、煮たり焼いたりすればホクホクとした食感になり、さまざまな食感が楽しめる食材です。また、甘くて美味しいかぼちゃを見分ける特徴として、へたがよく乾燥している、へたの周りが凹んでいる、縦模様がはっきりしている、などがあります。カットされて売られているかぼちゃは種とわたがふっくらしているものを選ぶのがオススメです。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    スイーツからおかず、スープまで、さまざまなレシピがあるかぼちゃ。やさしい甘みがあり、加熱するとホクホクした食感が楽しめます。そんなかぼちゃは、うどんやパスタ、そうめんなどの麺類とも相性が良いため、かぼちゃを使った麺レシピはたくさんあります。かぼちゃにはビタミンやβカロテンが豊富に含まれているため、アンチエイジング効果も期待できるのがポイントです。また、食物繊維も多く含まれていて、便秘の解消に役立つとされています。そんなかぼちゃを麺類と合わせたレシピなら、栄養バランスが良くなり、食べ応えもアップするでしょう。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    緑黄色野菜の中でも代表的なかぼちゃ。収穫される時期は夏から初秋で、2ヵ月から3ヵ月間貯蔵された秋から冬が国産のかぼちゃの旬です。輸入物の旬が国産とは時期がずれることもあり、1年中スーパーなどで並んでいます。かぼちゃにはβカロテンやビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カリウムなどの栄養が豊富に含まれています。また水溶性の他不溶性食物繊維も豊富に含まれているので便秘の予防にもなるのです。βカロテンやビタミンEは油と一緒に摂取すると、吸収率が高くなるので、かぼちゃはフライ料理におすすめの食材です。かぼちゃを購入する時は表面にツヤがあり、きれいに左右が対称に丸くなっているものを選んでください。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ホクホクして甘くておいしいかぼちゃは煮物やサラダ、スープやお菓子など幅広い料理に活用できます。鮮やかな黄色はβ-カロテンによるもので体の老化を防ぐ抗酸化作用があるほか、体内でビタミンAとなり皮膚や粘膜を強くして免疫力を高め、かぜなどの感染症の予防に効果的です。同じく抗酸化作用をもつビタミンC・Eも豊富でβ-カロテンとの相乗効果でアンチエイジングや美肌効果、がんや生活習慣病の予防なども期待できます。かぼちゃのサラダは甘くて食べやすいので子供でもたっぷり栄養が摂取できますよ。マッシュ状のサラダにしたい場合は加熱後熱いうちにつぶす事で滑らかな食感になります。加熱すれば冷凍保存ができるので、サラダを小分けにして冷凍すればお弁当のおかずにも便利です。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    自然な甘みとホクホクとした食べ応えが人気のかぼちゃ。煮物や炒め物などじっくり加熱する調理に向くほか、スイーツやポタージュの材料としても重宝されています。冬至に食べる風習が有名ですが、国産かぼちゃの本来の収穫時期は、実は夏~秋にかけて。2~3ヶ月保存することででんぷんが糖に変わり、冬場には甘くて美味しい状態になるのです。メキシコやニュージーランドからの輸入物も出回っているため、一年を通して良い状態のものが手に入りやすいのが嬉しいですね。緑黄色野菜であるかぼちゃにはβカロテンが豊富に含まれており、ビタミン・カリウム・食物繊維などにも富んでいるため、風邪予防やアンチエイジングの効果が期待できます。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    野菜の中でも抜群な甘みが特徴なかぼちゃは年齢問わず人気の野菜です。国産のかぼちゃは夏から秋にかけて旬を迎えますが、現在は海外からの輸入によって一年を通して店頭に並んでいます。かぼちゃはβ-カロテンを豊富に含むため、油と合わせて調理することで吸収率が高まり、食べ応え抜群で腹持ちもいいためおやつとして取り入れてもおすすめです。購入するときは、その場合は種が大きく密集していて隙間がなく、濃い黄色やオレンジ色の鮮やかなものを選んでくださいね。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    自然な甘みで特に女性や子供にも人気のかぼちゃ。かぼちゃの黄色い色素にはβ-カロテンやビタミンなど豊富な栄養が含まれ、美肌、アンチエイジング、風邪予防など私たちの健康維持に嬉しい効果を揃えています。また食物繊維も豊富に含まれるため腸内環境を整えてくれてデトックス効果も期待できます。甘みがある分、糖質やカロリーは野菜の中では高めですが、蒸すことによりかぼちゃ本来の甘みを楽しむことができるので、調味料を多く使わずに美味しく活用することができます。蒸し料理は油も使わないのでカロリーを抑えられる点でも嬉しいですね。ダイエット中に甘いものが食べたくなったら、自然の甘さのかぼちゃを上手にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    江戸時代から「冬至にかぼちゃを食べると病気にならない」と言われるほど栄養価の高いかぼちゃは、夏から初秋にかけて収穫され、2〜3ヶ月貯蔵した頃が食べ頃です。今でこそ通年野菜は食べられますが、当時は秋を過ぎると野菜が少なくなってしまうことから、長期保存できて、栄養のあるかぼちゃを冬至に食べて冬を乗り越えようという知恵から冬至=かぼちゃという由来になりました。抵抗力を高めるβカロテンやビタミン類が豊富に含まれるため、病気になりにくいと言われるのも納得ですね。程よい甘さは小さな子供からも愛され、離乳食を始めたばかりでも使われる野菜です。家族みんなで食べて、寒い季節を元気に乗り越えましょう。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    甘いかぼちゃはおかずとしてだけでなく、おやつにも使われる身近な野菜です。保存がきき、アレンジもしやすい食材として人気があります。1年中購入できる野菜ですが、旬である時期は7~12月ですが、ハロウィンのある10月には特に注目される食材といえるでしょう。採れたてのかぼちゃはまだ甘みが弱いので、購入するときはヘタが乾燥していて縦線が入っているもの、ヘタの周りがへこんでいるものを選びましょう。熟したかぼちゃの目じるしです。焼いても煮ても揚げてもおいしいかぼちゃはアレンジもしやすいのでレシピも豊富にあります。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほっこり甘い♡【かぼちゃを使ったヘルシーレシピ】おすすめの作り方厳選20選

