キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

その他の記事一覧

キッチンブックの「その他」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ザーサイを使ったおすすめ定番料理10選

    ザーサイは中国が原産の野菜で、茎の部分が肥大しているのが特徴です。ザーサイの漬物は10種類以上のスパイスを効かせて塩漬けされ、中華料理のお粥に欠かせないトッピングになっています。ザーサイと言えば漬物にされたものが使われますが、生のザーサイはコリコリとした食感が特徴で炒め物やチャーハンの具材として使われます。1900年頃に四川省で作られたのが始まりと言われ、日本で売られているザーサイはほぼ中国産ですが茨城県でも栽培されています。βカロテン・食物繊維・必須アミノ酸・カリウムなどの栄養素を含み、ピリッとした辛さがビールによく合いお酒のおつまみにも人気です。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのキムチを使った人気レシピ10選

    ピリ辛でおつまみやおかずにぴったりのキムチ。白菜などを塩漬けにし、唐辛子やにんにく、果物などと一緒に発酵させた加工食品です。朝鮮半島では極寒期の食糧不足を補うため、保存食として食べられていたと言われています。キムチの主な栄養素は、辛味成分であるカプサイシンやビタミン類などです。カプサイシンは中枢神経を刺激し、代謝をアップさせる働きがあります。脂肪を分解する効果も期待できるため、ダイエットにおすすめです。発酵して作られたキムチにはビタミンB1、B2、B12なども含まれています。善玉菌を増やす働きのある乳酸菌も含まれるため、ヨーグルトが苦手な人にもぴったりです。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのザーサイを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感が特徴のザーサイ。アブラナ科アブラナ属に分類される野菜で、中国が原産地です。茨城県などでも栽培されていますが、ほぼ100%が中国からの輸入品と言われています。ザーサイは野菜ですが、ザーサイを漬物にした食品もザーサイと呼ばれます。漬物のザーサイは、塩水につけたり、香辛料などを漬け込んで発酵させて作ります。ザーサイの主な栄養素は、カリウムや鉄分、カルシウムなどです。カリウムは、体内のナトリウムを排出する働きがあり、むくみを解消するのに役立ちます。鉄分は血液に含まれるヘモグロビンを作り出すため、貧血予防に効果的です。鉄分とビタミンCを一緒に摂ると吸収率が上がるため、ザーサイとビタミンCの多い野菜や果物などを一緒に食べるのがおすすめです。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのザーサイを使った人気レシピ10選

    香辛料を加えて漬け込んだ中華食材、ザーサイ。コリコリとした食感と酸味、ピリ辛な味わいが特徴です。ザーサイは体力の回復や食欲増進、胃もたれの解消などに効果があり、夏バテや病み上がりにもおすすめの食材です。また、ザーサイには整腸作用のある食物繊維や皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるβカロテンなどの栄養を多く含んでいます。ザーサイは、そのまま食べてもおいしいですが、細かく刻んで調味料として使ったり、おかゆやスープに入れてだしとして使ったり、具材としてコリコリとした食感を楽しんだり、ザーサイの調理方法はさまざま。ぜひ、いつもの料理にザーサイを取り入れて、風味豊かな一品を作ってみてください。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのキムチを使った人気レシピ10選

    キムチの主成分は唐辛子で他ににんにくや白菜が使われています。キムチに使われている唐辛子にはカプサイシンが含まれていて、体内の脂肪を燃焼させる働きがあるのでダイエットにおすすめの食材です。また、ビタミンB群が含まれているので、新陳代謝を活発にさせる働きがあります。老廃物を排出し血液の循環を良くし肌を健康に保つ働きがあるので特に女性におすすめの食材です。キムチはそのままご飯のおかずとして食べるのはもちろん、他の食材と組み合わせて調理をするレシピが多く紹介されています。昼ごはんにぴったりのメニューがあるのでぜひレシピを参考にしてください。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    ザーサイは漬け物の一種で、中国の代表的な食材であり日本でも人気があります。コリコリとした食感でやみつきになる味わいが特徴的な食材です。風味が良くごはんのおかずやお酒のおつまみにぴったりです。ザーサイはむくみ防止効果があるカリウムや貧血予防効果がある鉄分を豊富に含んでいます。またカルシウムやビタミンK、食物繊維を含んでいるので健康に良い食材と言えます。