キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

にゅうめんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

にゅうめんの基本は和風仕立てな味わいですが、好みの野菜や肉類などを入れてスープも和風、中華、洋風と好きなようにアレンジできます。そうめんは味にクセがなく淡白な味わいなので、どんな食材や調味料にも合わせやすくアレンジが効きやすいです。夏に使い切れずに余ったそうめんがあったら、秋冬に好みにアレンジしてお好きなにゅうめんを作ってみてはどうでしょうか。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてにゅうめんのレシピを紹介しています。にゅうめんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • にゅうめんのおすすめ定番料理10選!お役立ちレシピまとめ

    そうめんを温かいダシで煮込んだにゅうめん。素朴な味わいで、アレンジがしやすいため、人気の高い食べ物でもあります。食事の汁物として食べられることもありますし、具をたくさん載せてメインとして食べたり、お酒を飲んだ後の〆としても利用できる万能な食べ物ですよね。意外にも栄養があり、夏バテ防止にもなります。簡単にできるため、風邪をひいた際などにも食べられることが多い食材です。さっぱりとしたダシでも、濃厚なカレーなどとも相性が良い為、お好みの濃さで食べられるのも嬉しいですよね。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのにゅうめんを使った人気レシピ10選

    素麺を温かいつゆで煮て食べるにゅうめん。素麺といえば夏。冷たいつゆにつけて食べるイメージの強い素麺ですが、通年を通して楽しめます。麺つゆと水を煮立て、さっと茹でた素麺を加えれば簡単にできるにゅうめん。忙しい時にもおすすめのメニューです。のど越しが良く、つるっとした食感は、食欲がない時にもおすすめ。淡白な味わいの素麺は、具材やトッピング、つゆによって、和風だけでなく、エスニック風味などさまざまなテイストで楽しめるのも魅力です。ぜひ、アレンジの効いたにゅうめんも作ってみてください。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのにゅうめんを使った人気レシピ10選

    にゅうめんは茹でたそうめんを温かい汁で食べる料理のことで、奈良県の郷土料理です。夏は冷たいそうめん、冬や温かいにゅうめんといった具合に、季節によって違った食べ方でそうめんを楽しめます。そうめんを茹でて温かい出汁で食べるのが基本の食べ方ですが、鶏ガラスープで中華風にしたり、キムチを加えて韓国風に、パクチーを加えてフォー風にするなどさまざまなアレンジを楽しめます。豆乳やカレーを加えるなど、自分流のにゅうめんを作ってみるのもいいですね。夏に余ったそうめんも、にゅうめんにして使い切ることができます。のどごしがよくあっさりと食べられるので、食欲がない時にもおすすめです。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのにゅうめんを使った人気レシピ10選

