キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

玉ねぎの記事一覧

キッチンブックの「玉ねぎ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

    様々な料理につかわれる玉ねぎ。玉ねぎには硫化プロピルという成分が含まれており、血液をサラサラにする効果が期待されます。他にもオリゴ糖や食物繊維も含まれているため整腸作用があります。玉ねぎを生で食べるときと加熱するときの効能自体に大きな差はありませんが、加熱をすることで栄養素が変化しセパエンという物質に変化します。そのため加熱することで、甘みがうまれ子供でも食べやすくなりますよ。また、玉ねぎには血管を丈夫にする効果も高いと言われているため、成長のためには離乳食から積極的に食べてほしい食材です。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

    幅広いレシピで活躍する玉ねぎ。収穫量の半数以上を北海道が占めていますが、全国的に栽培されており保存もしやすいため、通年安定して手に入れやすい野菜です。血液サラサラ効果が高いことも有名ですが、その効果の元は、主に硫化アリルという成分。血流を助け、動脈硬化・脳卒中・高血圧などを予防します。硫化アリルはビタミンB 1との相性が良いのも特長。ビタミンB1の吸収を促進し、結びつくことで血糖値を抑えてくれます。一方で調理中のツーンとした痛みや独特の臭いの原因でもある硫化アリルですが、加熱することで甘み成分へと変化します。健康効果をより生かすには生に近い状態がおすすめですが、じっくり火を通した時の甘みも、玉ねぎの大きな魅力です。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    玉ねぎにはポリフェノールの一種であるケルセチン、硫化アリルという成分が多く含まれています。ケルセチンとは強い抗酸化作用があるため、血管をしなやかで丈夫なものにしてくれ、さらさらとした血液を作ってくれるので血流をよくしてくれます。また、酸化アリルは玉ねぎを切る際目が沁みたりする成分でもあるのですが、血中の余分な脂質を減らす働きもあるのです。血液をさらさらにしてくれる上に血管を強くしてくれる玉ねぎは健康を維持するために必要な食材でもありますよね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

    どんな料理にも使える便利な野菜と言えば玉ねぎです。色や見た目に特徴がないため、どんな料理にも合わせやすいです。独特の臭いと辛みがありますが、炒めると臭いや辛みは和らぎ甘みが出ます。水にさらすと辛みが消えて、サラダやサンドイッチ、ドレッシングなどに使えます。ご飯・麺類・野菜・お肉などどんな食材とも合わせやすく、料理のかさ増しアイテムとしても活躍します。玉ねぎにはむくみを防止するカリウム、悪玉コレステロールを減らして脂肪の吸収を抑制する効果があるケルセチン、血液をサラサラにして高血圧や糖尿病などを予防する硫化アリルが含まれています。日持ちもよくお財布にもやさしいので、ぜひ家に常備しておきたい野菜ですね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    玉ねぎは紀元前のエジプト王朝時代には食べられていた記録が残っている、歴史の長い野菜です。どの家庭にも必ず常備していると言っていいほど料理に使われる野菜の1つで、和食・洋食・中華などどんな料理にも使える便利な野菜です。擦り下ろしてドレッシングにしたり、みじん切りにしてハンバーグのたねに入れたりとさまざまな料理に使うことができます。脇役的な使い方が多いですが、新玉ねぎは柔らかく甘みがあるので玉ねぎを丸ごと一個使うレシピも人気があります。玉ねぎの臭いや辛味の成分である硫化アリルには血液をサラサラにして、高血圧や糖尿病、動脈硬化など生活習慣病を予防する効果があります。食生活が乱れている方は玉ねぎを積極的に料理に取り入れてみましょう。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

    家に必ず常備している野菜と言えば玉ねぎ。様々な料理にも使える便利な野菜で、スープや炒め物、麺類の具材、煮物などどんな料理にも合わせやすいです。生で食べると独特の辛みがありますが、火を通すと甘みが増します。生でも薄切りにして水にさらすと辛みが和らぎ、サラダやサンドイッチなどに使うことができます。好き嫌いが分かれない野菜で、お子さまも喜んで食べてくれるので助かりますね。玉ねぎはカットすると涙が出ることがありますが、この成分は硫化アリルと呼ばれ、血をサラサラにして高血圧や糖尿病などに効果があると言われいています。日持ちするので保存しやすく、低価格でお財布にもやさしい主婦の強い味方です。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

    玉ねぎは電子レンジで加熱した方がフライパンで炒めた時よりも2倍の甘さに仕上がります。理由は電子レンジとフライパンの加熱速度にあり、すばやく熱を伝える電子レンジの方が玉ねぎの辛味成分「硫化アリル」を蒸発させやすいからです。電子レンジで加熱した玉ねぎを肉じゃがなどのレシピに加えると砂糖の量を減らせるうえに、料理のうまみも増します。玉ねぎは新陳代謝を盛んにしたり、血液をサラサラにする働きがあります。またビタミンB1とつながりやすいため、ビタミンB1の吸収を促します。玉ねぎは全国で収穫されているため品種を問わなければ1年中旬です。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

