キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

おでんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

おでんは冬の風物詩と言っても過言ではないほど、昔から庶民に親しまれている料理です。派手さはないながらも寒い日に食べると体が温まり、ほっとする味わいが魅力です。大根・卵・がんもどき・ちくわ・こんにゃく・はんぺんなど、さまざまな具材を食べられるのも楽しいですね。食べ応えがありながら大根やこんにゃくなどカロリーの低い具材が多く、ダイエット中の方にも人気があります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けておでんのレシピを紹介しています。おでんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

おでんの歴史

おでんの元祖は室町時代に人気があった豆腐田楽と言われおり、江戸時代には今のような煮込むタイプに定着し庶民に親しまれるようになりました。少し前まではおでんは専門店・屋台・駄菓子屋で食べるものでしたが、次第に家庭料理として普及して家でも食べられるようになり、現在ではコンビニエンスストアでも気軽におでんが買えるようになっています。

おでんの具材

おでんの定番の具材と言えば、ちくわ・こんにゃく・つみれ・はんぺん・大根・卵・もち巾着・たこ・がんもどきと言ったところでしょうか。変わり種としては卵焼き・ウィンナー・銀杏・トマト・アボカドなどがあります。こんなのを入れるの?とびっくりしてしまいますが、意外に合うのだとか。おでんの出汁はどんな具材とも合わせやすいので、栄養バランスを考えて定番の具材以外にも色々試してみるのも楽しいですね。

おでんの下準備

おでんを作る前に具材の下準備をしておきましょう。大根は下茹ですることで味がよくしみ込む効果があるので、皮を剥いて切り込みを入れて米のとぎ汁で茹でます。卵はゆで卵にして皮を剥いておき、こんにゃくは両面に切り込みを入れて、塩をまぶしてしばらく置いて下茹でしておきます。じゃがいもは蒸すか茹でるかして、火を通しておくことで出汁がよくしみ込んでおいしく仕上がります。

おいしいおでんの作り方

忙しい時はおでん出汁の素を使うのもいいですが、おいしいおでんを作りたい時は出汁にこだわりましょう。おいしいおでんの作り方は昆布とかつお節の出汁を使うのがおすすめで、水に昆布を入れて30分漬けた後火にかけて昆布を取り出し、かつお節を入れて煮出してかつお節をこします。つゆは醤油・みりん・砂糖・塩で味付けするとおいしくできますよ。

おでんの賞味期限

おでんを作りすぎて余ってしまったとき、賞味期限が気になりますよね。冬は寒いので常温保存する方もいるかもしませんが、できるだけ冷蔵庫で保存するのがおすすめです。冷蔵保存だと火をかけないまま保存する場合は3日、毎日火にかけた場合は7日を目安にしておきましょう。どうしても食べきれない場合は冷凍保存もでき、1ヶ月程保存できます。おでんの具材には冷凍保存に向かないものもあるので、おでんを使ったリメイク料理を作ってできるだけ早く食べ切るのがおすすめです。

厳選おすすめレシピのまとめ一覧

おでんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

おでんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

あたたかいおでんは冬を代表するメニューの一つです。ちくわやハンペンなどの魚のすり身を使った練り物、大根やジャガイモなどの野菜、昆布やこんにゃくなどの食物繊維、良質なタンパク質の卵などの具材と出汁を煮込むことで味わい深くなり、栄養バランスも整って、体の中から温まるおでんは冬にぴったりですね。しかし、どうしても多く作ってしまいがちなおでん。翌日もそのままでも十分美味しく食べられますが、旨味の出た出汁をうまく活用したリメイクレシピもおすすめです。全く違う料理にアレンジして翌日も美味しく食べてくださいね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