    にゅうめんは奈良県が発祥の郷土料理で、漢字にすると煮麺になります。煮る麺と書く通り、そうめんを煮て温かいお汁で食べる料理になります。夏は冷たいそうめん、冬は温かいにゅうめんと季節によって違った味わいのそうめんを楽しむことができます。夏にそうめんが余っても、冬用のにゅうめん用に取っておくといいですね。基本は温かい出汁で食べますが、出汁もかつお出汁や鶏出汁などお好みのものを使って作ることができます。出汁の他に豆乳や味噌を加えるなど、アレンジを楽しめるのも魅力です。パクチーや薬味を加えてフォー風にしたり、キムチや唐辛子を加えてちげ風にするなどジャンルを問わず色々なレシピに挑戦してみてはどうでしょうか。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    温かいつゆに入ったそうめんのことを「にゅうめん」と呼び、「煮麺(煮る麺)」から名前の由来が来ています。お腹にも優しく、腹持ちがいいことから夕飯にもおすすめです。どんな食材とも相性が良く、あっさりと食べたい時はネギや三つ葉、梅干しなどの薬味や、すだちやかぼすなどの柑橘類がおすすめです。しっかりと食べたい時には、肉やキノコ、野菜を合わせて具沢山にすることで食べ応えがアップしますよ。卵でとじてもおすすめです。にゅうめんの麺となるそうめんには塩がたっぷり使われているため、知らないうちに塩分を多く摂取してしまいます。つゆやトッピングを工夫してアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    にゅうめんとそうめんの違いはそうめんは冷たい水でしめて冷たいつゆにつけて食べますが、にゅうめんは茹でたそうめんを温かいお汁で食べます。奈良県が発祥の郷土料理で、漢字で書くと煮麺と書き漢字の通り麺を煮る料理です。どちらかと言えばそうめんが夏向きでにゅうめんが冬向きのレシピになっており、にゅうめんは具材や調味料を変えることでさまざまな味わいを楽しめます。素麺を温かい出汁で食べるのが基本ですが、使う食材で和・洋・中といったジャンルを問わない味わいを楽しめます。ラーメンやうどんに比べるとあっさりと食べられるのも魅力で、のどごしがいいので食欲がない時や風邪を引いた時にもおすすめです。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    にゅうめんは茹でたそうめんを具材が入った温かい出汁で食べるメニューです。主にそうめんは暑い夏に食べることが多いですが、にゅうめんは気温が低く寒い時期におすすめの食べ方です。そうめんは炭水化物が主な成分になり栄養面では偏ってしまうため、お肉や野菜などを一緒に使って足りない栄養を補ってバランスよく調理をすると良いでしょう。比較的低カロリーなのでがっつりと食べたい方におすすめです。ランチや小腹がすいた時、夜食にもぴったりです。にゅうめんはバリエーションが豊富でレシピが多数あるので作る際の参考にしてください。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    にゅうめんはそうめんを温かい出汁で食べるメニューです。夏は冷たいそうめんが食べられていますが、にゅうめんは温かいので主に冬に好まれています。中でもあんかけにしたにゅうめんは体が温まるメニューなので冬にぴったりです。にゅうめんは様々な食材との相性が良いのでバリエーションが豊富です。また、にゅうめんの材料であるそうめんは栄養が偏っているので上手に他の食材と組み合わせて摂取をすると栄養のバランスを保つことができます。にゅうめんはランチや夜食におすすめですがスープマグなどを利用するとお弁当として持参をすることができるのでおすすめです。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    そうめんを温かく調理したもの総称である、にゅうめん。奈良県が発祥の郷土料理と言われています。通常ですと、そうめんは茹でた後に冷水でしめて食べるため、暑い季節の料理というイメージを持っている人も多くいるかとは思いますが、温かくして食べるにゅうめんも人気があります。にゅうめんはそうめんを茹でたら温かい汁や出汁と共にして調理しますが、色々な具材をのせて食べることができるので、とても手軽に食事がとれます。そんなにゅうめんですが、たんぱく質が豊富に含まれており、卵や納豆などにも劣らない量が含まれています。一緒に食べる具材と調節しながらバランスの良い食事を目指しましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    にゅうめんはそうめんを温かいつゆで調理した料理のことです。主にだしなどで優しく和風に味をつけます。ほっこり温かく、体を芯から温めてくれますよ。夏に冷たいそうめんを食べ飽きた方も、今度は温かいにゅうめんで余ったそうめんを消費してくださいね。そうめんは他の麺類に比べて麺が細く、ゆで時間が短くて済むので、食べたい時にすぐに食べられるのも魅力の一つですよね。ちょっと小腹が空いた時、体調が悪く食欲がない時や料理するのが面倒な時にオススメですよ。アレンジ次第で味のバリエーションも広がるので、飽きずに楽しめます。お好みの味付けを研究してはいかがでしょうか?この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    にゅうめんは温かい出汁で乾麺のそうめんを煮た料理です。暑い夏に食べることが多いそうめんですが、温かい出汁でいただくにゅうめんは比較的冬に人気があります。そうめんの主成分は炭水化物です。炭水化物はエネルギー源となり我々人間には必要不可欠な栄養素です。そうめんや出汁だけだと塩分類が多く栄養面が偏ってしまうので、野菜や肉などの食材と上手に組み合わせて調理をするのがおすすめです。また他の具材をたっぷりと使って調理をするとご飯のおかずにもなるのでおすすめです。そうめんはニオイ移りがしやすいので密閉容器で保存をすると良いでしょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    ツルッとのどごしのよい冷たいそうめんは夏の定番のメニューですよね。ゆでたそうめんを温かいダシ汁を注いだ料理がにゅうめんです。温かい口当たりで、薄味のダシが体に優しく染み渡ります。にゅうめんは消化にもよく、体調が悪い時や夜遅い時のおつまみ、お酒のシメなどにぴったりな料理です。細いそうめんは火の通りも早く、すぐゆであがるので忙しい時にも便利ですよね。温かいにゅうめんに好きな具をトッピングしたり、ダシの味付けを変えてみたりすれば、アレンジの幅もぐっと広がります。夏に買って余ってしまったそうめんが家にありませんか?寒い季節や、そうめんの味に飽きてしまった時にぜひ温かいにゅうめんを作ってみてくださいね。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    にゅうめんとは、熱いだしで食べる温かいそうめんのことを指す料理名です。簡単に作れる上に、胃に優しく消化にも良いので夜食や、食欲のない時、病気の時にも食べやすい調理です。白いシンプルなそうめんが一般的ですが、実はいろいろな食材を練りこんで作ったそうめんもあります。例えば抹茶を練りこんで作った、麺が緑色の「抹茶素麺」、いちご果汁を練りこんで作った麺がピンク色の「いちご素麺」、清酒を練りこんでコシとなめらかさが増した「酒素麺」などバリエーションも様々。シンプルな味わいのにゅうめんは薬味の幅も広く、甘辛く煮付けた肉やしいたけ、酸っぱい梅干しなどどんな食材にも合うので、アレンジは自在です。夏が終わり、寒くなって来た時期に余ったそうめんであたたかいにゅうめんを作ってみませんか。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    にゅうめんとそうめんはどう違うの?とよく違いが分からない方もいるのではないでしょうか。そうめんは茹でたそうめんを冷たい水でしめて冷たい汁で食べます。にゅうめんは茹でたそうめんを温かい汁で食べることで、そうめんの食べ方の1つです。夏は冷えたそうめんがおいしいですが、冬は温かいにゅうめんが体を温めてくれます。夏に使い切れなかったそうめんが余っている時には、冬ににゅうめんを作ってみてはどうでしょうか?にゅうめんはそうめんを使っているので、味にクセがなくどんな食材や調味料ともよく合います。和風・アジア風・洋風と使う食材で違った味わいを楽しめますよ。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ1選

