キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

むかごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

むかごはあまり聞きなれない名前ですが、ヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことです。やまのいもや長芋の仲間になり、量がそれほど採れないためスーパーなどでもあまり見かけません。むかごは種と同じ働きをして、土に埋めておくと芽が出てくる特徴があります。むかごは濃い茶色をしたコロンとした小粒が可愛らしく、炊き込みご飯や汁物、炒め物などに使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてむかごのレシピを紹介しています。むかごを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのむかごを使った人気レシピ10選!食材を賢く料理

    秋に旬を迎えるむかご(零余子)はヤマノイモ属の蔓になる肉芽であり、古くは平家物語にも記されています。主な産地に北海道や青森県が挙げられますが、スーパーでは余り見かけることはありません。むかごの一般的な食べ方には、米と一緒に炊飯したり、炒め物や揚げ物にしたりといった調理のバリエーションがあります。むかごに含まれる栄養素は、エネルギー生産などに関わる炭水化物・たんぱく質・脂質の他にビタミンやミネラルも含んでいます。またむかごに含まれるガラクタンやマンナンなどの粘り成分には、新陳代謝を促進する作用や老化予防の効果があると考えられています。むかごは乾燥を嫌う食品なので、保存する際は水で濡らしたペーパーなどで包み、袋に入れて冷蔵庫へ入れてください。この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使ったおすすめ定番料理10選

    むかごはヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことで山芋や長芋の仲間で、種と同じ働きをして土に埋めておくと芽が出てきます。9月~11月の秋が旬で、北海道が産地として知られています。コロンとした丸い形が可愛らしく、つやのあるこげ茶色が料理に使うとアクセントになります。炊き込みご飯・汁物・炒め物などに使われ、シンプルにバターと塩で炒めるとビールのおつまみにぴったりです。むかごは銅を豊富に含み、酸素を運ぶヘモグロビンに鉄分を渡す大切な役目があり貧血を予防する効果があるので貧血気味の方におすすめです。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを含み、むくみを防止してくれます。季節の秋に旬のむかごを使った料理を作ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのむかごを使った人気レシピ10選

    小粒でコロンと丸い形をしたむかご。ホクホクとして少し粘り気があるのが特徴です。山芋や長芋などの肉芽のことで、葉の付け根部分にできる野菜です。北海道、青森、長野などで栽培されていて、11月ごろに旬を迎えます。秋の季語にもなっていて、漢字では「零余子」と書きます。むかごの主な栄養素は、カリウム、カルシウム、葉酸、食物繊維などです。カリウムは疲労回復効果や利尿作用があり、むくみの解消にも効果的です。葉酸は胎児の先天性異常を予防する効果があるため、妊娠中の女性は積極的に取ると良いと言われています。ほかにも、鉄分の吸収を助けたり、コラーゲンの生成を助けたりする銅も豊富に含まれています。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのむかごを使った人気レシピ10選

    山の幸として昔から親しまれてきたむかご。むかごは自然薯や長芋のつるになる肉芽で、秋から冬にかけて旬を迎えます。むかごには消化をサポートするアミラーゼが豊富で、体にやさしい食材です。粘り成分であるマナンやガラクタンには、高血圧の改善や、アンチエイジングの効果があります。また、生殖能力を高める働きがあるアルギニンも含まれており、山のうなぎとも呼ばれています。むかごは、炒めたり煮たり揚げたりとさまざまな料理で楽しめます。特に蒸し料理では、甘味が増し、むかごのホクホクとした食感が楽しめるのでおすすめです。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ5選

    むかごはヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことで、山の芋や長芋の仲間に属します。濃い茶色の小さい丸みを帯びた形が可愛らしく、9月下旬~11月初旬に旬を迎えます。炊き込みご飯・汁物・炒め物などに使われ、ホクホクとした食感が特徴です。北海道・長野・青森など寒い地域での栽培量が多くなっています。保存する場合は常温保存だとシワになりやすいため、乾燥を防ぐためにキッチンペーパーに水分をふくませてむかごをくるんで冷蔵保存するのがおすすめです。むかごをもらったけれどどうやって使っていいか分からないという方は、むかごとご飯を一緒に炊いて炊き込みご飯にしたり他の具材と合わせてかき揚げにするのもおすすめです。シンプルに塩茹でするだけでもおいしく食べられ、ビールのおつまみにもぴったりですよ。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    秋が旬のむかご。むかごは、ナガイモや自然薯などのヤマノイモ属のつるになる肉芽で、昔から山の幸として親しまれてきました。むかごには、でんぷんの消化酵素であるアミラーゼが豊富で、消化機能をサポートする働きがあります。また、生殖能力を高める効果があるアルギニンという成分が豊富で、山のうなぎとも呼ばれています。むかごの粘り成分には、細胞の増殖能力を高める働きや、新陳代謝をサポートする働きがあり、アンチエイジングや美肌にも効果があります。むかごの皮は加熱するとやわらかくなるので、皮をむかずにそのまま調理ができ、忙しい日にも取り入れやすい食材です。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    むかごは山芋や長芋のツルにできる肉芽のことです。むかごは山芋の種と同じ働きがあり、むかごを土に埋めて山芋を栽培することもあります。むかごは、そのまま塩ゆでしたり、むかごご飯として使われることが多い食材です。現代人に不足しがちなアミラーゼや、疲労回復に効果のあるアルギニンなどが含まれていて、栄養価も高いですよ。保存する時は乾燥しないように湿った新聞紙などで包み、冷蔵庫で保存してくださいね。むかごを目にしたことがないという方も多いと思います。むかごは大型スーパーや、直売所、道の駅などで手に入れることができます。見かけた時はぜひ食べてみてくださいね。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    滋養強壮に効果的な自然薯の葉の付け根にできる球状のものを「むかご(零余子)」と呼び、山芋の栽培に利用する他食材としても利用されます。消化酵素のアミラーゼを含むため、米などのデンプンを含む食材の消化を助けてくれますよ。他にも山芋同様、生殖能力を高める「アルギニン」や粘り成分の「ガラクタン」や「マンナン」などによって新陳代謝の促進や老化防止などにも効果的です。むかごを室温のまま置いておくと乾燥が進み、表面にシワがでてきて、湿った室温におくとカビが生えてしまいます。保存する場合は乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーなどに包んで袋に入れて冷蔵庫で保存してくださいね。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    むかごはヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことで、収穫時期は9月下旬~11月初旬頃で秋が旬になっています。小さくて丸い形が可愛らしく、炊き込みごはんや汁物、炒めておつまみなどにしてよく食べられます。北海道が産地として知られ、全体の約4割近くを占めています。むかごを土に埋めておくと芽が出て、種とを同じような働きをします。むかごに含まれる粘り成分はガラクタンやマンナンで、新陳代謝を促進して老化防止にも効果を発揮しアンチエイジングが期待できます。その他にも成長ホルモンの合成を促進するアルギニン、貧血を予防する作用があるヘモグロビン、カルシウムやカリウムなどのミネラル類も含んでいます。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    むかごはあまり聞きなれない名前ですが、ヤマノイモ やナガイモなどのヤマノイモ属の蔓になる肉芽です。小さくてコロンとした見た目が可愛らしく、種と同じ働きをして土に埋めておくと芽が出てくるのが特徴です。9月下旬~11月初旬頃の秋が旬で、北海道が産地として知られ全体の約4割近くを占めています。むかごは酸素を運ぶヘモグロビンに鉄分を渡す役目がある銅が含まれ、鉄分の吸収を促して貧血を予防する効果があります。成長ホルモンの合成を促進するアルギニンや、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、カルシウム・リン・葉酸などの栄養素が含まれています。むかごを使った料理では、炊き込みごはん・汁物・蒸し物・炒め物などがあります。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    小さくプチっとし、ほくほくとした食感が特徴のむかご。炒め物や煮物、炊き込みご飯など、アレンジが効く食材ですが、長芋や自然薯などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽のことで、秋に長芋やヤマノイモが収穫されるタイミングで一緒に収穫されるので、貴重な山の幸として食用として流通しています。むかごは1つ1つは小さいものの、栄養素は非常に高い食材で、消化酵素であるアミラーゼが豊富に含まれています。また、粘りには新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用があるため、老化防止や肌の若さを保つことにもつながります。常食することで基礎体力が増すとも言われています。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    やまいもの種であるむかご。長芋や自然薯などはむかごから栽培することもあります。むかごはころんとした小さな丸い種で、北海道や青森県を中心に生産されています。あまりポピュラーでではないため、スーパーで見かけることは稀ですが、10月から11月ごろにかけて旬をむかえる野菜です。むかごは加熱するとホクホクとした食感になり、いものようにほのかな甘みがあるのが特徴。炊き込みご飯やかき揚げ、塩ゆでなど、さまざまな料理があります。むかごの主な栄養成分は消化酵素のアミラーゼやアルギニン。消化を助ける働きや強精作用があるため、山のうなぎとも呼ばれるほどです。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    むかごは、山芋の茎や葉の根元部分にできるコロコロとした丸い実を指します。漢字では「零余子」と表記し、別名「山芋の赤ちゃん」とも呼び、地域によっては「ぬかご」とも呼ばれています。栄養成分は山芋と同じで、ビタミン、食物繊維、カリウムなどを含みます。さらに、山芋と同じで「アミラーゼ」と呼ばれる成分を含み、ご飯などに含まれるデンプンを分解して体を動かすエネルギーに変える効果が期待されます。よっ胃腸の負担を軽減させ、食欲不振の改善にも効果的です。むかごは、炊き込みご飯、塩茹で、炒め物、天ぷら、煮物など様々な料理に利用することができます。お好みの料理に加えてアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ5選