冬の風物詩と言ってもいいほどよく食べられる、冬の人気料理がおでんです。煮物料理を代表する1つで、おでんの元祖は室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。派手さなくとも食べるとほっとするやさしい味わいで、体を芯から温めてくれます。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめるのも魅力で、人によって好みのおでんの具材があるのも特徴です。ボリュームがあって食べ応えがありながら、油を使わず具材自体も低カロリーなものが多いため、ダイエット中の方にも人気があります。残ったおでんでリメイク料理を作ったり、お酒のおつまみにしたりと色々と楽しめるのもいいですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

寒い時期に食べたくなるおでん。江戸時代以前は味噌田楽を指して呼んでいたものが、醤油産業の広まりによって派生した結果、現在の煮込みおでんになったのだそうです。昭和初期~中期までは屋台で楽しむのが一般的だったものの、今ではすっかり家庭料理の定番になりましたね。調味した汁でじっくり煮込んだ熱々のおでんは、鍋いっぱいに作って家族や友達と囲むのも醍醐味。ですが、その優しい食感ゆえに飽きてしまったり、翌日まで余って味が濃くなりすぎたり、ということもありますよね。柔らかい具材やよく染みた味は、実は揚げ物の素材としてぴったりなんです。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

寒くなってくると、おでんが食べたくなりますね。けれども、ついつい作りすぎて余ってしまうことはありませんか。毎回おでんでは飽きてしまいますよね。そんな時はおでんをリメイクしましょう。おでんの具材は、だしがしみているので味付けする手間が省けます。そのまま衣をつけて揚げれば、フライや天ぷらに大変身。簡単に新しいおかずができますよ。また、余ったおかずをおでん用の食材と組み合わせてリメイクおかずにすることもできます。特におでん用のちくわは、太くて食材をはさみやすく、余ったおかずを再利用するにはとても重宝しますよ。揚げるというひと手間を加えて新しい一品を作ってみましょう。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

おでんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

冬の人気料理であるおでん。昆布やかつおの出汁を醤油などで味付けし、具材を煮込んだものです。おでんの歴史をさかのぼると、その始まりは現在で言う味噌田楽だったことが判明しています。田楽を女房言葉で「おでん」と呼んでいたものが、醤油作りが盛んになった頃に「煮込みおでん」と派生し、今日のように定番になっていきました。室町時代~江戸時代の書物にはおでんについての記録が散見され、徐々に形を変えつつも、庶民の間で長く親しまれてきました。おでんには野菜・卵・練り物・こんにゃくなど様々な具材が入るため、栄養バランスが良いのも特徴です。優しい出汁の味が染みるため、アレンジレシピにも適しています。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

ふうっと吹いた息が白くなるこの季節。寒い日は、おでんが食べたくなりますね。おでんの歴史は古く、室町時代に豆腐田楽が流行したのが始まりだと言われています。その後、数々の進化を遂げながら、広く普及しました。おでんは、大根やこんにゃく、ちくわにゴボウ巻き、さつま揚げ、もち入り巾着、卵など、さまざまな具材の味が楽しめる料理です。だし汁に練り物の風味が加わり、なんとも奥深い味わいが口の中に広がります。最近では近くのコンビニやスーパーでおでんが買えますが、家で煮るおでんは格別です。具材や味付けでバリエーションが広がるおでん。好きな具材を入れたり、一風変わった具材を入れてみるのは家で作るおでんならではの楽しみ方ですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

冬の風物詩と言っても過言ではないおでん。寒くなってくると食べたくなる、煮物を代表する料理の1つです。おでんの元祖は室町時代に流行した豆腐田楽と言われ、江戸時代には今のような煮込むタイプに変化し家庭でも食べられるようになりました。それまでは料理屋や駄菓子屋、屋台でしか食べられなかったおでんですが、今では家庭で作るのはもちろんコンビニエンスストアでも気軽に買うことができます。おでんはボリュームがあって食べ応えがありながら、低カロリーな食材が多くダイエット中の方にも人気があります。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなど、さまざまな種類を楽しめるのも魅力ですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