    にゅうめんは温かい出汁で食べるそうめんのことで特に冬におすすめのメニューです。シンプルでさっぱりとしたレシピが多く、のど越しが良いので食欲がない時でも食べることができます。一般的に椎茸や野菜などが入った出汁で食べるメニューが多いですが、この他にもサラダなどのメニューにも使われています。栄養面ではたんぱく質、食物繊維などが含まれていますがこれだけでは不十分なため他の食材とうまく組み合わせて摂取することが重要です。味付け次第でバリエーションが広がる食材なのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ1選

    にゅうめんはそうめんを温かいだし汁で食べる料理で、奈良県発祥の郷土料理です。つるんと食べられてのどごしも良く、体も温まるので寒い季節にぴったり。季節の野菜やお好みの具材を合わせたり、味付け次第で様々なバリエーションが楽しめます。そうめんの原料は小麦粉なので主成分は糖質ですが、体を作るのに大切なタンパク質や食物繊維、セレンやモリブデンなどの体の健康維持に必要な必須ミネラルも含んでいます。糖質は脳や体の大切なエネルギー源ですが、そうめんだけを食べすぎると糖質の取りすぎになり肥満の原因になってしまうので注意が必要です。肉類や卵、魚介類などの良質なタンパク質とビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜を組み合わせて栄養バランス良く食べましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ2選

