キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

オクラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特の形が料理にアクセントを加えるオクラは、ネバネバ系を代表する野菜の1つです。カットすると星型に見えるのが特徴で、とても可愛らしく七夕の料理にも使われます。オクラはアフリカ原産の野菜で、暑い国が原産地のため日本でも夏に収穫される夏野菜です。オクラは皮が硬いため生食には向いておらず、茹でるか蒸してから食べます。それ以外では天ぷらなどの揚げ物によく使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてオクラのレシピを紹介しています。オクラを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

オクラの栄養素

オクラのネバネバはペクチンやガラクタンなどの食物繊維で、整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。オクラにはβカロチンが含まれ、抗酸化作用があり抗発ガン作用の効果があり、粘膜や皮膚の健康維持にも役立ちます。その他にも体内の余分なナトリウムを排出して高血圧やむくみの防止に効果のあるカリウムやカルシウムなどの栄養素が含まれています。

オクラの名産地

日本で一番オクラの生産量が多いのが鹿児島県で、全国の約3分の1を占めています。2位は高知県、3位が沖縄県になっています。世界では1位がインドで全体の65%以上を占めており、次いでナイジェリア、スーダンが続いています。これを見る通りオクラは温かい地域や暑い国の生産量が多くなっています。元々アフリカ原産の野菜なので、温度の高い場所での栽培が適しています。

オクラの旬

オクラの旬は夏で、6~9月に一番多く出荷されます。日本での露地栽培物が収穫できるのは6~9月の夏季で、3~6月は国内のハウス栽培されたものが出荷され年間を通して流通しています。スーパーなどで通年手に入りますが夏に収穫されたオクラは、味もよく栄誉分も高くなっているので、旬のオクラを使って栄養たっぷりの料理を作ってみてはどうでしょうか。

オクラの選び方

オクラは全体が産毛に覆われていますが、産毛がしっかりと残っているのが新鮮なオクラです。濃く鮮やかな緑色のものを選び、あまり大きいと苦味が出て味が落ちるので小ぶりのものを選ぶのがおすすめです。手に持って重いもののほうが水分をしっかりと含んでいて、軽いものは水分が抜けているので新鮮さに欠けます。ヘタの切り口が茶色や黒くなっているものは避けて、ヘタの切り口がみずみずしいものを選んでください。

オクラの保存方法

オクラは5℃以下になると低温障害を起こすことがあるので、冷蔵庫では野菜室に入れて保存しましょう。オクラは冷凍保存がおすすめで、方法はオクラを固めに塩ゆでして冷水に放して冷ましてしっかりと水気を拭きます。使う分だけ1回分ずつラップに包んで、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れて保存します。すでに茹でているので解凍したらすぐに使えるので便利ですよ。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

オクラの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

オクラを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ねばねば系の野菜の代表格がオクラです。オクラは夏野菜で、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで弱った胃を回復する効果があります。オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン・アラバン・ペクチン、といった食物繊維になります。特にペクチンは整腸作用を促し、腸内の善玉菌を増やしてくれます。体にいい栄養素を含んだオクラは和食にもよく合い、独特の形が料理のアクセントにもなります。ねばりがある以外には特に臭みなどなく食べやすい野菜なので、料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

独特の形が印象的なオクラは、そのまま1本使うと料理のアクセントになります。食べるとぬめりがあり、ネバネバ系を代表する野菜として納豆やとろろなど他の粘りのある食材とよく合わせて使われます。硬さがあるため必ず火を通して料理に使い、炒め物や揚げ物、煮物などさまざまな料理に使うことができます。和食から洋食までどんな料理にも合わせやすく、特徴的な形や粘りがあるにもかかわらず好き嫌いの分かれない野菜です。オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。その他にも丈夫な骨を作るカルシウム、抗発ガン作用のあるβカロチン、むくみ防止に効果のあるカリウムなど、体にいい栄養素が豊富に含まれているのでぜひ料理に使いましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ7選

ネバネバ系の代表野菜と言えばオクラです。独特の形が印象的で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にも使われます。そのまま1本丸ごと使うと料理のアクセントになって、彩もきれいに見えます。オクラはアフリカ原産で暑い国が原産地のため、夏が旬となり夏を代表する野菜の1つです。オクラは硬いため生では食べられず、必ず火を通して食べます。湯がいて冷水でしめてサラダに入れたり、炒め物や揚げ物など火を使った料理にも活躍します。オクラに含まれるぬめりはアラバンやペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。抗発ガン作用のあるβカロチンやカルシウム、カリウムなども豊富で、ぜひ料理に使いたい体にいい栄養素が含まれています。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

