キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

牡蠣の記事一覧

キッチンブックの「牡蠣」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    濃厚な味わいで栄養満点な牡蠣は、別名で海のミルクと呼ばれています。肝臓の働きをサポートして疲労回復に役立つグリコーゲンや、貧血を予防してくれる鉄や銅などのミネラル、体内の酵素やホルモンの構成成分となる亜鉛、スタミナをつけてくれるタウリンなど、私たちの体にうれしい成分が多く含まれています。現在では養殖技術が発達し、日本国内では日本海側、太平洋側の各地で養殖されており、1年を通してスーパーに並んでいます。牡蠣は大きく2種類に分けられ、真牡蠣は冬に、岩牡蠣は夏に旬を迎えます。旬の牡蠣はぷりっとしてクリーミーな味を楽しめますよ。牡蠣をおいしく食べて、キレイと元気を手に入れましょう。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    たっぷりのうまみを持ちプリプリの食感が魅力の牡蠣は、カラダに必要な栄養素をバランスよく含んでいる栄養満点食材です。魚介類に多いアミノ酸の一種、タウリンが豊富に含まれ、肝機能の強化に効くほか生活習慣病の原因となる血中のコレステロールや中性脂肪、血糖値を下げたり血圧を正常に保つ働きをもっています。また、牡蠣のもつ糖質にはエネルギー源となるグリコーゲンが多く疲労回復や体力をつけたい時に最適な食材です。亜鉛や鉄、銅、カルシウムなどのミネラルも豊富で、肌の健康維持や貧血予防、骨や歯の強化にも役立ちます。子供から高齢者まで家族の健康をサポートしてくれる牡蠣をぜひ活用しましょう。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    海のミルクと言われるほど、うまみと栄養が豊富な牡蠣。良質なタンパク質の他にも亜鉛や鉄などのミネラルやビタミン類もバランスよく含んでいます。糖質の一種グリコーゲンも多く、元気に欠かせないエネルギー源になり疲労回復に役立ちます。特に豊富な亜鉛は、新しい細胞をつくるのに欠かせないため健康な肌や髪を作ったり、正常な味覚を保つなど重要な役割を持っているんです。肝臓の機能を助ける働きもあり、牡蠣に豊富なタウリンとともにアルコールの分解を助けて二日酔いを予防する効果も期待できるのでお酒のお供にもぴったりなんですよ。牡蠣は蒸すことでうま味が際立ち、プリプリふわふわの食感が楽しめます。ビタミンCが豊富なレモン汁などをかけて食べると亜鉛や鉄の吸収が良くなりますよ。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ9選

    牡蠣には数種類あり食用には真牡蠣、岩牡蠣などがあります。旬は真牡蠣が12月~3月、岩牡蠣は6月~8月です。牡蠣は海のミルクともいわれており、大変栄養がある食材です。貧血予防効果があるミネラルや疲労回復に効果があるタウリンなどが豊富に含まれています。肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒をよく飲む方にもおすすめの食材です。新鮮な牡蠣は生で食べることができます。他に焼いたり蒸したり鍋に入れたりなど様々な料理に使われています。牡蠣を使ったフライ、天ぷら、フリット、アヒージョなど揚げるレシピを厳選してご紹介します。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    カキフライ、鍋物、グラタンなど熱々な料理から、生でも食べられる牡蠣。「真牡蠣」の旬は冬に旬を迎え生食用・加熱用と様々な料理に使われることに対し、「岩牡蠣」は春〜夏に旬を迎え、生食用が一般的です。身が乳白色で、牛乳と同じように様々な栄養素を含んでいることから別名「海のミルク」とも呼ばれます。肌や髪を健康に保つ亜鉛は、味覚に大きく関係し、免疫力アップなどの効果も期待されます。アンチエイジングにはか欠かせないセレンも多く含み、積極的に摂りたい栄養素が含まれていますが、亜鉛などの過剰摂取は下痢や嘔吐などの中毒症状や腎臓などの健康を害する危険があるので食べ過ぎには要注意です。食中毒にも注意が必要で、正しい知識を持って美味しくいただきたいですね。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    牡蠣は海のミルクと呼ばれています。牡蠣はぷりぷりとした食感が特徴的です。牡蠣には栄養がたくさん含まれています。ミネラル成分やタウリンが豊富に含まれているので栄養食にもなっています。中でもミネラルの一種である亜鉛が豊富で味覚障害の予防の働きがあります。タウリンが豊富に含まれているので疲労回復効果、乳酸の抑制の効果があります。また、肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒を飲んだ後に食べると良いです。牡蠣はシンプルに焼いて食べるのもよいですし、パスタや炒め物など様々な料理に使うことができる食材です。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぷりっぷりの牡蠣を使った人気レシピ20選:主食からおつまみまで

    これからの寒い季節に旬を迎える牡蠣。 牡蠣はビタミンやミネラル、タウリンが豊富で免疫力アップや健康増進に効果的。また、美肌効果や貧血改善の効果もありますので、女性必見の食材です。牡蠣は煮てよし、焼いてよし、揚げてよしで、さまざまな料理にすることができ、いろんな味が楽しめます。 この記事では、牡蠣の基礎知識に加え、牡蠣の栄養素、牡蠣の調理法、牡蠣の主食レシピ、牡蠣のおかず、レシピ、牡蠣のお鍋レシピ、牡蠣のおつまみレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社