キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

パスタをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

パスタは手軽に作れる料理として、昼食や夕食に人気の献立です。茹でて具材とソースと合わせるだけで簡単に作れて、色々な味わいを楽しめるのも魅力です。元はイタリアが発祥ですが、醤油やめんつゆなどの和食の調味料とよく合い、あんかけパスタやすき焼き風パスタなど日本独特のパスタもたくさんあります。献立に困ったときもパスタの麺をストックしておくと、冷蔵庫にある材料でさっと作れる便利な食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてパスタのレシピを紹介しています。パスタを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • パスタを使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番はこれにしよう

    パスタは小麦粉に水、卵などを練りこんで作る麺の一つです。パスタの本場はイタリアですが、日本でも日本人の口に合った独自の和風味が開発されるほど、私たちの生活になじみ深い食材です。パスタは味のバリエーションが豊富で、さまざまな食材と組み合わせて無限に楽しめるのが、パスタの最大の魅力ですよね。パスタは、ゆでて具材やソースと和えるだけで簡単に作れるので、家庭でも重宝されている存在です。パスタといえば、トマトベース、オイルベース、クリームベース、バジルベースなどを思い浮かべますよね。こちらの記事では、そんな定番のパスタの作り方をご紹介します。いつもは市販のソースを使っているという方も、こちらを参考にしてソースから作ってみてください。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのパスタを使った人気レシピ10選

    パスタはツルッと食べられてほどよい歯ごたえがあり、お腹を満たすのにぴったりな主食の1つです。パスタはあっさりとしたオイルソースパスタから、こってりしたクリームソースパスタ、日本発の和風パスタなど、ソースバリエーションも豊富です。パスタと聞くと、主にスパゲッティーのような細くて長い麺を思い浮かべますよね。実はマカロニもパスタの一種なんです。サラダやグラタンによく使われているマカロニ、ペンネなどはショートパスタと呼ばれます。短くて食べやすいのが特徴です。ラザニアなどの幅広い麺もパスタの一種です。一口にパスタといっても、その麺の太さ、長さによってもさまざまな種類があります。いろんなパスタを食べて、自分好みのパスタを見つけてみてくださいね。この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ9選

    小麦粉が原料のパスタ。パスタには、主にデュラムセモリナという小麦粉が使われており、甘味があり、コシが強く、良質のたんぱく質を多く含むのが特徴です。パスタにはスパゲッティやフェットチーネ、ペンネなとさまざまな形があり、料理に合わせて選ぶのも楽しいですね。パスタはトマトやクリームソース、しょうゆや塩こしょう、ガーリックなどさまざまなテイストとよく合います。野菜や肉、魚介類との相性も抜群で、さまざまな食材と組み合わせることでバラエティに富んだ料理が楽しめます。パスタはたっぷりの湯で、塩で下味をつけながら茹でるのがおすすめ。わずかに芯が残ったアルデンテという状態にするのが、パスタを美味しく食べるポイントです。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのパスタを使った人気レシピ10選

    パスタというと長いものというイメージがありますが、様々な種類があります。ロングパスタにはカペリーニ、スパゲッティ、ラザーニャ、フェットチーネなどがあります。ショートパスタにはマカロニ、ペンネ、コンキッシュ、フジッリ、ニョッキ、ラヴィオリがあります。日本ではスパゲッティやマカロニが主流で大変人気があります。きのこや野菜、ベーコンなどとの相性も良く色々なソースで味付けをするとバリエーションが広がります。ランチや晩御飯に食べることが多いですが、朝ごはんにぴったりなメニューがありレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    パスタは年齢問わず人気がある食材です。スーパーでは生パスタや乾麺のパスタが販売されています。生パスタは日にちがたつと風味が失われてしまうので、すぐに使わない場合は冷凍保存がおすすめです。生パスタを冷凍する際は、小分けにしてラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて空気を抜き冷凍室に入れて保存します。だいたい1か月程保存ができるので便利です。パスタはゆでると麺同士がくっついてしまうので油を絡ませておくと防止することができます。パスタは鍋で茹でる作業があるので洗い物が多いイメージがありますが、フライパンひとつで簡単に作ることができるレシピがあるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのパスタを使った人気レシピ10選