冬になるとコンビニエンスストアのレジコーナーに並び、いい香りで食欲をそそるおでん。いろいろな具材を一気に食べられる昔から親しまれてきた出汁をメインにつかう鍋料理の一つです。おでんと呼ばれている由来は豆腐田楽の田楽に「お」をつけたおでんがくという言葉が由来であり、なんとその歴史は1200年以上にもなるといわれています。また、味付け自体は薄めのものが多いので、具材の選び方しだいではダイエットメニューに早変わりする優秀な鍋でもあります。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

寒い冬に体が温まる料理として人気なのがおでんです。おでんの元祖は、室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。その後進化を続けて江戸時代には今のような、煮込んで汁の多いおでんに変化しました。昭和初期頃まではおでんは屋台や専門店で食べるのもので、家庭では食べられていませんでしたが、戦後に練り製品が販売されるようになると家でも食べられるようになりました。おでんはちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめて、低カロリーなことからダイエット中のメニューとしても人気があります。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

味が染みた熱々のおでんは、寒い季節の定番料理。調味した出汁で具材を煮たもので、本格的な料理店からコンビニエンスストアにまで扱われ、広い層に親しまれています。材料や味付けに地域性が表れやすいのも面白いですね。一般的な具材には大根・卵・竹輪などの練り物・じゃがいもなどがあり、多様な栄養を摂れるのも嬉しいところです。あまり変化が利かず飽きが来てしまいやすい印象もありますが、最近では一味変わった具材や味付けの変わり種レシピも増えてきていて、密かに進化し続けている料理でもあります。元々が優しい出汁風味だということもあり、アレンジが楽しいメニューです。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

素朴な味わいがおいしいおでんは、冬によく食べられる煮物料理の1つです。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなど、さまざまな種類がありそれぞれ個人の好みの具材が存在するのも特徴です。他の鍋料理とは違い具材のサイズが大きく食べ応えがありながら、油を使わず低カロリーなものが多いためダイエット中の方にも人気があります。寒い冬に家族や友達とわいわいとおでん鍋を囲んで、色々な具材を選んで食べるのはとても楽しいですね。おでんが残ったら、おでんの具材や汁を使ったリメイク料理を作れるのも魅力です。無駄なく食べきれる、お財布にやさしい料理ですよ。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

冬になると食べたくなるのがおでん。素朴な味わいで華やかさはありませんが、食べるとなぜかほっとするやさしい味が人気です。おでんの元祖は、室町時代に流行した豆腐田楽と言われています。その後進化を続けて江戸時代には今のような、煮込むタイプに変わり家庭でも食べられるようになりました。おでんは他の鍋料理と違い、人によってそれぞれの好みの具材があるのが特徴です。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめて、屋台やコンビニエンスストアでも好みの具材のみ選ぶことができるのも魅力ですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

寒くなってくると食べたくなるのがおでん。冬の風物詩と言ってもいいほど、冬によく食べられる料理です。おでんは煮物料理を代表する一つで、ちくわ・こんちゃく・はんぺん・大根・卵・がんもどきなどさまざまな種類を楽しめるのも魅力です。ほっとするようなやさしい味わいで、食べると体が芯から温まります。油を使わず具材自体も低カロリーなものが多いことから、ダイエット中の方にも人気があります。おでんは料理店や屋台の他に、コンビニエンスストアでも気軽に買えることから冬の庶民の味として親しまれています。残ったおでんでリメイク料理を作ったり、お酒のおつまみにしたりと色々と楽しめるのもいいですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

冬の定番メニューの「おでん」ですが、地域や家庭によって味付けや具材はさまざまです。関西では関東煮とも呼ばれているおでんは「煮込み田楽」の略称で、もとは豆腐を串に刺して焼いてみそを付けた「田楽」で、その後コンニャクを使った「コンニャク田楽が作られ、さらに時代が進みさまざまな野菜などと一緒に煮込む料理に変わりました。今ではさらにいろいろな具材を入れるようになり、冬だけではなく1年中楽しめるようになりました。さまざまな具材を入れて作ったおでんの汁を捨ててしまわないで、ご飯と一緒に調理してアレンジすることで、さらにうまみが増します。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ9選

