キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豚肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

手頃な価格で手に入る豚肉は料理に欠かせない食材として、家に常備しておきたいお肉です。豚肉のこま切れ肉を使った節約レシピも人気で、節約したい主婦の強い味方です。豚肉ひき肉はしゅうまいや餃子に、ローズ肉はとんかつやポークチョップ、こま切れ肉は炒め物や蒸し物に、とさまざまな料理に使えます。部位によって色々とアレンジが効きやすいのが特徴で、和食や洋食を問わず幅広いジャンルの料理で活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて豚肉のレシピを紹介しています。豚肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

豚肉の栄養素

豚肉はたんぱく質が豊富で、たんぱく質は内臓・毛髪・血液・筋肉を作るのに必要な必須栄養素です。エネルギーの代謝を促すビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン群が豊富で、疲労回復に効果があり夏バテ防止にもおすすめです。その他にも脂質、亜鉛・鉄分・カリウムなどのミネラル類、血行促進作用のあるナイアシン、コレステロール抑制効果のあるオレイン酸など、体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

美味しい豚肉の選び方

豚肉を選ぶ際は淡いきれいなピンク色をしているもので、表面に光沢があるものを選びましょう。赤色が強いものや褐色かかっているものは、鮮度に欠けたり老齢の豚のことがあるので選ばないでください。白っぽいものは褐色に変化する手前のもので、鮮度がよくありません。脂肪の色が白いものがおすすめで、ドリップが出ているものは避けてください。

豚肉の保存方法

! /image/〇〇
豚肉を冷蔵保存する場合はキッチンペーパーでドリップを拭き取って使う分だけラップに包み、厚切り肉は1枚ずつラップに包み1週間以内に使い切るようにしましょう。冷凍保存する場合は、使う分だけラップに小分けして空気をしっかりと抜いて包みます。冷凍焼けの進行を遅らせるために、ジップロックなどの保存袋に入れておくといいですね。1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

ブランド豚について

日本にはさまざまなブランド豚が存在し、全国で250を超えると言われています。ブランド豚は脂肪の付きかたや色ややわらかさなど、各地域の協会の査定によって定められています。飼育飼料や飼育環境にこだわって育てられ、じっくりと飼育されます。有名なブランド豚では東京都の東京X、沖縄県のアグー、鹿児島県のかごしま黒豚、愛知県のみかわ豚があり、どれも味や品質に定評があります。

豚肉の豆知識

日本の豚肉の消費量は牛肉の3倍と言われるほど人気のお肉ですが、イスラム教やユダヤ教では豚は不純とされ食さないのが習慣になっています。日本でも675年に肉食禁止令が出されたため、肉食文化はありませんでした。戦国時代にキリスト教の宣教師が肉食文化を持ち込み、豚肉は一時食べられるようになりましたが次第に廃れました。薩摩藩と琉球でのみ豚肉は食べられたため、現在でも鹿児島県と沖縄県では豚肉を使った名物料理が存在し重要な食材として使われています。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

豚肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豚肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豚肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豚肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

豚の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

豚肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社