    イタリアンの定番メニューのパスタ。日本でも人気のある主食で、主な栄養素は炭水化物です。炭水化物はダイエットの大敵とも言われますが、体のバランスを保つために必要な栄養素です。炭水化物は体内で血液中のブドウ糖として存在し、1gあたり4kcalのエネルギーを生産しますが、エネルギーとして使われなかった糖質が脂肪に変わります。白米とパスタのカロリーを比べると100gあたりエネルギー量はほぼ同じですが、たんぱく質やカルシウム、鉄分、ビタミンB1などは白米よりもパスタの方が多く含まれています。パスタは白米よりもダイエットに向いているという意見もあり、栄養価的にはパスタが優れていると言えます。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    トマトソースやクリームソース、和風テイストなどさまざまな味わいで楽しめるパスタ。スパゲッティやフィットチーネ、マカロニやシェル、カールなどさまざまな形のパスタがあり、メインの他にもサラダや前菜、スープなどでも大活躍の食材です。パスタには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。また、カルシウムや鉄分、ビタミンB1も多く含まれています。パスタは、具材はもちろん、盛りつけやトッピングを工夫すれば、見た目も華やかな一品が手軽に作れます。ぜひ、いろいろな食材を組み合わせて、バラエティ豊かなパスタ料理を楽しんでみてください。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    小麦粉を原料として作られる、パスタ。さまざまな形や細さがあるため、同じソースでも違った味わいを楽しめるのが特徴的です。乾燥している乾麺を茹でてから調理することが一般的ではありますが、乾燥パスタとは別に、生パスタとよばれる種類もあります。生地に卵やオリーブオイル、野菜を練り込んだり、肉などの具が包まれたものもあるため、乾燥パスタに比べてソフトでもちっとして食感が特徴です。そんなパスタですが、そんなパスタですが、茹でる時に美味しくなるコツがあります。それは、茹でる水に対して塩を1.2%にすることです。この分量にすることで、ちょうど良い塩梅にしあがりますので、ぜひ試してみてください。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    手軽に食べられて、ソースや具材を楽しめるパスタは私たちに馴染み深い料理の一つです。パスタは他の穀類に比べると、血糖値の上昇するスピードを示すGI値が低く、太りにくい炭水化物です。パスタそのものは白米よりもGI値が低いですが、量やソースの工夫が必要で、クリーム系のソースよりもトマトソースやオイルベースのものがおすすめです。キノコや野菜を使ったパスタは食物繊維も豊富に含まれていますよ。食事の一口目に炭水化物を食べると血糖値が急上昇しやすいので、パスタの前に具沢山のスープやサラダを食べてパスタを単品で食べないことも大切です。ダイエット中は食べることを我慢しがちですが、賢く選んで食事を楽しんでくださいね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    パスタは小麦粉、塩、水などを練って作る麺のことです。パスタはうどんやラーメンと並んで日本でも人気の高いメニューです。味のバリエーションも豊富なので、選ぶ楽しみがあり、飽きがこない所も魅力の1つです。パスタには長さや太さによってさまざまな種類に分けられています。グラタンに使われているマカロニもショートパスタというパスタの一種なんですよ。料理名にもなっているラザニアも、実は板状のパスタの1つです。細いパスタには、オイルベースやシンプルなトマト系などのあっさりめのソースがよく合います。太いパスタには濃厚なクリーム系のソースがよく合います。パスタの種類によって味付けやメニューを使い分けて、色んなパスタを楽しんでくださいね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめ

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    種類が豊富なパスタは定番のスパゲティをはじめ、サラダやスープなど様々な料理に使い分けて楽しめます。パスタの多くは、デュラムセモリナというパスタ用のデュラム小麦を粗挽きしたものを使用します。デュラムセモリナには良質なタンパク質やグルテンを多く含み、甘みがあることが特徴です。パスタを茹でる時はできるだけ大き目の深い鍋を使いましょう。パスタの10倍くらいの水を用意して煮立たせ、水1リットルに対し塩を小さじ1杯の塩を加えてパスタをかき混ぜながら茹でます。ソースと混ぜるだけの場合は袋の表示時間通りに茹で、火の上でソースと絡める時は短めに茹でることがポイントですよ。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    パスタは、保存機能の良さと、ソースをアレンジすることで様々な味を楽しむことができて料理の手間を省けるところなどから、私たち食卓に馴染み深い料理です。パスタの種類は非常に多く、調理方法やソースに合わせて使い分けます。自宅でパスタを作るときに最も利用するのは「スパゲッティ」と呼ばれる太さ約1.6mm〜1.9mmのものです。スパゲッティよりも細めの「スパゲッティーニ」、さらに極細なものを「カッペリーニ」と呼びます。スパゲッテイはクリーム系からオイル系まで様々なソースと相性が良く、スパゲッティーニは和風ソースや汁気の多いソースなどあっさりとしたものとよく会います。カッペリーニは冷製パスタにおすすめですよ。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    手軽にさっと簡単に作れるパスタは、忙しい日のお助けアイテムとして家に常備しておきたいマストな食材です。長く保存できるのも便利で、どんな食材やソースとも合わせやすいのが特徴です。トマトやチーズ以外にも、醤油や麺つゆ、納豆や明太子など和食の食材ともよく合います。和風パスタ、洋風パスタとたくさんのレシピがあり、アレンジが効きやすいので自分の好みのオリジナルパスタを作れる楽しみもあります。パスタはロングパスタ以外に、マカロニなどのショートパスタがあります。小麦粉・水・塩・卵が原料で、自宅でも手作りのパスタ麺を作ることができます。パスタは幕末に日本に伝わったとされ、スパゲティナポリタンが考案されたことで人気になり広まりました。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    パスタはイタリア料理ですが、日本でも米やパンと並ぶほどメジャーで人気な食材ですよね。パスタはトマトソースやクリームソースなどさまざまなソースと和えて調理されます。日本でも、日本の食材を使った和風パスタを独自に開発してしまうほど、日本人もパスタが大好きです。パスタは長さで分類すると、ロングパスタとショートパスタの2種類に分かれます。ロングパスタは普段食べているスパゲッティと呼ばれる細くて長いパスタです。パスタは太さによってソースを使い分けていることをご存知ですか?太めのパスタにはこってりめのソース、細めのパスタにはオイルなどのさっぱりとしたソースがよく合いますよ。パスタとの相性を見ながらソースを選んでみてくださいね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    パスタは今では多くの人に親しまれていますが、イタリア発祥であり、大きく分けてスパゲティのようなロングパスタと、ペンネやラザニアのようなショートパスタがあります。主な原材料は小麦粉ですが、さまざまな野菜を練りこんだものや、色を付けたものなど数百種類あります。パスタの魅力はソースを変えるだけで、まるで違う料理を食べることができる点です。もちろんメイン料理としても、またサラダ料理として食べることができます。麺も使い分けをして、濃いソースには太い麺で絡むように、オイル系のそソースには、味がシンプルでも絡みやすい細麺を使います。保存ができることから、乾麺が主流になっていますが、家庭で生麺を作ることができるのでぜひ挑戦してみてください。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    メイン料理になるパスタ。イタリア料理の定番ですが、日本でも家庭料理として食べられています。パスタはソースによって味わいが変わるため、レシピはいろいろあります。あっさりと食べるならトマト系のソースが良いでしょう。また、がっつり食べたいなら濃厚なクリーム系のソースがおすすめ。パスタに合わせる具材はお肉、野菜、きのこ、魚介類などが組み合わせられるため、食べ応えのあるおかずになります。パスタは一品で満足できる料理ですが、具だくさんにしてパンメニューに合わせるおかずにしたり、パーティーメニューのメイン料理にしたりなど、さまざまな活用方法もありますね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    パスタはサラダから前菜、メインにもおかずにもなる万能食材。一口にパスタといっても、形状はさまざまです。ニョッキやラザニアもパスタの一種。ロングパスタでは、1.6-1.9ミリの太さの麺をスパゲッティといい、クリーム系からオイル系までさまざまなソースに合います。1ミリ前後の細麺はカッペリーニ。スープや冷製パスタに使われます。5-8ミリの平麺はフェットチーネ。もちもちとした食感が特徴で、クリーム系のソースなどとよく合います。ショートパスタではマカロニのほかに、ペン先のようなペンネやらせん状のフジッリ。蝶や貝殻、車輪の形をしたファルファッレやコンキリエ、ルオーテなど可愛らしいものもあります。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    パスタが大好きな人は多いですが、自分で作るとなると、いつも決まってトマトソースなどのおなじみの味付けでワンパターンになりがちです。茹でたパスタでサラダも作れますし、汁を加えてスープパスタも作れます。みんなが大好きなパスタの、バラエティに富んだレシピのご提案です。休日のランチや今晩の夕食に早速作ってみましょう。電子レンジでホワイトソースを作ったり、冷凍のムール貝を袋の汁ごと使ったりして、なるべく簡単に作れるレシピです。ワンパターンになりがちな自作のパスタを、是非おもてなしに使える勝負メニューにしてしましましょう。もちろんひとりで食べるのもおすすめです。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    パスタは幕末に日本にヨーロッパから持ち込まれ、1955年にマカロニが販売されて以来人気の食材となりました。ラーメン・うどん・そばと並んでよく食べられる麺類で、トマトソースやチーズといった西洋の食材だけだなく醤油やめんつゆなどの日本の調味料ともよく合います。醤油を使った和風パスタやナポリタン、たらこパスタなど日本にしかないパスタメニューも多くあります。乾麺のパスタは保存が効くため、家に常備しておくと便利な食材です。茹でて具材とソースを合わせるだけで手軽に作れるので、夕食の献立に困ったときのお助けアイテムとしても活躍します。ソースと具材を変えるだけで色々な味わいを楽しめて、オリジナリティのあるレシピを作れるのも魅力です。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ2選