    スーパーで安く調達できるかぼちゃは家計にも優しく栄養満点です。食物繊維が豊富で腹持ちも良く、ダイエット中の食事メニューに取り入れるにはぴったりのヘルシー素材。煮込み、デザート、スープなど幅広く料理に活用できるので便利な食材でもあります。作り方やレシピもとっても簡単ですよ。 この記事では、かぼちゃの効果や栄養に加え、ヘルシーなかぼちゃのおすすめレシピをおかず・サラダ・お菓子にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • コラーゲン不足解消に効果アリ♡かぼちゃスムージーのレシピ

    日本にかぼちゃが伝わったのは16世紀ごろ。原産地は南米ですが、カンボジア産と伝えられたため、カンボジアがなまってかぼちゃと言われるようになりました。いまやかぼちゃは和食にスイーツにと、多くのレシピを持ちます。そしてペースト状にしやすいことから、スムージーの材料としても人気。また、ダイエット効果が期待できる作り方もあります。 この記事では、かぼちゃのダイエット効果や栄養に加え、フルーツベースのかぼちゃスムージー、野菜ベースのかぼちゃスムージー、かぼちゃのスイーツスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃの人気レシピまとめ:おかずからデザートまで紹介

    優しい甘さとホクホクした触感で、子どもから大人まで人気のかぼちゃ。 おかずにはもちろん、おやつにもなじみが深い野菜。水分が多く、甘味が少ない日本かぼちゃと、加熱するとホクホクした食感で甘みの多い西洋かぼちゃに分けられますが、現在は西洋かぼちゃが主流になっています。 収穫されるのは夏から初秋ですが、3ヶ月前後ねかせて甘みを引き出してからのほうが食べごろと言われています。素材そのままの美味しさを生かすのも良し、手をしっかり加えても良し、いろいろな料理やおやつに使用して美味しく食べることができるので、そのレシピは無限大。 今回は、そんなかぼちゃの簡単レシピをカテゴリー別に紹介します。

広告

運営会社