キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

オートミールをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

オートミールは日本ではあまりなじみがありませんが、欧米では朝ごはんの定番としてよく食べられています。お湯で茹でて牛乳や砂糖、ジャムや果物を加えて食べるのが一般的で、オートミール入りのクッキーやケーキも人気があります。洋食だけでなく出汁や醤油などの和食の調味料ともよく合い、出汁を加えてお粥のようにして食べることもできます。栄養価が高く食べやすいので、離乳食にもおすすめですよ。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてオートミールのレシピを紹介しています。オートミールを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

オートミールの栄養素と効能

地味な見た目のオートミールですが、スーパーフードと言えるくらい豊富な栄養素が含まれています。オートミールは精白処理されていないため、種皮や胚を残したままなので栄養をそのまま摂れるのが魅力です。鉄分は玄米の約2倍で約200gのオートミールで、一日に必要な鉄分を摂取することができ貧血気味の方におすすめです。食物繊維は玄米の約3倍で、腸内環境を整え便秘の解消に効果を発揮します。その他にもビタミンB1・ビタミンB2などビタミンB群、たんぱく質などの栄養素を含んでいます。

オートミールの歴史

オートミールの原材料であるオーツ麦は、中央アジアが原産地と言われ紀元前1000年頃から中央ヨーロッパで栽培されはじめたと言われています。元々は家畜の飼料として使われていましたが、イギリスに渡ってからオーツ麦で作るオートミールが作られイギリスやアイルランドで朝ごはんの定番になりました。17世紀にイギリスからアメリカに渡り、日本へは明治時代に伝来し北海道でオートミールが製造されるようになりました。

オートミールの原材料

! /image/〇〇
オートミールはオーツ麦と呼ばれる穀物を乾燥して潰し、食べやすく加工したものです。シリアルのように朝ご飯に食べられますが、生では食べられないためお湯や牛乳で茹でてから食べる必要があります。調理時間はそれほどかからず、軽く茹でるだけですぐに食べられます。オーツ麦は殻の形が燕の姿に似ているため燕麦やカラス麦とも呼ばれていて、全粒穀物なので栄養が豊富なのが特徴です。

オートミールの保存方法

オートミールを保存するときは、直射日光と高温多湿を避けて冷暗所に保存しましょう。コクゾウムシなどの害虫が繁殖することもあるので、大袋に入っているものですぐに食べきれない場合は冷蔵庫に入れるか、冷凍保存するようにしましょう。食べる分は密封できる蓋つきの容器に入れて、きっちりと蓋をして冷暗所に置いておきます。食べる分がなくなったら冷蔵や冷凍保存していたオートミールを、順次取り出して使うのがおすすめです。

オートミールの賞味期限

オートミールは水分がなく乾燥しているので、賞味期限を少々過ぎていても食べられるようです。これも保存状態や保存期間にもよりますが、大袋に入れてかなり長い間放置している場合などは、虫がいる場合もあるので虫が食べた後がないかなどチェックしましょう。長持ちさせるためにも、食べる分以外は冷蔵保存や冷凍保存にしておくのがおすすめで、虫などの混入を避けることができます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

オートミールの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

オートミールの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

オートミールの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

オートミールの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

オートミールの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

オートミールをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社