    家庭の常備食材である玉ねぎは、炒め物や汁物、サラダまで幅広く活躍してくれます。玉ねぎを切ると目に刺激を与える成分は「硫化アリル」で、健康維持に役立つ効能を持っているんです。血液をサラサラにする作用があるため、動脈硬化や脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病の予防につながります。糖質をエネルギーに変える代謝に欠かせないビタミンB1の吸収を促す働きもあり、ビタミンB1が豊富な豚肉などの食材と一緒に摂取すると、疲労回復を助けます。一般的な薄茶色の黄玉ねぎは生食では辛味が強いですが、水にさらすと辛味が和らぎ、サンドイッチの具材にすればシャキシャキ食感が楽しめます。玉ねぎを他の具材と一緒にパンにのせて焼くレシピでは、玉ねぎの甘みと旨味で料理の風味がアップしますよ。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

    玉ねぎというと、切ると目が沁みたりツンとくるにおいがあるイメージですが、高血圧や糖尿病、心臓病などの病気や、美容にもよいとされています。玉ねぎには硫化アリルという血圧の病気に効果的な成分や、老化を防ぐポリフェノールの一種の成分が豊富にふくまれている食べ物です。そんな健康に良い玉ねぎですが、新鮮な玉ねぎを選ぶポイントは上部の先が尖っていて、身が固く締まっていて、重量感のあるものをがよいとされています。また、家においてある玉ねぎをカットしてみて新芽が伸びているものは味が落ちているのでできるだけ早く食べるようにしましょう。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

    普段の食卓に並ぶことの多い玉ねぎですが、美容効果が高いことをご存知でしょうか。玉ねぎをとることで血液の循環をよくします。血液の循環が悪いと老廃物が溜まり、ダイエットをしても痩せにくくなったり、肌状態が悪くなってまいます。また、ポリフェノールの一種であるアリシンという成分が豊富に含まれているため、体が温まり、脂肪燃焼の効果も促してくれます。そして、玉ねぎには食物繊維やオリゴ糖も含まれているので腸内環境を正常化してくれるのでデトックス効果も高いです。良いことづくめでお手頃な玉ねぎ、たくさんメニューに取り入れましょう。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

    常備野菜の代表格・玉ねぎ。そのまま焼いても甘みが引き立って美味しく、炒め物や煮物などどんな料理にも合う他、みじん切りや擦りおろしにしてソースの材料としても活躍します。とても身近で汎用性の高い玉ねぎだからこそ、いざという時にパパッと作れるレシピを多く知っておきたいですよね。玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分には、血液をサラサラにしたり新陳代謝を促進したりという効果があり、糖尿病や動脈硬化、高血圧などを防いでくれます。晩酌のお供に何かつまみたい…という時、比較的ヘルシーにいただけるのも嬉しいですね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

    お手頃で手に入りやすい玉ねぎは、家庭料理の不動のスタメンですよね。根菜の一種ですが、私たちが食べているのは根っこそのものではなく、栄養を蓄えて丸くなった葉の根本部分なのだそう。涙を誘発する辛い風味が玉に瑕ですが、その正体は硫化アリルという成分。血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ他、消化液や新陳代謝の働きを活発にしてくれます。ビタミンB1の吸収を促し、臭み消しの効果まであるため、今まで以上に他の食材と組み合わせて取り入れていきたいですね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ7選

