キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

納豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

納豆は古くから日本で食べられていて、日本人のソウルフードとも言える食材です。独特の粘りと臭いがあるため好き嫌いがわかれることもありますが、体にいい栄養素を含んだスーパーフードとして昔から日本人の食生活を支えてきました。ご飯にかけて食べるのはもちろん、冷奴やうどんにかけたりパスタなどの洋食にもよく合います。色々とアレンジを楽しめる食材で、価格も安いので節約したい時にも助かる主婦の強い味方です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなすのレシピを紹介しています。納豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

納豆の栄養素

納豆の原料は大豆で、大豆は畑の肉と言われるほど栄養素が豊富です。大豆は良質な植物性たんぱく質を含み、ベジタリアンの方の大切なたんぱく源として海外でもよく食べられています。動脈硬化を防ぐマグネシウム、貧血予防に役立つ鉄分、骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、免疫機能を健全に保つビタミンB6、食物繊維などが含まれています。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つため、更年期障害の症状の改善に役立ちます。

納豆の製造方法

大豆はまず選別機械にかけて異物を取り除き、豆洗い機で土や汚れを洗います。水に浸して大豆に水を十分に吸収させ、高圧の圧力釜で蒸しあげます。蒸すことで柔らかくなり、納豆菌が増殖しやすい環境になります。納豆菌を煮豆に噴霧して表面に付着させ、発酵容器に入れて発酵室に入れて16~24時間じっくりと寝かせて発酵させます。発酵室から出して除湿して、室温程度まで下がったら冷蔵室に移して熟成させ容器に詰められて出荷されます。

納豆の種類

! /image/〇〇
納豆には色々な種類があり、大きさでは大粒納豆・小粒納豆・ひきわり納豆があります。大粒は粘りが少なくおかず感覚で食べられ、小粒は粘りが強いのが特徴です。ひきわり納豆は粒が細かいので子供にも食べやすく、離乳食などにも人気があります。豆にも種類があり、黄大豆・青大豆・黒豆などがあります。黄大豆は上品な味わいで、青大豆は風味が強いのが特徴です。納豆の容器にも発泡スチロールを使ったもの、藁で包んだ藁納豆、松の経木で包んだものがあります。

納豆の賞味期限と保存方法

賞味期限はその商品がおいしく食べられる期限のことを言います。納豆は賞味期限を過ぎると表面に白い小さな塊のようなものが出てきます。これはアミノ酸の結晶で、結晶ができると風味が落ちて舌触りも悪くなります。期限を過ぎたものは臭いや見た目を確認して、できるだけ賞味期限内に食べきりましょう。納豆をすぐに食べない場合は冷凍保存がおすすめで、冷凍しても納豆菌は損なわれません。冷凍の場合は1ヶ月を目安に食べきりましょう。

納豆の豆知識

納豆の発症については諸説がありますが、平安時代の武将源義家が馬の飼料である大豆を農民からもらい、その大豆がまだ熱いまま藁にくるまれていたため、数日後に大豆は糸を引いた納豆になっていたという説が有力なようです。納豆を作るのに必要な納豆菌は枯草菌の一種で、大豆と藁の偶然の組み合わせで納豆は誕生したと言われています。庶民が納豆を食べるようになったのは江戸時代になってからで、ご飯・納豆・みそ汁という定番の朝食もこの頃に定着したと言われています。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

納豆の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

納豆の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

納豆の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

納豆の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

納豆の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

納豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社