キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

じゃがいもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

家に常備している野菜の1つがじゃがいもです。じゃがいもは原南米アンデス山脈の高地が原産とされ、日本には1600年頃に伝わったと言われています。じゃがいもはポテトサラダやコロッケ、フライドポテトなどボリュームのある料理を低価格で作れる優秀な食材で、主婦の強い味方です。生食はできませんが揚げる・煮る・蒸す・炒めるなどさまざまな調理法に向いていて、和食・洋食・中華と料理のジャンルを問わず使える便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてじゃがいものレシピを紹介しています。じゃがいもを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

じゃがいもの栄養素

じゃがいもの主成分はでんぷんで、意外にもビタミンCが多いのが特徴です。じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いため加熱しても壊れにくく、ほうれん草と同じくらいのビタミンCが含まれています。その他にも体内の余分なナトリウム排出してむくみや高血圧を防止するカリウム、ビタミンB1、食物繊維を含む栄養価の高い野菜です。低価格で日持ちするのでぜひ家に常備しておきたい野菜です。



じゃがいもの産地

じゃがいもと言えば何と言っても北海道です。北海道産のじゃがいもが全体の約7割を占めています。北海道では春に植えて初秋に収穫されます。次いで長崎県と鹿児島県が続いており、九州では年に2回収穫期があります。その他には茨城県・千葉県・福島県が産地として挙げられますが、北海道がほとんど占めているため収穫量は少なくなっています。



じゃがいもの旬

産地によって収穫時期にずれがありますが、北海道は春に植えて夏過ぎに収穫され、九州などの暖かい地方で栽培されるじゃがいもは冬に植えて夏前に収穫されます。一般的に春に収穫されて春から初夏に出回るじゃがいもを、新じゃがと呼びます。貯蔵されずにすぐに出荷されるため、他のじゃがいもに比べるとみずみずしく皮が薄いのが特徴です。


じゃがいもの選び方

じゃがいもを選ぶ時は、新じゃがの場合は皮が薄くてはがれやすいものが新しく、古くなるにつれて皮が硬く分厚くなります。じゃがいもは形がふっくらとして硬さがありものを選ぶようにして、ハリとみずみずしさに欠けてしなびた感じのもは鮮度が劣ります。じゃがいもの芽にはソラニンやチャコニンが含まれていて、おう吐・腹痛・下痢などの症状が出ることがあります。芽が出始めていないかを必ず確かめて、芽が出ているものは避けてください。


じゃがいもの保存方法

じゃがいもを保存する場合は常温保存にします。じゃがいもは冷蔵庫での保存に向いておらず、蛍光灯や日の光が当たる場所をさけて風通しの良い冷暗所で保存します。日が当たると、芽が出てソラニンを増加させてしまうので気を付けましょう。新聞紙を敷いた段ボール箱や紙袋に入れて、できれば新聞紙に一つずつ包んで保存するのがおすすめです。冷蔵庫で保存する場合は保存容器に新聞紙を敷いてじゃがいもを入れて並べ、野菜室で保存してください。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

じゃがいもの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

家庭に常備している野菜の一つであるじゃがいも。年中手に入り、簡単なものから手の込んだものまで、あらゆる料理に使えることからとても身近な野菜ですね。和食から洋食、またメインディッシュにも付け合わせやサラダにもなり、形を変えて口にすることも多いのではないでしょうか。しかしながら、炭水化物であるじゃがいもは、カロリーを気にして敬遠してしまう女性も。実はじゃがいもはビタミンB1や食物繊維など栄養満点で美容にもよく、ごはんに比べてカロリーも半分。毎日のメニューにうまく取り入れていきまたいものです。なかでも「焼く」レシピは手早く簡単にできるレシピが豊富です。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

じゃがいもは、肉じゃがやポテトサラダなど、身近なレシピに多く取り入れられている野菜ですね。国内の主な品種はメークインと男爵いもで、前者はしっとりとして煮崩れしにくく、後者はホクホクとして柔らかいという違いがあります。又、通常より早い春~初夏に収穫されるものは新じゃがと呼ばれ、サイズが小さめで皮が薄く水分が多いという特徴を持っています。ぜひ、調理法に応じて使い分けたいですね。じゃがいもにはビタミンC・ビタミンB1・カリウム・食物繊維などがたっぷり含まれ、エネルギーの高い野菜としても有名です。主成分であるデンプンに守られるため、加熱しても栄養価が失われにくいという利点もあります。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

全国各地で収穫されているじゃがいも。ビタミンC、カリウムが多く含まれています。通常ビタミンCは熱に弱く、加熱すると少なくなってしまいます。しかし、じゃがいもに含まれているビタミンCはデンプンに守られているため、加熱しても壊れにくいのです。また、カリウムはナトリウムを排泄する作用があるので、塩分の摂取過ぎによるむくみ予防などの効果があります。じゃがいもを選ぶ際には、固く、皮の表面が薄く、ツルツルでシワのないものを選んでくださいね。種類、時期ともにさまざまなので1年中食べられます便利な食材です。栄養価も高いじゃがいもを活用して、日頃の料理に取り入れてみてください。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