    野菜の中でも特に料理によく使われるのが玉ねぎです。生で食べると独特の辛みがありますが、火を通すと甘みが出て食べやすくなります。生でも水にさらすと辛みが和らぎ、サラダやサンドイッチなどに使うことができます。みじん切りにしてチャーハンやハンバーグに入れたり、薄切りにスライスして炒め物や麺類に使うなどさまざまな料理に活躍します。玉ねぎを切ると目が痛くなり涙が出ることがありますが、それは塩化アリルと呼ばれる成分です。塩化アリルは血をサラサラにして高血圧や糖尿病などに効果があると言われていて、玉ねぎは体にいい野菜でもあります。玉ねぎは日持ちも良く価格も安いので、家に常備しておきたいマスト野菜ですね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    玉ねぎは毎日の料理に欠かせない野菜です。日持ちがよく一年を通じて手に入るため使い勝手がよく、さまざまな料理に使うことができる便利な野菜です。麺類やチャーハン、炒め物やスープなどどんな料理に使っても主張しすぎず、ほどよい甘味とうま味をプラスしてくれます。薄切りにして水にさらして辛みを取ると、サラダやサンドイッチやドレッシングにも使えてアレンジが効くのも魅力です。玉ねぎはカットすると目が痛くなり涙が出ることがありますが、この成分は塩化アリルと呼ばれ、血をサラサラにして高血圧や糖尿病などに効果があると言われいています。価格も安いため料理のかさ増しにも活躍して、主婦の強い味方です。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    毎日の料理で欠かすことができない野菜の1つが玉ねぎです。家に必ず常備していると言っても過言ではないほど、頻繁に料理に使われます。炒め物や麺類の具材、スープやハンバーグのたねに入れるなど、さまざまな料理で活躍します。価格が安く1年を通じて手に入り、日持ちもするので節約したい主婦の強い味方です。火を通すだけでなく、生のまま水にさらして辛みを取るとサラダやサンドイッチにも使える、便利な食材です。玉ねぎに含まれる塩化アリルは、切ると涙が出る成分ですが、血をサラサラにする効果があり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があります。その他にも玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、悪玉コレステロール減らして脂肪の吸収を抑える働きもあります。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    野菜の中でも特に頻繁に使われる玉ねぎ。チャーハンや炒め物、パスタや焼きそばの具材、スープなどさまざまな料理に使うことができる便利な野菜です。水にさらして辛みを取ると生でも食べることができ、サラダやサンドイッチにも使えます。好き嫌いの分かれない野菜で、和食から洋食まで幅広いスタイルの料理に活躍します。玉ねぎは紀元前のエジプト王朝時代には食べられていた記録が残っている、歴史の長い野菜です。玉ねぎを切ると目が痛くなり涙が出ることがありますが、その成分は塩化アリルと呼ばれ、血をサラサラにして高血圧や糖尿病などに効果があると言われいています。低価で一年を通じて簡単に手に入るので、料理のかさ増しにも活躍しますよ。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    玉ねぎは色々な料理に使われる人気の野菜です。生で食べると独特の辛みがありますが、炒めると甘みが出て食べやすく他の食材を引き立ててくれます。和食・洋食・中華などどんな料理にも合わせやすく、低価格で1年を通して食べられる便利な野菜です。玉ねぎには色々な種類があり、黄色種の辛たまねぎ・辛みが少ないサラダタマネギ・赤紫色をした赤玉ねぎなどがあり、料理に合わせて選んで使うことができます。玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、血液をさらさらにする効果があります。アレンジが効きやすい玉ねぎはたくさんのレシピや調理法がありますが、その中でも今回は玉ねぎを使った煮るレシピをご紹介します。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    料理に必ず使われると言っても過言ではないほど、消費量の多い野菜が玉ねぎです。生でも火を通しても使うことができ、生で食べると独特の辛みがありますが、水にさらすと辛みが減ってサラダなどによく使われます。和食・洋食・中華などどんな料理にも合わせやすく、低価格で1年を通して食べられる便利な野菜です。玉ねぎには黄色種の辛たまねぎ・早取りした新玉ねぎ・辛みが少ないサラダタマネギ・赤紫色をした赤玉ねぎなど、種類も豊富です。玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、血液をさらさらにして脂肪の吸収を抑える働きがありぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 玉ねぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    生活習慣病や血液をサラサラにする効果がある「アリシン」を豊富に含む玉ねぎは、一年を通してスーパーで見かけ、比較的安定した価格で購入でき、長期保存にも適しているため日常に身近な食材です。玉ねぎ独特の辛みの元である「硫化アリル」は、空気に触れることで「アリシン」に変化します。水にさらしてしまうと栄養が流出してしまうので注意しましょう。煮込むときも油で少し炒めてから煮込むことでアリシンの流出を防ぎ、無駄なく栄養が取り入れられますよ。辛みが気になる方は「新玉ねぎ」がおすすめです。通常の玉ねぎより水分が多く辛みが抑えられ、甘みを感じられます。新玉ねぎは日持ちがしませんので新鮮なうちに調理してください。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • デトックス効果でスッキリ!玉ねぎダイエットのおすすめレシピ20選

    健康面やダイエット効果の高い玉ねぎを毎日食べるだけのダイエット法に玉ねぎダイエットがあげられます。カロリーも低く、いろんな調理法を楽しめるので飽きずに続けられると人気でしょう。玉ねぎダイエットは食事制限や置き換え法と違い、毎日の食事に玉ねぎを使うだけでデトックスやむくみの解消などの効果が得られます。 この記事では、<玉ねぎ ダイエット>の基礎知識に加え、サラダ、スープ、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 新玉ねぎレシピまとめ!旬の春に食べたいレシピ20選

    新玉ねぎとは、白玉ねぎや黄玉ねぎを早採りして、収穫後にすぐ出荷されたもので、旬は主に3〜5月頃。 春が旬の新玉ねぎは、水分が多くて柔らかいので、生のままでも美味しく食べられるのが特徴。みずみずしく、辛味が少ないので、スライスして生のままサラダなどに入れたり、加熱すると更に甘みが増して美味しい野菜です。 この記事では、新玉ねぎの基礎知識に加え、焼いて食べるレシピ、炒めて食べるレシピ、煮て食べるレシピ、生で食べるレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

    玉ねぎは常温で2か月以上も保存できる便利な野菜です。常備野菜としてどの家庭でも欠かさず買われている野菜のひとつではないでしょうか。北海道で日本の生産量の約半分が作られており一年を通して手に入りますが、春には採れたてで柔らかく甘い「新玉ねぎ」が店頭に並びます。 定番野菜の玉ねぎですが、味噌汁やカレー、肉じゃがなどの定番料理に使うだけになりがちです。そこで今回は玉ねぎを使ったレシピを、おかず、煮物・煮込み、ごはん・パスタ、スープ・味噌汁のカテゴリーに分けて紹介します。

広告

運営会社