    日本でもなじみの深いパスタには太さや長さによってさまざまな種類があります。普段食べているスパゲッティなどのロングパスタが代表的ですが、マカロニやペンネなどもショートパスタというパスタの一種です。また、パスタにも個性があり、細く長いパスタにはあっさりした味のソースが合い、太く分厚いラザニアのようなパスタには濃いめのソースが合うなど、それぞれのパスタにあった味付けも重要であり、奥深い食材です。ソースの種類も豊富でトマト、クリーム、和風など、どんな味付けでも美味しく食べられることもパスタの魅力の一つです。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    パスタは小麦と水を練って作られる食品で、スパゲッティやマカロニなどの総称です。原料はデュラム・セモリナであり、たんぱく質を多く含むため、弾力の有る生地を作ることが出来ます。パスタはロングパスタとショートパスタに分けられます。ロングパスタの特徴は25センチ程度の棒状のパスタで、食感の変化を楽しむことが出来ます。この仲間には、円柱状のスパゲッティや平めん状のフィットチーネ・タリアッテレがあります。それに対しショートパスタは、種類も豊富で形状を楽しむパスタです。ショートパスタの代表は、円筒状のマカロニや円筒状のパスタの両端を斜めに切ったペンネがあります。パスタはレシピのバラエティーも豊富です。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    パスタは小麦粉に卵、水などを練りこんで作られています。実はいつパスタが歴史に登場したのか、はっきりとはわかっていません。ですが、古代ローマで主食として食べられたプルスという穀物からできた煮込み料理が元祖ではないかと言われています。中世を迎えるとパスタが出始め、スープに入れたり、茹でて和えたりと、現在のパスタの形ができあがったと考えられています。そんなパスタですが、様々な太さや形があり、本場のイタリアでは1000種類以上もあると言われています。日本でも多くのパスタが出回っていますが、スパゲティやサラダ、スープなど、いろいろ使い分けられるのも楽しいですよね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ラーメン・うどん・そばに並んで、日本人がよく食べる麺類と言えばバスタです。合わせる具材やソースを変えるだけでさまざまな味にアレンジできて、トマトソースやチーズ以外にも、醤油やみりんなど和食の調味料ともよく合います。簡単に作れるのでボリュームがあり子供も喜ぶ献立で、いつも家に常備しておきたい食材です。パスタ1袋で家族全員の量が作れるので、お財布にもやさしい主婦の強い味方です。パスタの歴史は大変古く13世紀には現在と同じようなパスタが食べられていたと言われ、日本では幕末に外国人居留地で食べられ始めました。パスタには一般的によく使われる長くて細いタイプの他に、ラザニア・マカロニ・ペンネなどがありパスタの太さにもたくさん種類があります。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ6選

