キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

むかごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

むかごはあまり聞きなれない名前ですが、ヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことです。やまのいもや長芋の仲間になり、量がそれほど採れないためスーパーなどでもあまり見かけません。むかごは種と同じ働きをして、土に埋めておくと芽が出てくる特徴があります。むかごは濃い茶色をしたコロンとした小粒が可愛らしく、炊き込みご飯や汁物、炒め物などに使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてむかごのレシピを紹介しています。むかごを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

むかごの栄養素

むかごには成長ホルモンの合成を促進するアルギニンが含まれ、アミラーゼなどの酵素も豊富に含みでんぷんの消化を助ける働きがあります。酸素を運ぶヘモグロビンに鉄分を渡す大切な役目があり、鉄分の吸収を促すため貧血を予防する作用があります。むかごに含まれる粘り成分はガラクタンやマンナンと呼ばれ、新陳代謝を促進して老化防止にも効果を発揮します。その他にもカルシウム・リン・カリウム・銅・葉酸・食物繊維などのミネラル類も豊富です。

むかごの旬

むかごは9月下旬~11月にかけてが収穫時期になりますが、10月~11月頃が一番の旬と言えるでしょう。この時期のむかごは葉が黄色くなり、完熟を迎えます。実が付き始めの若いころよりも完熟期の10月頃が栄養も豊富で、味もおいしくなるのでおすすめです。山芋や長芋と旬が同じ時期なので、この時期になったらむかごが店頭に並んでいるかチェックしましょう。

むかごの産地

! /image/〇〇
むかごは山芋や長芋の蔓に出来る実なので、必然的に山芋や長芋の産地が多い地域がむかごの産地になります。産地として知られるのは北海度・青森県・長野県・群馬県で、寒い地域での栽培が多くなっています。むかごは種のように植えると芽を出して栽培できるため、家庭でむかごを栽培してみるのもいいですね。

むかごの選び方

むかごは皮が薄く乾燥しやすいため、シワがなくツヤのあるものを選びましょう。皮にハリがありふっくらとして、粒のそろったものがおすすめです。乾燥が進んでシワがあるものは収穫してから時間が経っており、新鮮さに欠けます。触ったときにつやっとした感じで色味のいいものを選び、カビが生えたものは避けてください。

むかごの保存方法

むかごは乾燥しやすいため、濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。常温保存は向かず、カビが生える原因になるので冷蔵庫に必ず入れましょう。冷蔵でも長くは保存できないので、長く保存したい場合は冷凍保存もおすすめです。むかごを洗って水気を拭いて、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍庫に保存します。使う時は凍ったままで使えますよ。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

むかごの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

むかごの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

むかごの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

むかごの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

むかごの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

むかごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社