    あまり馴染みのないむかごは、旬の10月から11月頃にしか出回らない珍しい食材です。むかごの生産地は北海道や東北ですが、一度にたくさん採れるわけでもなく、長期保存もできないため、貴重な野菜なんですよ。むかごは山芋の赤ちゃんで、山芋の茎や葉の根元にできる小さな丸い芽のことです。むかごは山芋と同じなので、成分も山芋と同じです。大きさは小さいけれど、栄養はたくさん含まれています。むかごにはカリウムがたっぷり含まれ、動脈硬化を予防したり、むくみを改善するはたらきがあります。その他にも食欲不振を改善するアミラーゼや疲労回復に効果があるアルギニンも含まれるため、疲れているときにおすすめの食材です。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    むかごはあまり聞きなれない名前で、どういう野菜なのかよく知らない方もいるのではないでしょうか。むかごはやまのいも属の蔓になる肉芽のことで、やまのいもや長芋の仲間です。9月下旬~11月初旬頃が旬になっていて、北海道が産地で全体の約4割近くを占めています。むかごを土に埋めておくと芽が出てきて種と同じ働きをします。濃い茶色をしたコロコロとした見た目が愛嬌がありますが、体にいい栄養素を含んでいます。むかごは体内の余分なナトリウムや水分を排出すナトリウムが豊富です。その他にも酸素を運ぶヘモグロビンに鉄分を渡す銅が含まれていて、貧血予防に効果ががるとされています。むかごを使ったレシピでは、むかごを入れて一緒に炊くむかごご飯や炒め物などが人気があります。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ3選