    にゅうめんは奈良県の郷土料理でそうめんを温かい出汁で食べる調理法のことです。そうめんは茹でて冷水でしめ、冷たいまま出汁につけて食べることが多いですが、にゅうめんはそうめんを茹で温かい汁や出汁で食べます。にゅうめんにも様々なバリエーションがあり、シイタケ、かまぼこ、山菜などの具材を入れて煮たり、卵でとじたりなどして食べます。そうめんは原材料のひとつに小麦粉を使っているため、炭水化物、脂質、たんぱく質が主な栄養素になります。そうめん、出汁だけでは栄養が偏ってしまうので他の具材と合わせることでそうめんにはない栄養素を補うことができます。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    にゅうめんとはそうめんの調理法のひとつです。通常のそうめんは麺を茹でたら冷水につけて麺をしめ、冷たい汁や出汁で食べますが、にゅうめんは茹でたら温かい汁や出汁で食べます。その際に卵でとじたり、山菜や具を加えて煮たりすることもあります。そもそも、そうめんとは小麦粉を原料とした東アジアの麺の一つで、主に乾麺として流通しています。通年入手できるため、季節や調理法によっては飽きずに楽しめますよね。地方によって麺の種類や具にも特徴があり、沖縄ではソーミンチャンプルーという料理や、滋賀県では焼きさばを和える焼きさばそうめんというものもあります。さまざまな調理法があるので、普段は作らないようなレシピにもチャレンジしたくなりますよね。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ3選

    夏の麺料理として人気の素麺。日本や東アジアで好まれる麺料理ですね。夏が終わってもパントリーに少しだけ素麺が残っている、という時におすすめなのがにゅうめんです。にゅうめんは、素麺の麺をゆでた後、冷やさずに温かいままダシ汁で食べる麺料理です。つるりとした食べやすい食感やのどごしはそのままに、体が温まるので、肌寒い季節やおなかに優しいメニューがほしい時におすすめです。にゅうめんは、さっぱりとしてシンプルな味わいなので、ダシのアレンジやトッピングを変えることでバリエーションの幅が広がります。温かいにゅうめんを食べて、これからの肌寒い季節を乗り切りましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ3選

    冷たいめんつゆで食べる素麺は、夏の定番料理です。麺が細くてのどごしが良く、食欲がわかない時でもつるっと食べられますね。そんな素麺を、ゆでて温かいダシで食べるのがにゅうめんです。温かくて食べやすいにゅうめんは、体調があまり優れない時の一品に重宝します。短時間でゆでられて、手早くパパッと作れるのがうれしいポイントですね。シンプルでクセのない味わいのにゅうめんは、さまざまなアレンジが可能なため、人気を集めています。夏に使い切れなかった素麺が家に残っていたら、温かいにゅうめんを作るチャンスです。寒い季節に、温かいにゅうめんで、ほっこりと癒やされましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    素麺を温かいつゆで食べる料理をにゅうめんと言います。ヘルシーでつるつると喉ごしが良い素麺は、和風、洋風、中華など幅広いバリエーションが楽しめます。又さっぱりと小料理風にすればオシャレな前菜にもなり、ボリュームを加えれば御馳走としても変身する優れた食品です。保存方法は、直射日光を避け、風通しの良い場所で保存して下さい。温度や湿度が高い場所に置くと、カビが生えてくる可能性があります。今回ご紹介するにゅうめんを使ったレシピは、煮るをテーマにしたものをお届けします。具材や味付けを変えてにゅうめんを楽しんで下さい。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ4選

    にゅうめんはそうめんを温かい出汁で煮たものになります。そうめんは冷たくしていただくのが一般的ですが温かい出汁のにゅうめんは優しい味わいです。そうめんは煮ることで食べやすくなります。簡単にぱぱっと作ることができるレシピが多く、アレンジがしやすいメニューと言えます。出汁に焼いたきのこを使いうま味を出したものや、焼いたネギを使ったものなど様々なレシピがあります。出汁の他に上にトッピングする具材によってもバリエーションが広がります。野菜やお肉、魚介類などの食材に合います。また薬味を添えることでさっぱりといただくことができます。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社