キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

じゃがいもの記事一覧

キッチンブックの「じゃがいも」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    全国各地で収穫されているじゃがいも。ビタミンC、カリウムが多く含まれています。通常ビタミンCは熱に弱く、加熱すると少なくなってしまいます。しかし、じゃがいもに含まれているビタミンCはデンプンに守られているため、加熱しても壊れにくいのです。また、カリウムはナトリウムを排泄する作用があるので、塩分の摂取過ぎによるむくみ予防などの効果があります。じゃがいもを選ぶ際には、固く、皮の表面が薄く、ツルツルでシワのないものを選んでくださいね。種類、時期ともにさまざまなので1年中食べられます便利な食材です。栄養価も高いじゃがいもを活用して、日頃の料理に取り入れてみてください。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    じゃがいもは、肉じゃがやポテトサラダなど、身近なレシピに多く取り入れられている野菜ですね。国内の主な品種はメークインと男爵いもで、前者はしっとりとして煮崩れしにくく、後者はホクホクとして柔らかいという違いがあります。又、通常より早い春~初夏に収穫されるものは新じゃがと呼ばれ、サイズが小さめで皮が薄く水分が多いという特徴を持っています。ぜひ、調理法に応じて使い分けたいですね。じゃがいもにはビタミンC・ビタミンB1・カリウム・食物繊維などがたっぷり含まれ、エネルギーの高い野菜としても有名です。主成分であるデンプンに守られるため、加熱しても栄養価が失われにくいという利点もあります。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    食べ応え抜群のじゃがいもは、ポテトサラダやじゃがバター、コロッケなど私たちに馴染み深い野菜です。加熱することでほんのりと甘みもあり、フランス語で「大地のりんご」と呼ばれています。じゃがいもにはビタミンCが非常に多く含まれ、加熱しても壊れにくい特徴を持っています。他にも食物繊維、カリウムも多く含み、腸内環境を整え、血糖値の上昇を抑える効果や、高血圧予防、むくみ解消など嬉しい健康効果が期待されます。蒸すことでより甘みを増すじゃがいもは子供のおやつや、ダイエット中の女性にもおすすめです。シンプルに蒸して塩やバターをかけるだけで抜群な美味しさですよ。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

    じゃがいもには多くの品種があり、食感や味わいも様々。ホクホク食感が特徴の果肉が粉質のもの、食感がねっとりとした粘質のものがあります。男爵やキタアカリは粉質でポテトサラダやコロッケなどに。メークインは粘質で煮崩れしにくいため肉じゃがやカレーなど煮込み料理におすすめです。じゃがいもの主成分はでんぷんでビタミンCやビタミンB1、カリウムも豊富です。じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られているので加熱に強く、美肌やかぜ予防にも効果的です。旬の美味しさを味わえる新じゃがいもはビタミンCが普通のじゃがいもよりも多く、皮ごと食べられるので栄養が効率よく摂取できます。じゃがいもはどんな食材とも相性が良く、様々なバリエーションのサラダレシピがありますよ。この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    じゃがいもの旬は春~夏、秋です。じゃがいもには女性に嬉しいビタミンCが豊富に含まれていますので美肌作りに効果があります。また風邪予防効果があります。他にカリウムが豊富に含まれていますので高血圧予防にも効果があります。スーパーで選ぶ際は重さがあるもの、じゃがいもの表面が乾いていて硬いものが良いです。皮が緑色のものや芽が出ているものはソラニンという毒素ですので注意が必要です。じゃがいもはりんごと一緒に入れて冷暗所で保存をするとエチレンガスで発芽を防ぐことができます。揚げる調理法のレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    コロッケ、ポテトサラダ、カレーライス、ポテトフライなど、私たちの大好きな料理に登場するジャガイモは、家庭に常備しておきたい野菜の代表です。日本では「馬鈴薯(ばれいしょ)」という呼び方があるのは、ジャガイモの形が馬につける鈴の形に見えたことが由来とされています。腹持ちも良いジャガイモは、ほかの野菜類に比べるとエネルギーが高く、ダイエット中に避けがちになりますが、カリウム・ビタミンC・食物繊維が豊富に含まれるため、体内の余分なものを排泄する効果が全て揃っています。美容を気にするならぜひ食べたい食材ですね。調理方法によって味のバリエーションが豊富なことも特徴です。日々の食卓に加えて健康で美しい体を目指しましょう。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    家庭に常備している野菜の一つであるじゃがいも。年中手に入り、簡単なものから手の込んだものまで、あらゆる料理に使えることからとても身近な野菜ですね。和食から洋食、またメインディッシュにも付け合わせやサラダにもなり、形を変えて口にすることも多いのではないでしょうか。しかしながら、炭水化物であるじゃがいもは、カロリーを気にして敬遠してしまう女性も。実はじゃがいもはビタミンB1や食物繊維など栄養満点で美容にもよく、ごはんに比べてカロリーも半分。毎日のメニューにうまく取り入れていきまたいものです。なかでも「焼く」レシピは手早く簡単にできるレシピが豊富です。 この記事では、「じゃがいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • じゃがいものレシピまとめ20選:万能食材じゃがいものレシピ

    年間を通して手軽に手に入り身近な存在であるじゃがいもは、国内ではなんといっても北海道が1番の産地として知られています。春に収穫されるいわゆる「新じゃが」と、秋口に収穫されるものとがあり、1年に2回収穫できる点がじゃがいもをポピュラーな野菜にしている大きな理由です。長期保存が可能な点でも優れています。万能食材ともいえるじゃがいもは料理活用の幅が広く、ご飯のおかずからおやつまでさまざまな使い方があり、バリエーションは無限大です。こちらの記事では、じゃがいもをおかず・スープ・煮物のカテゴリ別に、また相性バツグン食材であるチーズを使った人気レシピを紹介しています。

広告

運営会社