夏を代表する野菜と言えばオクラ。アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。その他にもカルシウムやカリウム、抗発ガン作用のあるβカロチンなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

オクラを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

独特な形がユニークなオクラは、料理のアクセントにもなるおしゃれな雰囲気の野菜です。オクラをカットすると星型のような可愛い形で、七夕の献立にもよく使われますね。ねばねばとした食感がありますが、味や臭いにくせがなく食べやすいのが特徴です。オクラは元々アフリカ大陸の植物で、暑い国から来た野菜なので旬の時期も夏になります。オクラのねばねばはペクチンと呼ばれ、水に溶けるタイプの食物繊維で細胞の活性化に役立つと言われています。免疫力アップの効果があるβカロチンも含まれており、積極的に摂りたい栄養がたくさん含まれた野菜です。オクラはさまざまな料理に使われますが、今回はオクラを蒸すレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

独特の形がおしゃれなオクラは、料理のアクセントにぴったりの野菜です。カットすると可愛らしい星型で、七夕の料理にもよく使われます。オクラは独特の粘りがありますが、このねばねばはペクチンと呼ばれ粘膜を保護して細胞の活性化に役立ちます。その他にも免疫力アップの働きがあるβカロチン、ビタミンCも豊富です。オクラはアフリカが原産で暑さに強く、夏を代表する野菜として知られています。他の夏野菜と一緒に食べると、さらに栄養バランスよく食べられますよ。独特のねばねばがある以外は味や臭いに癖がなく、どんな料理にも合わせやすいです。今回はオクラを使った煮る料理を紹介しています。ぜひオクラを使う際は参考にして下さい。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ9選

ネバネバ食感とその健康効果が人気を呼び、スーパーでも一年中見かけるオクラ。本来は夏の旬野菜です。原産国はアフリカやインドなどの暑い地域で多く栽培されています。オクラには多くの栄養素が含まれており、特に独特の粘り気成分には、胃や腸を整えてくれる作用があります。免疫力を高めるβカロテンや、余剰な水分や塩分を排出してくれるカリウム、骨を丈夫にしイライラを防ぐカルシウムなどもたっぷり。ほっそりとした形状で星型の切り口も可愛らしいオクラですが、疲れた身体に効果的な栄養価が詰まったスタミナ野菜でもあるのです。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

夏を代表する野菜と言えばオクラ。アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。その他にもカルシウムやカリウム、抗発ガン作用のあるβカロチンなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

オクラの旬な時期は6月から8月です。オクラのぬめり成分は食物繊維で特にペクチンという食物繊維は整腸作用があります。オクラのネバネバはタンパク質だけではなく、水溶性食物繊維も含まれているので熱に強く天ぷら、フライ、ソース、焼き物などいろいろなおかずレシピに向いています。サラダなど生のままのおかずでも食べられるのです。選び方は産毛がしっかりと残っていて、緑色が濃く鮮やかな物を選びます。5℃以下になると低温障害を起こすことがあるので冷蔵庫に入れず新聞紙などに包み冷暗所で保存します。切った物はタッパーや密封できる袋に入れ冷蔵庫で保存し2~3日以内に食べきってください。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

一年中食べることのできる野菜、オクラ。旬は夏ですが、外国産のものも出回っているため、私たちはいつでも買って食べられる食材のひとつです。茹でてから調理するレシピが多くありますが、実は生でも食べることができる万能な食材です。オクラは粘り気があるのが特徴ですが、緑黄色野菜で栄養価が高く、ビタミンB群、C、Eなど美容に良いビタミン類も多く入っています。抗酸化作用が高いので細胞を活性化してくれて肌の老化を防ぎアンチエイジング効果も期待できます。オクラのレシピはたくさんありますが、実際作るときには毎回レシピが限られることはありませんか。オクラをふんだんに使ったサラダで健康も美しさも手に入れましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

オクラと聞くと、和食に使われているイメージがある方もいると思いますが、実は外国から伝わった食材ということをご存知でしょうか。そもそもオクラという名前の語源はガーナのトゥイ語で「nkrama(ンクラマ)」というものです。この言葉がアメリカに伝わり、アメリカから日本に来る際に言葉が変形してオクラとなったそうです。全国で広まったのは1970年代と比較的最近とも言えますよね。また、オクラにはぬめりがありますがこのぬめりに食物繊維が含まれているので整腸作用やコレステロールを排出する作用もあり、大腸がんを予防する効果もあると言われています。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

