キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

パプリカをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

パプリカはナス科トウガラシ属の野菜で、ピーマンの一種です。唐辛子の仲間ですが、辛みがなくピーマンとよく似た味わいをしています。オレンジ・赤色・黄色といった鮮やかな色合いがきれいで、料理に彩を加えます。料理に使うだけで華やかな仕上がりになり、ピクルス・炒め物・揚げ物・蒸し物・焼き物など幅広い料理に使われます。オリーブオイルやチーズなどの洋食の食材とよく合い、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれる野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなすのレシピを紹介しています。パプリカを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

パプリカの栄養素

パプリカはビタミンCが豊富で、ピーマンより多く含まれています。ビタミンCは風邪の予防や、メラニンの生成を抑えてしみやそばかすの予防に効果があると言われいてます。赤色のパプリカは3分の1個分で一日の必要なビタミンCを摂取できるので、美容を気にかけている方にぜひおすすめです。パプリカは緑黄色野菜なのでβカロテンも豊富で、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。その他にもビタミンA・ビタミンE・カリウムなどが含まれています。

パプリカの旬

パプリカは一年を通じて流通していますが、ほとんどが海外から輸入されているため通年手に入ります。多くありませんが国内でも栽培されており、国内の露地栽培の収穫時期は6月~9月頃で、夏が最盛期でおいしい旬の時期になります。ピーマンと同じ夏野菜で、夏にパプリカを使った料理を作って日焼けによるしみそばかすの予防に役立ててはどうでしょうか。

パプリカの産地

! /image/〇〇
パプリカはほとんどが輸入に頼っている野菜で、韓国産のものが約1,859トンと一番多く全体の約54%を占めています。次に多いのがオランダ産で全体の約11%、次いでニュージーランド産の約9%となっています。国内産のパプリカは高知県と宮崎県が産地として知られ、生産量が増えてきています。

パプリカの選び方

パプリカは艶がありきれいな色味で、持った時に重みがありしっかりと弾力があるものがおすすめです。皮にシワが寄っているものは鮮度に欠けて、軸の切り口がきれいで新しいものを選びましょう。切り口が乾燥したり茶色く変色しているもは鮮度が落ちているので避けましょう。柔らかいものや傷があるものは避けて、大きすぎるものは味が劣るので適度なサイズのものがおすすめです。

パプリカの保存方法

パプリカを冷蔵保存するときは、乾燥をさけるためにビニール袋に入れて野菜室に入れて保存します。カットしたものは水気を拭いて保存袋やタッパーなどの容器にいれてしっかりと口を閉じます。パプリカはシャキシャキ感が多少失われますが、冷凍保存も可能です。中の種やワタを取り除いて食べやすいサイズにカットして、水分をふき取ってジップロックなどの保存袋に入れて、空気を抜いてしっかりと口を閉じて冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

パプリカの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パプリカの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パプリカの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パプリカの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パプリカの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

パプリカをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社