そのまま食べるのはもちろん、スープに使ったりチャーハンにもぴったりの食材です。今話題の糖質オフのレシピが数多く紹介されているので料理に活用してください。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    キムチは野菜、唐辛子、にんにく、香辛料などを併せて作られる発酵食品です。白菜を主に使用しるキムチは低カロリーで、食物繊維、ビタミン、カルシウム、ミネラルをバランスよく含みます。発酵する段階でビタミンB群が大幅にアップするのも特徴ですよ。唐辛子には、消化を助けるカプサイシンを多く含み、抗酸化作用による老化防止にも効果的です。ニンニクには食欲を増進させ、ビタミンB1の吸収を促す効果が期待されています。じっくり発酵させたキムチはヨーグルトにも負けないほどの乳酸菌をたっぷり含むため、腸内環境を整えるのにも効果的です。腸内環境が整うことでダイエットや美肌にも有効で、美と健康を維持するのにぴったりな食材ですよ。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのキムチを使った人気レシピ10選

    キムチは白菜などの野菜を塩、唐辛子、にんにくで漬けて作られる、韓国料理の一つです。キムチに含まれる唐辛子には体を温めてくれる効果があるので、朝ごはんにもオススメです。韓国の本格的なキムチは魚介の塩辛を使って作るので、独特のにおいがあります。韓国キムチは体に良い発酵食品として根強い人気があります。日本のキムチは浅漬けのように作られていて、日本人の口に合う味付けに改良されています。キムチは白菜を使って作るのがメジャーですが、他にも大根やきゅうりなどを使って作られています。スーパーではキムチの素が売られているので、家でも簡単にキムチが作れます。自分の好きな具材でキムチを作ってみてはいかがですか? この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    中華料理にかかせないザーサイは中国が原産の野菜で、国内生産が少ないためほぼ輸入されていますが茨城県や神奈川県でも生産されています。カラシナの変種で根元が膨らんでいるのが特徴で、生で使うよりも漬物にされたものを使うことが多くなっています。生で食べるとコリコリとした食感で、炒め物やチャーハンに使われます。10種類以上のスパイスを効かせて塩漬けされ、お粥のトッピング・和え物・炒め物に使うとピリッとした辛さがアクセントになります。ザーサイは鉄分とβカロテンが豊富で、その他にも食物繊維、必須アミノ酸、カリウム、ミネラル類など豊富な栄養素を含んでいます。中華料理以外にも色々使えるので、ぜひ栄養豊富なザーサイを色々な料理にプラスしてみてはどうでしょうか。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    キムチは白菜などの野菜を唐辛子、塩、にんにくで漬け込んで作られている韓国料理の1つです。キムチには独特の匂いと刺激的な辛さがあり、一度食べると病みつきにさせる味つけですよね。韓国のキムチは発酵食品なので、乳酸菌がたっぷり含まれており、体に良い食材です。キムチの乳酸菌は胃酸に強く、生きたまま腸に届いて腸内環境を整えてくれる働きがあります。日本のキムチは浅漬けのように作られ、日本人の口に合う味付けのものが多いです。キムチは豚キムチや鍋などのいろんな料理に使われており、そのままでも手軽に食べられるので、毎日の食事に取り入れやすい食材ですよね。キムチで糖質オフダイエットと、腸活をして健康的な体を維持してくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    健康食品として人気が高いキムチ。食物繊維が豊富な野菜を中心に、唐辛子やにんにく、香辛料などから作られた発酵食品です。キムチに使われる野菜の代表、白菜にはビタミンB群やビタミンC、鉄分やカルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富です。特に、ビタミンB群は発酵段階で大幅に増加します。また、唐辛子には脂肪燃焼作用や消化を助けるカプサイシンが多く含まれ、ダイエットや生活習慣病の予防をサポートします。殺菌作用やスタミナ増進効果があるにんにくなどの香辛料、魚介エキス、果物も多く使われており、さまざまな栄養を摂取できます。発酵食品のキムチには、乳酸菌も豊富で、腸内環境を整え、肌をきれいにする働きもあります。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    キムチは朝鮮半島の保存食ですが、日本でも人気のある食材です。韓国製のキムチは魚介塩辛などを使った発酵食品なので乳酸菌を含み、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。日本のキムチは浅漬けの製法で作られるため、韓国のキムチとは区別されます。韓国製のキムチは魚介の塩辛が発酵しているため、酸味とうま味が強くなっていますが好き嫌いが分かれることもあります。