独特の形が印象的なオクラはアフリカ原産で、暑い国が原産地のため日本でも夏が旬になっています。独特の粘りが特徴で、カットするときれいな星形が現れ、見た目がおしゃれで七夕の料理にもよく使われます。そのまま1本使うと料理のアクセントになって、料理を引き立てます。粘りがある以外は味や匂いにくせがなく、同じネバネバ系の納豆や山芋と合わせるレシピが人気があります。オクラの粘りは、アラバンやペクチンなどの食物繊維で、整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。その他にも抗発ガン作用のあるβカロチンやカルシウム、カリウムなども豊富で、体にいい栄養素が含まれているので積極的に料理に使いたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

オクラは夏の旬野菜ですが、あの食感が好きで一年中食べるという方も多いのではないでしょうか。ネバネバの正体は腸を整える食物繊維で、βカロテン・カリウム・カルシウムも豊富。がん・高血圧・イライラなどを防ぐ作用が期待できます。美味しくて身体に良く、手軽なレシピが多いためちょっとしたおつまみなどにも活用しやすいのが嬉しい食材ですね。スーパーなどで選ぶ際は、緑が濃く鮮やかで産毛がしっがりしており小ぶりなものを。アフリカ原産といわれ暖かい気候で育つ野菜のため、生であれば5度以下を避けて新聞紙などに包んで保存するのがおすすめですよ。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

ネバネバの食感が人気のオクラ。サラダや和え物、丼ぶりにしてもおいしいオクラですが、おいしさを引き出すためには下準備が必要となります。まず、オクラを茹でる前に切ってしまうのはNGです。オクラの中には穴があいているため切ってしまうとその穴の中に水分が入ってしまいます。ですので必ず茹でてから調理しましょう。下処理としては長い茎は切り落とし、ガクをむきとります。そのあとオクラを塩もみ(板ずり)します。そして熱湯で茹でます。さっと茹でたい場合には1分ほどで十分です。ガクの下あたりが竹串で通るようになればOKです。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

ネバネバするのが特徴のオクラ、そのぬめりは食物繊維であり、中でもペクチンという成分は整腸作用もあるといわれており、コレステロールを排出したり、便秘を防ぎます。また、カリウムやカルシウムを豊富に含んでおり、高血圧にも効果的でイライラの解消にもつながります。そんな健康にも感情コントロールにも良いオクラですが、普段食べる際にはどのように調理しますか。オクラは和食のイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はパンにもよく合います。洋食メニューにもうまくとり入れて美味しく健康的になりましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

夏が旬のネバネバ野菜、オクラ。アフリカの東北部が原産地と言われており、古代エジプトでも栽培されていました。日本には明治時代に伝えられ、徐々に流通するようになりました。南国の野菜なので寒さに弱く、日本では鹿児島などの温かい地方で多く栽培されています。育ちすぎたものは徐々に固くなり、苦みが出るため、小ぶりでやわらかいものを選ぶのがおすすめです。栄養素も高く、ペクチンやガラクタンという食物繊維を含んでいます・。熱に強く、生のままでも、加熱料理しても、成分が損なわれません。日々の食卓に取り入れたい野菜の1つですね。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラの【お弁当】【離乳食】レシピ特集

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

夏が旬の野菜、オクラ。寒さに弱い植物であるため、日本では鹿児島県などの温かい地方で栽培されています。オクラは、独特のぬめりを持っています。このぬめりは、ペクチンやガラクタン、アラバンなどの食物繊維で、おなかの調子を整えてくれる効果が期待できます。また、皮膚や粘膜を健やかに保ってくれるβカロテンなどのビタミン類や、骨を丈夫にしてくれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、塩分の排出をサポートしてくれるカリウムなどが含まれています。栄養が豊富なオクラは、日々の食卓に積極的に取り入れたい食材の1つですね。ネバネバ食材のオクラを食べて、暑さに負けない体作りをしましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

オクラを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

ネバネバ食材が身体に良いとして脚光を浴びている昨今。そのひとつとして人気の野菜が、オクラです。オクラのネバネバは主にペクチン・ムチンといった成分で、胃腸を整える働きやタンパク質の吸収を助ける作用、水分を保持してウイルスの侵入を防ぐ効果などが期待できます。βカロテンも豊富で、その量はキャベツの3倍以上。βカロテンは免疫の活動を高める他、ビタミンAに変換されることで粘膜や呼吸器系統の健康を守ってくれます。骨を丈夫にするカルシウムも多く含んでいますよ。大人はもちろん、これから様々な器官が育っていく子どもにも、積極的に食べてもらいたい野菜ですよね。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

オクラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社