キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

にゅうめんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

にゅうめんの基本は和風仕立てな味わいですが、好みの野菜や肉類などを入れてスープも和風、中華、洋風と好きなようにアレンジできます。そうめんは味にクセがなく淡白な味わいなので、どんな食材や調味料にも合わせやすくアレンジが効きやすいです。夏に使い切れずに余ったそうめんがあったら、秋冬に好みにアレンジしてお好きなにゅうめんを作ってみてはどうでしょうか。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてにゅうめんのレシピを紹介しています。にゅうめんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

にゅうめんとは

にゅうめんは茹でたそうめんを温かい汁で食べることを言い、そうめんの食べ方の1つの呼び方です。そうめんは茹でた後水でしめて冷たいまま食べますが、にゅうめんを茹でたそうめんをお好みの温かいスープに入れて食べます。そうめんは薬味が入ったつけ汁につけて食べるシンプルな食べ方ですが、にゅうめんはスープに好きな具材を入れて好みにアレンジできるのが魅力です。

にゅうめんの歴史

にゅうめんは奈良県が発祥の郷土料理として知られています。そうめんは奈良時代に唐から伝来し、そうめんの元祖は「索餅」と呼ばれるもち米のお菓子でした。鎌倉時代からそうめん作りが始まり、寺院などの宴会のおもてなし料理として出されていました。1750年頃にそうめん作りが盛んになり、このころから庶民にも食べられるようになりました。にゅうめんは漢字で「煮麺」と書き、文字通りそうめんを煮た料理を示しています。

にゅうめんの栄養素

! /image/〇〇
にゅうめんはそうめんを使っているので、そうめんの栄養素を紹介します。そうめんは炭水化物、爪・髪の毛・皮膚などを形成するのにかかせないたんぱく質、便秘の解消に効果のある食物繊維、疲労回復に欠かせないビタミンB1、炭水化物・脂質・セレン・モリブデン・カルシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル類が含まれています。にゅうめんは肉や野菜と一緒に食べることが多いため、冷たいそうめんよりも多くの栄養素を摂ることができます。

にゅうめんの基本的な作り方

にゅうめんは茹でたそうめんを、温かい出汁で食べます。まずそうめんを茹でてザルに上げて水でしめておき、お好みの野菜をカットします。野菜を煮てから出汁と調味料と麺を加えたら完成です。鶏肉や椎茸と使うとさらに肉と椎茸からおいしい出汁が出て、味わい深い仕上がりになります。出汁はかつお節から取るとおいしくできますが、時間がない時や簡単に作りたい時は顆粒出汁でも代用できます。

にゅうめんのアレンジ例

にゅうめんは色々とアレンジが効く料理です。キムチや味噌、豆乳を入れるなレシピが人気があります。パクチーと中華だしでフォー風に仕上げたり、カレーを入れるなどお好み次第で色々なにゅう麺を楽しめます。ふわふわ卵と水溶き片栗粉でトロッと仕上げたり、しょうがを加えて体が温まるにゅうめんのレシピもあります。そうめんはのどこしがよく食欲がない時にも食べやすいので、冬に風邪を引いたときに栄養たっぷりのにゅうめんを作るのもいいですね。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

にゅうめんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

にゅうめんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

にゅうめんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

にゅうめんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

にゅうめんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

にゅうめんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社