じゃがいもの旬は春~夏、秋です。じゃがいもには女性に嬉しいビタミンCが豊富に含まれていますので美肌作りに効果があります。また風邪予防効果があります。他にカリウムが豊富に含まれていますので高血圧予防にも効果があります。スーパーで選ぶ際は重さがあるもの、じゃがいもの表面が乾いていて硬いものが良いです。皮が緑色のものや芽が出ているものはソラニンという毒素ですので注意が必要です。じゃがいもはりんごと一緒に入れて冷暗所で保存をするとエチレンガスで発芽を防ぐことができます。揚げる調理法のレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


じゃがいもの【蒸す】【煮る】【茹でる】レシピ特集

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

食べ応え抜群のじゃがいもは、ポテトサラダやじゃがバター、コロッケなど私たちに馴染み深い野菜です。加熱することでほんのりと甘みもあり、フランス語で「大地のりんご」と呼ばれています。じゃがいもにはビタミンCが非常に多く含まれ、加熱しても壊れにくい特徴を持っています。他にも食物繊維、カリウムも多く含み、腸内環境を整え、血糖値の上昇を抑える効果や、高血圧予防、むくみ解消など嬉しい健康効果が期待されます。蒸すことでより甘みを増すじゃがいもは子供のおやつや、ダイエット中の女性にもおすすめです。シンプルに蒸して塩やバターをかけるだけで抜群な美味しさですよ。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

コロッケ、ポテトサラダ、カレーライス、ポテトフライなど、私たちの大好きな料理に登場するジャガイモは、家庭に常備しておきたい野菜の代表です。日本では「馬鈴薯(ばれいしょ)」という呼び方があるのは、ジャガイモの形が馬につける鈴の形に見えたことが由来とされています。腹持ちも良いジャガイモは、ほかの野菜類に比べるとエネルギーが高く、ダイエット中に避けがちになりますが、カリウム・ビタミンC・食物繊維が豊富に含まれるため、体内の余分なものを排泄する効果が全て揃っています。美容を気にするならぜひ食べたい食材ですね。調理方法によって味のバリエーションが豊富なことも特徴です。日々の食卓に加えて健康で美しい体を目指しましょう。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

色々な食べ方を楽しめるじゃがいもは子供から大人まで人気の野菜です。主成分は糖質ですがビタミンCも豊富で、いも類の中でもトップの含有量です。じゃがいもに含まれる糖質はさつまいもの1/2程度で腹持ちも良いので女性に嬉しいヘルシー食材なんです。コラーゲンの生成を助けるビタミンCは美肌効果や骨や歯の強化、かぜ予防に役立ちます。皮や皮の近くにはポリフェノールが多く、皮ごと食べるとがん予防や老化を防ぐ効果が期待できますよ。じゃがいもを皮付きで水から茹でると熱が全体に均一に通り、栄養の流出も防げます。皮も薄くてみずみずしい新じゃがいもは普通のじゃがいもよりビタミンCも多く、皮ごと食べられるので旬のものをぜひ活用しましょう。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


じゃがいもの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

じゃがいもの主成分はご飯と同じでんぷん(糖質)ですがカロリーは半分以下で意外にヘルシーな食材なんです。糖質は脳やカラダのエネルギー源となり、糖質の代謝を促すビタミンB1も含んでいるため集中力を維持したり疲労回復に役立ちます。じゃがいもに含まれるビタミンCはみかんと同じくらい多く、加熱しても壊れにくいのが特徴です。コラーゲンの生成を助けるビタミンCは美肌効果が期待できるほか、丈夫な骨作りにも関わり体の健康維持に欠かせません。血圧を安定させたり、むくみ解消に効果のあるカリウムも豊富です。じゃがいもはマッシュしたり、焼いたり、煮込んだりと様々な使い方ができるのも魅力です。食べ応えも抜群なので炒め物やグラタンなどのおかずレシピは食べ盛りの子供も大満足間違いなしですよ。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

じゃがいもには多くの品種があり、食感や味わいも様々。ホクホク食感が特徴の果肉が粉質のもの、食感がねっとりとした粘質のものがあります。男爵やキタアカリは粉質でポテトサラダやコロッケなどに。メークインは粘質で煮崩れしにくいため肉じゃがやカレーなど煮込み料理におすすめです。じゃがいもの主成分はでんぷんでビタミンCやビタミンB1、カリウムも豊富です。じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られているので加熱に強く、美肌やかぜ予防にも効果的です。旬の美味しさを味わえる新じゃがいもはビタミンCが普通のじゃがいもよりも多く、皮ごと食べられるので栄養が効率よく摂取できます。じゃがいもはどんな食材とも相性が良く、様々なバリエーションのサラダレシピがありますよ。この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

家に常備してる野菜の1つがじゃがいもです。ポテトサラダやフライドポテト、スープなどに使える便利な野菜で、日持ちするので家に置いていくと料理に活躍します。じゃがいもは南米アンデス山脈の高地が原産と言われ、1600年頃に日本に伝来しました。じゃがいもは切って置いておくと茶色に変色するため、調理する前に水にさらす必要があります。生食には向かず火を通して食べて、蒸す・揚げる・炒める・煮るなどさまざまな調理法に適しています。じゃがいもは意外にもたくさんのビタミンCが含まれています。ビタミンCの含有量は100g中約35mgで、みかん一個とほぼ同じ量になっています。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや食物繊維が豊富に含まれています。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