キムチを使った料理には、キムチチゲ・キムチチャーハン・豚キムチなどがあります。キムチを加えるだけアレンジを加えることができ、ビールのおつまみとしても人気があります。キムチはチーズなどの洋食の食材ともよく合い、キムチーズトーストなど意外な組み合わせを楽しむこともできます。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    コリコリとした食感と酸味や塩気、ピリ辛の風味が特徴のザーサイ。ザーサイには食物繊維やβカロテン、たんぱく質、ミネラルなどの栄養が豊富です。また、うまみ成分であるグルタミン酸や必須アミノ酸などを多く含んでいます。ザーサイには、食欲増進や体力の回復、胃もたれの解消などにも効果があり、病み上がりや夏バテにもおすすめの食材です。ザーサイは漬物としてそのまま食べるのはもちろん、みじん切りにすれば、調味料としての役割も果たします。料理に加えれば、味にコクが出て、いつもの料理にもアクセントが付けられるのでおすすめです。店頭にはさまざまなザーサイが並び、それぞれの風味と味わいが楽しめるザーサイ。好みのザーサイを見つけるのも楽しいですね。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ザーサイはザーサイというアブラナ科の野菜を天日に干し、塩漬けしてから塩、唐辛子、花椒などで味付けして作られる漬物のことです。スーパーなどで瓶詰めにして売られており、手軽にいつでも手に入る食材です。日持ちもするので、使い勝手も良いですよ。辛みと酸味のある味付けとコリコリとした歯触りのよい食感がが特徴で、そのままお酒のおつまみとして食べたり、刻んで料理に使われたりしています。料理に少し足すだけでうまみが増えて、いつもの料理がぐっとランクアップしますよ。中華料理に使えば本格的な味に仕上がるので、パーティー料理としても喜ばれます。幅広く活用できるので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。10

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    キムチは発酵食品のひとつで、辛い味が特徴的でご飯のお供にもぴったりの食材です。そのままご飯と一緒に食べるのはもちろん、チャーハンやどんぶりにしたり、豚キムチ等の炒め物等キムチを使ったメニューがありアレンジレシピが沢山紹介されています。意外かもしれませんがキムチは美容効果が高い食品です。キムチには唐辛子が使われていてカプサイシンが含まれている為、脂肪燃焼効果や新陳代謝を上げる効果があります。また、乳酸菌が含まれているので美肌効果があります。ご飯のおかずやお弁当のおかずにもおすすめなのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    中国を代表する漬物、ザーサイ。ピリッとした甘酸っぱさとコリコリとした歯ごたえが特徴です。日本でも人気があり、瓶詰やパック詰め、味付けもさまざまなものが売られており、持ちもするので、手軽に楽しめる食材です。ザーサイには造血作用のある鉄分が多く含まれ、貧血予防に効果があります。むくみの解消に役立つカリウムや、整腸作用のある食物繊維、骨や歯の健康維持に欠かせないカルシウムなども豊富です。ご飯のお供やお酒のおつまみにぴったりなザーサイですが、細かく刻めば、調味料としても大活躍。いつもの料理にザーサイを加えれば、中華風味のテイストに様変わりします。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    程よい酸味と辛味のあるキムチ。単独で食べるのはもちろんのこと、野菜と一緒にしても、肉と一緒に炒めても、ご飯にのせてもよく合いますよね。もともとキムチは、朝鮮半島の厳寒期に備えて作られた非常食で、野菜を塩漬けしたものが始まりと言われています。これに香辛料やニンニク、山椒などが加えられ、現在の姿に進化してきました。味わいが特徴的なのはもちろんですが、乳酸発酵によるうま味もキムチならではの味わいです。そして、香辛料にはカプサイシンが含まれているため、体を温めてくれる効果もあります。乳酸菌もたっぷり入っているため、腸内環境を整えるのにも最適です。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    コリコリとした食感が持ち味のザーサイは、中華料理には欠かせない食材のひとつです。ザーサイの原料は青菜頭(チンサイトウ)で、からし菜が変異した品種になります。この青菜頭の根元にあるコブ状の塊を漬けたものがザーサイです。ザーサイはそのままおつまみとしても食べることができますが、料理に使う食材として幅広いレシピに活用できます。漬物としてのイメージが強いザーサイですが、一部では生の状態で流通しているようです。ザーサイに含まれている栄養素には、むくみを予防するカリウムや整腸効果が期待できる食物繊維などが含まれています。またザーサイは発酵食品でもあるため植物性乳酸菌を含んでおり、肌荒れの改善にも役立つと考えられています。