寒い季節に食べたくなる「おでん」。最近ではおでん用の出汁も販売されており、より手軽につくることができるようになりました。おでんに使われている食材には大根、卵、こんにゃく、白滝、がんも、厚揚げ、昆布巻き、つくね、もち巾着、はんぺん、牛すじなどがあり様々な食材が使われています。多くの食材を一度に食べることができ、体も温まるため冷え性や普段、食生活が偏ってしまっている方におすすめの料理です。つくり過ぎてしまったときにも食材の豊富さを活かして、他の料理にリメイクできるのも嬉しいですよね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

寒さが厳しくなると恋しくなるホッとする味わいの「おでん」。それぞれの家庭の味があるのはもちろん、地域によっても味付けや使われている具材が様々です。出汁を取るのに使われる昆布には旨味成分グルタミン酸が含まれ魚介や野菜の旨味成分を引き立て、塩分控えめでも美味しい出汁が取れるんです。魚のすり身でできているつみれやはんぺん、さつま揚げはタンパク質が多く、不足しがちな魚の栄養を摂取できます。昆布や大根、こんにゃくは食物繊維やミネラルが豊富であるなど色々な栄養が取れるのも魅力の一つです。出汁の効いた具材の旨味たっぷりのおでんの汁はうどんやそば、そうめんなどの麺類と相性抜群。麺レシピを活用すれば、残ったおでんのつゆと具材が大活躍します。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

おでんの元祖は室町時代に流行した豆腐田楽と言われており、その後進化を続けて今のような煮汁のあるおでんに変化して定着しました。昔から庶民の味として親しまれ、昭和初期頃には家庭でもおでんを調理して食べるようになりました。こんにゃくやはんぺん、ちくわ、がんもどきなど既に売られているものをおでんの材料として使うことが多いため、手がかからず鍋に入れてほったらかしで調理でき忙しい日の献立としても活躍します。冬にはコンビニエンスストアでも気軽に購入することができ、しっかりと具材に味が染みて食べるとほっとするやさしい味わいが人気があります。たくさん食べても低カロリーの具材が多いため、ダイエット中でも安心して食べられて女性にも人気があります。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

子どもからお年寄りまで人気のあるおでん。華やかさはないながらも、ほっとする味わいで冬になると食べたくなる煮物料理です。おでんは昭和初期頃までは屋台や専門店で食べるのが一般的で、家庭では食べられていませんでしたが、戦後に練り製品が販売されるようになると家でも食べられるようになりました。ちくわ・こんにゃく・はんぺん・大根・卵・がんもなどたくさんの種類があり、他の鍋料理と違ってコンビニエンスストアで気軽に買えるのも魅力です。たくさん食べても使われている具材が低カロリーのものが多いため、ダイエット中でも安心して食べられるのもうれしいですね。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

おでんを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

お好みの具をダシでじっくり煮込んだおでんは、寒い季節の定番料理です。最近ではコンビニで買えたり、スーパーでおでん種のセットがあったり、手軽に作れますね。大きな鍋でたくさん作れば、来客時のおもてなし料理や家族のだんらんにぴったり。また、おでん種の数を調整すれば、ほっこり温まる1人鍋にも。食事やお酒のおつまみのイメージがあるおでんですが、優しい味わいのダシで作るおでんを使って、赤ちゃんの離乳食にしてみませんか?ちょっとした工夫で、赤ちゃんも家族も一緒におでんを楽しめますよ。体が冷えがちなこの季節は、おでんを食べて、体の芯から温まりましょう。 この記事では、「おでん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

おでんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社