キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さやえんどうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

えんどうには豆を食べる実えんどうと、豆が大きくなる前に収穫して食べる「さやえんどう」があります。さやごと食べられるから「さやえんどう」と呼ばれ、えんどうの若芽は豆苗で成長過程のうちで収穫される時期によって呼び名が変わります。さやえんどうは独特の形ときれいな緑色が料理に華やかさをプラスして、サラダ・炒め物・ちらし寿司・和え物など和食から洋食まで幅広い料理に使える野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさやえんどうのレシピを紹介しています。さやえんどうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

さやえんどうの栄養素

さやえんどうは緑黄色野菜のため、動脈硬化や心筋梗塞などの予防に効果があるβカロテンが豊富に含まれています。さやごと食べられるため、βカロテンやその他の栄養素を丸ごと摂取できます。体内の余分なナトリウムを排出してむくみ防止に効果のあるカリウム、風邪やストレス予防に効果のあるビタミンC、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1やビタミンB2、必須アミノ酸のリジンなど豊富な栄養素を含んでいます。

さやえんどうの旬

さやえんどうは露地栽培のもの以外に、ハウス栽培のものもあるので一年を通じて流通しています。一番の最盛期が4月~6月頃ににかけてで、この旬の時期のさやえんどは味もおいしくなっています。関東以南の地域では冬に種まきをして春に収穫し、北海道や東北の寒い地域では初春に種をまいて、夏に収穫されます。

さやえんどうの産地

! /image/〇〇
2012年~2016年までさやえんどうの生産量のトップは鹿児島県で、全体の約2割程度を占めています。2位が愛知県、3位が福島県になっていて、その他に和歌山県と長崎県の生産量が多くなっています。海外からの輸入では冬春期にタイ産が入荷していて、春期を除いた時期に中国産のものが入荷しています。

さやえんどうの選び方

さやえんどうはさやごと食べるので、薄くて柔らかく豆を感じさせないほどの薄さのものがおすすめです。きれいで鮮やかな緑色で、みずみずしく水分がたっぷり含まれていてツヤとハリがあるもを選ぶようにしましょう。全体がしんなりしているものは新鮮さに欠けていて、黄色味を帯びていたり切り口が変色しているものは選ばないようにして下さい。ひげが白くピンとして、半分に折ったときにパリッとした感じがあするものがおすすめです。

さやえんどうの保存方法

さやえんどうは乾燥に弱い為、濡らしたペーパータオルや新聞紙でくるんでからラップに包むかビニール袋に入れて野菜室に入れて保存しします。できるだけ早く使い切るようにしましょう。さやえんどうは冷凍保存もでき、さっと塩茹でして冷水にとってよく水気をきり、広げて冷凍して凍ってからジップロックなどの保存袋に入れてしっかり空気を抜いて冷凍庫で保存します。解凍する時はレンジか流水で解凍して使います。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

さやえんどうの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやえんどうの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#さやえんどう の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/# さやえんどうの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さやえんどうの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

さやえんどうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社