この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    コリコリとした食感が特徴の中国の漬物、ザーサイ。甘酸っぱい味付けがお酒のおつまみや白ご飯によく合います。ザーサイには、体内のナトリウムの排出をサポートするカリウムが豊富で、塩分の取りすぎやむくみの解消に効果があります。貧血予防に有効な鉄分や、イライラの解消、丈夫な骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、整腸作用のある食物繊維も豊富で、積極的に取りたい健康食材です。ザーサイは塩などの香辛料などに漬けてく作られた発酵食品で、ザーサイによる塩分の取りすぎには注意が必要ですが、料理に加えればザーサイの風味が広がり、シンプルな味付けで調味ができます。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    キムチはそのまま食べても、ご飯かけても美味しい、辛みのある漬物です。しっかり味がついているので、料理に加えると旨味が増し、調味料にもなる食材です。発酵して作られるキムチには、乳酸菌やビタミンCが豊富に含まれています。便秘の改善にも役立つので、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。キムチは韓国が発祥で、白菜などの野菜を塩、唐辛子、にんにく、魚介の塩辛などで漬け込んで作られています。白菜の他にきゅうり、大根などが多く使われています。スーパーではキムチの素が売られているので、発酵させずとも、浅漬け感覚で手軽にキムチが自分で作れますよ。好きな具材を漬け込んで、自家製キムチを作ってみてくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ザーサイは中国が原産の野菜で、中華料理に欠かせな食材になっています。茎の部分が肥大しているのが特徴で、茎の部分は漬物に使われ中国ではお粥のトッピングとして欠かせない存在になっています。生のザーサイは炒め物やチャーハンの具材として使われ、コリコリとした食感が特徴です。ザーサイはほとんどが中国産ですが、日本では茨城県などで栽培されています。ザーサイの漬物は1900年頃に四川省で作られたのが始まりと言われ、10種類以上のスパイスを効かせて塩漬けされます。ザーサイは小松菜より多くの鉄分が含んでおり、抗酸化作用があり心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果のあるβカロテン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどを含んでいます。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    韓国の定番料理であるキムチ。日本でもさまざまなメーカーから商品が販売されているように、人気の高い食品と言えます。ピリッとした辛さがあり、献立のアクセントにもなりますね。そもそもキムチは「野菜を漬けたもの」を意味する「チムチェ」という言葉が変化したものという説があります。保存食として作った野菜の塩漬けににんにくや唐辛子などを加えたものが原型とも言われていて、乳酸菌の発酵による独特な香りが特徴です。製造の過程で乳酸菌を加えるため、キムチを食べると乳酸菌を摂取できます。乳酸菌はヨーグルトなどに含まれていることが有名で、整腸作用があります。ビタミンCやビタミンAなども豊富で、抗酸化作用による老化防止が期待できます。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    栄養満点の健康食品といわれるキムチ。韓国生まれですが、今では日本でも日常的に食べられている食品ですね。キムチはそのまま食べるだけでなく、炒め物やスープなど、他の食材と組み合わせた料理もあり、強い酸味のある調味料として使うこともできます。ご飯に合うイメージがありますが、意外にもキムチとパンの組み合わせも、相性が良いのです。キムチは味の主張が強いので、サンドイッチの具の一つに加えると、ピリ辛の要素が加わり、グッと味が引き締まります。組み合わせる食材によっても、アレンジできるのでさまざまなサンドイッチレシピができますね。また、ホワイトソースやチーズとキムチを合わせたパンレシピもおすすめです。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    中華料理でおなじみのザーサイ。コリコリとした食感が特徴で、おつまみのほか、チャーハンやスープの材料として使われることもあります。そもそもザーサイはアブラナ科の越年草で、カラシナという植物が変異してできた野菜です。茎の部分がゴツゴツしていますが、花は菜の花に似ています。主に中華料理で使われるザーサイはゴツゴツしたこぶの部分を漬物にしていて、漬ける際に塩分をしぼる工程があることから「搾菜」と書くとされています。ザーサイにはカリウムが豊富に含まれているため、体内の余分なナトリウムを排出する働きが期待できます。