キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

牡蠣をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ぷりっとした食感の牡蠣は生で食べてもおいしい魚介類です。生牡蠣はもちろん、蒸したり焼いたりと、さまざまな料理を楽しめます。浅い海に多く分布し、世界各地で食べられいます。牡蠣は養殖も盛んで、古代ローマ時代にはすでに牡蠣の養殖がされていて、日本では約400年前から牡蠣の養殖がされていました。牡蠣は醤油やポン酢などの日本の調味料から、バターやオリーブオイルなどの西洋の調味料ともよく合い、幅広い料理に使うことができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて牡蠣のレシピを紹介しています。牡蠣を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

牡蠣の栄養素

牡蠣は栄養価の高い魚介類として知られ、海のミルクとも呼ばれています。牡蠣には貧血予防に効果がある鉄や銅などのミネラルを多く含み、牡蠣の鉄分は体内に吸収されやすいヘム鉄です。その他にもスタミナ増強や疲労回復に効果のあるタウリン、体の代謝や細胞を作る亜鉛は100g中に14.5mg含まれています。亜鉛は美肌や美髪を作る効果も期待でき、女性にとってうれしい栄養素です。

牡蠣の産地

日本での牡蠣の水揚げ量は、ほとんどが広島県と宮城県が占めています。宮城県で生産される牡蠣は真牡蠣で、全て養殖牡蠣になります。広島県の牡蠣は栄養が豊富なため大ぶりで、あっさりとしていて加熱用に向いています。宮城産の牡蠣は小ぶりですが濃厚でクリーミーな味わいなので、生食に向いています。

牡蠣の旬

! /image/〇〇
牡蠣の旬は牡蠣の種類によって違いがあり、真牡蠣は10月~3月にかけてが旬で、岩牡蠣のおいしい旬は6~8月と言われています。牡蠣の旬は産卵時期と関係があり、産卵のために体内に栄養を蓄えている時期がおいしいと言われています。種類によって11月ごろから美味しくなる牡蠣、3~4月にかけておいしい牡蠣などがあり、種類によってほぼ一年を通じておいしい牡蠣を味わえます。

牡蠣の選び方

殻付きの牡蠣を買う際は、殻に傷が多いと洗浄作業の過程で弱ってしまっていることがあるため、殻が深く傷が少ないものを選びます。重さがしっかりとあり、殻がしっかりと閉じているものが新鮮です。殻の付いていないむき身の牡蠣は、貝柱が半透明なものが新鮮で乳白色のものは鮮度が下がります。牡蠣の身が少し黄色がかっているものは新鮮で、水がでてしまっているのは鮮度が落ちているので確認しましょう。

牡蠣の保存方法

殻付きの牡蠣を冷蔵保存する際は、保存容器に並べてキッチンペーパーを濡らしてかぶせます。ラップをふんわりとかけて冷蔵庫に保存して、2日以内には食べてしまいましょう。冷凍保存する場合は流水で洗って水気を拭き、保存袋に入れて冷凍庫に入れて1ヶ月を目安に使い切りましょう。むき身を冷凍保存する場合は、密閉パックのものはそのまま冷凍庫に入れて保存し、密閉されていないものは流水で洗って水気を拭いて、ラップで包んで保存袋に入れて冷凍保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

牡蠣の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牡蠣の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牡蠣の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牡蠣の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牡蠣の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

牡蠣をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社