    ヤマノイモの肉芽であるむかご。小さいながらもほくほくとした味わいで、おかずやサラダなど様々な方法で調理されています。秋になるとヤマノイモのツルの葉の付け根付近にたくさんつくのが特徴で、1年の中では9月ごろからつき始めます。収穫時期は9月下旬から11月初旬ごろで、食べごろも収穫時期と同じで10月から11月に旬を迎えます。むかごは常温に置いておくと乾燥し、しわがでてしまうため、乾燥しないように湿ったキッチンペーパーなどで包んで冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    ヤマノイモ属の蔓になるむかごの旬は秋です。むかごに含まれる栄養素には、カリウムや食物繊維が多く含まれていることから、女性が悩みがちな浮腫や便秘改善に役立ちます。ホクホクとした食感のむかごは湿気を嫌いますので、湿らせたペーパーでむかごを包んで袋に入れた状態で冷蔵保存するか、洗って水気を切った状態で袋に入れ冷凍保存することをお勧めします。室温でも保存可能ですが、冷蔵や冷凍に比べて保存できる期間が短くなります。この場合、おがくずの中にむかごを埋めた状態で保存くださいね。たくさんのむかごを手に入れることが出来たら、冷凍か冷蔵保存して調理しやすい状態にしておきましょう。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    むかごは長芋や自然薯などの同じくヤマイモ属の食材です。秋になるとヤマノイモのツルの葉の付け根辺りに沢山付き、貴重な山の幸として食用になります。芋と同様に栄養価が高く、消化酵素アミラーゼといわれる消化を助ける働きや、アルギニンなどによる強精効果、老化防止や肌の若さを保つことにつながるたんぱく質が多く含まれています。そんなむかごですが、常温のままにしておくとどんどん乾燥してしわがでてくる上、湿った状態にするとカビが生えてしまうため、保存する際は乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーなどにくるんでから冷蔵庫などに入れておくことをおすすめします。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    むかごは自然薯や長芋の肉芽で少ない量しか取れずスーパーではあまり見かけない食材のひとつです。山芋と同様にむかごの粘り成分には肌の若く保つ働きや老化防止の効果もあるので女性には嬉しい食材です。また消化酵素であるアミラーゼを多く含み消化を助ける作用があります。むかごは乾燥しやすい食材ですので濡らしたキッチンペーパー等に包み袋に入れて冷蔵庫で保存をすると良いでしょう。むかごは皮ごと料理に使います。ホクホクとした食感がおいしいのでぜひ料理にお使いください。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ4選

    秋が旬のむかごは、味にクセがないので、和風や洋風のレシピに使うことができます。ヤマノイモの蔓になるむかごは、食品成分表では野菜類に分類されます。むかごは、皮ごと食べることが出来る野菜です。栄養素は、ビタミン、ミネラル、食物繊維等が含まれています。多く含まれているカリウムは水溶性で主に野菜や果物に多く含まれています。ナトリウムの排出を助ける作用があることから、高血圧予防に効果があるとされています。スープなどで塩分を多く摂る場合、野菜が多めのスープを召し上げると良いですね。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ1選

    むかごはヤマノイモ やナガイモなどの、ヤマノイモ属の蔓になる肉芽です。ムカゴは種と同じ働きをして、土に埋めておくと芽が出てきます。収穫時期は9月下旬~11月初旬頃となっており、10月~11月が食べごろになっています。ころんとした丸い形が可愛らしく、炊き込みごはんや汁物などに使われることが多いです。むかごはカリウムが豊富で、体内の余計な水分や塩分の排出を助ける役割がありむくみ防止に効果があります。その他には銅が豊富に含まれており、酸素を運ぶヘモグロビンに鉄分を渡す大切な役目があり、鉄分の吸収を促して貧血を予防する効果があります。体にいい栄養素を含んだむかごを、ぜひ料理に取り入れていきましょう。今回はむかごを使った蒸すレシピに注目して紹介します。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • むかごを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    むかご(零余子)はナガイモなどのヤマノイモ属の蔓になる肉芽であり、秋に旬を迎えます。むかごは土に埋めておくと翌年には芽を出し、ヤマノイモとしてまた育ちます。むかごの産地は北海道や青森県が盛んですが、ヤマノイモの肉芽なのでヤマノイモを生産している場所なら採れます。むかごはカリウムや食物繊維を多く含んでいます。カリウムはむくみ解消、高血圧予防、老廃物を排出する効果があります。食物繊維は便秘解消の効果があるので、女性には嬉しい食品です。クセのない味はどんなレシピにも合うので、秋にむかご入りのレシピを楽しんで下さい。 この記事では、「むかご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社