キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

パスタをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

パスタは手軽に作れる料理として、昼食や夕食に人気の献立です。茹でて具材とソースと合わせるだけで簡単に作れて、色々な味わいを楽しめるのも魅力です。元はイタリアが発祥ですが、醤油やめんつゆなどの和食の調味料とよく合い、あんかけパスタやすき焼き風パスタなど日本独特のパスタもたくさんあります。献立に困ったときもパスタの麺をストックしておくと、冷蔵庫にある材料でさっと作れる便利な食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてパスタのレシピを紹介しています。パスタを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

パスタの歴史

パスタは古代ローマ時代には既に食べられていたと言われている、歴史の長い食べ物です。15世紀には棒状の乾燥パスタが作られるようになりました。17世紀頃からナポリ地方を中心にトマトの栽培が盛んになり、トマトとパスタを合わせたことから人気を得てイタリアに急速に広がりました。日本へは幕末に伝来し、昭和30年にマカロニが販売されてパスタの大量生産が始まりました。

パスタの原料と作り方

パスタの主原料は強力粉ですが、中でもデュラムセモリナを使ったものが上質とされています。デュラムセモリナ・水・塩が基本的なパスタの材料ですが、中には卵を使うパスタもあります。パスタの作り方はボウルに強力粉・塩を入れて混ぜ、別のボウルに卵・水・オリーブオイルを入れて混ぜて強力粉に加えます。生地を捏ねてまとめて休ませ、のばしてカットして茹でたらできあがりです。

パスタの種類

! /image/〇〇
パスタは大きくロングパスタとショートパスタに分けられます。ロングパスタはスパゲティ、平めん状のフィットチーネ、全体がよじれたスペルチーニなどがあります。ショートパスタはマカロニ、斜めにカットしたペンネ、螺旋状によじれたカール、貝の形をしたシェルなどがあります。その他にもラザニアに使うラザニア麺などがあり、意外にパスタの量が多くてびっくりしますね。

パスタの賞味期限の目安

パスタは未開封の物だと賞味期限は約3年間とかなり長くなっています。乾麺なので他の食品よりはかなり長持ちしますが、開封した後残ったパスタが変色したり虫がわいているものは食べないようにしましょう。あまり長い間放置しておくのはよくありませんが、きちんと保存しておけば1年くらいは問題なく食べられるようです。茹でたパスタは翌日でも味と食感が落ちてしまうので、その日のうちにできるだけ食べきりたいですね。

パスタの保存方法

一度開封して余ったパスタの乾麺は、湿気に弱いためきちんと密封できるパスタ専用の容器に入れて冷暗所に保存します。一番おすすめなのが密封容器に入れて冷蔵庫に保存することです。冷蔵庫の中は湿気が少なく、ダニなどが入り込む心配がないので最適な保管場所です。茹でたパスタはその日のうちに食べきるのがおすすめですが、オリーブオイルを絡めてから冷蔵庫で保存できます。冷凍保存する場合は、オリーブオイルを絡めてジップロックに入れて平らにして空気を抜いて保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

パスタの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パスタの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パスタの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パスタの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パスタの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

パスタをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社