    パスタは炭水化物の中でも血糖値の急上昇が緩やかであることから積極的に摂りたい食材一つです。特にダイエット中ではソースや具材をアレンジしてカロリーを抑えることもできます。しかし多めに茹でてしまって少しだけ余ってしまうことはありませんか。勿体無いからといって食べてしまうとせっかくダイエットを意識していても意味がなくなってしまいますよね。そんな時は揚げるレシピを使っておやつを作ってみませんか。カリカリの食感がクセになり、ダイエット中で甘いものを控えている方も、砂糖を控えめのおやつが簡単に作ることが出来ますよ。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    手軽にさっと作れるパスタは、ランチや夕食のメニューとして人気があります。パスタは和風・洋風・中華風など色々なアレンジが効く食材で、具やソースを変えるだけで違った味わいと楽しめるのが魅力です。組み合わせはさまざまで、自分のお気に入りのオリジナルパスタを考案することもできます。パスタはイタリアが発祥の食材で、大きく分けるとロングパスタとマカロニなどのショートパスタがあります。小麦粉・水・塩・卵が原料で、ラザニアやペンネなどさまざまな種類があります。日本では幕末に伝来し、のちにスパゲッティ・ナポリタンが考案されて流行したことからパスタの人気に火が付きました。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    パスタは、炭水化物だから太るというイメージを持っている方も多いかもしれません。パスタの原料であるデュラム小麦の主成分は、確かに炭水化物(糖質)ですが、果物などの糖質と違い、肥満の原因となる食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、健康維持に役立つ食材なんです。驚くことに、タンパク質、脂質、カルシウム、鉄などが白米よりも豊富で、ミネラルをバランスよく含んでいます。米にはほとんど含まれない、ビタミンB1やB2も多く、糖質を速やかにエネルギーに変えてくれるため、太りにくく、疲労回復にも効果的なんです。良質なタンパク質が豊富な肉類や大豆、魚介類、ビタミン類が豊富な野菜などと組み合わせて栄養バランスが整うのもパスタの魅力ですね。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パスタを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子どもから大人まで人気のメニューと言えばパスタ。簡単に作れてバリエーションも豊富なので、ランチや夕食の人気の献立になっています。パスタはメインの料理として手早く作れて、あとはサラダやスープを作れば豪華に見えるので忙しい日のメニューとしても大活躍します。ボリュームたっぷりで家族みんなが喜ぶ料理で、しかもお財布にもやさしいママの強い味方です。普通にパスタをソースに絡めるだけでもおいしいですが、少しアレンジを加えるだけでいつもとは違うパスタを味わえます。 この記事では、「パスタ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社