じゃがいもは春~夏、秋が旬の野菜です。じゃがいもは重みがあり固く表面が乾いているもの選び、緑色のものであったり芽が出ているものは避けるようにしてください。じゃがいもは新聞紙で包んでからポリ袋に入れて野菜室で保存をします。また、冷暗所でりんごと一緒に保存をするとエチレンガスの発生でじゃがいもの発芽を防ぐことができます。じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防効果や美肌作りに効果的です。鍋やフライパンを使わなくてもレンジで簡単に調理をすることができるのでぜひメニューに取り入れてみてくださいね。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


じゃがいもの【おつまみ】【パン】【麺】レシピ特集

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

煮ても焼いても美味しいじゃがいもは、身近な食材でスーパーなど手に入ります。基本的に店頭で並んでいるのは、「男爵いも」と「メークイン」となります。男爵いもの特徴は、形は丸く深いくぼみがあり、デンプン質が多いです。食感はホクホクしており、コロッケやマッシュポテトなどに向いています。また、メークインの場合、形は長めの卵形でくぼみが浅くツルンとしてるのが特徴です。一般的に最適と言われるのは、肉や魚などの酸性食品の付け合わせとして利用されることです。しかも、じゃがいもは食用だけではなく、じゃがいもの含むデンプンという成分は医薬品にも使用されているのです。幅広い分野で活躍しています。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

年中手に入り、使い勝手の良いじゃがいも。そのまま蒸して食べてもおいしいですし、煮物、炒め物、揚げ物とどんな料理にも使うことができ、常備しておくととても便利な野菜です。料理だけでなく、パンと組み合わせれば簡単に総菜パンができあがります。ポテトサラダをパンにはさんだサンドイッチ、パン生地にじゃがいもを練りこんだフォカッチャ、フランスパンに塗って食べるカナッペなどアレンジは自由自在です。じゃがいもはマッシュして使ったり、スライスした状態で使ったりと形を変えれば、食感の違いも楽しむことができますね。パンにじゃがいもをプラスすることで、食べごたえがアップするのも魅力です。じゃがいもを使ったパンレシピもぜひ作ってみてくださいね。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

じゃがいもはとても身近な野菜です。どんな料理にも、テイストにも合う使いやすい野菜なので常備している家庭も多いのではないでしょうか。おかずになる料理だけでなく、メインとなる麺料理と組み合わせれば、ボリュームもアップし腹持ちも良くなります。食べる分量も増えるので、節約にもつながりますよ。焼きそばや中華そばなど、一見じゃがいもとの組み合わせは合わないように感じますが、以外にもマッチするのでおすすめです。コロッケやかき揚げなど、形を変えたじゃがいもを麺と組み合わせるのも、意外性があって楽しいですよ。食欲旺盛な男子のランチや、ガッツリ食べたいときなど、ボリューム満点のレシピをぜひお試しください。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


じゃがいもの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

じゃがいもを使ったおやつで代表的なポテトチップス。スライスして揚げるだけの簡単なおやつですが、意外と手作りする人は少ないのではないでしょうか。市販のポテトチップスの味とは、また違う素朴なじゃがいもの味を楽しめるので、手作りもおすすめです。じゃがいもは、普段からなじみ深い、身近な野菜なので、家に常備している家庭が多いでしょう。貴重なエネルギー源として、子どものおやつにぜひ活用したいものです。やわらかくゆでたり、焼く、揚げる、蒸すといったさまざまな料理の種類で、お団子やポテト、ケーキなどいろいろなおやつに変身しますよ。子どもにも安心安全な手作りおやつにチャレンジしてみませんか。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

ほくほくとして甘みのあるじゃがいも。じゃがバターなどそのまま食べられることはもちろんのこと、おでんなどの煮物や、すり下ろして餅のように調理されるなど、いろいろな形に変化する料理のしやすい野菜です。じゃがいもと一言にいっても、種類は多くあり、現在でも品種改良が進められているため、数は計り知れません。そんなじゃがいもですが、選ぶ際はどんな料理に使うかによって男爵系か、メークイン系か変わってきます。また、しっかりと固いもので目が出ていないものにすることをお勧めします。新じゃがいもの場合は表面の皮が薄く、指ではがれるくらいのものが新鮮です。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

じゃがいもの旬は4月~6月の春から夏、9月~11月の秋となり、種類が多い野菜です。じゃがいもはスーパーでいつでも購入することができるので、手軽に手に入ります。じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防効果があり、女性に嬉しい美肌効果が期待されています。芽には毒素であるソラニンという成分が含まれているので注意してください。購入の際は皮が緑色のものや芽が出ているものは避けた方が良いでしょう。煮物や揚げ物、炒め物など幅広く使うことができるじゃがいもですが、離乳食のレシピが豊富にあるのも特徴的です。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

じゃがいもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社