むくみの解消にもつながるため、お酒を飲んだ後に食べるのもおすすめです。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    中華料理によく使われるザーサイは、コリコリとした食感が特徴で、日本ではすでに味付けして漬物として売っているものを指しますね。塩漬けしてあるため、そのままでも食べられますし、味や食感を利用してさまざまな料理に使えます。カロリーは100gあたり23キロカロリーと、漬物の中では低カロリーですが、塩分が高いので食べすぎには注意しましょう。ザーサイは特徴的な酸味と香りがあり、発酵が繰り返されてできているため、栄養成分も多いです。体に不可欠な、たんぱく質やβカロテン、食物繊維、ミネラルなどが含まれ、体調不良を正常に戻そうとしたり、新陳代謝を高めるはたらきがあります。二日酔いや車酔いを和らげる効果もありますよ。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    最初はただの野菜の塩漬けだったキムチ。各種の香辛菜類が加わることで、キムチ独特の味を出し、時がたち唐辛子が使用されるようになりました。そしてさらに時がたち、結球白菜が普及したことにより、現在のキムチになりました。このおつまみレシピに使用しているキムチは、白菜のキムチですが、大根など具材がいろいろあり、その種類は200以上です。そんなキムチにはさまざまな栄養効果があります。主体の野菜に含まれるビタミンC、ビタミンBなど豊富です。またキムチに使われている、唐辛子、ニンニク、ショウガにもそれぞれの栄養が含まれています。野菜主体なので、低カロリーなため、ダイエットにもむいている食品です。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ピリっと辛く、食欲をそそるキムチは、野菜や唐辛子、香辛料などを原材料とした発酵食品のひとつです。白菜を使用したキムチには、ビタミン、カルシウム、鉄分、カリウムを含みます。唐辛子に含まれる辛み成分の「カプサイシン」には脂肪燃焼作用やコレステロール値を抑える効果が期待されますので、ダイエットや生活習慣病対策に効果的ですよ。納豆と組み合わせることで、キムチの乳酸菌は納豆の納豆菌を媒介として乳酸菌が増え、腸内環境が整って美肌効果や便秘対策、カプサイシンの働きを助ける作用がありますよ。美容を保つために欠かせないキムチは他にも様々な食材と相性抜群なので料理に加えてアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    韓国の家庭料理でもあるキムチは、言わずと知れた美容に良い食べ物のひとつです。キムチに含まれる乳酸菌には、腸内の乳酸菌が合わさることで胃腸の働きが活発になり、便秘解消に繋がります。便秘が解消されることで腸内環境が整い、肌トラブルの改善にも効果的ですよ。キムチの材料に使われる唐辛子には、辛み成分である「カプサイシン」が含まれ、基礎代謝を活性化して効率よく脂肪を燃焼してくれるため肥満予防やダイエットにも効果的です。規則正しい食事にキムチをプラスすることで体の中から健康的に美容を保つことができます。ご飯や麺とも相性抜群なのでお好みの料理にプラスしてみてくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キムチを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    キムチは漬物のひとつであり、野菜の塩漬けを意味する「沈菜(チムチェ)」という言葉からきています。日本ではあまりなじみがありませんが、韓国ではキムチを保存する冷蔵庫があります。キムチを作る時に欠かせない唐辛子には、辛み成分の「カプサイシン」が含まれています。また主材料のひとつでもあるニンニクは、アリシンという匂い成分が含まれており、キムチが発酵する過程でビタミンB1と結びつき、アリチアミンになります。このアリチアミンには、筋肉疲労を回復させる作用があります。キムチは保存のきく発酵食品でもあるので、腸内環境を整える乳酸菌も含まれています。キムチを色々な材料と組み合わせ、キムチ料理を楽しんでください。この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ザーサイは野菜の名前ですが、日本では中華の漬物として有名です。漬物のザーサイの主原料は茎の部分で、シャキシャキと食感が良いのが特徴。ザーサイには独特な香りと酸味があり、発酵食品であることから栄養成分も多く含まれます。主成分はたんぱく質、βカロテン、食物繊維、ミネラルなど体に不可欠な栄養素です。体の新陳代謝を高め、体調不良や代謝不良を正常に戻そうとする役割がある食材です。また、悪酔いや胃もたれに効果的で、二日酔いのときや病後の回復期のほか、車酔いや船酔いにも効くと言われています。そのまま食べたりあえ物にするのもいいですが、炒めものに混ぜても味のアクセントになっておいしいですよ。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社